IIJmioは海外で使える?

当サイト限定!キャンペーン実施中!詳しくはこちらから。

IIJmio

IIJmioは海外で使える?国際電話・SMSの料金と海外でインターネットを使う方法

更新日:

海外旅行をする機会が多かったり、海外出張の多い仕事をしている方なら、IIJmio(みおふぉん)が海外でも使えるのかどうかが気になるはずです。

先に結論から言うと、IIJmioは海外でも国際電話を使うことができますし、IIJmio海外トラベルSIMならプリペイド式で海外でもインターネットを利用することもできます。

本項では、IIJmioを海外で利用するための方法を詳しく解説していきますので、海外でIIJmioを使いたいと考えている方はぜひ読んでみてください。

IIJmioでは海外通話可能!

国際電話

音声通話SIMでIIJmioを契約すれば、国際ローミングで海外でも通話することができます。国際ローミングとは、現地と国内の通信事業者が提携して、海外でも通話が可能になるサービスです。

特に申し込みなどは必要なく、利用にあたってオプション料金がかかることもありません。対応エリアはタイプAならauの通信網、タイプDならドコモの通信網に準じています。もちろん、日本と国交がある国なら、ほぼすべての国で使うことができます。

IIJmioの国際電話の使い方と料金

国際ローミングを使用する際は、発信時に「+」マークと相手の国番号を付けてから電話をかけます。

その時の通話料金は相手国によって変動するので注意してください。例えばタイプDの場合は、下記のようになります。

タイプDの国際電話料金(30秒あたり)

  • アメリカ:34円
  • 韓国:57円
  • 中国:57円
  • シンガポール:68円
  • タイ:68円
  • フィリピン:68円
  • インド:148円
  • オーストラリア:68円
  • イギリス:108円
  • イタリア:108円
  • フランス:108円
  • ロシア:108円

国内の通話料金が30秒で20円であることを考えると、国際電話はやはり高額です。しかしIIJmioの音声通話機能付きSIMには「みおふぉんダイアル」というサービスが用意されています。

みおふぉんダイアル
IIJmioのみおふぉんダイアルってどうなの?デメリット・メリットを解説

生活をしていると、色々と出費が必要になってきます。電話料金は意外とかかり、少しでも節約したいなと感じる方も多いのではないでしょうか? 昨今、様々なサービスが提供されているので、自分に合ったものを選ぶの ...

これはアプリをダウンロードして使うのですが、みおふぉんダイアル経由で通話すると国際電話が30秒で10円になります。基本使用量も無料です。

ただし発信先は指定の「国際通話サービス提供国・地域」に限られています。みおふぉんダイアルを利用した場合の国際通話料金は、下記の通りです。

みおふぉんダイアルを利用した際の国際電話の料金

みおふぉんダイアル 料金
使用基本料金 無料
国際通話 10円(免税)/30秒

※指定の「国際通話サービス提供国・地域」にのみ適用

なお、このみおふぉんダイアルは発信専用アプリです。加えて日本国内での通話か、日本から海外への通話の発信のみに対応している点に注意しなければいけません。

海外旅行時などには使えないのです。海外に行っている家族や知人に日本から電話するときに使いましょう。

着信者の通話料金

海外から国際電話をかけると、発信者だけでなく着信者にも通話料金がかかってしまいます。日本からの電話を海外で受けるとき、一緒に海外旅行をしている友人と現地で通話をするときも料金がかかります。

日本で電話を受けたときには着信者に通話料金はかかりません。海外にいる相手に電話をかけるときは、相手に気遣う必要があります。

SMSでメッセージも利用可能

IIJmioの音声通話SIMでは、SMS(ショートメッセージサービス)機能を使うことができます。このSMSは全角71文字までの送信が可能(端末によっては全角670文字まで可)で、海外にも送受信することができます。料金は下記のようになっています。

SMSの送信料

  • タイプD:50円~500円
  • タイプA:100円

SMSの受信料

  • タイプD:無料
  • タイプA:100円

タイプDの場合は文字数によって送信量が変わり、タイプAでは一律料金になっています。受信料についてはタイプDでは無料、タイプAでは受信側にも利用料金が発生します。

なお、SMS付きデータ通信専用SIMは国際ローミング機能がないので、海外でSMSを利用することはできません。

海外のインターネット利用はWi-FiレンタルかプリペイドSIMを使うのがおすすめ

インターネット

IIJmioは国際ローミングのデータ通信には対応していません。そのため海外でインターネットを利用したい場合には海外用のモバイルWi-Fiルーターをレンタルするか、IIJmio海外トラベルSIM(プリペイドSIM)を使いましょう。

海外用のモバイルWi-Fiルーターは日本の空港でもレンタルすることができます。グローバルWi-Fiをレンタルすれば、プリペイドSIMより通信速度は劣るものの、面倒な設定などは不要です。

もし通信速度が気になるようであれば、プリペイドで使えるIIJmio海外トラベルSIMにしておきましょう。

ただしIIJmio海外トラベルSIMを利用すると、SIMカードが変わるため自分の電話番号が使えなくなる点に注意してください。海外滞在中に自分の電話番号に着信があるという方にはおすすめできません。

モバイルWi-Fiルーターを使う場合のメリット・デメリット

メリット

  • 面倒な設定が不要
  • 空港で受け渡しが可能

デメリット

  • 通信速度が不安定
  • 2台端末を持ち歩かなければいけない

IIJmio海外トラベルSIMを使う場合のメリット・デメリット

メリット

  • 通信品質が良い
  • 端末が1台にまとまる(テザリングも可)

デメリット

  • 自分の電話番号が使えなくなる
  • APN設定が必要

IIJmio海外トラベルSIMとは?

IIJmioの海外トラベルSIM

IIJmio海外トラベルSIMが気になった方もいらっしゃるかと思います。このIIJmio海外トラベルSIMは、普段使っているスマホのSIMカードを差し替えるだけで、海外でも音声通話、SMS、インターネット通信ができるようになるSIMカードです。

日本で準備ができるという安心感も魅力です。「音声通話付き」と「データ通信のみ」の2種類があり、それぞれ料金プランは下記の表のようになっています。

データ通信のみ 音声付き
初期価格 3,240円 3,240円
スタートパック料金 3,850円 4,600円
合計 7,090円 7,090円

スタートパックの内容

データ通信のみ 音声付き
機能 データ専用 データ +SMS+音声
データ量 500MB 500MB
有効期限 購入時点から 14日間 購入時点から 14 日間
通話可能時間 (発着信合計 ) 30分
SMS可能数 (送受信合計 ) 25通 ※

IIJmio海外トラベルSIMのデータ通信量は?

「スタートパック」では500MB分のデータ通信が可能です。まずは100MBでどれだけのことができるのかまとめてみました。

利用サービス 操作内容 消費されるデータ量 100MBあたり
ホームページ Yahoo!トップページ(モバイル版)を表示 300KB 約341回
メール 300文字程度のテキストメール 5KB 約20,480通
Twitter 公式アプリで、全角140文字でツイート後、リロードする 91kB 約1,125回
動画*1 YouTubeで動画を約5分閲覧 11MB 約9回(約45分)
地図 AndroidのGoogleマップアプリ*2で地図を表示し、縮小してから拡大する、という操作を5回行う 3.5MB 約28回
IP電話 Skypeを使用し3分間通話 1.7MB 約58回(約174分)

*1: 閲覧する動画によってデータサイズは異なる

*2: キャッシュのない状態で表示し、都度違う場所へ縮小拡大を行う

これの5倍のデータ量を利用できます。ですがもし500MBを超えてしまった場合は、オンラインでリチャージすることでデータ通信を再開することもできます。

しかも音声付きを利用していても、データ通信のみのプランなど、別のプランに乗り換えることもできます。その際の料金は下記のようになっています。

データ100 データ500 音声付き100 音声付き500
料金 800円 3,850円 1,000円 4,600円
データ量 100MB 500MB 100MB 500MB
有効期限 1日 14日 1日 14日
通話可能時間

(発着信合計)

6分 30分
SMS可能数

(送受信合計)

5通 25通

しかし容量が足りなくなったら何度でもリチャージできるというわけではありません。月に10回がリチャージの上限です。

スタートパックの購入月であれば、最大9回となります。頻繁にリチャージするのあれば、、500MBプランをリチャージしたほうがよいでしょう。

IIJmio海外トラベルSIMを購入できる場所

IIJmio海外トラベルSIMは、WEBまたはビックカメラ、ソフマップ、コジマの店舗で購入できます。WEBの場合はクレジットカード決済のみで、到着までに3〜4日ほどかかるので、余裕を持って購入手続きを済ませてください。

店舗の場合は一部店舗では取り寄せになってしまいますが、即日購入が可能です。ただしIIJmio海外トラベルSIMの利用期間は14日間です。この日数で足りるかどうかも考慮して購入するようにしてください。

IIJmio海外トラベルSIMが不要なパターン

便利なIIJmio海外トラベルSIMですが、別途料金が発生してしまうので滞在先でのフリーWi-Fi環境が整っている方や、滞在先でデータ通信をする予定がない方などは必要ないかもしれません。

自分が海外でどれくらいスマホを使うのか、滞在先のWi-Fi環境はどうなっているのか、しっかり検討した上で利用してください。

まとめ

IIJmioを海外で利用する方法についてまとめてきました。通話の場合は国際ローミングに対応しているので、心配することはありません。さらにみおふぉんダイアルを使うと、通話料金を節約することもできて便利です。

データ通信の場合はモバイルWi-Fiルーターをレンタルするか、IIJmio海外トラベルSIMを購入するという方法があります。しっかり事前に確認と準備をして、海外でも快適なスマホライフを楽しんでください。

IIJmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年9月】

IIJmioを一年以上使い続けた感想と、ネット上の評判を調査してわかったIIJmioの特徴は 家族割で安くなるので家族での契約がお得 新機種の取り扱いが早い 長期間サービスを提供しているので安心して使 ...

IIJmio(みおふぉん)

-IIJmio

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.