ソフトバンク

格安SIMの基礎知識

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際に確認しておきたいことと具体的な手順

更新日:

MVNOの台頭と熾烈な価格競争により、かつてないほど格安SIMに熱い視線が注がれています。大手キャリアが提供できない、かゆいところに手が届くユニークな料金プランやサービスなどを提供することでMVNOはスマートフォン市場のシェアを着実に伸ばしています。

ここでは大手キャリアの一つであるソフトバンクから格安SIMに乗り換える方法についてご紹介します。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換える前に確認しておきたいこと

それではソフトバンクから格安SIMに乗り換える際にどのような点に注意すれば良いでしょうか。ここではソフトバンクから格安SIMに乗り換える前に確認しておきたいことについてご紹介します。

違約金を払ってまで解約した方がお得か考える

月々の通信料金に一定の割引を加える一方で、所定の期間外で契約を解除した場合に契約解除の違約金を請求することができる月額プランに加入している利用者がほとんどかと思われます。

2年縛りと呼ばれるこのプランによって、これまでは多くのユーザーがキャリア変更の二の足を踏んでいました。しかしながら格安SIM各社が提供する料金の低廉さにより、もはやその常識は変わりつつあります。

もし格安SIMへの乗り換えを検討しようと思ったタイミングが、契約解除の違約金を請求されない契約解除月であるか、契約解除月が1年以上先にある時であれば、迷わず格安SIMへキャリア変更をしましょう。

ソフトバンクで契約時に支払う料金の半分の値段で格安SIMは契約を結ぶことができます。契約解除月以外でソフトバンクとの契約を解除した場合に支払われなければならない解約金は、税抜きで9500円です。

通信料金が半額になることでものの数ヶ月で違約金の分を取り戻すことができます。思い立ったが吉日と言いますが、格安SIMの検討を開始したタイミングがよければ明日にでも格安SIMへの乗り換えの検討を始めるべきです。

スマホ本体を分割で買った場合負担額が高くなる

ソフトバンクでスマートフォンを購入する時には最新のiPhoneを購入する時にでも、スマートフォンの端末代金を分割払いで購入することができます。

また現在では総務省の規制が厳しくなった影響で端末代金自体の割引をすることはできませんが、その代わりに月々の通信費に対して割引を受けることができるキャンペーンをソフトバンクなどの大手キャリアは用意しています。

従って大手キャリアでスマートフォンを購入する場合には、実質的にスマートフォンの端末代金の割引を受けていることになります。

一方で格安SIMでスマートフォンの端末も同時に購入した場合は、大手キャリアが提供しているような分割支払いでの購入で通信費の割引というサービスを受けることができません。従ってスマートフォン本体を分割で購入した場合は、負担額が高くなるといえます。

おうち割引セットが使えなくなる

おうち割引セットとは、ソフトバンクでスマートフォンやタブレットなどを契約しているユーザーが、自宅の光回線としてソフトバンク光に契約した時に、月々の通信費から最大で1000円割り引いてくれるサービスです。

このおうち割引セットによる通信料金の割引を受けるためには、メインの回線であるスマートフォンもしくはタブレットをソフトバンクで契約しなければなりません。

従って格安SIMに乗り換えてしまうと、この割引を受けるための条件から外れてしまうため、おうち割引セットによる料金値引きが発生しなくなります。

しかし裏技もあります。格安SIMの中でも唯一、ワイモバイルに切り替えると「おうち割光セット(A)」と呼ばれる割引サービスを受けることができます。ソフトバンクと契約時ほど手厚くないものの、500円から1000円の値幅で割引を受けることができます。

お家の固定回線がソフトバンク光を契約している場合には、格安SIMに乗り換え時に同時に光回線も変更するのは手続きや工事などが伴い非常に面倒です。同じ光回線でも似たような割引を受けることができるワイモバイルにキャリア変更するというのもおすすめの選択肢の一つです。

ワイモバイルに申し込む


ワイモバイル
ワイモバイルの評判や通信速度・デメリットをまとめて辛口評価

ワイモバイルの契約を考えている方であれば、ワイモバイルを実際に利用した方がどのように思っているのか?という点は気になるところかと思います。 そして、ワイモバイルが良い会社だということが分かり、さらに利 ...

キャリアのメールアドレスは使えなくなる

ソフトバンクから格安SIMに乗り換えると、ソフトバンクが提供しているメールアドレスを使用することができなくなります。具体的には「〇〇@ソフトバンク.ne.jp」や「〇〇@i.ソフトバンク.jp」がこれに該当します。

一部のネットバンキングでは、キャリアのメールアドレスをGmailやYahooメールなどのフリーメールよりも高い信頼性を有しているとして、サービス利用時に登録を求められることがあります。

しかしながら近年ではこれはフリーメールでもセキュリティの強化が進んでおり、ネットバンキングで見られたような現象はこれから減りつつあると考えられます。従ってキャリアのメールアドレスが利用できなくなることで、被るデメリットは年々縮小化していくことでしょう。

ソフトバンク系以外の格安SIMを使いたい場合はSIMロックを解除する

格安SIMを提供しているMVNOは、自社では通信に必要な設備を持たず、ドコモやauソフトバンクなどの大手キャリアから通信回線を借りる形で、契約者に通信回線の提供を行っています。そしてMVNOによって通信回線を借りているキャリアが異なるので、「ドコモ系格安SIM」「au系格安SIM」などのMVNOが存在することになります。

ソフトバンクユーザーが、Lineモバイルやワイモバイルなどのソフトバンク系のMVNOにキャリア変更する場合には、スマートフォンのSIMロックを解除する必要はありません。

SIMロックとは端末がその会社が提供している通信回線と適した形で通信ができるようにパッチが当てられている状況です。従ってソフトバンクユーザーが、IIJmioやUQモバイルなどソフトバンク系でないMVNOにキャリア変更する際には、このパッチを解除する、すなわちSIMロックを解除する必要が発生します。

この点がソフトバンクから格安SIMに乗り換える際に注意すべき点の一つとなっています。乗り換え先がどこの通信に対応しているのかを確認しておかないと、いざ契約しようと思っても端末自体が対応していなかったという事態に陥りかねません。

もちろんSIMロックの解除はある程度新しい機種であれば問題なくすることができます。ソフトバンクの店舗なのでSIMロックの解除をお願いする場合には手数料として3000円支払う必要がありますが、Myソフトバンクから申し込めばSIMロックにかかる手数料はありません。

ソフトバンクから格安SIMに乗り換る方法・流れ

それではここからはソフトバンクから格安SIMに乗り換える流れについて確認していきましょう。

①MNP予約番号を発行する

まずはMNP予約番号を発行してもらいます。格安SIMに乗り換える時に、今まで利用していた電話番号をそのまま利用したいと考えるならば、MNP予約番号の発行が必須となります。

MNP予約番号をソフトバンクに電話をかけるかウェブサイト上からアクセスするかして取得します。乗り換え先や契約年数によっては、ソフトバンクから他社に移行しないように引き止めの勧誘が入ります。

そのような勧誘に惑わされずにひたすらMNP予約番号の発行をお願いするようにしましょう。

②格安SIMに申し込む

ソフトバンクからMNP予約番号を取得したら、次に格安SIMに申し込みましょう。

ここではソフトバンクユーザーが飲み会におすすめの格安SIMとして、mineo、LINEモバイル、ワイモバイルについてご紹介します。

ソフトバンクユーザーにおすすめの格安SIM①mineo

mineo

mineoは元々関西で活躍していたインターネットプロバイダーのケイオプティコムが運営するMVNOのブランドです。マイネオではトリプルキャリア対応と言って、docomoからでもauからでもソフトバンクからでもSIMロック解除なしでキャリア変更することができます。

mineoに契約するのがおすすめなのが、パケットシェアと呼ばれる家族間での高速通信の容量のシェアや、パケットギフトと呼ばれる余った高速通信の容量を指定した5人にまでプレゼントすることができるなどの、様々なデータ通信容量削減のための仕組みです。

今月は余った高速通信容量を来月に繰り越しことができたり、高速通信と低速通信とを手動で切り替えることができたりするなど、高速通信容量をスマートに利用する手段がユーザーに提供されているとして多くの契約者の好評を得ています。

mineoに申し込む


mineo
mineoってどうなの?評判から分かるデメリット・通信速度と使用感まとめ【2019年4月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

ソフトバンク
ソフトバンクからmineoに乗り換える方法(MNP)をわかりやすく解説

格安SIMの中でも顧客満足度の高いmineo。ソフトバンクからmineoに乗り換えたいと思っている方も多いと思います。 ですが実際に乗り換えるとなると、どのような手順で行なえばいいか、今までの電話番号 ...

ソフトバンクユーザーにおすすめの格安SIM②LINEモバイル

LINEモバイル

ソフトバンク系のMVNOとして若者を中心に絶大な人気を誇っているのが、LINEモバイルです。女優の本田翼さんのCMでもお馴染みのLINEモバイルですが、何より若者の人気を掴んで離さないのが、SNSのLINE使い放題のサービスでしょう。

LINEモバイルではどの契約プランでも、LINEを使用することで発生する通信容量を高速通信容量としてカウントしないというサービスを提供しています。

友達同士のコミュニケーションツールとして日常生活に定着したLINEでのデータ消費がないということのインパクトは若者にとって絶大で、多くのスマホユーザーがLINEモバイルへ移行して行きました。

ソフトバンクグループとの関係が深いLINEモバイルでは、通信速度の面でも遜色ない速さを実現できています。これからソフトバンクから格安SIMへ移行する人にとっておすすめのMVNOです。

LINEモバイルに申し込む


LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?口コミから分かるデメリット・通信速度と実際使った評価【2019年4月】

1年以上LINEモバイルを使った経験とネット上の口コミを徹底的に調べ上げた結果からわかったLINEモバイルの特徴は LINEの年齢認証ができる ソフトバンク回線の通信速度が超速い SNSの通信がカウン ...

ソフトバンク
ソフトバンクからLINEモバイルに乗り変える(MNP)方法

『ソフトバンクのスマートフォンを利用してLINEモバイルの格安SIMを使ってみたい』とお思いの方もいらっしゃるかと思います。 ですから、そのような方々に向けて、本記事ではソフトバンクのスマートフォンで ...

ソフトバンクユーザーにおすすめの格安SIM③ワイモバイル


ワイモバイル

ワイモバイルは、ソフトバンクの実質的なサブブランドです。ソフトバンク本体の料金プランが大容量を利用するユーザー向けのプランに特化しているのに対して、ワイモバイルは反対に一か月間に2GB程度しか使用しないライトユーザーと呼ばれる人々に向けて魅力的なプランを多数用意しています。

例えば、スマホSプランと呼ばれる料金プランでは、1ヶ月間に1GBのデータ通信と10分間以内の国内通話であれば何度かけても追加料金なしで、1980円で契約することができます。

しかも契約して最初の2年間は2GBのデータ通信まで同じ値段で行うことができます。ソフトバンクに比べて大幅に通信料金が安くなります。加えて通信網はほとんどソフトバンクと変わらないことから、ワイモバイルユーザーの通信速度とソフトバンクユーザーの通信速度はほとんど同じだと言われています。

先ほども述べましたが、ご自宅に光回線がソフトバンクで契約してあれば、おうち割光セット(A)によりさらに低価格でスマートフォンを契約することができます。おすすめの格安SIMの中でも、ワイモバイルはダントツにおすすめのMVNOです。

ワイモバイルに申し込む


ワイモバイル
ワイモバイルの評判や通信速度・デメリットをまとめて辛口評価

ワイモバイルの契約を考えている方であれば、ワイモバイルを実際に利用した方がどのように思っているのか?という点は気になるところかと思います。 そして、ワイモバイルが良い会社だということが分かり、さらに利 ...

▽その他ソフトバンク回線のおすすめの格安SIMはこちら

softbank系のおすすめの格安sim
ソフトバンク系の格安SIMを徹底比較!Softbank回線のMVNOからおすすめを紹介

格安SIMが普及してきた頃は、ドコモ回線かau回線のどちらかしか選べませんでした。しかし格安SIMの利用者が増加した現在、少しずつソフトバンク回線を使える格安SIMも増えてきました。 ソフトバンク回線 ...

③SIMカードが届いたら初期設定をする

MVNOと契約したらご自宅にsimカードが届きますので、初期設定を行いスマートフォンを利用できるようにしましょう。MNP回線切替を契約したMVNOに電話をかけることによって行います。

これにより新しいスマートフォンでもそれまで利用していた電話番号をそのまま利用することができるようになります。加えてインターネット接続できるようになり、新しいキャリアとの契約が開始されます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最近のソフトバンクのプレスカンファレンスによれば、ソフトバンク本体の料金プランはより大容量を利用するユーザーにとって低廉な料金を提供する一方で、ライトユーザーは積極的にワイモバイルに誘導するなど、顧客の棲み分けともとれる露骨な戦略を展開しています。

ネットゲームをガンガンするだとか動画配信をずっと見ているユーザーでなければ、高い料金を払ってソフトバンクに残るのではなく、安い料金で自分に合った料金プランのMVNOを選択し契約する方が良いでしょう。

格安SIMに乗り換える方法
格安SIMにするにはどうすればいい?乗り換える具体的手順と必要なもの

2018年には内閣官房長官が直々に家計における通信費の高騰が問題となっていると記者会見を行い話題になりました。通信費を抑える手段として格安SIMを選択するユーザーが年々増加の傾向をたどっていますが、ま ...

no image
【2019】格安SIMはどれがおすすめ?MVNO23社を徹底比較

このサイトは大手キャリアよりも安く(月2000円くらい)使える各社格安simの比較・評価や選ぶ際のポイント、格安simへの乗り換えの方法など格安simに関する情報を集めたサイトです。最近は2台目のスマ ...

-格安SIMの基礎知識

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.