mineoはデビットカードで契約できる?

mineo

mineoはデビットカードで申し込める?契約しやすいデビットカードを解説

投稿日:

mineoでデビットカードを使用するにはどんな手続きが必要なのか、悩んでいませんか?

一番気がかりなことは審査における基準です。せっかくmineoに申し込んで、書類審査に受からなければ契約することができません。

今回は、デビットカードをmineoと契約するために理解しておいてほしい基本的な審査をクリアするためのコツと、実際に申込みする際に必要なことっを紹介しますので参考になれば幸いです。

そもそもデビットカードとはどんなもの?

まず初めにデビットカードとクレジットカードの違いを優しく説明しますと、デビットカードとは、お金を払う際にデビットカードを使ったタイミングで、設定している銀行口座から即お金が引き落とされる仕組みになります。

次に、クレジットカードは、お金の支払いにカードを使っても、口座から引き落とされるのは、締め日に締めて、実際に請求されるのは翌月以降になります。

そこで、デビットカードが使える上限の金額は銀行口座の残高次第で変動します。

デビットカードは、クレジットカードよりも強硬に銀行口座に紐付けされているのです。

クレジットカードには初めから、使用上限金額が設定されており、その上限を超えると使えなくなります。

ところが、デビットカードの場合にはクレジットカードとは仕組みが異なり、銀行口座の預金上限金額により、使える金額が上下します。

さらに支払いのタイミングが、クレジットカードのように翌月以降の締め日で締めて支払いではなく、即座に銀行口座から引き落としになります。

デビットカードの申し込みは審査なし

mineoの申し込みに使うデビットカードを作るには、デビットカードを作るための審査はありません。

これは、銀行口座さえあれば、誰でも簡単に作れるということになります。

クレジットカードがまだ作れない未成年や金銭的な審査をクリアできないクレジットカードが作れない人は、デビットカードを作る選択肢があるのです。

mineoでデビットカードは申し込める?審査の基準とは

利用者連携と契約者連携の違い

銀行口座に一定金額以上の残高があるかどうかからスタートして、mineoの料金を支払い1ヶ月分もに満たない、銀行口座の残高では拒否される可能性が高いです。

契約申し込みをする前に銀行口座の残高をしっかりと把握しておき、少なくとも支払いが2,3ヶ月分を超える残高を銀行口座に預金しておくのが望ましいです。

デビットカードの利用が0でないこと

デビットカードを所持していって一度も使用したことがなければ、不安があります。

契約する前に1度でも、僅かな金額でも良いので一度は、普通に決済ができるのかどうかを確認っしておくことが大切です。

デビットカードでの支払いはコンビニやガソリンスタンドで普通に対応しているので、そこで確かめるのがお勧めです。

月次決済対応のカードで申し込む

毎月決まった日に、銀行口座から引き落としをしてくれることを月次決済と言います。

デビットカードによっては、月次決済ができるのか変わります。月次決済非対応のデビットカードがあっても、携帯電話の毎月の支払いには、向いていないので申し込み後の審査に落ちやすいと言われます。

契約者名義と同一名義のデビットカード

これはクレジットカードも申し込む際の条件と同じです。格安SIMを申し込み、代表者の名義とデビットカードの名義は同一にしてください。

mineoで審査に通りやすいデビットカードとは

mineoに、どのデビットカードが審査に通りやすいのか聞いたところで教えてくれません。ところが、mineoユーザーの口コミには、審査に通りやすいデビットカードが投稿されておりわかりやすいです。

実際にmineoに申し込み審査を通過したデビットカードは以下に記載してあります。

mineoの審査に通ったデビットカード

  • 楽天銀行VISA デビットカード
  • 楽天銀行JCB デビットカード
  • JNB (ジャパンネット)でVisaデビット
  • スルガ銀行のVisa デビットカード

審査を通過したデビットカードに共通する点は、月次での決済機能が付帯している点です。そして、ネット系銀行がとても強いことです。

これからデビットカードを作る予定があるのであれば、年会費のかかる楽天銀行VISAデビットカードを以外の3枚がお勧めです。

ただし、楽天銀行のJCBデビットカード、JNB・スルガ銀行のVISAデビットカードは年会費が無料でインターネットから申し込みが簡単にできます。

※ここに記載したデビットカードであっても100%絶対に審査を通過するわけではありません。状況によっては審査に落ちる可能性がもあります。

mineoの審査に落ちやすいデビットカードとは

これから紹介するデビットカードは、審査に落ちる可能性が高いデビットカードです。

審査落ちしやすいデビットカード

  • 三菱UFJのデビット(JCB・VISA)
  • 住信SBI のVisaデビット付キャッシュカード
  • りそなのVisaデビットカード
  • Sony Bank(ソニー銀行)の WALLET
  • SMBC(三井住友銀行)のデビット
  • みずほのJCBデビット

※実際は申し込んでみれば審査に通る可能性もあります

特に審査に落ちやすいと言われているのが、三井住友銀行のデビットカードです。

理由は開示されないので不明ですが、審査に落ちることが続出していると言われていますので、mineoの申し込みには使わない方がいいと思います。

審査に落ちると言われているデビットカードの共通点は、大手メガバンク系のデビットカードです。

ネット系の銀行が審査に通りやすいのに反してメガバンクや地方銀行のデビットカードは審査に通りにくくなっています。

理由は不明ですが、一般銀行系のデビットカードはmineo側の与信審査の、返済能力の判断について確認が取りづらいかもしれません。

カード自体は有名であっても、mineoの審査では難しい面があるようです。その他審査落ちする原因はこちらを参考にしてください。

審査
mineoの審査落ちの原因とは?審査を通過するための方法

こんにちは、今回は、mineoで審査に落ちる原因と、その対処方法を紹介します。 目次1 mineoの申し込みと審査について2 mineoの審査落ちの原因3 再申し込みはできる?4 mineoの審査を通 ...

MNPの申し込みの際にはデビットカードをできる限り使わない方がいい

この記事をとおして説明していることですが、デビットカードで契約が確実にできるかどうか不明な点があります。

クレジットカードであれば概ね契約可能なようですが、ことデビットカードになると契約できるカードかどうか、公式見解をだしていないため判断ができません。

ということは、逆に契約ができない可能性が高いということになります。

例えば、MNPで電話番号をmineoに変更することで、デビットカードを使えば、MNPが上手くいかずに不利益を被ることも考えられます。

そこで、MNP手続きをする時には現在契約している通信事業者から、MNP予約番号を発行する必要があります。

その予約番号には有効期限があり、2週間程度の有効期限なのですが、デビットカードを使用した場合の契約が上手くいかなかった場合、再申請する際には有効期限が切れている可能性が高くなります。

乗り換え先のMVNOからも、「○○日以内にMNPしてください」と期限が決められているので、その場合は乗り換え元の有効期限よりも早く期間が終了してしまいます。

例えばMNPした時期が、別の携帯電話会社の契約を更新する月、それも更新する月の終わりだった際には、乗り換え先とデビットカードで契約できないためにMNPが失敗になると、キャリアの契約が続きます。

契約の更新した月が終わってからMNP転出するとキャリア契約解除の違約金が発生してします。

デビットカードを使用したMNPは高リスクで、携帯キャリアの更新月ギリギリに行うのは避けることが重要です。

デビットカードに対応した格安SIM一覧

デビットカードが使える格安SIMはmineoだけではありません。

まだまだ会社は少ないのですが、格安SIMを扱うデビットカードでも申し込みができます。もし、mineoの審査に通らなくても、格安SIMの契約を諦めるのは早計です。

別の格安SIMでも、デビットカードの申し込みを試してみましょう。

まとめ

申し込みから審査をして契約まで通過する過程を見てみると圧倒的にクレジットカードは通っていますが、デビットカードで契約したい人もいるかと思います。

mineoの審査では何回でも申し込むことも可能ですし、同じ条件なので1度目でダメでも2度目には通過したという人も稀にいます。

お勧めの格安SIM会社ですので、是非めげずにmineoに申し込んでください。

mineo
mineoの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年11月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

-mineo

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.