mineoのソフトバンク回線

mineo

mineoのソフトバンク回線、Sプランってどうなの?メリットやデメリットまとめ

更新日:

2018年9月より格安SIMのmineoに、ソフトバンク回線を使った「Sプラン」が新たに登場しました。mineoはこれまでにau回線を使用した「Aプラン」、ドコモ回線を使用した「Dプラン」を提供しており、今回「Sプラン」が加わったことで、格安SIM業界初のトリプルキャリアMVNOとなりました。

今回は新たに加わったこの「Sプラン」について詳しく解説していきます。

mineoの「Sプラン」とは?

mineoはもともとコモ回線とau回線を使用しているマルチキャリア対応のMVNOとして有名でした。大手キャリアの半額以下の通信料金で4G・LTE通信が利用可能で、格安SIMの中でも特に人気があります。

そしてソフトバンク回線のSプランが加わったことで、ソフトバンクでiPhone・iPad・Androidをお使いの方も、SIMロック解除することなく乗り換えが可能になりました。ソフトバンク回線を使用できる格安SIMはmineoを除くとほとんどないので、現在ソフトバンクのスマホを利用しているユーザーの方にとってはとても嬉しいニュースでしょう。

mineo「Sプラン」の料金

月額料金

Sプランは、500MB~30GBまでのデータプランが用意されています。毎月のデータ通信量が少ないライトユーザーから、大容量の通信を利用するヘビーユーザーまで、幅広いニーズにこたえてくれるのです。

また、それぞれデータ通信のみ利用可能なシングルタイプと、音声通話も利用可能なデュアルタイプが用意されています。料金は以下の表の通りです。

データ通信容量シングルタイプデュアルタイプ
500MB790円1, 750円
3GB990円1,950円
6GB1,670円2,630円
10GB2,610円3,570円
20GB4,070円5,030円
30GB5,990円6,950円

Sプランの手続きに必要な事務手数料

Sプランを新規で契約する際には、事務手数料3,000円が必要です。それに加え、SプランのSIMカード発行料金として337円も必要で、初期費用として合計3,337円がかかります。なお、Sプランからドコモ回線のDプランやau回線のAプランに変更する際は、事務手数料2,000円とSIMカード発行料が必要です。

解約手数料については、一切発生しません。大手キャリアでは2年縛りの契約が基本で、中途解約すると1万円近い解約手数料がかかりますが、mineoでは必要ありません。

ちなみに「mineoでんわ10分かけ放題」「端末安心保証サービス」「スマート留守電」のようなオプション料金は、既存のDプランやAプランとほぼ変わらない料金で利用できますが、SMS(ショートメーセージサービス)の利用料金のみプランによって差があります。

事務手数料

手続き内容事務手数料SIMカード発行料
新規契約3,000円Sプラン 337円
プラン変更2,000円Aプラン 230円
プラン変更2,000円Dプラン 341円
タイプ変更2,000円Sプラン 337円
コース変更無し
SIMカード変更・再発行2,000円Sプラン 337円
名義変更3,000円
MNP転出2,000円
解約無し

各プランでのSMS月額利用料

契約タイプSプランDプランAプラン
シングルタイプ180円120円無料
デュアルタイプ無料無料無料

デュアルタイプであれば、SMSの利用料金はどのプランでも無料です。シングルタイプのみ、各プランの間で料金差があります。Sプランのシングルタイプでは月額180円の料金が発生します。

「Sプラン」を利用するメリット

Sプランではソフトバンク回線が利用できると言っても、具体的にどんなメリットがあるかわかりづらいかもしれません。Sプランには下記のような特徴があるので、知っておきましょう。

SIMロック解除不要でソフトバンク端末が使える

スマホの機種変更

現在ソフトバンクで契約している人は、今使っている端末をそのままmineoでも使うことができます。新しく端末を買い替えると費用がかかってしまいますし、使い慣れていないスマホでは不便を感じることもあります。

これまではmineoにはドコモ回線とau回線しかなかったので、ソフトバンクからmineoに乗り換える人は、持っている端末をSIMロック解除するか、新しく端末を購入するしかありませんでした。しかもSIMロック解除はiPhone6以前の機種ではできないなど、端末によっては解除できないことも。

しかしソフトバンクの回線が使えるようになったので、ソフトバンクで購入したスマホならSIMロック解除非対応の機種であってもSIMロックを解除しなくてもそのまま利用できるようになったのです。以前に使っていたソフトバンクの端末が残っている人は、それを使って再び利用することもできます。

テザリングが可能

Wifi

mineoのAプランでは、iPhoneでテザリングすることができませんでした。DプランとSプランであれば、iPhoneでもテザリングができます。

一部テザリングできないAndroidもありますが、Sプランなら多くの機種でテザリングができるので便利です。

テザリング
mineoでテザリングはできる?設定方法と注意点まとめ

どこでも手持ちの端末でインターネットができる、テザリング。とても便利なのでスマートフォンでぜひ使いたい機能ですよね。 果たしてmineoではテザリングができるのでしょうか?この記事ではmineoのテザ ...

通信速度が良好

格安SIMは大手通信キャリアから通信回線の一部を借りて運用されています。そのため通信回線の混雑が発生し、快適な速度で通信ができないこともあります。特にドコモ回線・au回線を利用している格安SIMは多いので、多くの人が通信する平日のランチタイムや夜の時間帯では通信速度が遅くなることがあります。

その一方、ソフトバンク回線を使った格安SIMはまだ少ないので、ドコモ回線・au回線を利用している格安SIMよりも、通信回線の状況が比較的良好だという特徴があります。

留守番電話機能が無料で利用可能

Sプランだけの大きなメリットは、無料で留守番電話機能を利用できるという点です。そもそもmineoのDプランやAプランには留守番電話機能がなく、月額290円の「スマート留守電」アプリを使用して留守番電話機能を付けています。

ですがSプランであれば基本の機能として留守番電話が利用できます。

mineoの「Sプラン」のデメリット

Sプランには、メリットだけでなくデメリットもあります。デメリットには、まず料金が高いことが挙げられるでしょう。特に音声通話SIMではほかのプランよりも月額料金が440円も高くなってしまいます。また、Sプランは利用できるエリアが若干狭いというデメリットもあります。

都市部であれば全プラン問題なく利用できますが、人口の少ない地方の一部や山間部では、Sプランでは通話や通信ができないことがあります。Sプランを契約する際は、自身の行動範囲がエリア内かどうか必ず確認しておきましょう。

まとめ

新たにソフトバンク回線を利用できるようになったmineo。DプランやAプランに比べると月額料金が割高になるなど注意すべき点はありますが、Sプランを選ぶと比較的通信速度が安定していて、ソフトバンクの端末をそのまま使えるというメリットがあります。

今現在ソフトバンクを使っていて、格安SIMに乗り換えたいという方は、ぜひmineoのSプランも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

mineo
mineoの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年12月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

-mineo

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.