ipad

格安SIMの比較

格安SIMが使えるiPadとは?iPadにおすすめのお得な格安SIMと使用方法まとめ

更新日:

洗練されたアプリ群に視認性に優れた美しいディスプレイ、PC並みのパフォーマンスを得ることができるにもかかわらず、バッグに簡単に収納できるサイズと軽量さで発売されて以来世界中の人気を集めているタブレット端末がiPadです。

2010年に初期モデルが発売されて以来、定期的に確信が図られているiPadは、最新世代でなくても十分に利用者のやりたいことを実現してくれます。ここでは最新世代でないiPadを格安SIMで利用することについてご紹介します。

iPadで格安SIMを使うメリット

それではiPadを格安SIMで使うメリットについてご紹介します。

キャリアに比べて大幅に安く使える

iPadは大手キャリアで購入し割賦契約をすることで最新のモデルを利用することができます利用することができます。しかしながら最新モデルのiPadは概して高額です。

例えば大手キャリアの例として、ドコモで32GBのiPadを購入するとしましょう。すでにメインのスマートフォンで主契約を結んでいる場合には、新しく子機として契約することになります。

新しく契約したiPadで月々4GB程度利用したとすると、iPadの端末代金とデータ通信料金は合計して6156円にも登ります。これは端末代もさることながらデータ通信にかかる費用が約4GBで3300円と高額であることに起因します。

格安SIMの代表としてUQモバイルのぴったりプランMに契約したとします。こちらのプランでは1ヶ月の間に9GBのデータ通信を行うことができます。

しかもその料金は最初の1年間は2480円に抑えることができるのです。このように格安SIMで契約することによってより月額料金を抑えてiPadを利用することができます。

最新世代と遜色なくiPadを利用することができる

IPadは多少古い機種であっても、その特性上最新機種と同じように使用することができます。Apple製品はその頭脳に当たるiOSを定期的に更新しています。従って数年前に出たモデルであっても頭の部分にあたるiOS自体は最新版を利用することができます。

もちろん筐体自体についているFACE IDやカメラの画質のなどの性能を変えることは出来ませんが、数年前に発売したモデルでもApple Payなどをソフトウェアの更新によってできるようになったアプリケーションは数多くあります。

従って格安SIMを数年前のiPadに挿入したとしても、最新世代のiPadと同じように遜色なく利用することができるといえます。

外でもインターネットが使える

IPadに格安SIMを挿入することで、外出先でもインターネットに接続することができます。外出先であっても大画面のモニターで動画や音楽を楽しんだり、PCでしかできない作業もこなしたりすることができます。

これも格安SIMに契約してiPadを利用することのメリットと言えるでしょう。

格安SIMが使えるiPadとは?

Wifiモデルではなくセルラーモデル

iPadにはWi-Fi環境が整った自宅やオフィスなどでのみの使用が想定されているWi-Fiモデルと、SIMを挿入することでWi-Fi環境に関係なくインターネット接続をすることができるセルラーモデルの二つが用意されています。

格安SIMを利用するためにはセルラーモデルを購入する必要があります。セルラーモデルを購入して格安SIMを挿入することで場所にとらわれずにインターネット接続を確保することができます。これも格安SIMに契約してiPadを利用することのメリットと言えるでしょう。

SIMフリーか自分の回線に合ったiPad

格安SIMをセルラーモデルのiPadに挿入することでどこでもインターネット接続することができるようになります。それでは中古のiPadを買ってきて、格安SIMを差し込めば利用できるようになるのかと言うとそうではありません。

格安SIMを利用するためにはセルラーモデルのiPadのうち、SIMフリーの端末である必要があります。SIMフリーは文字通りどのキャリアのSIMを挿入してもインターネット接続をすることができます。

またauやソフトバンクなど大手キャリアが発売していたiPadのセルラーモデルが中古市場にて販売されていることがあります。このようなキャリアが販売していたiPadは、そのキャリアでインターネット接続ができるようにある種のパッチが当てられています。

これらのパッチは外すことでSIMフリーの端末として利用することができますが、外すためにはキャリアに手数料を支払う必要があります。

その手数料を支払うのが嫌だなあという人は、たとえばauで販売された端末であったのであれば、auの通信を借用して契約者に提供しているMVNOと契約してSIMを差し込めば同じように使うことができます。

au
au回線の格安SIMを比較!au系のMVNO7社からおすすめを紹介

格安SIMは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリア3社の回線をレンタルしてサービスをユーザーに提供する仕組みです。その中でも一番多いのはドコモ回線を使った格安SIMですが、最近ではau回線、ソフト ...

docomo回線の格安SIM
ドコモ回線の格安SIMを徹底比較!docomo系のMVNOからおすすめ11種を比較

格安SIMという言葉が一般的になり、格安SIMを取り扱うブランドも増えてきました。格安SIMはau、ドコモ、ソフトバンクの大手キャリアの回線を利用しているのですが、その中でも一番多いのがドコモ回線を利 ...

softbank系のおすすめの格安sim
ソフトバンク系の格安SIMを徹底比較!Softbank回線のMVNOからおすすめを紹介

格安SIMが普及してきた頃は、ドコモ回線かau回線のどちらかしか選べませんでした。しかし格安SIMの利用者が増加した現在、少しずつソフトバンク回線を使える格安SIMも増えてきました。 ソフトバンク回線 ...

iPadにおすすめの格安SIMの選び方

ここからはiPadを低価格で利用するためにおすすめの格安SIMの選び方についてご紹介します。

データSIMを選ぶ

低価格でiPadを利用するためにどのように格安SIMを選べば良いでしょうか。

第一ステップとしては、データSIMを選択することです。iPadは当然ながらスマートフォンとして開発されているわけではありません。従ってたとえ通話機能ができるSIMカードを挿入したとしても、スマートフォンなどに搭載されている電話をかけることはできません。

そもそも通話用の「電話」アプリがインストールされていません。これより通話機能ができるSIMカードを契約したとしてもiPadには無駄であるということが言えます。

iPadを格安SIMで運用する場合には迷わずデータSIMを選択してください。

SIM
データ通信専用の格安SIMを目的別に比較!おすすめのデータSIM9選

電話番号を持たず、データ通信を行うことに特化したSIMが『データSIM』です。 このSIMと音声通話が行えるSIMとの違いを知りたい人や、各社のデータSIM用のプランを見比べていきたい人に向けてデータ ...

通信速度が速いSIMを選ぶ

IPadに限らずインターネットに接続することで本領を発揮できるスマートガジェットの使用の際に最もフラストレーションが溜まるのが、インターネットの接続がうまくいかずデータのやり取りが遅延する場面です。

したがってせっかく高いパフォーマンスを発揮できるiPadを購入したとしても、iPadに挿入するSIMの通信速度が遅いものであっては、フルにその能力を発揮することはできません。

従ってiPadの格安SIMでの運用で次に重視すべきなのは、通信速度の速さであることは言うまでもありません。参考までに各キャリア系列で速度の速いMVNOをご紹介します。

au系であればauの子会社であるUQmobileがダントツで早い通信速度を提供しています。

UQモバイル
UQモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

UQモバイルの評判を徹底的に調べ、自身も使ってわかったUQモバイルの特徴を簡単に解説すると 他社の格安simに比べて圧倒的に通信速度が速い にもかかわらずキャリアより安く(月1980円前後)使える キ ...

ソフトバンク系で言えばY!モバイルが全時間帯で速い速度を提供しています。

ワイモバイル
ワイモバイルの評判や通信速度・デメリットをまとめて辛口評価

ワイモバイルの契約を考えている方であれば、ワイモバイルを実際に利用した方がどのように思っているのか?という点は気になるところかと思います。 そして、ワイモバイルが良い会社だということが分かり、さらに利 ...

ドコモ系で言えばmineoが速さにおいて好評を得ています。

mineo
mineoってどうなの?評判から分かるデメリット・通信速度と使用感まとめ【2019年4月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

低速切り替えができると便利

せっかく低価格が売りの格安SIMを契約するのですから、実際にインターネット接続をする際にも賢い使い方をしたいものです。それはすなわち、Webサイトの閲覧やメールやLINEなど通信容量をあまり必要としないサービスを利用している最中は、月間の通信容量をなるべく消費しないということです。

これは低速モードと呼ばれ、動画などの視聴などをしない時に通信量を節約する目的で多くの格安SIMで導入されています。iPadは様々なアプリを導入することができますが、使用していない時にもバックグラウンドで通信容量を勝手に消費するアプリも存在します。

気づいたら月々の通信容量の多くを使用していた、などという事態に陥らないためにも、高速のインターネット接続が必要でないタイミングには低速切り替えできると通信容量を節約できるため便利であると言えます。

切り替え
通信速度の高速/低速切り替えのある格安SIMの比較

格安SIMには様々な機能が備わっていますが、その中でも利用者からの評判が高くなっているものとして、現在行っているデータ通信の速度を変えるといったものが存在します。 データ通信の速度を賢く変えることによ ...

目的に合ったプランを選ぶ

自分がどのようにiPadを運用するかによって契約すべきプランは変わってきます。iPadの高画質を活かして動画視聴やゲームなどをガンガンやりたいという人は、一か月間で使える通信容量が大きいプランを選択すべきです。

また、自宅などにWi-Fi環境があって、外出先ではあまりiPadでのインターネット接続が必要ないという人は、料金を抑えるために最も安いプランを選択するのが良いでしょう。自らがどのようにiPadを利用したいかを念頭において目的に合ったプランを選択しましょう。

選択
初心者でも分かる!格安SIMの選び方と安くするために確認しておきたいポイント

格安SIMへの乗り換えを検討していても、選択肢が多すぎてどれを選べばいいかわからないと思っている方もたくさんいらっしゃると思います。今は格安SIMと一口に言ってもたくさんの種類がありますし、サービスも ...

iPadにおすすめの格安SIM

ここまで格安SIMの選択のポイントについてご紹介してきました。ここからは具体的にiPadに挿入するのにおすすめの格安SIMについてご紹介します。

バランスがいいSIMならmineo

mineo

低価格でかつ安定した通信速度を誇るのがmineoです。加えてmineoの最大の魅力を、今お使いのスマートフォンをそのまま利用することができるということです。今お使いのスマートフォンがドコモのものであろうがauのものであろうが、mineoに切り替えて利用することができます。

一つのMVNOが全てのキャリアの回線を揃えていることはまれです。このことによって格安スマホにしたいけれども使い慣れたスマートフォンを買い換えるのには抵抗があるという人にとってキャリア変更のハードルを下げています。

mineoは、料金の安さもさることながらどの時間帯でも安定した通信速度を提供しています。このようなバランスの良さが大事であると考える方にはmineoへのきキャリア変更がおすすめです。

mineoに申し込む


mineo
mineoってどうなの?評判から分かるデメリット・通信速度と使用感まとめ【2019年4月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

大容量プランを使いたいならIIJmio

IIJmio

ドコモ系のMVNOであるIIJmioは、格安スマホでありながら大容量プランを提供しているとして有名です。データオプションと呼ばれるオプションに加入したデータ通信SIMでの月額の基本料金は、23GBで4000円、33GBで5900円、驚愕の53GBで9000円とかなり競争力のあるものです。

この中でもう23GBは非常にコストパフォーマンスに優れたプランになっています。その上1回線でもこのデータオプションに契約していれば家族契約など別の回線にも余った容量を分け与えることができます。

月末までに使いきれなかった場合には翌月に繰り越すことができるなど、無駄なく使いきれるプランとして人気を博しています。大容量プランを使いたいならIIJmioを選択すべきでしょう。

IIJmioに申し込む


IIJmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

IIJmioを一年以上使い続けた感想と、ネット上の評判を調査してわかったIIJmioの特徴は 家族割で安くなるので家族での契約がお得 新機種の取り扱いが早い 長期間サービスを提供しているので安心して使 ...

SNSを使うならLINEモバイル

LINEモバイル

SNSを多用する若者向けのスマートフォンの格安SIMとして急激にその勢力を伸ばしているのがLINEモバイルです。LINEモバイルの強みは、SNSでのデータ使用量をカウントフリーにできる点にあります。

すなわちLINE、Twitter、Facebook、Instagramを使用した時にカウントされるべきデータ通信量は、契約した通信料からマイナスされません。従ってSNSを多く使うのであればLINEモバイルで契約することを検討しましょう。

LINEモバイルに申し込む


LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?口コミから分かるデメリット・通信速度と実際使った評価【2019年4月】

1年以上LINEモバイルを使った経験とネット上の口コミを徹底的に調べ上げた結果からわかったLINEモバイルの特徴は LINEの年齢認証ができる ソフトバンク回線の通信速度が超速い SNSの通信がカウン ...

動画をたくさん見たいならBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの3GB以上のデータ通信プランには、エンタメフリーと呼ばれる動画や音楽の再生に必要とされるデータ通信量をカウントしないというオプションを付加することができます。

データSIMの場合には月額980円のオプション料金を支払う必要がありますが、YouTubeやAbemaTVなどを通信料を気にせず視聴することができます。

音楽系のアプリで言うとGooglePlayMusicやAmazonMusicなどのストリーミング配信もデータ通信量としてカウントされません。通勤時間の中で動画を多く視聴する生活スタイルの人にはもってこいの契約プランであると言えます。

BIGLOBEモバイルに申し込む


BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

BIGLOBEモバイルの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

とにかく安く使いたいなら楽天モバイル

楽天モバイル

データの通信速度にはそれほどこだわりがなく、とにかく安く格安SIMを手に入れたいという人は楽天モバイルがおすすめです。楽天モバイルには、ベーシックプランと呼ばれる契約形態が存在しています。

これは最大通信速度が200kmbpsに制限されますが、月々の基本料金はデータ通信SIMではたったの525円で済ませることができます。

外出先などではあまりiPadを利用せず、Wifi環境が整った自宅などでiPadを使いたいという人は、楽天モバイルのベーシックプランに加入するのがおすすめです。

楽天モバイルに申し込む


楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

通信速度が気になるならUQモバイル

UQモバイル

格安SIMを提供しているMVNOの中で、ダントツで早い通信速度を提供しているのがUQモバイルです。UQモバイルは基本的にはUQWiMAXと呼ばれる通信方式で通信をしていますが、これだけでも十分に高速のインターネット通信を享受することができます。

その上auの子会社であることから、オプションによってはauが整備した4GLTEを利用することができます。これはもはや通常の大手キャリアのSIMと同じ通信速度でインターネット接続ができることを意味します。

インターネットの接続スピードが遅いということは、インターネット利用時の満足度を著しく低下させます。通信速度を重視したい人にはUQmobileがおすすめです。

UQモバイルの申し込みはこちら


UQモバイル
UQモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

UQモバイルの評判を徹底的に調べ、自身も使ってわかったUQモバイルの特徴を簡単に解説すると 他社の格安simに比べて圧倒的に通信速度が速い にもかかわらずキャリアより安く(月1980円前後)使える キ ...

iPadで格安SIMを使う際の注意点

iPadで格安SIMを利用する際にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。ここからiPadで格安SIMを使う際の注意点についてご紹介します。

一部使えない端末がある

先ほども少し説明しましたが、大手キャリアが過去に販売した経緯を持つiPadは、そのキャリアの通信方式でしか使えないようにSIMロックがかけられています。

そしてそのようなiPadを中古で購入してきた時には、MVNOを選択する際にそのiPadで通信ができるかどうかを確認する必要があります。例えばauで過去に販売されていたiPadを中古で手に入れた場合には、SIMロックを解除するか、au系のMVNOと契約する必要があります。

このように場合によってはそのまま使用することができない端末もあるということに注意が必要です。

端末を新規購入する場合キャリアと違って割引がない

大手キャリアで新規購入する場合には、端末自体に割引があります。利用者の促進を狙ってのことですが、消費者としてはなるべく安くiPad自体も手に入れたいものです。

しかしながらMVNOなどではこのようなサービスは行われていません。従って新品のiPadを購入して格安SIMを利用しようと思った時には、端末自体の割引がないということにも注意が必要です。

格安SIMを使うときのiPadの設定方法

最後に格安SIMを使う時のiPadでの設定方法についてご紹介します。

格安SIMを契約して入手し、お手持ちのiPadに挿入します。

その後APN設定を行います。

APN設定とはアクセスポイントネームの略称で、インターネットの接続先についての情報をiPadの端末自体に読み込ませる作業です。

Wi-Fi環境下においてiPadで格安SIMが提供する構成プロファイルと呼ばれるアプリをダウンロードします。

たったこれだけで格安SIMでインターネット通信ができるようになりました。

Wi-Fiでの接続を切ってからインターネット接続ができているかどうか確認してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

中古品であっても十分に高性能を発揮するiPadは格安SIMと合わせて使うと、高いコストパフォーマンスで運用することができます。皆さんもiPadを利用する際には格安SIMでの運用を検討してみてください。

no image
【2019】格安SIMはどれがおすすめ?MVNO23社を徹底比較

このサイトは大手キャリアよりも安く(月2000円くらい)使える各社格安simの比較・評価や選ぶ際のポイント、格安simへの乗り換えの方法など格安simに関する情報を集めたサイトです。最近は2台目のスマ ...

-格安SIMの比較

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.