wifiスポットが使える格安sim

格安SIMの比較

Wi-Fiスポットが使えるおすすめの格安SIMを無料/有料別に比較 

更新日:

家庭の通信費の負担を軽減する目的で大手キャリアから格安SIMに乗り換えるユーザーが増えています。格安SIMに乗り換えることで月間に利用できる通信容量をフレキシブルに変更することができるようになります。このため通信容量を低く契約している方も多いことでしょう。

そのような方にとっては、快適なインターネット接続を利用するためにWifiスポットがあるのが好ましいと言えます。ここではWifiスポットが使える格安SIMについてご紹介します。

無料でWifiスポットが使える格安SIM

はじめに無料でWifiスポットを提供している格安SIMについてご紹介します。Wifiスポットは公衆無線LANとも呼ばれ、ターミナル駅や空港、ショッピングモールなどを多くの人が集まる場所で利用できる場所が拡大しています。

無料でWifiスポットを利用することができれば、月々の通信費に追加での負担がなく、高速通信の容量もとっておけます。快適なインターネット接続を維持する上で是非とも活用したいものです。

UQモバイル

UQモバイル

UQ mobileはauの子会社のMVNOです。その特徴は何と言っても圧倒的な通信速度の速さです。

公衆無線LANの一つの規格として「Wi2 300」と呼ばれるものがあります。ソフトバンクが提供するBBモバイルポイントや、UQWiMAXが提供するUQWifiなどがこれにあたります。

UQモバイルに契約したSIMを挿入した端末であれば、Wi2 300が設置してあるWifiスポットに行くだけで公衆無線LANでのインターネット接続を利用することができます。

UQモバイルの申し込みはこちら


UQモバイル
UQモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年3月】

UQモバイルの評判を徹底的に調べ、自身も使ってわかったUQモバイルの特徴を簡単に解説すると 他社の格安simに比べて圧倒的に通信速度が速い にもかかわらずキャリアより安く(月1980円前後)使える キ ...

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは、高速通信の容量が6GB以上となるプランの契約者に対して無料でBIGLOBE Wifiと呼ばれるWifiスポットでのインターネット接続を提供しています。

高速通信容量が6GB以下のプランに加入している契約者は、月額270円のオプション料金を支払うことでBIGLOBE Wifiを使えるようになります。このBIGLOBE Wifiは全国で83000箇所に設置されており、スターバックスなどのカフェやコンビニエンスストアなどで設置箇所が増えています。

BIGLOBEモバイルに申し込む


BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年3月】

BIGLOBEモバイルの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

ワイモバイル


ワイモバイル

ワイモバイルで契約したSIMカードを挿入した端末で利用することができる公衆WifiはソフトバンクWifiスポットと呼ばれています。レストランやカフェなどの商業施設やJRの駅などのインフラ施設などで設置箇所が増えています。

ワイモバイルに申し込む


ワイモバイル
ワイモバイルの評判や通信速度・デメリットをまとめて辛口評価

ワイモバイルの契約を考えている方であれば、ワイモバイルを実際に利用した方がどのように思っているのか?という点は気になるところかと思います。 そして、ワイモバイルが良い会社だということが分かり、さらに利 ...

Nifmo

 

Nifmoは親会社をインターネットプロバイダーとして有名なniftyにもつMVNOです。Nifmoで格安SIMを契約すると、無料でソフトバンクの「BBモバイルポイント」という名称の公衆無線LANに接続することができます。

BBモバイルポイントは、2015年4月現在で全国に5200箇所設置されており、マクドナルドなどを含むカフェやJRの主要駅などで利用することができます。

AndroidでもiPhoneでもそれぞれ公衆無線LANのWiFiを自動で拾ってくれるアプリが用意されているため、わざわざ接続回線を切り替える手間をかけることもなく、公衆無線LANを利用することができます。

Nifmoに申し込む


nifmo
NifMo(ニフモ)の評判は悪い?通信速度・口コミを参考に辛口評価【2019】

格安SIMアワード2015を獲得した実力派格安SIM、NifMoの評判やメリット&デメリットを詳しく解説しました。 楽天モバイルやiiJmio、LINEモバイルなど他社MVNOとも比較しているのでどの ...

U-mobile

U-mobile

U-mobileの契約者が利用することができる公衆無線LANは、U-NEXT Wifiの名称で知れ渡っています。U-NEXT Wifiは「Secured Wifi」「DoSPOT」に対応した公衆無線LANで、カフェ・駅・空港・ホテルなど全国で約82000箇所に設置されています。

U-NEXT Wifiを利用するためには、U-mobile SUPER以外の料金プランで契約する必要があります。

U-mobileに申し込む


U-mobile
U-mobileの評判ってどうなの?口コミ・通信速度を参考に辛口評価

データ通信量が無制限のU-mobile PREMIUMが特徴のU-mobileについての情報をまとめて評価しました。 U-mobileは、よく知られる月単位でのプラン、2つの段階毎に料金が定められてい ...

OCNモバイルONE


OCNモバイルONE

OCNモバイルONEで格安SIMを契約したユーザーは、オプション料金を支払うことなくOCNモバイルONE Wifiスポットと呼ばれる公衆無線LANを利用することができます。

OCNモバイルONE Wifiスポットは全国で86000カ所に設置されており、多くの人が集まる場所であれば大抵利用可能です。最近ではOCNモバイルONE Wifiスポットに加えて、DoSPOTエリアも利用できるようになりました。

公衆無線LANの利用しやすさは、様々な箇所に設置されていて利用できるかが重要になってきます。その点でOCNモバイルONE Wifiスポットは他の公衆無線LANに比べて頭一つ抜けていることになります。

OCNモバイルONEに申し込む


OCNモバイルONE
OCNモバイルONEの評判ってどうなの?口コミと通信速度から分かった特徴とは【2019】

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

BICSIM

BICSIM

正式名称をIIJmioforBICSIMという、BICSIMでもWi2 300と呼ばれる公衆無線LANを追加料金なしで利用することができます。Wi2 300には、UQWifiやBBモバイルポイントなどが含まれています。

しかしながらWi2 300はまだまだ設置箇所が少ないことから、利用したいと思った時にすぐ近くに設置箇所を見つけるのは難しいと言えるでしょう。

元々IIJmioとビックカメラが提携して利用できるようになったのがIIJmioforBICSIMです。従って名称こそ異なるもののその実中身はIIJmioと全く同様です。

そうであるにも関わらず、IIJmioよりも優れているのが無料で公衆無線LANを利用できる点です。外出先で公衆無線LANを利用する機会がある人は、こちらのSIMも検討に値することでしょう。

ワイヤレスゲート

駅や空港など日本全国で約40,000箇所に設置してあるのがワイヤレスゲートWifiです。ワイヤレスゲートWifiはヨドバシカメラで契約することができる格安SIMです。専用のアプリを利用することで簡単に設置されてあるWiFiを感知してインターネット接続をしてくれます。

さらに、ワイヤレスゲートWifiFonプレミアムWifiプランに契約すれば、日本国内約40,000箇所だけでなく、世界のFonスポットも利用することが可能になります。

Fonスポットは世界中でおよそ2,000万か所に設置されているので、日本だけでなく世界でも公衆無線LANを利用することができるとあって、海外旅行などの際にもお持ちのスマートフォンでインターネットに接続することができる非常に便利であるとして高評価を得ています。

有料でwifiスポットが使える格安SIM

無料でWifiスポットを提供している格安SIMとは対照的に、有料でWifiスポットが使えるようになる格安SIMもあります。

普段は低速通信のみを利用しているものの、いつも高速通信を必要とする仕事場などが限定されている利用者にとっては、通常の使い放題プランや大容量プランを契約するよりも低い料金で高速インターネットを利用することができるようになります。

このようなある条件に当てはまる人にとっては非常に使い勝手が良い有料Wifiスポットを提供しているMVNOが増えてきたのも、多くのMVNOが生き残りをかけて熾烈な競争をかけているからに他なりません。

LINEモバイル

LINEモバイル

コミュニケーションツールとして多くの人に浸透したSNS「LINE」での通信料をカウントフリーにするという画期的なサービスを提供しているのがLINEモバイルです。

LINEモバイルでは、オプション料金として月額216円を支払うことで全国50000カ所に設置された公衆無線LANでのインターネット接続を利用することができます。

LINE以外にも動画や仕事上のメールなどでインターネット接続を多く利用する人は、オプション料金を支払うことで高速インターネット通信を利用することができるので、検討する価値はあると言えるでしょう。

LINEモバイルに申し込む


LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?口コミから分かるデメリット・通信速度と実際使った評価【2019年3月】

1年以上LINEモバイルを使った経験とネット上の口コミを徹底的に調べ上げた結果からわかったLINEモバイルの特徴は LINEの年齢認証ができる ソフトバンク回線の通信速度が超速い SNSの通信がカウン ...

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルの契約者が公衆無線LANを利用するには、月額362円のオプション料金を支払う必要があります。このオプション料金を支払うことで楽天モバイルの契約者は、BBモバイルポイントとWi2 300が提供している公衆無線LANを利用することができるようになります。

これらのWifiの設置箇所は合計して日本全国で69000箇所ほどあります。少しでも人が集まるようなとこに行けばこれらの公衆無線LANを利用でききることでしょう。

楽天モバイルに申し込む


楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年3月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

IIJmio

IIJmio

IIJmioでは契約者向けに有料での公衆無線LAN利用のオプションを提供しています。月額362円のオプション料金を支払うことで、IIJmioの契約者はBBモバイルポイントWi2 300の公衆無線LANを利用することができるようになります。

これは契約しているスマートフォンだけでなくお手持ちのPCやタブレットなどでも利用することができます。インターネット接続を主に利用する場所にこれらの公衆無線LANが用意されている場合には、こちらのオークションへの加入を検討してみてください。

IIJmioに申し込む


IIJmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年3月】

IIJmioを一年以上使い続けた感想と、ネット上の評判を調査してわかったIIJmioの特徴は 家族割で安くなるので家族での契約がお得 新機種の取り扱いが早い 長期間サービスを提供しているので安心して使 ...

Wifiスポットを提供していない格安SIMでwifiを使うには?

トリプルキャリアに対応しているなどで人気を集めているmineoのような大手のMVNOでもWifiスポットを提供していないところも多くあります。

このようなMVNOのユーザーがWifiスポットでインターネット接続をするためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

公衆無線LANを別途契約する

有料の公衆無線LANはMVNOにその接続サービスが用意されていなくて、別途月額使用料を支払うことで利用できるようになります。

Wi2 300であれば月額362円、BIGLOBE Wifiであれば月額250円、Yahoo!無線LANスポットであれば月額500円支払うことで利用することができます。ご契約中の格安SIMでWifiスポットへの接続サービスがなくても安心してください。

そもそも有料の公衆無線LANはその多くがインターネットプロバイダーが提供するサービスです。したがって、たとえ無線LANスポットが提供している会社が違えども、契約者は同じIDを利用してサービスをまたいで利用することもできます。こ

のおかげで日本全国の主要な人が集まるところでは何が歯科の公衆無線LANでインターネット接続を利用することができるのです。

独自の無線LANを使う

また無料の公衆無線LANは、有料公衆無線LANのようにインターネットプロバイダーが設置しているのではなく、レストランやショッピングモールなどが独自に設置していることが多いです。

無料の公衆無線LANは利用できる時間が限られていたり、インターネットゲームの利用ができなかったりします。図書館などで地方自治体が設置している公衆無線LANなどでは一定時間ごとに接続が切られるなどと、ストレスフリーなインターネット接続とはいかないようです。

その上公衆無線LANの中には、インターネットプロバイダーなどが行うように、定期的な設備の更新やソフトウェアのアップデートなどが行われていない管理が行き届いていないものも一定数存在します。

設備が古い公衆無線LANなどでは暗号化技術などのアップデートが行われておらず、その結果ハッキングしやすいなどインターネットセキュリティ上の問題を抱えていることもあります。

特にAmazonなどのネットショッピングが盛んに行われている現在では、クレジットカードの情報などを通信することも多く見受けられます。セキュリティが脆弱な公衆無線LANでクレジットカードの情報などを流すのは、悪意あるハッカーなどにみすみす情報を提供することにつながりかねません。

そのような事態に陥った場合に被るであろう損失は、有料の公衆無線LANを利用するのに支払っている代金に比べて甚大なものになりがちであることは想像がつくことでしょう。

少しでも通信料を節約するためにセキュリティの問題を過小評価していると、高い代償を払うはめになるということを心に留めておく必要があります。

まとめ

auやドコモ、ソフトバンクなどの大手キャリアに契約していた時には、日本全国に設置されたWifiスポットでのインターネット接続にかかるオプション料金はなかったかと思います。

そのため大手キャリアから格安SIMに乗り換えるときに、Wifiスポットを利用するのにオプション料金がかかるということに驚いた方も多いかと思います。

しかしながら有料の公衆無線LANへの接続サービスにかかるオプション料金はそれほど大きな金額ではありません。むしろインターネットの利用する場所が限定されているユーザーにとっては、高速通信を利用できる容量が大きいプランを契約するよりも、公衆無線LAN利用のオプション料金を支払った方が安く済む可能性もあります。

また無料で公衆無線LANへの接続サービスが付与されている格安SIMに契約した場合には積極的に公衆無線LANでのインターネット接続を利用するようにしましょう。

格安SIMを検討する時に、はじめに検討しなければならないのは自分がどのような形態でスマートフォンを利用するかです。

通話時間はどれぐらいであるのか、インターネットの高速通信はどれほど利用するのか、また利用する場所はどこであるのかなど自らのスマートフォンの利用状況を正確に把握することが、自分にとって最適なMVNOと料金プラン選びの第一歩になります。

その結果公衆無線LANを利用するのがベストであるときもあるということを肝に銘じておきましょう。


no image
【2019】格安SIMはどれがおすすめ?MVNO23社を徹底比較

このサイトは大手キャリアよりも安く(月2000円くらい)使える各社格安simの比較・評価や選ぶ際のポイント、格安simへの乗り換えの方法など格安simに関する情報を集めたサイトです。最近は2台目のスマ ...

-格安SIMの比較

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.