キャリア

格安SIMの基礎知識

MNPとは?MNP予約番号とは?MNP予約番号の発行方法とMNP転出の流れを解説

更新日:

長引く不況と上がらない実質賃金のために、家計における通信費は増大の一途をたどっています。増大する通信費を低減するためにドコモやソフトバンク、auなどの格安SIMに乗り換える利用者が増えています。

格安SIMに乗り換える際に、多くの利用者がMNP(マイナンバーポータビリティ)制度を利用しています。ここではMNPとは何であるか解説し、具体的なMNPの実施方法についてもご紹介します。

MNPとは?

MNPとは、マイナンバーポータビリティ(My Number Portability)のアルファベットの頭文字からなる略語です。MNPが導入される2001年以前では、携帯電話回線の契約している通信会社を変更しないと他社の携帯電話に乗り換えるたことができませんでした。

携帯電話の端末を交換するたびに電話番号が異なってしまうのでは、それまでに伝えていた電話番号がある日突然変更することになります。

従って電話番号が変わった時には都度自分のアドレス帳に登録している人に電話番号が変更したことを伝えなければなりませんでした。しかしながらこのような作業は非常に煩雑です。

このため、一度どこかの通信回線会社に契約してしまうと、多くの利用者が同じ通信回線会社を利用し続ける傾向が強く、そのため新規に通信回線を提供する会社が参入するのを阻んでいました。

新しい会社が参入しなかった結果、通信回線会社間で競争原理が働かなくなり、利用者が負担する通信費は右肩上がりのままでした。この事態を重く見た当時の総務省の幹部が、他国の通信回線会社の辞令を見習ってマイナンバーポータビリティ制度の導入を行いました。

このため利用者は、携帯電話の端末を変更し、他の通信回線会社と契約したとしても、それまで利用していた電話番号をそのまま利用できるようになりました。この結果は通信回線会社の中には、他社との差別化を図るためにサービスを拡充したり料金を逓減したりするものも払われました。

そのため、通信回線会社間で競争が働くようになり、新しい端末であっても実質ゼロ円で乗り換えることができるなどのサービス競争に発展しました。

このようにMNPを導入することによって、通信回線会社のサービスが良くなるだけでなく、端末の売れ行きも好調になり、端末のメーカー各社で差別化と競争原理が働くようになりました。

今では一人一台以上スマートフォンを所有していると言われていますが、そのような環境の土壌を作ったのはMNPの導入があってこそであると言えます。

MNP予約番号とは?

MNPを利用して通信回線会社を変更する時には、それまで利用していた通信回線会社からMNP予約番号を取得する必要があります。MNP予約番号とは、マイナンバーポータビリティ制度を利用する際に、必要な受付番号です。

それまで利用していた通信回線会社からMNP予約番号を取得し、新たに契約する通信回線会社に必要な情報として渡します。通信回線会社は新規の契約者からこのMNP予約番号を提供してもらうことで、新たに発行するsimカードと契約者の電話番号と紐付けます。

これによって新しい通信回線会社から支給されたsimカードを利用しても、それまで利用していた電話番号を利用することができるようになるのです。

ちなみに、大手キャリア間でiPhoneなどの最新商品でのMNPを実施する際には、MNP予約番号をそのまま発行してくれません。多くの場合MNP予約番号を取得するためには、予約番号を取得するためには通信回線会社に電話をかける必要があります。

しかしながらこの時に、MNP予約番号を聞き出そうということはそこの会社との契約を終了しようとしているということが伝わってしまいますので、様々なキャンペーンやサービスを利用して利用者の引き止めを行います。

とりわけ長い年月を同じキャリアで利用し続けてきた人や、光回線のサービスやキャリア決済の利用頻度が高い人、加えて家族も通信回線会社を利用しており同じタイミングで変更しようとしている人、通信回線会社が提供する電気の配給会社も変更しようとする人などは、キャリアにとって引き止めの対象となります。

様々なサービスが拡充してきている大手キャリアでは、なるべく多くのサービスを利用してもらうことで利用者を囲い込みたいという狙いがあります。

このような人がキャリアから離れないように様々なキャンペーンやサービスを展開するのは、通信回線会社にとっては非常に熾烈な争いになりますが、利用者からすれば様々なメリットを享受することができるので非常に喜ばしい状況であると言えます。

MNP転出にかかる手数料

MNPにより電話番号をそのままに通信回線会社を変更する時には、どのような手数料がかかるのでしょうか。

一般的にどの利用者でもそうですがMNP転出には必ず転出の為にかかる費用と、転入のためにかかる費用とがかかります。MNP転出にかかる手数料は、ドコモでは税抜きで2000円、auでは税抜きで3000円、ソフトバンクでは税抜きで3000円かかります。

またMNP転入にかかる手数料は全キャリア統一で税抜き3000円となっています。このためどのキャリアから移行するとしても概ね5000円から6000円程度の手数料が必要になってきます。NMP転出にかかる手数料は以上ですが、契約の携帯によってはこの他にキャリアの解除の違約金も課せられる場合があります。

MNPの流れ

それではMNPを利用して通信回線会社を変更する時にはどのような手順を踏む必要があるのでしょうか。ここではMNPを利用して通信回線会社を変更する流れについてご紹介します。

MNP予約番号を発行する

キャリア変更をするために最初に実施することは、MNP予約番号を発行してもらうことです。大手3社の場合では電話によるMNP予約番号発行が主流でしたが、最近ではキャリア変更を実施する契約者が増加し電話での対応が追いつかなくなったためか、WebサイトでのMNP予約番号の発行を受け付けています。

電話口では様々な勧誘であったり引き止め工作であったりに遭遇してしまい、なかなか思うようにMNP予約番号を発行することができないかもしれません。

加えて電話をかけて繋がる時間というのは24時間365日というわけではないので、MNP予約番号を発行する専用Webサイトに自分でアクセスして取得した方が、時間的制約からは解放されます。キャリア変更を実施する時にはまずは、MNP予約番号を発行しましょう。

乗り換え先の携帯会社でMNP予約番号を発行する

それまで契約していたキャリアからMNP予約番号を取得したら、乗り換え先として検討しているオンラインショップか店舗に出向いて、新しい契約の締結を始めましょう。

その際に先ほど取得したMNP予約番号を伝えることが必須です。MNP予約番号の他に必要な持ち物としては、運転免許証や健康保険証などの身分証明書、店舗であるならば印鑑、支払い方法としてのクレジットカードなどを持参するようにしましょう。

これらの契約を行うことによって、晴れてキャリア変更を達成することができます。

キャリアから格安SIMにMNPで乗り換える具体的手順はこちらで紹介しています。

ソフトバンク
ソフトバンクから格安SIMに乗り換える際に確認しておきたいことと具体的な手順

MVNOの台頭と熾烈な価格競争により、かつてないほど格安SIMに熱い視線が注がれています。大手キャリアが提供できない、かゆいところに手が届くユニークな料金プランやサービスなどを提供することでMVNOは ...

au
auから格安SIMに乗り換える方法・流れ(MNP手続き)を徹底解説

家計におけるスマートフォンなどの通信費が増大傾向にある近年、ますます格安SIMでキャリア変更をする人が増えています。とりわけ料金が低いにも関わらず、契約プランによってはほとんど大手キャリアと遜色がない ...

ドコモ
ドコモから格安SIMに乗り換える方法・MNP手順を徹底解説

約4割の携帯電話・スマートフォンの最大の契約者数を保有しているのがdocomoです。docomoの料金プランでは家族が多ければ多いほどお得なプランに契約することができます。 一方で、一人暮らし世帯でd ...

MNPを行う際の注意点

それではどのようなことに注意してMNPによるキャリア変更を行えば良いでしょうか。ここではMNPを行う際の注意点についてご紹介します。

有効期限に注意

せっかく取得したMNP予約番号でも、そのまま放っておくと有効期限が切れてしまいます。MNP予約番号の有効期限は15日間です。新しいキャリアと契約を結ぶ際にこの有効期限が10日以上残っている必要があるというMVNOも存在します。

MNP予約番号を取得したら、予約番号を取得したら早めに新しい通信回線会社で契約を結ぶようにしましょう。

仮にMNP予約番号の有効期限を切らしてしまったとしても、無料で再発行をすることができます。とはいえ一度取得するためにも時間も労力もかけているのですから、一度でこの作業が終了するように早めに契約を結ぶ手続きを行いましょう。

受付時間に注意

MNP予約番号を取得できる受付時間に制限があることにも注意が必要です。大手キャリア3社のMNP受付時間は、9時から20時となっています。MNP番号の取得に関しては夜間の間は利用することができないのに注意しましょう。

同様に、新しく契約するキャリアにMNP予約番号を通知する時間にも制限があります。大手キャリアや格安SIM各社でそれぞれ、各社でそれぞれ電話とWebサイトで受付をしていますが、営業時間の終了に近い時間帯にMNP予約番号を通知すると、通信回線の切り替えが翌日になってしまうこともあります。

MNP予約番号を新規に契約するキャリアに伝える場合には、なるべく夜遅い時間を避けるようにして受付をするようにしましょう。

契約者名義に注意

MNPを利用して通信回線会社を変更する時には、新しく契約する端末と回線の名義は変更前と同一であるのが基本です。例外的に契約書の名義変更できるのか、同一家族間で端末の名義を変更する場合のみです。

例えば、キャリア変更前のスマートフォンの名義が親だとして、キャリア変更後のスマートフォンの名義を子供にすることは可能です。この場合どのキャリアへのMNP転入だとしても、MNP新規契約手数料として3000円を支払う必要があります。スマートフォンの名義変更は非常に手間のかかる作業です。

同一家族間であっても名義を変更する人は変更前の人も変更後の人もショップに来店する必要があります。また同時に来店できない場合には、委任状を提出する必要があります。

犯罪防止の観点からこのような契約者名義には複雑で、高いハードルが課せられていることを覚えておきましょう。

格安SIMに乗り換える方法
格安SIMにするにはどうすればいい?乗り換える具体的手順と必要なもの

2018年には内閣官房長官が直々に家計における通信費の高騰が問題となっていると記者会見を行い話題になりました。通信費を抑える手段として格安SIMを選択するユーザーが年々増加の傾向をたどっていますが、ま ...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

携帯電話の通信回線会社の変更を容易にし、キャリア間の競争が激化することで利用者にとっては非常に有利な環境が整えられています。それでも軒並み、大手3社でスマートフォンの契約を行うと月々の通信料は非常に高くつきます。

せっかくMNPでキャリア変更のハードルが下がっているのですから、端末の変更を考える際には格安SIMの会社に乗り換えることをお勧めします。

MNPだけでなく、通信行政を管理する総務省の指示のもと、様々な規制が緩和されることで、多種多様なプレイヤーが格安SIMに参入して競争を激化しています。

格安SIMの中でも自分の利用方法にあったものを選択することで、快適な利用環境はそのままに今よりもかなり低い通信料金の負担で済むことも十分にあります。これを機にぜひ格安SIMへの乗り換えを検討してみてください。


no image
【2019】格安SIMはどれがおすすめ?MVNO23社を徹底比較

このサイトは大手キャリアよりも安く(月2000円くらい)使える各社格安simの比較・評価や選ぶ際のポイント、格安simへの乗り換えの方法など格安simに関する情報を集めたサイトです。最近は2台目のスマ ...

-格安SIMの基礎知識

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.