au

格安SIMの基礎知識

auから格安SIMに乗り換える方法・流れ(MNP手続き)を徹底解説

更新日:

家計におけるスマートフォンなどの通信費が増大傾向にある近年、ますます格安SIMでキャリア変更をする人が増えています。とりわけ料金が低いにも関わらず、契約プランによってはほとんど大手キャリアと遜色がないMVNOも増えてきています。

そのおかげでauから格安SIMに乗り換える人が増えています。ここではauから格安SIMに乗り換える方法についてご紹介します。

auから格安SIMに乗り換える前に確認すべきこと

2018年9月現在での格安SIMなどを提供するMVNOをメインで利用すると回答した人の、割合は16%にとどまっています。従って国民の80%以上がまだまだ格安SIMを挿入したスマートフォンを利用していないということになります。

そのため大手キャリア間でキャリア変更をしたり、機種変更をしたりすることはあっても、MVNOに乗り換えたことがある人はまだまだ少数派であると言えます。ここでは初めてMVNOに乗り換えをする人に向けて、格安SIMに乗り換える前に注意すべきことについてご紹介します。

キャリアメールは使えなくなる

au から格安SIMに乗り換えることで承知る注意点の一つ目は、キャリアメールが使用できなくなるということです。キャリアメールとはauの携帯・スマートフォンを利用している人であれば、「〇〇@ezweb.ne.jp」のドメインで構成されるメールアドレスです。

初めて携帯電話を保有してからスマートフォンに切り替わった今でも保有されている方が多いかと思います。auから格安SIMに乗り換えると、このキャリアメールアドレスは利用できなくなります。

これほどまでにスマートフォンが普及した現代においては、キャリアメールアドレスを保有していないことで生じるデメリットほとんどありません。

メールアドレス機能としてはGmailやYahooメールなどのフリーメールアドレスで十分に代替可能です。むしろ自動フィルタリング機能などが追加されており、セキュリティの面でもキャリアメールアドレスを上回っているかもしれません。

キャリアメールアドレスがなくなることで唯一あげられるデメリットとすれば、ガラケーと呼ばれる旧式の携帯電話に対してメールを送ることができなくなることです。

両親や祖父母などがガラケーをメインで利用しており、連絡を取るためにメールを送っていた人が、キャリアメールが使えなくなったことで連絡手段が一つなくなってしまったということもあります。

格安SIMに乗り換える前にキャリアメールは使えなくなっても問題ない環境であるのか確認しておきましょう。

auWALLETの残高は全て使っておく

au WALLETポイントは、auの通信料金を支払った時にその数パーセントがポイントとして還元されているものです。多くの場合はau WALLETカードと呼ばれるプリペイドカードを発行し、そこにau WALLETポイントをチャージして利用します。

au WALLETカードの利用できる店舗はまだまだこれから多くなっていく予定ですが、コンビニなどの日常使いでは問題なく利用することができます。またau WALLETポイントは、auオンラインショップでの決済に利用することもできます。

au WALLETポイントが最も多く使われる機会は、なんといってもau内でスマートフォンの機種変更をする時に、端末代金の補助として利用されるときです。

au WALLETカードは利用できる店舗が限られているし、auオンラインショップの使い勝手は、Amazonと比べると天と地の差です。用意されている商品数は少なく、配送にも時間がかかります。

従ってau WALLETポイントの活用できる場面はそう多くないということが言えます。しかしながら格安SIMに乗り換える際にau WALLETポイントを捨ててしまうのはもったいないことです。

auのオンラインショップで買い物をしても良いですし、auWALLETカードにチャージして利用するのも良いでしょう。auと解約する前にau WALLETポイントの残高を全て使っておきましょう。

違約金を払っても安くなるか確認しておく

au の契約プランでは、通称2年縛りと呼ばれる料金割引サービスが存在します。月々の通信料金から一定金額を割り引く代わりに、最低2年間利用しないと契約解除した時に違約金が発生するというシステムになっています。

2年間契約した後3ヶ月間の契約解除違反金を払わないで済む期間が存在します。もし格安SIMに乗り換えたいと思った時に、この期間であるか、契約解除月が一年以上先であるときは、何も問題なく格安SIMに変更することができます。

しかしながら、契約解除月が残り数ヶ月でやってくるというタイミングであれば、違約金を払うのと、数ヶ月割高な通信料金を払い続けることを天秤にかける必要があります。

auから格安SIMに乗り換えると通信料金はそれだけで半額になります。早く乗り換えれば乗り換えるほど、安い通信料金によって違約金を打ち消すことができます。いつが契約解除月であるのかは、Myauで確認することができます。

ご自分の契約では、違約金を払っていても早く格安SIMに乗り換えた方が良いのか、契約解除月まで待つべきなのか確認しましょう。

auの料金は日割り計算されない

au との契約を解除する時には、解約するタイミングも重要になってきます。auの料金は多くの格安SIMが取っているように日割り計算されるわけではありません。

すなわち月初に解約しても月末に解約しても一か月分の料金をまるまる請求されるのです。従ってauから格安SIMに乗り換える時には、格安SIMに切り替え手続きを行うのをなるべく月末に行うようにしましょう。

auからMNP手続きで格安SIMに乗り換える方法・流れ

ここまではauから格安SIMに乗り換える際の注意点についてご紹介してきました。ここからはauから格安SIMに乗り換える際の実際の流れについてご紹介します。

MNP予約番号を発行する

au のみに限らずキャリア変更を伴うSIMの変更を行う際にそれまで利用していた電話番号を新しいキャリアでも継続して使用したい場合には、必ずMNP予約番号を発行してもらいましょう。

MNPとはマイナンバーポータビリティ制度の略称で、これまで利用していた電話番号を押しのまま利用し続けるために必要な手続きのことです。auの午前9時から午後8時までの間にauのスマートフォンからなら「157」、それ以外の電話からであれば「0077-75470」に電話をかけてMNP予約番号を取得することができます。

余談ですが、MNP予約番号を取得するということはキャリア変更をすることを宣言しているのと同義です。従ってMNP予約番号を取得するためにauの窓口に電話をかけると、必ずと言っていいほど引き止め工作が始まります。

そして契約年数や契約形態によっても異なりますが、場合によっては引き止めのポイントが発行されることがあります。そのポイントを利用して新しい端末の代金に充てることができるので、一見すると魅力的です。

しかしながらauの通信料金は格安SIMの通信料金に比べて2倍ほど高額です。引き止めポイントを多く発行されたからといっても、月々の通信料金が高くあり続ければそのメリットも打ち消されてしまいます。

MNP予約番号を取得するためではかけたのですから、そこで諦めずに必ずMNP予約番号を発行してもらうようにしましょう。

参考:https://www.au.com/support/faq/view.k1112050018/

乗り換え後に使うスマホを決める

次にすべきことは、格安SIMに乗り換えた後に現在使用しているスマートフォンを引き続き使用するのが、はたまた新しいスマートフォンの端末を購入して利用するのかを検討する必要があります。

最近ではアップルなどがiPhoneを直販サイトで販売していたり、中古のスマートフォンをオンラインショップなので簡単に手に入れることができます。いずれの方法でも良いので、格安SIMに乗り換えた時に使用するスマートフォンの端末をどのように用立てるかを検討しましょう。

ちなみに最新のiPhoneを新品で使いたいという人が、格安SIMでの運用を考える時には、Appleの直販サイトで現金一括購入をするかアップルの用意する購入ローンを組むかのどちらかの選択肢をとることになります。

ドコモやauソフトバンクなどの大手キャリアで最新のiPhoneを購入する際には、一括購入ということはできず基本的に端末代金は月割になります。

最近のMVNOの流れとして、SIMと端末のセット販売が加速しています。Huaweiやサムスンなどの比較的値段の落ち着いたスマートフォンの端末と格安SIMとをセットにして販売することによって、端末購入価格を一括ゼロ円などと謳って販売することができています。

スマートフォン自体の性能にこだわりがなく、少しでも端末代を安く抑えたい方は、MVNOが提供する格安SIMと端末のセット販売についても検討してみてください。

乗り換え先の格安SIMを決めて申し込む

乗り換え先の端末が決まったら、どの格安SIMと契約するのか、どのような料金プランで契約するのかを検討しましょう。と言っても一から考えるのは困難なので、auユーザーにおすすめの格安SIMとしてmineoIIJmioUQモバイルをご紹介します。

auユーザーにおすすめの格安SIM①mineo

mineo

トリプルキャリア対応のMVNOとして急速に契約者数を伸ばしているのがmineoです。auユーザーだった人が利用していたスマートフォンをSIMロック解除しなくてもそのまま使用することができます。

家族などで契約すると、パケットシェアと呼ばれる機能で高速通信の容量をシェアすることができます。また余った高速通信の容量を翌月に繰り越すことができるので賢く運用することができます。

家族で別々のキャリアだったとしても、mineoはどのキャリアにも対応しているので、家族での通信料金を一本化することができます。

mineoに申し込む


mineo
mineoってどうなの?評判から分かるデメリット・通信速度と使用感まとめ【2019年4月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

au
auからmineoへのMNPで乗り換える方法をわかりやすく解説

最近じわじわと人気のmineo。現在auを使っている方の中にも、乗り換えを考えているかたもいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな方のために今回は、auからmineoに乗り換える際の方法について紹介 ...

auユーザーにおすすめの格安SIM②IIJmio

IIJmio

数ある格安SIM中でも、その高速通信の安定性に定評があるのがIIJmioです。元々ドコモ回線のみを利用して格安SIMの販売を行ってきましたが、最近になってau回線での格安SIMの販売も始めてより多くの利用者に支持されています。

家族で申し込むと家族間での通話料金が20%オフになるなど、スマートフォンはもう子供がいる家庭の家計にもプランを提供しています。高速通信をする期間を自ら手動で変更することができるため、高速通信容量を賢く管理することができます。

IIJmioでユニークな料金プランとしては、ファミリーシェアプランと呼ばれるものがあります。なんと一つの契約回線で最大10枚までSIMカード発行することができます。高速通信の容量は発行しているSIMカード合計で12GBなどのプランを選択することができます。

今や一人一台スマートフォンを保有する時代です。最近ではタブレットなどの普及なども相まって一人2枚以上のSIMカードを保有する家庭もあるほどです。様々な端末でインターネットを自由に利用したい家族にもIIJmioは最適なプランを提供していると言えます。

IIJmioに申し込む


IIJmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

IIJmioを一年以上使い続けた感想と、ネット上の評判を調査してわかったIIJmioの特徴は 家族割で安くなるので家族での契約がお得 新機種の取り扱いが早い 長期間サービスを提供しているので安心して使 ...

auユーザーにおすすめの格安SIM③UQモバイル

UQモバイル

auユーザーであったのであれば、間違いがないのはUQモバイルです。UQモバイルを運営するUQコミュニケーションズはauの子会社です。

そのためauが敷設を進める4GLTE回線とUQコミュニケーションズが敷設を進めるWiMAXを相互に利用できるプランなどが用意されており、どちらの通信も弱点を補い合っているため、通信速度で不満が出ることはありません。

実際にUQモバイルはMVNOの中で通信速度がダントツに早くて安定していると好評を得ています。CMなども積極的に押し出しており、知名度も折り紙つきです。こちらのページからオンラインでUQモバイルに申し込むと13000円のキャッシュバックキャンペーンを受けることができます。

UQモバイルは端末とSIMのセット販売にも力を入れており、最近ではiPhone7の新品とのセット販売が開始され話題を集めています。格安SIMデビューはUQモバイルも一つの大きな選択肢となるでしょう。

UQモバイルの申し込みはこちら


UQモバイル
UQモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

UQモバイルの評判を徹底的に調べ、自身も使ってわかったUQモバイルの特徴を簡単に解説すると 他社の格安simに比べて圧倒的に通信速度が速い にもかかわらずキャリアより安く(月1980円前後)使える キ ...

au
auからUQモバイルに乗り換えるデメリットとメリット、乗り換え方法を解説

auでスマホを利用している方は利用料金が1万円を超えている方も多いのではないでしょうか? 今回の記事では、UQモバイルに乗り換えると料金がどれだけ安くなるかと言ったところや、解約金、デメリットまで詳し ...

▽au回線のその他おすすめの格安SIMはこちら

au
au回線の格安SIMを比較!au系のMVNO7社からおすすめを紹介

格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリア3社の回線をレンタルしてサービスをユーザーに提供する仕組みです。その中でも一番多いのはドコモ回線を使った格安SIMですが、最近ではau回線、ソフト ...

SIMカードが届いたら本体設定をする

格安SIMと料金プランを選択したら、後はご自宅にSIMカードが届くのを待つのみです。SIMカードが自宅に届いたら、利用するスマートフォンに挿入します。スマートフォンに挿入した後に、MNP切り替え手続きを行います。

各社概ね午前9時から午後8時くらいまでにMNP切り替えの電話受付を行っています。必ずご自分で電話をかけることによって、新しく届いたSIMが有効になるように手続きを行いましょう。

新しく届いたSIMが有効になり通話やインターネット接続ができるようになった時点で、今まで利用していた古いSIMが無効になり契約が解除されます。これによって腫れて格安SIMデビューを完了することができるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ドコモ、au、ソフトバンクで長らく多くのスマートフォンユーザーを囲い込んできましたが、規制緩和とMVNOの台頭などにより格安SIMユーザーが増加の一途を辿っています。

そして多くの格安SIMユーザーが、キャリア変更に伴って大きな通信料金の負担低減を実現することに成功しています。格安SIMに乗り換える手続きは一度把握してしまえばそれほど大変な作業を伴うわけではありません。

ぜひここで得た情報を利用して格安SIMデビューをしてみてください。

格安SIMに乗り換える方法
格安SIMにするにはどうすればいい?乗り換える具体的手順と必要なもの

2018年には内閣官房長官が直々に家計における通信費の高騰が問題となっていると記者会見を行い話題になりました。通信費を抑える手段として格安SIMを選択するユーザーが年々増加の傾向をたどっていますが、ま ...

no image
【2019】格安SIMはどれがおすすめ?MVNO23社を徹底比較

このサイトは大手キャリアよりも安く(月2000円くらい)使える各社格安simの比較・評価や選ぶ際のポイント、格安simへの乗り換えの方法など格安simに関する情報を集めたサイトです。最近は2台目のスマ ...

-格安SIMの基礎知識

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.