機種変更

mineo

mineoで機種変更をする方法・手順と機種変更前にするべきことを解説

投稿日:

スマートフォンの技術進化は目覚ましく、2~3年もたつと端末のスペックが大きく変化します。ですからmineoを契約していても、機種を変えたくなることもあるでしょう。

そんなとき実際どんな手順で手続きすればいいかなど、機種変更にまつわるアレコレを調べてまとめてみました。機種変更したい人はぜひ参考にしてください。

mineoの機種変更は2通りの方法がある

スマホの機種変更

mineoで機種変更する場合、mineo端末に機種変更する方法と、mineo以外で購入したスマホに機種変更する方法の2つがあります。

mineo以外で購入したスマホに機種変更する方法はとても簡単で、使いたい機種にSIMを差し替えるだけでOKです。ドコモやauで使っていたスマホのままmineoを契約した時と同じ流れです。

ですが新しい端末がmineoに対応していないことがあるので注意が必要です。対応しているかどうかは、mineo公式サイトの動作確認端末一覧で確認してください。

mineoで販売している端末に機種変更する際は、「追加購入」という手続きを行います。手数料などは必要ありません。

mineo端末を追加購入する手順

mineo端末は、mineoのマイページにログインして購入手続きを行なってください。手続き方法はとても簡単です。

  1. マイページより「ご契約サービスの変更」をタップ
  2. 「端末追加購入(機種変更)」を選択し、「mineoサービス提供条件」をタップして確認する
  3. 「同意する」にチェックを入れたら、追加購入したい機種を選択
  4. 「支払回数」と「申し込みたいオプションサービス」を選ぶ
  5. 分割払いの際は、本人確認書類の画像をアップロードする
  6. 「申し込む」を押して、完了

申し込みが終わったら、新しい機種が送られてくるので、それにSIMを差し替えてください。

新しい端末を使う際の注意点

機種変更をしてこれまでと同じようにスマホを使うためには、以前のスマホから新しいスマホへデータを移行させなければいけません。

データバックアップの方法

スマホのデータのバックアップ

Androidをお使いの場合は、データをSDカードに保存することができるので、簡単にデータを移行させることができます。しかし、iPhoneの場合は、iCloudかパソコンのiTunesにバックアップデータを作る必要があります。

iCloudは5GB以上のデータを保存する場合は追加料金がかかるので、アドレス帳などのデータのみをバックアップしておき、容量の大きなアプリなどは新しい端末で再度ダウンロードすると良いでしょう。

AndroidからiPhoneへ機種変更する場合は、SDカードにデータを保存する方法もありますが、アドレス帳などの連絡先などのデータは容量がそれほど大きくないため、アプリやGoogle Driveなどのクラウドサービスを利用すると簡単です。

アプリなら、Appleが提供する「Move to iOS」がおすすめです。このアプリを使えば下記のようなデータをバックアップすることができます。

Move to iOSでバックアップできるもの

  • Googleアカウント
  • ブックマーク
  • メッセージ
  • 連絡先
  • カレンダー
  • カメラで撮影した写真とビデオ
  • アドレス帳

写真や音楽などのデータのバックアップ方法

写真や音楽といったデータは、件数が少ない場合には上記の方法で移行できます。もし動画などがたくさんあって容量が大きい時は、パソコンを使ってデータを移行させましょう。

ゲームやアプリのデータのバックアップ方法

ゲームやアプリは、サービスによってアカウントのデータが紐づけされている場所が異なります。

アプリ自体にデータが保存されているものであればアプリごと移行させないとこれまでのデータが消えてしまいますが、サーバーにデータが保存されているものならばアプリの再ダウンロードで問題ない場合もあります。

事前にサービスを提供する運営会社のホームページなどでデータの移行方法を確認しておくと安心です。

mineo端末を購入してから3カ月は追加購入不可

翌月

mineo端末からmineo端末に機種変更する場合、最初にmineo端末を購入してから3カ月間は新しい端末を購入することができません。

3カ月たってすぐに端末を追加購入しても、前回のmineo端末の支払いが分割払いで終わっていなければ支払いは発生しますし、二重で端末代金を支払わなければいけないので、あまりおすすめしません。

SIMカードを変更しないといけないことがある

mineoでこれまでとSIMカードサイズが異なる端末を追加購入すれば、新しいSIMカードも送付されます。

ですが自分で用意したスマホでは、これまでのSIMカードが入らなくなってしまうことがあります。SIMカードにはいくつか種類があり、スマホによって対応するSIMカードが異なるからです。

例えば「microSIM」と「nanoSIM」では大きさが異なるので、これまで「microSIM」を使っていたのに「nanoSIM」の新しい端末を購入してしまうと、SIMカードが流用できないのです。この場合、mineoで新しいSIMカードとの交換を行わなければいけません。交換には2,160円の変更事務手数料に加え、Aプランの場合はSIMカード発行料248円、Dプランの場合は368円が必要です。

また、端末によってはSIMロック解除が必要な端末もあるので、新しい機種を自分で用意する場合にはmineoのユーザーサポートページで対応端末を確認しておきましょう。

まとめ

mineoでの機種変更手続きはマイページ内で行なえるので、とても簡単です。申し込みをして数日後には機種変更が完了します。

ですがSIMカードによってはSIMカード自体を新しくしなければいけないこともあるので、詳しくはmineoの公式サイトで調べてください。

mineo
mineoの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年11月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

-mineo

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.