mineoの対応機種

mineo

mineoの対応機種を調べる簡単な方法と意外な注意点

投稿日:

mineoは格安SIMの中でもau、docomo、SoftBankの3つの回線を使っている珍しいトリプルキャリアMVNOです。そのためmineoに対応している機種が多いのも特徴です。

一般的な機種なら問題なくmineoでも使用できますが、SIMロック解除の手続きが必要な機種やテザリングが使えない機種もあるので、乗り換え前に対応機種を調べておいた方が良いです。

mineoに対応している機種を調べる方法

mineoに対応している機種は、mineo公式サイトの「動作確認端末一覧」という項目から調べることができます。docomoの回線を使いたいならDプラン、auならAプラン、SoftBankならSプランの項目をタップすると、対応機種一覧ページが表示されます。

手持ちのスマホの機種名などの情報を入力すれば、mineoに対応しているかどうかがわかります。機種名を選ぶ項目で手持ちのスマホの機種が表示されない時は、mineoで動作確認されていない機種です。

動作確認されていなくても使える場合はありますがmineoのSIMカードを差し込んでみるまでわからないので、対応機種に載ってない機種の場合は機種を変更するか、新たに端末を購入することをおすすめします。

mineoの対応機種を調べる際の注意点

ただし対応機種であっても、すべての機種がそのまま使えるわけではありません。手持ちの端末をどの回線で使うのかによって、利用条件が異なるのです。

その結果、SIMフリー化などひと手間が加わることもありますし、一部機能の使用が制限されることがあります。例えば2017年7月末までに発売されたau VoLTE端末は対応機種ですが、SIMロック解除が必要です。

My au」か「auショップ」でSIMロック解除の手続きをしておかなければ、mineoを使うことはできません。

詳細はmineo公式サイトの動作確認済端末のページに記載されているので、mineoの契約前には必ず確認しておきましょう。

auのSIMロック解除の条件

au

SIMロック解除は簡単にできますが、解除するためにはいくつかの条件があります。auでSIMロック解除する際の条件は、下記の通りです。

auでSIMロック解除する際の条件

2015年4月23日以降に発売されたSIMロック解除対応端末の場合

  • auの解約から100日以内
  • 機種購入日から101日目以降

※購入日から100日以内の場合

  • 一括払いで購入した機種
  • 分割払いで購入した機種でも、過去に対象回線でSIMロック解除したことがあり、前回のSIMロック解除から101日経過している

上記の通り、auのスマホを購入して日が浅ければほぼSIMロック解除ができません。mineoの対応機種でも「2017年7月末までに発売されたau VoLTE端末」であれば、所定の日数が経過しないと、そのままの端末でmineoに乗り換えることができないのです。

SoftBankのSIMロック解除の条件

mineoのソフトバンク回線

ソフトバンクの一部端末でも、SIMロック解除が必要です。mineoの対応機種一覧ページで『SIMロック解除が必要です』と表示されている機種がこれに該当します。該当機種は「My SoftBank」か「ソフトバンクショップ」にて手続してください。なお、SoftBankのSIMロック解除には下記の条件があります。

SoftBankのSIMロック解除の条件

※2015年4月までに発売されたSIMロック解除対応端末

  • 解約日から90日以内(本人のみ)

※2015年5月以降に発売されたSIMロック解除対応端末

  • 製品の購入日から101日経過
  • 解約済み製品は解約日から90日以内(本人のみ)

※購入日から100日以内の場合

  • ・2017年12月1日以降に一括払いで購入した製品
  • 分割払いで購入した製品でも、過去に対象回線でSIMロック解除したことがあり、前回のSIMロック解除から101日経過している

中古の端末やSIMフリー端末も要確認

スマホの機種変更

もともと使っていた端末ではなく、中古で端末を購入したりSIMフリー端末を購入したりしてmineoに契約するという方も、公式サイトの動作確認済端末一覧ページを確認しておきましょう。

特にSIMフリー化されていない中古端末(白ロム)の場合は、中古端末のSIMロック解除は元の持ち主以外認められていないのでmineoで利用不可となるケースがあります。

また、SIMフリー端末でもAプランで契約する場合は一部利用不可となってしまいます。これはau回線は特殊な通信規格を利用しているからです。国内販売されているSIMフリー端末ならほぼ問題ないですが、古い機種や海外輸入されたSIMフリー端末は使えなくなってしまうことがあります。

SIMカードの種別にも注意

SIMカード

SIMカードには、「nano(au VoLTE)」「micro」「標準」という3つの規格があります。それぞれサイズが違い、SIMカードが端末に入らなければ当然ながら使うことができません。

一例ですが、「Xperia Z3」や「Xperia Z4」は「nano」になります。mineoの申し込み時に公式サイトのmineoの動作確認ページを確認し、間違えないよう注意してください。

万一SIMカードの種別を間違えてしまった場合は、マイページからSIMカードの再発行手続きを行なってください。ただし2,160円の手数料と、SIMカード発行料(auプランなら248円/税込、ドコモプランなら368円/税込、ソフトバンクプランなら363円/税込)がかかってしまいます。

テザリングが利用できなくなることも

機種によってはmineoに乗り換えるとテザリング機能が使えなくなってしまいます。

Android端末でdocomo 回線のDプランやSoftBank回線のSプランに申し込んだ場合に、テザリング機能が使えなくなるケースが多いようです。現状au回線のAプランではiPhoneでテザリングができなくなりますが、2018年10月末からテザリングができるようになります。

テザリング
mineoでテザリングはできる?設定方法と注意点まとめ

どこでも手持ちの端末でインターネットができる、テザリング。とても便利なのでスマートフォンでぜひ使いたい機能ですよね。 果たしてmineoではテザリングができるのでしょうか?この記事ではmineoのテザ ...

mineoの動作確認済端末ではない場合の対処法は?

mineoの対応機種一覧ページで動作確認済端末に掲載されていなくても、正常に動作する機種もあります。iPhone5などもそうです。動作確認済というのは、あくまでmineo側で確認を取ったということなのです。ですからお手持ちの端末も、動作確認済になっていなくても問題なく使える可能性があります。

実際に使えるかどうかは、端末のメーカーに格安SIM(MNVO)の利用実績があるかどうか問い合わせてみるとよいでしょう。確実な回答があるかはメーカー次第ですが、これでわかると確実です。なお、問合せの際は、契約先がmineoであることと利用する回線の種類も伝えてください。

また、mineoの掲示板サイト「マイネ王」で調べてみるという手もあります。この掲示板はmineoユーザー以外でも閲覧可能で、アカウントを取得すれば質問することも可能なので、手持ちの機種に関する情報を調べてみてください。

どうしても対応しているかどうかの確証が得られない場合には、手持ちの機種を諦めてmineo対応機種を購入しましょう。mineoで販売しているSIMフリースマホをSIMカードとともにセット購入すると、一番簡単で確実です。2万円程度の機種でも十分な機能がありますし、SIMカードサイズを間違えてしまうといったトラブルも防げます。初期設定も不要です。

おすすめのスマホ
mineoで購入できるおすすめの端末を解説【2018年11月】

mineoで発売しているスマホ端末はどれがおすすめなのでしょうか?今回の記事ではmineoで契約出来るおすすめの端末を紹介していますので、是非参考にしてください。 目次1 mineoのコスパがいい端末 ...

まとめ

手持ちの端末を利用してmineoに乗り換える場合は、どの回線を使うかによって対応しているかどうかが変わります。契約する前に、しっかり確認しておきましょう。

もし手持ちの端末が対応していない場合は、mineoで端末ごとセット購入すると便利です。

mineo
mineoの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年12月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

-mineo

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.