おすすめのスマホ

お得なキャンペーン実施中!詳しくはこちらから。

IIJmio

IIJmioで取り扱うおすすめの端末、スマホを徹底解説【2018年9月】

投稿日:

IIJmioには様々なスマホがありますが、どれが良いのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

この記事ではIIJmioで取り扱いのあるおすすめのスマホをご紹介していますので参考にしてください。

IIJmioのコスパのいい端末

HUAWEI nova lite 2

HUAWEI nova lite 2

 メーカーHUAWEI
CPU(プロセッサー)オクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Huawei Kirin659
内臓メモリ容量RAM 3GB / ROM 32GB /
ディスプレイ5.65インチ2160×1080、ディスプレイ比18:9
バッテリー容量3000mAh
耐水・防塵×
カラーブルー、ゴールド、ブラック
重さ143グラム
画素数(背面カメラ)メインカメラ( ダブルレンズ):1300万画素+200万画素

インカメラ前面800万画素

 

価格25,980円

高評価でかなり売れたnova liteの後継機となっていて、そのコストパフォーマンスの高さから人気が高い端末となっています。

通常この価格帯のスマートフォンのCPUは、Kirin620などが使用されている事が多いですが、この機種ではKirin659が搭載されています。

さらにRAMも3GBとなっていて、この容量であればマルチタスクやアプリの複数起動も問題なくこなせます。

HUAWEI nova lite 2
HUAWEI nova lite 2を徹底レビュー!スペックや気になるデメリットは?

HUAWEI nova lite 2は本体価格が安くコストパフォーマンスが高い事で人気の機種となっていますが、その性能やメリットとデメリットはどういったところにあるのでしょうか?今回はnova lit ...

HUAWEI P10 lite

P10 lite

 メーカーHUAWEI
CPU(プロセッサー)HUAWEI Kirin658 オクタコア (4×2.1GHz+4x1.7GHz)
内臓メモリ容量RAM 3GB / ROM 32GB /
ディスプレイ5.2インチ 1920×1080 フルHD
バッテリー容量3000mAh
耐水・防塵×
カラーサファイアブルー、パールホワイト、ミッドナイトブラック、プラチナゴールド(SIMフリー専用)、サクラピンク(UQモバイル専用)
重さ146g
画素数(背面カメラ)メインカメラ( ダブルレンズ):1200万画素

インカメラ前面800万画素

 

価格26,800円

処理能力はミドルスペックとしては優秀。「P10」とは仕様が異なりliteには、デュアルカメラは搭載されないません。カメラ性能やディスプレイの解像度は標準レベルで、電池持ちの良さが目立ちます。

HUAWEI P10 lite
HUAWEI P10 liteの実機レビューと最安値で購入する方法

HUAWEIが6月9日に発売したHUAWEI P10 liteの実機を入手できたので使い心地やスペックなどをレビューしていきたいと思います。 目次1 HUAWEI P10 liteのスペック2 HUA ...

IIJmioのハイスペックな端末

ZenFone 4 Pro

ZenFone 4 Pro

ASUS ZenFone4 Proのスペック
 メーカーASUS
CPU(プロセッサー)CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 835 (オクタコアCPU)
内臓メモリ容量RAM  6GB/ ROM 128GB / microSD カード(最大2TB)

 

 

ディスプレイ 

5.5型ワイド AMOLEDディスプレイ

 

Corning® Gorilla® Glass 5

 

バッテリー3,300mAh

Wi-Fi通信時:約17.1時間

モバイル通信時:約16時間

連続通話時間:約1,440分 (3G), 約1,902分(au VoLTE)

連続待受時間:約209時間 (3G), 約330.6時間 (au VoLTE)

 

耐水・防塵×
画素数(背面カメラ) 

1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)

1,600万画素ズームカメラ内蔵 (2ndカメラ)

 

 

 

カラー 

ムーンライトホワイト, ピュアブラック

 

 

センサーGPS(GLONASS、Beidou、Galileoサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサー、RGBセンサ、NFC

 

 

価格79,800円

Snapdragon 835はスマホ用のCPUでありながら、ノートPC並みの性能を持っていて、GalaxyやXperiaなどの端末にも使用されています。

本当に気持ちが良いほど動作に引っかかりがなく、その性能はAppleの端末に搭載されているCPU「Apple A10」を上回るほどです。

カメラの性能も高く、背景をぼかして撮影するポートレートにも対応していて、手動でシャッタースピードやISO数値を設定も出来きます。

設定にこだわりのある方でも満足した写真が撮影出来るようになっています。

ZenFone 4 Pro
ZenFone 4 Proを徹底レビュー!スペックや気になるデメリットは?

ZenFone 4 ProはZenFoneシリーズの中で一番ハイエンドモデルのスマートフォンとなります。全体的に見てこのスマートフォンはどうなのか?と言うところを詳しくご紹介したいと思います。 目次1 ...

ZenFone 4 カスタマイズモデル

ZenFone 4 カスタマイズモデル

ASUS ZenFone4 Proのスペック
 メーカーASUS
CPU(プロセッサー)Qualcomm Snapdragon 6302.2GHz 8コア
内臓メモリ容量RAM  4GB/ ROM 64GB / microSD カード(最大2TB)

 

 

ディスプレイ 

5.5インチ

1920x1080

フルHD

 

バッテリー3,300mAh

 

画素数(背面カメラ) 

1200万画素 + 800万画素(メインカメラ)

800万画素(インカメラ)

 

 

 

カラー 

ミッドナイトブラック

ムーンライトホワイト

 

重さ165グラム
価格56,800円

ZenFone 4のカスタマイズモデルは、ZenFone 4のスペックを落としたオリジナルモデルです。具体的な違いは、CPUがSnapdragon 660からSnapdragon 630にダウングレードしている点。

そしてRAMが6GBから4GBに減っている点となります。

SH-M06

AQUOS R compact SH-M06

 メーカーSHARP
CPU(プロセッサー)Qualcomm Snapdragon 660

2.2GHz×4 + 1.8GHz×4 8コア

内臓メモリ容量RAM  3GB/ ROM 32GB /

 

 

ディスプレイ 4.9インチ

2032x1080

フルHD+

 

バッテリー2500mAh

 

画素数(背面カメラ) 

1640万画素(メインカメラ)

800万画素(インカメラ)

 

 

 

カラー 

ホワイト

シルバーブラック

 

重さ140グラム
価格60000円

SH-M06のディスプレイサイズは4.9インチと小さく、女性や手の小さい男性でも片手で余裕で操作できます。

また防水・防塵とおサイフケータイに加え、ワンセグも搭載しているので、海外のスマホ端末にあまりない機能が備わっています。

honor 9

honor 9

 メーカーHUAWEI
CPU(プロセッサー)HUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
内臓メモリ容量RAM 4GB / ROM 64GB / microSD カード(最大256GB)

 

 

ディスプレイ約 5.15インチ, FHD (1080x1920ドット), IPS
バッテリー容量3200 mAh (一体型) / 急速充電対応9V / 2A ※付属のACアダプターによる充電

 

耐水・防塵×
通信速度受信時 : 最大150Mbps /送信時: 最大50Mbps
画素数(背面カメラ)メインカメラ( ダブルレンズ):1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー

インカメラ:800万画素 (開口部F2.0, FF)

カラーサファイアブルー、グレイシアグレー、ミッドナイトブラック(楽天モバイル専用)

 

 

センサー加速度, コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, HALL, 指紋認証

 

 

価格39,800円

CPUもカメラも高性能な割に端末代金が安く、コスパが抜群です。

honor 9にはKirin 960のCPUが搭載されていて、このCPUはHUAWEIのフラッグシップモデルに搭載されている事が多くP10やmateシリーズにも採用されています。

またプロセッサー自体にAIが搭載されていて、機械学習機能が付いているため、使えば使うほどにアプリの起動などの処理が早くなると言う事も可能です。

honor 9
honor9を徹底レビュー!スペックや気になるデメリットは?

honor9はHUAWEIが発売するミドルグレードのスマートフォンになります。高性能なCPUと美しいディスプレイが特徴的なhonor9を詳しくご紹介したいと思います。 目次1 honor9のスペック2 ...

IIJmioの便利な機能があるスマホ

CAT S60

CAT S60

 メーカーONKYO
CPU(プロセッサー)Qualcomm MSM8952-3 Octa-core (4 x 1.5GHz + 4 x 1.2GHz)
内臓メモリ容量RAM  4GB/ ROM 64GB / microSD カード(最大2TB)
ディスプレイ4.7” TFT HD 1280×720, Corning® Gorilla® Glass 4

 

価格8万6,184円

 

 

CAT S60は水深5mの深さでも動作可能な圧倒的な防水性能と1.8mの高さからコンクリートに落下させる実験をクリアした高い衝撃性能を誇るスマホ。

ZenFone 4 Selfie Pro

ZenFone 4 Selfie Pro

ZenFone4 Selfie Proのスペック
 メーカーASUS
CPU(プロセッサー)CPU:Qualcomm® Snapdragon™ 625 (オクタコアCPU)
内臓メモリ容量RAM  4GB/ ROM 64GB / microSD カード(最大2TB)
ディスプレイ  5.5型ワイド AMOLEDディスプレイ

Corning® Gorilla® Glass 3

バッテリー3,000mAh
耐水・防塵×
画素数(カメラ) 

1,200万画素(インカメラ)

500万画素広角カメラ(2ndインカメラ)

 

1,600万画素 LEDフラッシュ(背面メインカメラ)

 

カラー 

ネイビーブラック, サンライトゴールド, クラシックレッド

 

 

センサー 

GPS(GLONASS、Beidou、Galileoサポート)、加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ、ジャイロスコープ、指紋センサ、RGBセンサ

 

価格32,800円

 

ZenFone 4 Selfie Proは1,600万画素のメインカメラと1200万画素のインカメラに加えて、広角のインカメラも搭載されているので、カメラの種類が豊富な上に背面全面共にLEDフラッシュが搭載されている事でより綺麗に写真を撮影する事が可能となっています。

通常インカメラにデュアルカメラを採用するスマートフォンはあまりありませんが、Selfie Proと言うだけあって、自撮りにこだわっています。

ZenFone 4 Selfie Pro
ZenFone 4 Selfie Proを徹底レビュー!スペックや気になるデメリットは?

ASUSのZenFone 4シリーズは格安スマートフォンの中でもかなりの人気を誇りますが、その中でもカメラ性能に特に力を入れた、ZenFone4 Selfie Proはどう言ったスマートフォンなのでし ...

IIJmioの安いスマホ

VAIO Phone A

VAIO Phone A

 メーカーVAIO
CPU(プロセッサー)Qualcomm® Snapdragon™ 617 オクタコア

1.5 GHz (クアッドコア) + 1.2 GHz (クアッドコア)

内臓メモリ容量RAM  3GB/ ROM 16GB / microSD カード(最大64GB)
ディスプレイFull HD

 

5.5 inch

 

1080 x 1920

 

価格16,800円

 

 

端末の価格が安いにも関わらず、CPUはSnapdragon617、RAM3GBを搭載しているので、動きが比較的早いのが特徴。また、元SONYのVAIOだけあって、本体のデザインも悪くありません。

arrows M03

arrowsM03

 メーカー富士通
CPU(プロセッサー)MSM8916(1.2GHz)クアッドコア

 

内臓メモリ容量RAM  2GB/ ROM 16GB / microSD カード(最大64GB)
ディスプレイ約5.0インチHD IPS液晶(720×1280)

 

価格3万5,424円

 

 

 

国産スマホなので、防水・防塵はもちろん、おサイフケータイやワンセグにも対応しています。特に防水性に優れ、汚れたら水で洗い流すこともできます。

まとめ

以上おすすめのスマホを紹介しました。ハイスペックなものから初心者向けのものもあるので、自分の用途に合わせてぴったりのスマホを選びましょう。

-IIJmio

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.