mineoのeoID

mineo

mineoのeoIDとは?取得方法・変更方法と使い道を解説

投稿日:

格安スマホ・格安SIMサービスのmineo(マイネオ)を契約する際は、eoIDというIDを取得しなければいけません。

このeoIDを持っておくと、契約内容の確認などができるほか、各種サービスを利用することができます。このページでは、eoIDの取得方法から、eoIDの使い方、eoIDを持つことによるメリットなどを詳しく紹介していきたいと思います。mineo(マイネオ)を検討している方は、参考にしてください。

mineoのeoIDとはどんなもの?

eoIDは、ケイオプティコムが発行しているIDです。関東圏の方にはあまり耳慣れないかもしれませんが、ケイオプティコムとは関西で有名な会社です。マイネオ(mineo)の運営会社であるとともに、インターネット回線の提供なども行なっています。

そんなeoIDはマスター会員、ファミリー会員、オープン会員の3種別があります。このうちだれでも無料で登録できるのがオープン会員で、mineo、eo電気などの回線サービスをケイ・オプティコムで契約している方はマスター会員です。ファミリー会員は、マスター会員の家族が該当します。

mineoのeoIDを持っているとどんなことができる?

そもそもeoIDを持たないとmineoのサービスを利用することはできません。

そしてeoIDがあれば、そのIDでマイページにログインし、mineoの契約内容を確認・変更することができるほか、フリータンクやパケットギフト、パケットシェアなどの便利な各種サービスを利用することができます。

eoIDのマイページでできること

eoIDを使ってマイページにログインすると、下記のような情報が確認でき、契約内容を変更したりすることもできます。

  • データ残容量・使用量
  • データ容量節約機能
  • ご利用選択番号
  • 明細の照会
  • 各種プラン変更
  • パケットチャージ

これが基本的なeoIDの使い方ですが、簡単に言えば、携帯ショップで行えるような手続きがマイページで完結するということです。

mineo(マイネオ)の独自サービスも利用可能

また、eoIDがあると下記のようなmineo(マイネオ)の独自サービスも使えます。

  • パケットギフト
  • パケットシェア
  • マイネ王のアカウントとの連携
  • フリータンク

なお、同一のeoIDで複数回線を契約すると、フリータンクでもらえるパケットが減ってしまいます。ですので複数回線を契約するなら、別々にeoIDを取得した方がお得になります。

eoIDを使うことで得られるメリット

ほかの格安SIM業者では月額利用料金とは別にプロバイダ登録料という別料金が必要になることがあります。ですがeoIDは無料で取得できるので安心です。

5回線までなら、auプラン、ドコモプラン合わせてひとつのeoIDで契約することができるので、回線をまとめて管理できるというのもメリットでしょう。

さらに、マスター会員になるとeoのコンテンツサービスを利用することもできます。eo光を利用していて口座振替で支払いをしている場合は、mineoの回線も口座振替支払うことが可能です。

eoIDの取得方法

eoIDを新規で取得する際は、mineo(マイネオ)公式ホームページより「お申し込みはこちら」というページを開き、「eoIDをお持ちでない方」という項目をクリック。

そこからエントリーコード入力、サービス選択、ご契約者様情報入力などを行い、本人確認、提供情報確認がとれると申し込みが完了します。

なお、eoIDは異なるメールアドレスであれば複数IDを取得することができます。基本的には1人につき1IDとなっていますが、実質的には1人で複数IDを持っているユーザーもいます。何枚もSIMを契約したい人にとっては大変便利なのではないでしょうか。

mineoのeoIDの確認・変更方法

eoIDのパスワードを確認・変更したい場合も、マイページから手続きができます。マイページにログインした後、「登録情報の変更 / サポート」の「お客さま情報紹介・変更(eoID等)」を選択し、手順に沿って変更してください。

パスワードは、半角英数字、記号6文字以上、16文字以内で設定できます。設定したパスワードの確認も、同じページで行うことができます。ただしeoIDの変更は30日に1度となっています。

こちらは半角英数字、記号4文字以上、80文字以内で設定します。eoIDの変更をしたい場合は、マイページより「お客様情報の照会、変更」を選択してください。

mineoのeoIDが分からなくなった場合は?

eoIDが分からなくなったら、mineoの申し込みが完了した際に送られてくる書類を確認しましょう。ここにeoIDも記載されています。万一、書類を紛失してしまってわからないという場合には、はケイ・オプティコムのサポートに問い合わせてください。

問い合わせをすると、eoIDとパスワードは初期化され、1時間以内に登録メールアドレスにサポートからメールが届きます。そのメールに記載されたURLにアクセスし、電話で教えてもらったパスワードを入力すると、初期化された新しいeoID、eoIDパスワードでマイページにアクセスすることができます。

ほかの業者の場合は、郵送で新しいIDやパスワードが届けられるということが多いのですが、この場合はすぐに新しいIDが使えないので不便です。mineoのように、すぐ電話とオンラインで対応してくれるというのは、かなり便利です。

eoIDをマイネ王アカウントと連携する方法

マイネ王アカウントを持っているなら、eoIDと連携しておきましょう。

マイネ王はmineoのコミュニティサイトなので、連携しておくと全国のmineoユーザーとパケットをシェアし合える「フリータンク」や、マイネ王の役に立った情報や面白いアイデアに感謝の気持ちを贈れる「チップ」といった機能を利用できるようになります。

マイネ王
マイネ王でmineoをもっと便利に!マイネ王の機能・利用方法

mineoのテレビCMで「マイネ王」という言葉を耳にしたことがある人もいらっしゃると思います。 マイネ王とは、mineoの使い方はもちろん、日常生活にまつわる情報などを閲覧することのできるmineoの ...

複数回線を契約するならeoIDは別々にすべき?

簡単に作成できるeoIDですが、複数回線を契約するときにeoIDを一括にするか、別々にするか迷われるかもしれません。

結論を言ってしまえば、パケットギフトを家族など複数回線の間で利用するならeoIDは別々にしておく必要があります。ただし、eoIDが別々だと携帯代金を一括管理することはできなくなるので、使い方によっては同一にしたほうが便利でしょう。

複数回線契約を同一eoIDで契約した場合

  • 適用される割引:複数回線割(月額-50円)
  • 割引の申し込み:不要
  • 上限回線数:5回線
  • パケットギフト:複数回線の間では利用不可
  • フリータンク:全員で1GB/月
  • 利用料金の確認:一つのeoIDで一括管理できる

複数eoIDの場合

  • 適用される割引:家族割引(月額-50円)
  • 割引の申し込み:必要
  • 上限回線数:5回線
  • パケットギフト:利用可能
  • フリータンク:eoID一つにつき1GB/月
  • 利用料金の確認:eoIDごとに表示される

上記のように、同一eoIDで複数回線を契約すると、フリータンクでもらえるパケットが1GBまでになります。また、同一eoIDにしておくと複数回線割が適用されるので、2回線目以降の月額料金が50円割引になります。

一方、別々eoIDにするとeoIDひとつにつき1GB/月がもらえます。パケットをたくさん使うなら、別eoIDかもしれません。

別々のeoIDで申し込んだ際にも2回線目以降に月額50円の割引が適用されますが、適用するためにはマイページから申し込みとご家族のグループ登録を行わなければいけません。

家族割
mineoの家族割ってどうなの?契約方法や複数回線割引との違いについて徹底解説

家族同士で格安SIMを使うのであればmineoを利用するとよいでしょう。 格安SIMに変更して毎月の利用料金を安くしたくても、格安SIMの中に家族で入ると割引が利く(家族割引がある)という会社がそれほ ...

まとめ

mineo(マイネオ)を便利に使うためには、eoIDが必要です。eoIDを持っておかないと、プランの変更もマイネ王の利用も制限されます。ですからeoIDには登録しておきましょう。

mineo
mineoの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年12月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

-mineo

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.