テザリング

お得なキャンペーン実施中!詳しくはこちらから。

IIJmio

IIJmioでテザリングはできる?テザリングのやり方と注意点

更新日:

スマホからあらゆる通信機器にネット接続できるテザリングですが、格安SIMであるIIJmioでテザリングが出来るか気になる方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、Aタイプ(au回線)とDタイプ(docomo回線)の違いによって、テザリングが出来るかどうかや、注意点、設定方法まで詳しく説明していますので、是非参考にしてください。

IIJmioでテザリングはできる?

スマホからあらゆる通信機器にネット接続できるテザリング。外でノートパソコンを使いたいときなどに重宝する機能です。

例えば、スマホ・タブレット2台を外出先で(テザリングを利用せずに)ネットに接続させるためには、それぞれにSIMカードを入れる(=SIMを2枚契約する)必要があります、しかしテザリングを利用すれば、1枚のSIMで複数の端末をネットワークに繋ぐことができます。

IIJmioでもテザリングは可能ですが、テザリングに対応していない端末もあります。さらには回線がAタイプ(au回線)とDタイプ(docomo回線)の二種類ありますので、回線と端末の組み合わせによっても、テザリングが出来ないことがあります。

iPhoneでテザリングをする場合

タイプAタイプD
キャリア版iPhone
SIMフリー版iPhone

iPhoneでテザリングをする場合タイプDであれば問題なくテザリングをすることが出来ます。もしテザリングを利用する前提であればタイプDの契約をおすすめします。

Androidでテザリングをする場合

タイプAタイプD
キャリア版Android
SIMフリー版Android

AndroidではタイプDとキャリア版の相性が悪くほとんどの場合がテザリング不可ですが、その他は問題なく利用することが可能です。

Android端末の場合にはテザリング利用できる機種が基本的に多いのですが、Xperiaシリーズはテザリングできないので注意が必要です。

テザリングにおすすめのプラン

IIJmioの料金プランは下記の通りとなります。

Dプランの月額料金

音声通話機能付きSIM

(みおふぉん)

SMS機能付きSIMデータ通信専用SIM
3GB ミニマムスタートプラン1,600円1,040円900円
6GB ライトスタートプラン2,220円1,660円1,520円
12GB ファミリーシェアプラン3,260円2,700円2,560円

 

Aプランの月額料金

音声通話機能付きSIM

(みおふぉん)

SMS機能付きSIMデータ通信専用SIM
3GB ミニマムスタートプラン1,600円900円提供なし
6GB ライトスタートプラン2,220円1,520円提供なし
12GB ファミリーシェアプラン3,260円2,560円提供なし

 テザリングは1枚のSIMのデータ通信容量を分ける仕組みになっているめ、「ミニマムスタートプラン」と「ライトスタートプラン」はテザリングには不向きとなっています。よってテザリングにおすすめのプランは「ファミリーシェアプラン」です。

またスマホを固定回線やWi-Fiルーターの代わりに利用したいと言う方は、大容量オプション(20GB:3100円、30GB:5000円)の検討をおすすめします。

テザリングの設定方法

iPhoneの場合

iOS10.2に対応しているiPhone端末なら、IIJmioが構成したプロファイルを使うことで、テザリングが利用できます。設定方法は下記の通りです。

  • 検索サイトを開き、「iOS APN構成プロファイル」と入力する。
  • トップに表示されたサイトへ進み、「iOS APN構成プロファイル」のiOS 7~iOS 11の端末(Cellular Payload版)のプロファイルを選択後ダウンロードする。
  • ダウンロード完了後、ホーム画面から「設定」を選択する。
  • 「モバイルデータ通信」を選択する。
  • 「インターネット共有」を選択し、インターネット共有をONにする。
  • テザリング方法を選び(USBテザリング、WiFiアクセスポイント、Bluetooth)ONにする。
  • 子機のデバイスに接続し、テザリング開始

Androidの場合

Android端末でのテザリング設定は下記の通りです。

  •   ホーム画面から「設定」を選択する。
  • 「無線とネットワーク」を選択する。
  • 「テザリングとポータブルアクセスポイント」を選択する。
  • テザリング方法を選び(USBテザリング、WiFiアクセスポイント、Bluetooth)ONにする。
  • 子機のデバイスに接続し、テザリング開始

注意点

テザリングを行う上でいくつか注意点がありますので、詳しく見ていきましょう。

テザリング中の通信量に注意

テザリング中の通信

テザリングは1枚のSIMカードで複数の端末をデータ通信可能にするため、データ通信容量を気にせずにPCなどを接続して使用していると、スマホのデータ通信がなくなり、速度制限がかかってしまうことが多くあります。

もし心配な方はモバイルデータ通信のデータ通信量制限をかけるなどして、使いすぎを阻止して上手に利用してください。

またテザリング中の通信速度に関しては、利用する時間帯やスマホ端末のメモリなどによって大きく左右されます。

基本的に回線混雑を起こす時間帯意外はスムーズに利用できますが、12~13時、20時〜22時は回線が混雑していることが多いです。

対応してない端末に注意

スマホの画面

先ほどXperiaシリーズはテザリングが出来ないと、説明しましたが、その他にも対応していない端末が存在します。

テザリングが使えないスマホがあるということはわかったけど、どのスマホが対応している端末なのか分からないと言う方は、IIJmioでは、公式サイトに動作確認済み端末の一覧が載っていますので、そちらを確認してみてください。

機種名を入れて検索することや、メーカー毎にフィルタをかけて検索することも出来ます。

動作確認端末 | IIJmio

バッテリー消費が激しくなる

テザリング中の端末は、画面の色が暗くなっていたとしても、バッテリーを消費しながらデータ通信を行っています。

そのため、長時間のテザリングはバッテリーの消費がかなり激しくなります。テザリングを利用しない時はこまめにOFFにするか、もしくはモバイルバッテリーなどを用意しておくと便利です。

テザリングに対応してない場合は同時購入もあり

IIJmioのSIM契約時に格安スマホもセットで購入する場合、事前準備不要で簡単にテザリングが利用できます。

SIMフリー端末やSIMロック端末は、対応していない場合があるので、この方法は一番確実と言えます。

おすすめのスマホ
IIJmioで取り扱うおすすめの端末、スマホを徹底解説【2018年9月】

IIJmioには様々なスマホがありますが、どれが良いのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか? この記事ではIIJmioで取り扱いのあるおすすめのスマホをご紹介していますので参考にしてください ...

まとめ

ポイント

  • IIJmioでもテザリングは可能
  • 回線のタイプ(Aタイプ、Dタイプ)によってテザリングが出来ない端末がある
  • 端末によってはそもそもテザリングが出来ないものがある
  • テザリングをよく利用する場合は、データ通信容量が多いファミリーシェアプランがおすすめ 

android端末はDタイプの回線でテザリングが出来ず、iPhone端末はAタイプの回線でテザリングが出来ないと覚えておくと分かりやすいと思います。

料金に関してもオプションサービスとして月額がかかるMVNOも存在しますが、IIJmioでは追加料金なしでテザリングを利用することができます。

大手キャリアでテザリングをする場合、データ容量が大きいプランを選ぶと料金が格段に高くなってしまうのがネックです。

しかし格安SIMはデータ通信容量が大きいプランを選んでも、5000円以下に収まることが多くあります。なので格安SIMとテザリングは相性が良いと言えます。

外でPCやタブレットをよく利用される方は、IIJmioでテザリングが出来ること。そして注意点などをよく覚えておいてください。

IIJmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年12月】

IIJmioを一年以上使い続けた感想と、ネット上の評判を調査してわかったIIJmioの特徴は 家族割で安くなるので家族での契約がお得 新機種の取り扱いが早い 長期間サービスを提供しているので安心して使 ...

-IIJmio

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.