格安SIMに乗り換える方法

格安SIMの基礎知識

格安SIMにするにはどうすればいい?乗り換える具体的手順と必要なもの

投稿日:

2018年には内閣官房長官が直々に家計における通信費の高騰が問題となっていると記者会見を行い話題になりました。通信費を抑える手段として格安SIMを選択するユーザーが年々増加の傾向をたどっていますが、まだまだ大手キャリアと契約を続けるユーザーも数多くいるのが実情です。

格安SIMへの乗り換えの障壁になっているものの一つが、格安SIMに乗り換える方法が分からないというものです。格安SIMへの乗り換えは、一度手順さえ把握してしまえば誰でもできる簡単なものです。ここでは格安SIMに乗り換える方法について詳細にご紹介します。

格安SIMに乗り換える際に必要なもの

まずは格安SIMへ乗り換える手続きを行う前にどのような持ち物が必要であるのか確認していきましょう。

MNP予約番号

格安SIMに乗り換えた後も電話回線を契約しようとしている人は、MNP(マイナンバーマイナンバーポータビリティ)制度を利用して、これまで利用していた携帯電話やスマートフォンでの電話番号を格安SIMで契約した新しいスマートフォンでも利用することができます。

そしてこのマイナンバーポータビリティ制度を利用して格安SIMに乗り換えるためには、それまで契約していた通信回線会社からMNP予約番号を取得する必要があります。MNP予約番号は、ドコモauソフトバンクの大手キャリア3社からであれば共通して午前9時から午後8時までの間に、マイナンバーポータビリティ制度の受付窓口に電話するか、Web上で申し込みを行うことで取得することができます。

MNP予約番号を取得しただけでは、それまで利用していた通信回線会社との契約が終了するわけではありません。新しく塗り替える格安SIMの通信回線会社に、MNP予約番号を伝え新しく発行されるSIMカードとMNP予約番号が紐づけられた時点で、古いSIMカードは失効となり契約終了となります。

格安SIMへの乗り換えのために必要なもののうち最も重要とか高いのが、MNP予約番号だといえます。

キャリア
MNPとは?MNP予約番号とは?MNP予約番号の発行方法とMNP転出の流れを解説

長引く不況と上がらない実質賃金のために、家計における通信費は増大の一途をたどっています。増大する通信費を低減するためにドコモやソフトバンク、auなどの格安SIMに乗り換える利用者が増えています。 格安 ...

本人確認書類

スマートフォンの契約をする人が、身分を偽ったりしていないか確認するためにどのMVNOに申し込んだとしても本人確認書類の提示は求められます。

最近では本人確認書類として利用できる公的書類が増えてきています。例えばLINEモバイルでは、以下の書類が本人確認書類として認められています。

本人確認書類として使えるもの

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード+補助書類
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類
  • マイナンバーカード
  • 補助書類
  • 公共料金領収書
  • 住民票

従来スマートフォンの契約をする際には、直接店舗に出向いて本人確認書類を提出し本人の身元を確認した上で契約を結ぶというのが一般的な流れでした。

しかし最近ではインターネット上で契約を完結できるオンラインショップでの契約が隆盛を極めているため、上に挙げたような本人確認書類をウェブサイト上でアップロードすればそれで本人確認ができるというシステムのMVNOも着実に増えてきています。

とはいえ、本人確認書類なしにMVNO契約することはできませんので、いずれかの本人確認書類は用意するようにしましょう。

クレジットカード

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアでは通信料金の支払い方法として、口座振替や銀行振込なども選ぶことができますか、MVNO各社と格安SIMの契約を結ぶ際に通信料金の支払い方法として求められるのが多くの場合クレジットカードです。

従ってこれからMVNOで格安SIMを契約しようと思われている方は、少なくともを1枚クレジットカードを所有しておく必要があります。クレジットカードをはどんな種類のものでも良いのですが、新しく発行しようとなると申し込みからカードが手元に届いて使用できるようになるまで、概ね2~3週間程度かかります。

これはクレジットカードを発行の際に利用者の信用情報などをクレジットカード会社が審査しているからです。このような背景もあって安い通信料金を売りにしているMVNOでは、契約者の信用情報まで逐一調べている余裕はありません。

クレジットカードを保有しているということは、発行元によっても程度の差はあれ、契約者に一定の社会的信用があることを裏付けることになります。このような側面もあってMVNO各社は通信料金の支払いをクレジットカードで求めることが多いのです。

クレジットカードがない場合は?

ちなみに楽天モバイルなどの一部のMVNOではデビットカードでの支払いを認めているところもあります。

デビットカード
【2019最新】デビットカードで契約できる格安SIMを比較!

格安SIMはインターネット上ですべての手続きを完了させることができる仕組みなので、毎月の利用料金の支払いをクレジットカードに限定しているところがほとんどです。 クレジットカードに限定すれば、審査に通っ ...

また大手キャリアと同じように口座振替を支払い方法として選択できるMVNOは、UQモバイルOCNモバイルONEBIGLOBEモバイルです。

お金
【2019最新版】口座振替が可能な格安SIM/mvnoを徹底比較

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアよりも低料金で利用することができます。テレビCMや広告などの影響もあり、格安SIMの認知度も高まってきています。 ですがそんな格安SIMを契約 ...

クレジットカードを問題なく発行できるという人には、支払い方法まで気にかける必要はありませんが、クレジットカードが発行できない人でも格安SIMで契約しようと思った時には、支払い方法にどれほどの自由度が認められているのか確認してからMVNOを選択するようにしましょう。

クレジットカード不要の格安SIM
【2019】クレカ不要!クレジットカードなしで契約できるおすすめの格安SIM・MVNO一覧

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアよりも安い料金でスマホを利用できることで昨今注目を集めています。ですが格安SIMでは料金の支払いがほとんどの場合、クレジットカード払いのみとな ...

メールアドレス

格安SIMへキャリア変更をかける時に利用者にとって必要不可欠なものの一つにメールアドレスが挙げられます。MVNO各社は契約が完了したことを公式に伝達する手段としてメールアドレスを利用しています。

従って、キャリア変更をすることによって利用できなくなってしまうキャリアメールではなく、GmailやYahooメールなどと言ったフリーメールアドレスを保有しておく必要があります。

また現代のスマートフォンを利用している人のほとんどが通信手段としてLINEを利用しているかと思われます。LINEはそれまで利用していた端末を変更する時に、端末移動の手続きをかける必要がありますが、その時に登録が求められるのがメールアドレスです。

LINEで求められるメールアドレスもフリーメールアドレスでことがたります。格安SIMへキャリア変更をかける時には、フリーメールでいいので自分用のメールアドレスを用意しておきましょう。

格安SIMに乗り換える際の流れ・手順

それではここから実際に格安SIMへの乗り換えの方法について、順を追って説明したいと思います。

①MNP予約番号を取得

まずは現在契約しているキャリアに電話かWebサイトでのアクセスを通して、MNP予約番号を取得します。MNP予約番号は、いずれの会社でも午前9時から午後8時までを受付時間として設定しています。

MNP予約番号を取得するために電話をかけると、契約者によっては引き止め工作を受ける場合もあります。とはいえ月々の通信費を下げるために格安SIMへのキャリア変更を計画しているのですから、一時的な端末代の補助や現金ではなくポイントでの還元などに惑わされることなく、ひたすらMNP予約番号の取得だけを求め続けましょう。

格安SIMへのキャリア変更を実現する際に第一の関門となるのが、このMNP予約番号を取得することです。

格安SIM・プランを選ぶ

無事MNP予約番号を取得するという第一関門を突破したら、次に行うことは格安SIMの会社選択とその会社が用意している料金プランを選択するということです。現在では規制緩和の影響もあって様々な会社が格安SIMを提供しています。

そのため他社との差別化を図るために様々なサービスが展開され、料金プランも本来MVNOの売りであったシンプルさからかけ離れた複雑さを誇るところまで現れてきています。

格安SIMへ乗り換える目的は多くの場合通信料金の低減です。だからといってやみくもに最も安いプランを契約すると、日々のスマートフォン利用の際に不便さを感じてしまいます。これでは本末転倒です。

様々な会社や様々な料金プランの中から自分にとって最適なものを選んで契約するということこそが、家計に通信費軽減の第一歩となります。何もないところから一から選択していくのは大変なことでしょう。

そこで参考になるのがこれまで契約していた通信会社の料金明細です。料金明細には、一か月間の間にどれほどの高速インターネット通信を利用したのか、どれほどの通話したのか、詳細に書かれています。

これをもとに月々の利用料金と必要なサービスを取捨選択することによって、自分のスマートフォンの契約に必要な要素が自ずと見えてくるでしょう。

▽具体的な格安SIMの選び方はこちらで紹介しています。

選択
初心者でも分かる!格安SIMの選び方と安くするために確認しておきたいポイント

格安SIMへの乗り換えを検討していても、選択肢が多すぎてどれを選べばいいかわからないと思っている方もたくさんいらっしゃると思います。今は格安SIMと一口に言ってもたくさんの種類がありますし、サービスも ...

SIMカードが届いたらAPN設定をする

晴れて新しいMVNOで契約が成立したら、SIMカードがご自宅に届けられます。手元にある端末とSIMカードとを組み合わせて初期設定をする必要があります。最近のMVNOでは手数料削減と通信費軽減のために、初期設定を利用者にしてもらうことが増えています。

その一つがAPN設定と呼ばれるものです。APN設定では、iPhoneの場合構成プロファイルと呼ばれる一種のファイルを、iPhoneにダウンロードすることで完了します。

Wi-Fi環境が必要になりますが、3分程度で完了する簡単な操作です。SIMカードが届いたらまずは初期設定を行いましょう。

各キャリアから格安SIMにMNPで乗り換える具体的手順はこちらで紹介しています。

ソフトバンク
ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際に確認しておきたいことと具体的な手順

MVNOの台頭と熾烈な価格競争により、かつてないほど格安SIMに熱い視線が注がれています。大手キャリアが提供できない、かゆいところに手が届くユニークな料金プランやサービスなどを提供することでMVNOは ...

au
auから格安SIMに乗り換える方法・流れ(MNP手続き)を徹底解説

家計におけるスマートフォンなどの通信費が増大傾向にある近年、ますます格安SIMでキャリア変更をする人が増えています。とりわけ料金が低いにも関わらず、契約プランによってはほとんど大手キャリアと遜色がない ...

ドコモ
ドコモから格安SIMに乗り換える方法・MNP手順を徹底解説

約4割の携帯電話・スマートフォンの最大の契約者数を保有しているのがdocomoです。docomoの料金プランでは家族が多ければ多いほどお得なプランに契約することができます。 一方で、一人暮らし世帯でd ...

格安SIMに乗り換える際の注意点

それでは格安SIMに乗り換える際の注意点についてご紹介します。

不通期間に注意

格安SIMに乗り換える際には、スマートフォンが電話もインターネット接続もできなくなる不通期間があることに注意が必要です。これはSIMカードの設定の際に生じるものです。

古いSIMカードを無効にして、新しいSIMカードを有効にするまでにどんなに短くても30分程度の作業時間をMVNO各社は要求してきています。従って格安SIMに乗り換える際には、電話やメールなどが利用できなくても支障をきたさないタイミングで行うことをお勧めします。

キャリアのメールアドレスは使えなくなる

格安SIMに乗り換えてしまうと、それまで利用していたキャリアのメールアドレスは使用できなくなってしまいます。電話番号は引き継ぐことができるのに、キャリアのメールアドレスは引き継ぐことができません。

多くの場合キャリアのメールアドレスでできることは、GmailやYahooメールで問題なく行うことができます。むしろこれらのフリーメールの方が様々なアプリケーションを用意していることから、使い勝手の面でもキャリアのメールアドレスよりも優れています。

これまでキャリアのメールアドレスを活用していた人は、格安SIMへの乗り換えを機にフリーメールのデビューも果たしてしまいましょう。

キャリアのメールアドレスが使用できなくなることで唯一困ることがあるとすると、それはガラケーにメールができなくなることです。フリーメールからのメールはガラケーではフィルターにかかってしまい受信することができません。この点だけは代替案がないので注意が必要です。

キャリアの違約金に注意

格安SIMへの乗り換えのタイミングによっては、キャリアから違約金の請求があることもあります。キャリアの契約では月々の通信基本料を割り引く代わりに、一定期間利用しないで解約などを行うと違約金を課すことができるようになっています。

もちろん違約金がかからないで解約を行うタイミングも存在しますが、格安SIMへの乗り換えたいと思ったタイミングと違約金がかからないタイミングが重なることはあまりありません。

思い立ったが吉日で、格安SIMへ乗り換えようと思った時にはキャリアの違約金がかかるかどうか気にせずに乗り換えてしまいましょう。どうせ月々の通信料は安いのですから、数ヶ月で違約金は元が取れてしまうはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

格安SIMへ乗り換える方法について、その順を追ってご紹介してきました。

格安SIMに乗り換える手法は、学校のなどで教えてくれるわけではありません。とはいえ一度把握してしまえばそんなに難しいものでもないはずです。

せっかく格安SIMへ乗り換える方法についてこの記事を読んでいただいて知ったのですから、実際に格安SIMに乗り換えることによってあなた自身も月々の通信料金が安くなるのを実感してみてください。

no image
【2019】格安SIMはどれがおすすめ?MVNO23社を徹底比較

このサイトは大手キャリアよりも安く(月2000円くらい)使える各社格安simの比較・評価や選ぶ際のポイント、格安simへの乗り換えの方法など格安simに関する情報を集めたサイトです。最近は2台目のスマ ...

SIMカード 1
格安SIMとは?メリット・デメリットを徹底解説!これを読めば格安SIMの全てが分かる

最近「格安SIM」という言葉を耳にする機会が増えたと思います。テレビのCMなども良く流れていますし、「大手キャリアから格安SIMに乗り換えた方がいいのかな?」と思っている方もたくさんいらっしゃると思い ...

-格安SIMの基礎知識

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.