デビットカード

格安SIMの比較

【2019最新】デビットカードで契約できる格安SIMを比較!

更新日:

格安SIMはインターネット上ですべての手続きを完了させることができる仕組みなので、毎月の利用料金の支払いをクレジットカードに限定しているところがほとんどです。

クレジットカードに限定すれば、審査に通った一定の支払い能力がある人のみが契約できるため、身分証明や料金滞納のリスクを回避できるのです。

ということはクレジットカードを持っていない人は格安SIMを契約できないのでしょうか。結論から言うと、そうではありません。一部の格安SIMでは、クレジットカード払いのほかにも口座振替やデビットカードに対応しています。

ここではそんなクレジットカードなしでも契約できる、デビットカード支払い対応の格安SIMについて紹介していきたいと思います。

デビットカードとは?クレジットカードとの違いは?

クレジットカード

デビットカードにはクレジットカードのような審査がありません。銀行口座をお持ちの方なら、その銀行が発行するデビットカードを作ることができます。

利用できるのは口座残高の範囲内ですが、クレジットカードと同じようにお買い物やサービス利用の支払いに使うことができます。

デビットカードにもVISAやJCBなどのブランドがあり、VISAデビットカードは三菱UFJ、楽天、りそな、スルガ、ジャパンネット銀行などで取り扱われています。JCBデビットカードは、三菱UFJ、楽天、みずほ銀行などで取り扱いがあります。この中でも利用できる格安SIMが多いのは、VISAデビットです。

これからデビットカードを作って格安SIMを契約しようと思っている方は、カードを作りたい銀行に口座を作り、発行を依頼しましょう。だいたい申し込みから1週間程度で、自宅に簡易書留などでデビットカードが届きます。

ちなみに一番おすすめなのは、楽天銀行JCBデビットです。このカードならデビット利用金額の1%分が、楽天スーパーポイントで付与されるからです。年会費も無料です。さらに入会&利用で楽天スーパーポイントがプレゼントされるというキャンペーンも実施されています。

格安simをデビットカードで支払うメリット

クレジットカードを持っていない方は口座振替かデビットカードを利用できる格安SIMを選ばなければいけません。しかし口座振替に対応した格安SIMは現状とても少なく、選択肢が限られてしまいます。

格安SIMにはせっかく安いプランが用意されているのに、支払方法でそれを選べないとなるともったいないです。こういった理由から、格安SIMを契約するならカードを用意しておいたほうが良いと言えます。

また、デビットカードを利用すると料金が引き落とされたときにメールで通知がきます。そのため毎月の支払額を把握しやすいというメリットもあります。

クレジットカードの場合は利用明細が届きますが、これには1ヶ月ほどのタイムラグがあります。その点デビットカードならその日のうちにメールが届くので、リアルな利用状況を知れるのです。

なお、デビットカードは中学生を除く15歳以上なら審査が不要です。申し込みも、手軽にできます。格安SIMにしたいけれどそのためだけにクレジットカードを作るのが面倒だという方も、デビットカードを作るといいかもしれません。

格安simをデビットカードで支払うデメリット

しかし2015年冬頃から徐々にデビットカードによる新規申し込みが終了したかくやすSIMが増え始めています。やはり格安SIM側でも、毎月の料金を確実に回収するため支払い方法をクレジットカードに限定したいのでしょう。

ネット上で契約が完結する格安SIMでは返済能力の見極めが難しいのですが、クレジットカードを持っている人はカード会社の審査を通過しているという担保があるので、格安SIM側は安心して申し込みを受けられます。デビットカードは簡単に作れる分、信頼性に欠けてしまうのです。

そしてデビットカードは銀行口座と紐付けされるため、口座残高よりも高い金額の買い物はできません。口座残高が足りなくなると料金未払い扱いになり、数日間のうちに口座残高へ入金しないとカードが利用停止になってしまいます。

もしものときのために、常に口座には余裕をもった残高を用意しておく必要があります。

デビットカードで契約できるおすすめの格安SIM

具体的にデビットカードで契約できる格安SIMと、その特徴も列挙してみます。

デビットカードで契約できる格安sim①楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは楽天銀行かスルガ銀行のデビットカードで支払いが可能です。ただし端末代金の分割払いは、デビットカードではできません。ボーナス払いやリボルビング払いも利用できません。必然的に一括払いすることになるので注意してください。

楽天モバイルではスーパーホーダイという全部入りのプランが用意されています。これに加えて楽天会員割、ダイヤモンド会員割、長期割などを利用すれば、かなり安い料金で利用することができます。楽天モバイルを契約したいなら、スーパーホーダイがおすすめです。

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年3月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

デビットカードで契約できる格安sim②LINEモバイル

LINEモバイル

もともとドコモ系の格安SIMだったLINEモバイルですが、2018年夏よりソフトバンクの回線も使えるようになりました。

ソフトバンク系の格安SIM自体少ないのですが、その中でもLINEモバイルはLINE Payを使うことで、クレジットカードがなくても利用可能です。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?口コミから分かるデメリット・通信速度と実際使った評価【2019年3月】

1年以上LINEモバイルを使った経験とネット上の口コミを徹底的に調べ上げた結果からわかったLINEモバイルの特徴は LINEの年齢認証ができる ソフトバンク回線の通信速度が超速い SNSの通信がカウン ...

LINEpay
LINEモバイルにクレジットカードを使わずに申し込む方法

格安SIMに乗り換えたいと思っていても、クレジットカードを持っていないため諦めてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。確かに多くの格安SIMは料金の支払いにクレジットカードが必要なので、クレジッ ...

デビットカードで契約できる格安sim③mineo

mineo

mineoはドコモ・au・ソフトバンクの3回線を利用できるトリプルキャリア対応の格安SIMです。通信量の翌月の繰越ができることと、余ったパケットを「パケットシェア」「パケットギフト」で友人や家族と分け合えるシェア機能があることで人気があります。

クレジットカード以外の支払い方法が用意されており、さらにプランも500MBから10GBまで選ぶことができるなど、ひとりひとりに合わせた使い方ができる格安SIMです。

mineo公式サイト

mineo
mineoってどうなの?評判から分かるデメリット・通信速度と使用感まとめ【2019年1月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

mineoはデビットカードで契約できる?
mineoはデビットカードで申し込める?契約しやすいデビットカードを解説

mineoでデビットカードを使用するにはどんな手続きが必要なのか、悩んでいませんか? 一番気がかりなことは審査における基準です。せっかくmineoに申し込んで、書類審査に受からなければ契約することがで ...

デビットカードで契約できる格安sim④OCN モバイル ONE

ocnmobileone

NTTグループの格安SIM 、OCN モバイル ONE。NTTグループなので、ほかの格安SIMにはない信頼があります。安全性やブランド、サポート体制を重視する方に特におすすめです。

こちらも楽天銀行、スルガ銀行、あおぞら銀行、イオン銀行、近畿大阪銀行、埼玉りそな銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行などのデビットカードで支払いができます。

なお、契約の際はOCN 光 with フレッツや050 plusなどとのセット割引を利用するとかなりお得になります。

OCNモバイルONE公式サイト

OCNモバイルONE
OCNモバイルONEの評判ってどうなの?口コミと通信速度から分かった特徴とは【2019】

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

ocnmobileone
OCNモバイルONEで口座振替はできる?支払い方法を紹介します

NTTコミュニケーションが提供しているOCNモバイルONEをこれから利用しようか検討しているという方も多いのではないでしょうか? OCNモバイルONEはサービスが充実していて、これから格安スマホ、格安 ...

デビットカードで契約できる格安sim⑤Nifmo

nifmo

大手プロバイダであるニフティ株式会社が運営しているのが、Nifmoです。

毎月の買い物やアプリのダウンロードをすると月々の使用料金が安くなる「NifMo バリュープログラム」や、家族間でのデータシェアができる「NifMo ファミリープログラム」などで話題です。

Nifmo公式サイト

nifmo
NifMo(ニフモ)の評判は悪い?通信速度・口コミを参考に辛口評価【2019】

格安SIMアワード2015を獲得した実力派格安SIM、NifMoの評判やメリット&デメリットを詳しく解説しました。 楽天モバイルやiiJmio、LINEモバイルなど他社MVNOとも比較しているのでどの ...

nifmo
Nifmoの支払い方法にはどんなものがある?わかりやすく解説します

NIFTYが提供しているnifmo。格安スマホ、格安SIMを利用している方はご存じだと思います。人によってはこれからnifmoに乗り換えようと検討しているのではないでしょうか? 様々なプランや魅力のあ ...

デビットカードで契約できる格安sim⑥DTI SIM

DTI SIM

DTI SIMはあまり聞きなれないかもしれませんが、格安SIMに興味がある人なら知っておきたいMVMO。

「でんわかけ放題・ネット使い放題」のダブル定額があるのが最大の特徴です。

DTI SIM公式サイト

DTI SIM
DTI SIMってどうなの?評判と通信速度を調査して評価しました

格安SIMのDTI SIMは平成27年9月よりスタートしたということで、割と新しめのサービスとなっています。毎月発生する料金を見ても他の会社の格安SIMと比べて一二を争っています。 公式サイトのキャン ...

デビットカードで契約できる格安sim⑦ロケットモバイル

ロケットモバイル

基本料金が安い格安SIMといえば、ロケットモバイルです。そもそもの基本料金も安いのですが、会員登録や資料請求などのお手伝い案件をこなすとロケモバポイントというものがもらえ、それを還元することでもっと料金を安くすることができます。

デビットカードも、月額料金の支払いに対応しているものであれば問題なく利用できます。ただしロケットモバイルには通信容量の3日制限があることや、かけ放題オプションがないなど、多少サービスに不便な点があるので注意してください。

デビットカードで契約できる格安sim⑧インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

こちらの格安SIMでは、SIMカードに固定IPアドレスが付与されます。ほかの格安SIMと比べると料金は高めですが、固定IPアドレス付きと考えると妥当な料金でしょう。

デビットカードについては公式には「発行元に決済を拒否されることがある」と注意されていますが、つまり使えるものもあるということです。月額料金の支払いに対応しているデビットカードで、インターリンクの決済を拒否していなければ支払いに利用できる可能性があります。

まとめ

ここまでデビットカードで申し込みが出来る格安SIMについて紹介してきました。それぞれプランやサービスに特徴があるので、気になるものがあった方は公式サイトを調べてみてください。

未成年の方やクレジットカードを使いたくない方にとっては、デビットカードを使える格安SIMというのは大変ありがたい存在です。しかし徐々にデビットカードでは契約できないプランが増えてきているのも事実。

もしクレジットカードを持つ予定がないのであれば、早めに申し込んでおいたほうが良いかもしれません。もしくは口座振替に対応した格安SIMを検討してみましょう。

お金
【2019最新版】口座振替が可能な格安SIM/mvnoを徹底比較

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアよりも低料金で利用することができます。テレビCMや広告などの影響もあり、格安SIMの認知度も高まってきています。 ですがそんな格安SIMを契約 ...

クレジットカード不要の格安SIM
【2019】クレカ不要!クレジットカードなしで契約できるおすすめの格安SIM・MVNO一覧

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアよりも安い料金でスマホを利用できることで昨今注目を集めています。ですが格安SIMでは料金の支払いがほとんどの場合、クレジットカード払いのみとな ...

-格安SIMの比較

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.