店舗契約

お得なキャンペーン実施中!詳しくはこちらから。

IIJmio

IIJmioの店舗契約ってどうなの?メリット・注意点を解説

投稿日:

IIJmioはMVNOですが、店舗で契約することは出来るのでしょうか?今回の記事では、IIJmioの店舗契約に関して、メリットや店舗を詳しく説明していますので、是非参考にしてください。

IIJmioで店舗契約はできる?

IIJmioはMVNOですが、実店舗も存在します。なので大手キャリアと同じように、店舗に行ってその場で契約して、スマホを受け取ることが可能です。

IIJmioが契約できる店舗

IIJmioを店舗で即日契約できる店舗は大手キャリアと比べると少ないですが、日本全国の多くの場所では展開しているので、意外と近くにあったりします。ではIIJmioの格安SIMを契約することが出来る店舗を詳しく説明していきます。

イオンSIMコーナー

イオンSIMコーナー

イオンのスマートフォンコーナーには、イオンモバイルとは別に、IIJmio SIM for イオンのパッケージが販売されています。パッケージの種類は下記の通りです。

  • IIJmio音声通話パックforイオン
  • IIJmioウェルカムパックforイオン

また「IIJmio音声通話パックforイオン」は店頭で即日開通に対応していて、イオンの店頭で販売されているスマホと合わせて、その日に持って帰ることが出来ます。

BICSIM

BICSIM

BIGSIMのスマホカウンターはビックカメラ・ソフマップ・コジマにあり、そちらでも契約が可能です。以上の他にも下記の場所で、契約が出来る場合があります。

  • ヨドバシカメラ
  • イーブーム
  • エコたん
  • GOODWILL
  • ゲオ
  • コジマ
  • コストコ
  • じゃんぱら
  • Joshin
  • ソフマップ
  • デンキチ
  • でんわ館
  • ノジマ
  • BUYMORE
  • パソコン工房
  • PC DEPOT
  • ベスト電器
  • みてね価格
  • もしもしモンキー

ただIIJmioを店舗で契約したいと思っている方の多くが即日開通が目的だと思いますが、全ての店舗が即日開通には対応していないことを覚えておきましょう。

もし即日開通したいのであれば、事前に電話で確認するか、調べてから行くことをおすすめします。なぜなら即日開通出来ないのであれば、ネットで契約しても同じことなので、あまりメリットがありません。

「イオン・ビックカメラ・ソフマップ・コジマ」いずれかの店舗での契約は、即日開通が可能なので、近くにありそうな場合はこれらの店舗を探してみてください。

BIC SIMとイオンsimコーナーの違い

一般的に家電量販店では端末保証オプション・分割払いは利用不可となっています。

「端末補償オプション」とは、端末に故障・破損・水濡れなどのトラブルが起きた際、交換端末を2日以内に届けてくれるサービスのことです。

しかしながら、家電量販店で端末を購入すると、端末保証オプションを追加することができません。

BICSIMカウンターは家電量販店に当たるため、これらのサービスを利用することが出来ません。

店舗契約に必要なもの

店舗契約に必要なものは、事前にしっかりとチェックして、必ず持って行くようにしましょう。即日開通可能な店舗であってもこれらのものがないと契約することが出来ません。

基本的にはネットで契約する場合も店舗で契約する場合も、必要なものは同じとなります。

本人確認書類

本人確認書類

IIJmioで利用可能な本人確認書類は、以下のものです。

本人確認書類は有効期限切れのものは利用できないので注意してください。

  • 運転免許証 国際免許証は除く
  • 個人番号カード
  • 日本国パスポート
  • 被保険者証(国民健康保険/健康保険)
  • 特別永住者証明書
  • 在留カードまたは外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 運転経歴証明書 ※補助書類が必要
  • 療育手帳 ※補助書類が必要

MNPをする場合はMNP予約番号

今使用している電話番号をそのまま使用する場合、MNP(番号ポータビリティ)の予約番号が必要になります。

これは今契約している携帯電話会社に発行してもらうもので、直接店舗へ行くか電話やwebからでも発行が可能です。この予約番号には15日の期限があるため、期限を確認して申し込みする必要があります。

本人名義のクレジットカード

クレジットカード

格安SIMの支払い方法はクレジットカードがメインとなります。クレジットカードが無い場合は基本的にIIJmioの契約が出来ませんので、注意してください。

なので、IIJmioを申し込む際も名義と同一名義のクレジットカードでなければ、契約することはできません。

店舗契約の流れ

以上で説明している、必要なものを全て用意の上で店舗へ行きます。あとはスタッフに新規契約・MNPしたい旨を伝えるだけです。

契約書類に必要事項を記入していけば申し込みは完了。審査もその場で終わるので、即日開通が可能な店舗であれば、そのままスマホを持って帰ることが出来ます。

店舗契約のメリット

IIJmioではネット契約をすることも出来ますが、店舗で契約するメリットとはどのようなものなのでしょうか?

当日にsimを受け取れる

翌月

ネットで契約する場合は、申し込み、審査完了からSIMカードとスマホを配送するため、通常2~3日の期間がかかります。

店舗契約の場合は配送の期間がないため、即日開通の店舗であれば、その日のうちに受けとることが可能です。

わからないことはスタッフに聞ける

申し込み書類の記載や、プランについて分からないことがあれば、その場でスタッフに聞くことが出来ます。

ネットでの申し込みが不安であったり、プランについて詳しく聞きたいと言う方は、店舗での申し込みが向いているかもしれません。

IIJmioの店舗契約のデメリット・注意点

IIJmioを店舗契約する上でのデメリットや注意点などを知っておくことも大事です。では詳しく見ていきましょう。

申し込みに時間がかかる場合も

店舗には、カウンターの数が限られているため、一度に出来る契約の数も限られています。特に土曜日や日曜日に行くと混み合っている場面が多く見られます。

キャンペーンが適用されない

IIJmioでは、初期契約手数料が無料のキャンペーンやその他にも期間に応じてキャンペーンが開催されていることが多くあります。

それらのキャンペーンはネットで申し込みの場合のみ適用のことが多いため、店舗で契約した場合は適用されません。結果として少し契約料金が高くなってしまいます。

不要なオプションをつけられる場合もある

分からないことはスタッフに聞けると言うメリットはありますが、スタッフも仕事として接客しているので、オプションや固定回線などを進めてくる場合があります。

はっきり「いらない」と言える人は良いですが、ズルズル契約してしまう人は注意が必要です。

店員に知識がない場合が多い

サポート

BIC SIM(家電量販店)やイオンモバイルのカウンターで働いているスタッフは、ある程度マニュアルやスマホ操作に関しての知識があります。

しかし、IIJmioのことをピンポイントで質問すると詰まってしまったり、確認に時間がかかったりする場合があります。スタッフも人であるため完璧ではありません。

IIJmioはweb契約の方がおすすめ

インターネットでの開通

ネットで契約出来るのであれば、ネットの方が時間的には早く済みます。説明を聞く時間が短縮されるため、大体30分もあれば、手続きは完了します。

さらにオプションなどもいらないと思えばチェックを入れなければ良いので、無理に進められたりすることがありません。

そして何より、ネットで契約するとキャンペーンの適用がされるため、料金を安く契約出来るのがポイントです。

iijmio
IIJmioの申し込み方法、流れと申し込みに必要なものを解説

スマホ1台で様々なことができ、現代の必須アイテムと言っても過言ではない存在となっています。使っていく上でネックになってくるのが毎月のスマホ料金。使う頻度に差はあれど、それなりの料金を支払うことに。 そ ...

まとめ

以上IIJmioの店舗契約について説明しました。店舗契約とは言えども全ての場所で即日受け取りが出来る訳ではないので、注意が必要です。

また必要な本人確認書類やクレジットカードなどは忘れずに持っていくようにしましょう。

-IIJmio

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.