お金

格安SIMの比較

【2019最新版】口座振替が可能な格安SIM/mvnoを徹底比較

更新日:

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアよりも低料金で利用することができます。テレビCMや広告などの影響もあり、格安SIMの認知度も高まってきています。

ですがそんな格安SIMを契約するには、クレジットカードが必要になる場合がほとんど。格安SIMを使いたくても、クレジットカードを持っていないことがネックとなってしまう方もいるでしょう。

今回はそんな方のために、クレジットカードを持っていなくても銀行口座があれば契約できる格安SIMについて紹介します。それぞれの特徴やプランについてもまとめてみたので、乗り換えの際の参考にしてください。

口座振替が使える格安SIMの比較

口座振替で契約できる格安sim①UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルでは、2017年9月から口座振替が利用できるようになりました。全プランに対応していて手数料もかかりませんし、メガバンクやネット銀行はもちろん、ゆうちょ銀行や地方銀行まで使うことができるので便利です。

申し込みもオンラインでできます。支払いは毎月26日に自動で口座引き落としになりますが、申し込み手続きが完了するまではコンビニ払いにも対応しています。また、デビットカードにも対応しており、すべての格安SIMの中でも最も支払方法が柔軟な格安SIMだと言えます。

UQモバイルの特徴は、かけ放題・データ無制限の料金プランがあることと、通信速度が速いこと。かけ放題では月額2000円以下で、電話がかけ放題になる「おしゃべりプラン」「ぴったりプランS」が用意されています。

通信速度も10~20Mbpsと、大手キャリアに引けをとらない速さです。データ無制限プランの場合は通信速度が500kbpsになってしまいますが、データ容量を気にせずインターネットができるというのは大きいメリットでしょう。

なお、500kbpsでも軽いウェブページの閲覧やSNSの利用程度であれば問題なく使えるでしょう。

UQモバイルの申し込みはこちら

UQモバイル
UQモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年8月】

UQモバイルの評判を徹底的に調べ、自身も使ってわかったUQモバイルの特徴を簡単に解説すると 他社の格安simに比べて圧倒的に通信速度が速い にもかかわらずキャリアより安く(月1980円前後)使える キ ...

口座振替
UQモバイルは口座振替で契約できる?口座振替で契約する方法

UQモバイルは大手キャリアと同じように、口座からスマホ代金が引き落としされる「口座振替」に対応しているのか気になる方は多いと思います。 今回の記事では、UQモバイルの口座振替について、審査の基準や設定 ...

口座振替で契約できる格安sim②LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルで口座振替を利用したい場合は、支払い方法の選択画面で「LINE Payカード」を選んでください。このLINE Payカードとはプリペイド式の電子マネーサービスで、コンビニかLINEアプリで実物のLINE Payカードを購入し、チャージして使うものです。

このチャージを指定の銀行口座から自動で引き落としされるように手続きしておけば、LINEモバイルの利用料金が口座から引き落とされるという仕組みです。少し裏ワザ的にはなってしまいますが、申し込みや審査がないので手軽に口座振替にできるというメリットがあります。

LINEモバイルの特徴は、LINEのデータ消費量がカウントフリーになるプランや、SNSやLINE MUSICのデータ消費量がカウントフリーとなるプランなど、ユニークな料金プランが用意されているところです。

使い方によっては、他の格安SIMよりも大幅に通信費を節約することができるでしょう。通信速度も安定しているので安心です。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?口コミから分かるデメリット・通信速度と実際使った評価【2019年8月】

1年以上LINEモバイルを使った経験とネット上の口コミを徹底的に調べ上げた結果からわかったLINEモバイルの特徴は LINEの年齢認証ができる ソフトバンク回線の通信速度が超速い SNSの通信がカウン ...

LINEpay
LINEモバイルにクレジットカードを使わずに申し込む方法

格安SIMに乗り換えたいと思っていても、クレジットカードを持っていないため諦めてしまっている方もいらっしゃるかもしれません。確かに多くの格安SIMは料金の支払いにクレジットカードが必要なので、クレジッ ...

口座振替で契約できる格安sim③楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルも口座振替を利用できますが、引き落とし時に108円の手数料がかかります。そして、格安SIMとセットで購入できるSIMフリー端末、周辺アクセサリーは口座振替で支払うことはできません。手続きはオンラインのみ、書面での手続きは不要です。

楽天モバイルはその名の通り、楽天グループが提供している格安SIMです。購入可能なSIMフリー端末が豊富なことと、データ通信の質が高いことで人気です。

また、毎月の支払額から100円につき1ポイント、楽天スーパーポイントを貯めることができます。楽天会員限定の割引もあるので、楽天市場などの楽天サービスをよく利用する方におすすめです。

楽天モバイル公式サイト

楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年8月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

口座振替
楽天モバイルは口座振替が使える?口座振替で申し込む方法と注意点

一般的な格安SIMは、料金の支払い方法がクレジットカード払いしか選べません。ですが楽天モバイルであれば便利な口座振替での支払いが可能です。 審査や申込みの条件も厳しくないので、クレジットカードを持って ...

口座振替で契約できる格安sim④mineo

mineo

mineoは条件付きで口座振替を利用することができます。その条件は、mineoの運営元であるケイ・オプティコムが提供する光インターネットサービス「eo光ネット」を口座振替で利用していて、eo光ネットの契約者とmineoの契約者が同じ名義であれば、mineoでも口座振替を使えるというものです。

この条件を満たしていれば、データ通信SIMはもちろん、音声通話SIMやSIMとスマホセットの料金支払いも、手数料なしで口座振替で支払うことができます。ただし申し込みはmineo申込相談センターに連絡して手続きする必要があります。

mineo公式サイト

mineo
mineoってどうなの?評判から分かるデメリット・通信速度と使用感まとめ【2019年8月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

支払い方法
mineoの支払い方法は何がある?口座振替を使う際の注意点も解説

格安スマホの中でも人気の高いmineoですが、支払い方法はどう言ったものがあるのでしょうか? 口座振替が可能なMVNOと聞いてこのページにたどり着いた方もいらっしゃると思いますので条件なども合わせてご ...

口座振替で契約できる格安sim⑤Y!mobile

ワイモバイル

Y!mobileもすべてのプランで口座振替に対応しています。全国の銀行、信用組合など、Pay-easy(ペイジー)に対応している金融機関などを利用できます。手数料も必要ありません。

手続きはインターネット上でもできますが、一部の店舗ではキャッシュカードと本人確認書類を持参するだけで、口座振替依頼書の記入や金融機関の届け印を押印せずに即日口座振替手続きが完了します。

ただしPay-easy非対応の店舗で申し込みした場合は、口座設定完了までに1ヶ月~2ヶ月かかってしまうので、その間Y!mobileから届く請求書で料金を支払うことになります。

ワイモバイル公式サイト

ワイモバイル
ワイモバイルの評判や通信速度・デメリットをまとめて辛口評価

ワイモバイルの契約を考えている方であれば、ワイモバイルを実際に利用した方がどのように思っているのか?という点は気になるところかと思います。 そして、ワイモバイルが良い会社だということが分かり、さらに利 ...

口座振替で契約できる格安sim⑥BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは、データ通信専用SIMのみ口座振替での料金支払いが可能です。手数料は200円必要です。手続きはオンライン、もしくは入会資料に同封の「支払方法登録申込書」を郵送することで完了します。

裏ワザ的になってしまいますが、データ通信専用SIMのみ口座振替対応ですが、データ通信専用SIMで契約した後に音声通話SIMにプラン変更すると、音声通話SIMであっても口座振替を利用することができます。

そんなBIGLOBEモバイルは、安定した通話品質と、特定の動画アプリが使い放題となるエンタメフリーオプションなどで人気があります。全国83,000箇所以上に設置されているBIGLOBE Wi-Fiを月額250円で利用できるというのも嬉しいポイントでしょう。

BIGLOBEモバイル公式サイト

BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

BIGLOBEモバイルの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

口座振替で契約できる格安sim⑦インターリンクLTE SIM

インターリンクLTE SIM

データ通信SIMのみ提供されているインターリンクLTE SIMでは、法人名義の契約のみ口座振替が可能となっています。申し込みはオンライン上で申し込みをした上で、申し込み完了後に届く書類に必要事項を記入して法人の確認書類と一緒に送付する必要があります。

この手続き完了までに約2カ月ほどかかりますが、その間の料金は口座振替完了後、最初の振替日にまとめて引き落とされる形です。

口座振替で契約できる格安sim⑧もしもシークス

もしもシークス

もしもシークスでは全プランで口座振替ができます。SIMカードとセット購入した端末代金も、口座振替で支払うことができます。ただし申し込みはもしもシークスではなく、もしもシークスと契約している代理店にて行うので、注意してください。

申し込みの際には6,000円の保証金が必要ですが、これは契約終了後に全額返金されます。こういった意味では、少し契約に手間がかかってしまいます。

ですがもしもシークスにはリーズナブルな価格で利用できるかけ放題プランや無制限の使い放題プランがあるので、お得にスマホを使うことができます。通信速度は約1Mbpsとあまり早くはないですが、普通にインターネットをしたり普通画質の動画を再生する程度であれば問題ないでしょう。

口座振替で契約できる格安sim⑨@モバイルくん。

@モバイルくん。

@モバイルくん。ではデータ通信SIMとデータ通信SIMのスマホセットで口座振替が利用できます。手数料は必要ありません。音声通話SIMでは口座振替は利用できず、クレジットカードのみ利用できます。

ただしデータ通信SIMとスマホのセットの場合でも、端末代金は後日送られてくる銀行振込用紙で一括振込しなければいけません。

格安SIMを口座振替で支払うメリットとデメリット

口座振替を利用出来るメリットといえば、やはりクレジットカードを作らなくても契約できるという点が一番に挙げられるでしょう。ですが料金引き落とし時に手数料がかかる場合があることや、インターネットでは口座振替の手続きが出来ない場合があるといった、デメリットもあります。

クレジットカード支払いと違って利用料金が一定の料金を下回る場合には翌月以降の引き落としと合算されるといった不便な点もあります。どの格安SIMを使うかによって利用条件が異なってくるので、比較検討した上で契約しましょう。

格安SIMで口座振替をする際の注意点

口座振替の注意点①申込方法が限定されていることがある

MVNO事業者によって口座振替の申し込み方法が異なります。ウェブサイトから簡単に申し込みできるものもあれば、電話や来店でのみ申し込みを受け付けているものもあります。

SIMが発行されるまでに時間がかかるだけでなく、口座情報が金融機関で登録・設定されるまでにも時間がかかります。クレジットカードのようにすぐ手続きを終えて利用出来るわけではないので、早く使いたいという方はウェブサイトから口座振替の申し込みができる格安SIMを選ぶ必要があります。

また、口座情報が設定されるまでの料金は請求書で支払わなければいけない場合もあるので、手間がかかってしまいます。

口座振替の注意点②SIMの発行に時間がかかることがある

口座振替の場合、口座振替申込書が届いた後にSIMを発行するため、SIMが発行されるまでに時間がかかってしまいます。発行までに1週間以上かかる場合もあります。

口座振替の注意点③音声通話SIMの契約や端末とのセット購入ができないことがある

格安SIMは、音声通話SIMかデータ通信SIM、または音声通話SIMやデータ通信SIMとスマホのセットのいずれかで申し込みます。しかし音声通話SIMの契約や端末とのセット契約では、口座振替が利用できないことが多々あります。

口座振替の注意点④手数料が必要な場合がある

口座振替にすると手数料がかかってしまう場合があります。手数料は数百円程度のものですが、長年使うのであれば無視できない金額になります。

格安SIMはなんといっても利用料金が安いことが魅力ですので、手数料を払うこと自体がもったいないとも言えます。

まとめ

口座振替で利用料金を支払える格安SIMについてまとめてきました。クレジットカードがなくても契約できるというメリットに魅力を感じる方もいらっしゃるでしょう。

ですが選ぶ格安SIMによっては手続きに時間がかかってしまったり、手数料が別途必要になるなどのデメリットもあるので、契約の際にはしっかり下調べをしておくことをおすすめします。

クレジットカードを所持しておらず、口座振替の利用も躊躇してしまうという方は、デビットカードでの格安simの申し込みを考えてみても良いでしょう。

デビットカード
【2019最新】デビットカードで契約できる格安SIMを比較!

格安SIMはインターネット上ですべての手続きを完了させることができる仕組みなので、毎月の利用料金の支払いをクレジットカードに限定しているところがほとんどです。 クレジットカードに限定すれば、審査に通っ ...

クレジットカード不要の格安SIM
【2019】クレカ不要!クレジットカードなしで契約できるおすすめの格安SIM・MVNO一覧

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアよりも安い料金でスマホを利用できることで昨今注目を集めています。ですが格安SIMでは料金の支払いがほとんどの場合、クレジットカード払いのみとな ...

-格安SIMの比較

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.