IIJmioの大容量オプション(データオプション)

当サイト限定!キャンペーン実施中!詳しくはこちらから。

IIJmio

IIJmioの大容量オプションってどうなの?特徴と注意点を解説

更新日:

IIJmioが提供している大容量データオプションとはどう言ったものなのでしょうか?今回は大容量オプションについて詳しくご紹介したいと思います。

IIJmioの大容量オプションとは

IIJmioのデータオプションは、基本プラン(スタンダードプランなど)に追加で契約できるプランで、IIJmioのSIMで20GBを超える大容量の高速通信が可能になるサービスです。

IIJmioの大容量オプションの料金

月額料金

追加容量 月額料金
20GB 3,100円
30GB 5,000円
50GB

(20GB+30GB)

8,100円

(3,100円+5,000円)

プラン自体は20GBと30GBのみですが、それらを足すと50GBになるので、そちらも表に記載しています。

IIJmioの大容量オプションのメリット

基本プランと合わせれば最大60GBの通信が可能に

IIJmioが展開している20GB/30GBのデータオプションはあくまでも「オプション」というところがポイントです。「基本プラン」とは異なるため、データ通信量の計算方法は基本プランの容量(3GB/6GB/10GB)+オプション容量となります。

例えば、IIJmioで3GBの音声SIMを契約した場合の料金は月額1600円です。それに20GBを追加すると1600円+3100円=4700円となります。23GBで4700円であれば大手キャリアでは考えられない価格となります。

さらに「データオプション20GB」と「データオプション30GB」を同時にお申し込む事も出来るため、通常プラン10GBと合わせて合計60GBと言う訳です。

キャリアの大容量プランに比べてかなり安い

このデータ容量でこの価格で収まるのはさすが格安SIMと言わざるおえません。

例えば大手キャリアであるNTTドコモではデータプランとして「ウルトラデータLパック(20GB)」が6,000円/月、「ウルトラデータLLパック(30GB)」が8,000円/月。

家族でシェアできるプランになると、「ウルトラシェアパック30(30GB)」は13,500円/月とかなり高額になります。

他の格安SIMのプランと比べても安い事が分かります。

13GB 15GB 20GB 25GB 30GB 40GB 50GB
NifMo 3,500円
BIGLOBEモバイル 5,200円 7,450円
b-mobile 3,180円
DMM

モバイル

3,980円 4,680円
DTI SIM 4,300円 5,550円
FREETEL 4,380円 5,570円 7,680円 10,100円 12,500円
mineo 4,680円 6,600円
OCN

モバイルONE

4,850円 6,750円
U-

mobile

2,880円
イオン

モバイル

4,680円 6,080円 7,980円 10,800円
エキサイト

モバイル

4,680円 6,680円 8,680円 10,880円
楽天

モバイル

4,750円 6,150円

通信量が日割り計算

データオプションは、IIJmioの通常のプラン変更のように翌月1日から適用ではなく、申し込んだその日から利用することが出来て、通常プランのデータ容量がなくなって、「追加でデータ容量を買おうか」と言う時でも契約する事が出来ます。

例えば5月16日にデータオプションの30GBを申し込んだ場合、5月に追加される高速通信容量は半分の15GBで、月額料金も半分の2,500円になるので、経済的です。急に大量の通信が必要になった場合などに重宝します。

次の例は6GBプランのデータSIMに30GBのデータオプションを追加する場合です。

今までSIMフリーのモバイルルーターに6GBプランのデータSIMを入れて、ポケットWi-Fi代わりにして使用していたとします。

この場合30GBのプランを追加すれば合計33GBになるため、家の回線を使用している場合は解約しても問題ないほどのデータ通信量が手に入ります。

6GBプランデータSIMの月額1520円。そこに月額5000円のデータオプション30GBを追加します。1520円+30GB:5000円

合計6520円で、36GB使える事となります。楽天モバイルではデータSIMの30GBプランが5450円。それを考えると少し高いような気もしますが、36GBなので余分に6GB使えます。

6GBは普段のスマホデータ通信に使い、30GBは家の固定回線の代わりに使用すると言う使い方も可能となるのです。

データの繰越もできる

みおふぉんの大容量オプションを当月に使い切れなかった場合は、翌月に繰り越されます。繰り越しは、通常プランの繰り越しと同じで、翌月の月末まで有効です。

IIJmioのsim内で通信量のシェアができる

家族

この大容量プランは1人で使用する事も出来ますが、家族がIIJmioのSIMを使用していれば家族内でシェアする事も可能です。 

さらにIJmioのデータオプションは、複数枚のSIMでのシェアにも対応しているので、3GBの基本プランにデータオプションの30GBを追加した合計33GBを2枚のSIMでシェアしたり、10枚にシェアする事も可能です。SIMは1枚につき400円の料金がかかります。

IIJmioの大容量オプションのデメリット

最低利用期間がある

翌月

基本プランにも最低利用期間がありますが、この大容量オプション自体に最低利用期間があります。利用開始月の翌月、つまり2ヶ月間は使う前提になりますので1ヶ月だけの利用は出来ません。

基本プランの最低利用期間は、音声SIMなら実質12ヶ月です。4月に契約すれば、翌年の4月以降に解約すれば違約金は0円となります。

しかし1月1000円減っていく仕組みになっていますので、満額で11000円となっています。下記の表を見てもらうと分かりやすいと思います。

12,000円(残り12ヶ月 x 1,000円)
11,000円(残り11ヶ月 x 1,000円)
10,000円(残り10ヶ月 x 1,000円)
9,000円(残り9ヶ月 x 1,000円)
8,000円(残り8ヶ月 x 1,000円)
7,000円(残り7ヶ月 x 1,000円)
6,000円(残り6ヶ月 x 1,000円)
5,000円(残り5ヶ月 x 1,000円)
4,000円(残り4ヶ月 x 1,000円)
3,000円(残り3ヶ月 x 1,000円)
2,000円(残り2ヶ月 x 1,000円)
1,000円(残り1ヶ月 x 1,000円)

IIJmioの基本プランを変更しても自動解約されない

IIJmioの基本プランを変更した場合でも、データオプションは自動で解約されません。特に、ひと月の通信量が減って小さいプランに落とす時に、データオプションの解約を忘れないように注意しましょう。

解約日は月末になる

契約時は日割り計算で適用されますが、解約時は月末となります。月の中旬15日などに解約してもそれが適用されるのは月末になりますので、1月分の料金を支払わなくてはなりません。

IIJmioの大容量データオプションの使い方・契約方法

公式サイトの大容量データオプションにアクセス

IIJmioの大容量オプションの公式サイト

IIJmioの公式サイト大容量データオプションの画面に移動し、「IIJmioをすでにご利用の肩のご購入、お申込みはこちらから」をクリックします

mioIDでログイン

すでに契約していると思いますので、契約時に登録したmioIDでログインしてください。

プランを選択

20GB,30GBもしくは双方を選択して契約に進みます。追加前と追加後の料金の確認が表示されますので、契約事項の確認をして[設定変更お申し込み]をクリックすると完了となります。

IIJmioの大容量オプションの解約方法

IIJmioのマイページにログインすれば、いつでも解約する事がで出来ます。

まとめ

このようにIIJmioの大容量オプションを利用すれば様々なシーンで活用する事が出来ます。基本プランとの組み合わせでIIJmioの大容量プランの選択肢が広がり、自身の利用状況により合ったプランを選びやすいのがメリットとなっています。

さらに、データオプションの月額料金は非常に安く、他社の格安SIMと比べても最安値クラスでコストパフォーマンスは高いので、是非検討してみてください。

IIJmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

IIJmioを一年以上使い続けた感想と、ネット上の評判を調査してわかったIIJmioの特徴は 家族割で安くなるので家族での契約がお得 新機種の取り扱いが早い 長期間サービスを提供しているので安心して使 ...

IIJmio(みおふぉん)

-IIJmio

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.