電話

格安SIMの比較

格安SIMにかけ放題はないの?通話かけ放題プランがある格安SIMを比較

更新日:

低価格がウリの格安SIMは、その普及とともに多くの会社が参入し熾烈な競争を繰り広げています。競争が激しくなるにつれMVNO各社は様々なプランをユーザーに提供する事で差別化を図るようになりました。

その中でも注目度が高いのが格安SIMでのかけ放題プランです。ドコモ・ソフトバンク・auなどの大手キャリアの専売特許のように思われる通話のかけ放題プランを格安SIMが提供するとどのようなサービスをユーザーは受けることができるのでしょうか。

ここではかけ放題プランを用意している格安SIMについてご紹介します。

格安SIMのかけ放題の種類

格安SIM各社は大手キャリアが用意している通話のかけ放題プランとは一味違ったかけ放題プランを用意しています。ここでは格安SIMのかけ放題プランの方式を確認するとともにその特徴についてご紹介します。

IP電話方式

格安SIMの電話かけ放題プランのうち最も安価なものがIP電話方式を採用しているプランです。IP電話とは、インターネット回線を利用した通話です。最も身近な例で言うとLINEの無料通話と同じ仕組みです。

従ってインターネットの接続状況に応じて、通話の品質が決まってきます。LINEの無料通話を利用したことがある人はお分かりかと思いますが、インターネット回線を利用しての通話は音声の品質があまり良くありません。

ネットワーク接続状況が悪ければそのまま切断されてしまうこともあります。その上110番や119番に電話をかけることができません。

IP電話方式はでは、080や090から始まる昔から保有していた電話番号を利用することはできません。その代わりに050から始まる新しい電話番号を付与されることがあります。

IP電話方式は通話品質では劣るものの、他の電話方式に比べて割安で利用できるのがユーザーにとって魅力的であると言えます。

電話方式

ドコモ・ソフトバンク・auなどの大手キャリアが提供しているのが電話方式です。よく知られているように、基地局を立て電話専用通信を利用することで安定した通話品質を提供しています。

大手キャリアなどが提供しているカケホーダイプランは、この電話方式での通話時間に制限がないというプランです。友達と長電話したことがある人はお分かりかもしれませんが、長時間通話しても音声が途中で途切れることがなく安定して通話を楽しむことができます。

格安SIM各社で電話方式を利用してのかけ放題プランを提供している会社はありません。電話方式でのかけ放題プランを契約したいという方は、格安SIMの契約は諦めた方が良いでしょう。

プレフィックス方式

プレフィックス方式は、MVNO各社が最も力を入れる通話方式です。プレフィックスの名前は、お持ちの番号の前に特定の番号を追加されて通話の接続が行われることから由来しています。プレフィックス方式について簡単にご紹介するために通常の電話方式についても簡単に確認しておきましょう。

通常の電話方式では大手キャリアが通話を行うための設備を保有しています。そしてその通話を成立させるための設備はキャリア間で互換性があることから、どのキャリアに電話をかけてもクリアな通話品質が保たれています。

プレフィックス方式は大手キャリアの回線を利用していることから、IP電話と比べて通話品質はクリアで劣化がないと高評価を得ています。その上通話料金も安く抑えられています。しかしながら110番やフリーダイヤル、0570から始まるナビダイヤルにも電話をかけることができません。

MVNOが提供する安くてクリアな音質の通話ができるのが、プレフィックス方式と覚えておきましょう。

時間無制限のかけ放題と定額のかけ放題がある

MVNO各社が提供する電話のかけ放題プランには、時間無制限のものと定額のものとがあります。

時間無制限のかけ放題プランを用意しているのは、ワイモバイルQTモバイルイオンモバイルだけとまだまだ提供しているMVNOは少ない状況です。

より多くのMVNO各社が参入し様々なプランを提供しているのが、定額のかけ放題プランです。提供している会社によっても契約するプランによっても異なってきますが、定額のかけ放題プランでは追加料金なしで1ヶ月間に決められた時間までの通話を何回でも行うことができるというのが目玉になっています。

最も多いのが10分以内の通話し放題というプランで、5分かけ放題や3分間かけ放題などのプランも用意されています。自分がどれほどの時間通話をしているのか履歴を確認してみましょう。

親しい友人との会話でなければ、多くの場合ほとんどの通話は5分以内で終了しているかもしれません。どのプランを選ぶべきかは、自分がどれぐらい通話に時間をかけているかで判断するのが良いでしょう。

時間無制限のかけ放題プランがある格安SIM

それではここから、時間無制限のかけ放題プランを提供している格安SIMについてご紹介します。

ワイモバイル


ワイモバイル

月額1080円の基本料金を支払うことで、時間無制限のかけ放題プランに契約することができるのがワイモバイルです。しかも通話に利用することができるのは、ソフトバンクの通話回線です。

従ってソフトバンクなどと同じ通話品質で電話をかけることができるのです。これはワイモバイルがソフトバンクの子会社であることによるものでしょう。

通常ワイモバイルでの通話料金は30秒ごとに20円かかります。したがって1回の通話時間が25分以上かかってしまうユーザーは、かけ放題プランを契約した方がお得に通話をすることができます。

格安SIMの中でも高品質の通話をし放題というプランを用意しているのはワイモバイルだけなので、格安SIMで通話し放題プランに加入したいけれども、通話品質は落とせないという欲張りなユーザーはワイモバイルを選択する必要があります。

ワイモバイルに申し込む


ワイモバイル
ワイモバイルの評判や通信速度・デメリットをまとめて辛口評価

ワイモバイルの契約を考えている方であれば、ワイモバイルを実際に利用した方がどのように思っているのか?という点は気になるところかと思います。 そして、ワイモバイルが良い会社だということが分かり、さらに利 ...

QTモバイル

QTモバイル

QTモバイルで通話し放題プランを契約するためには、月額2500円支払う必要があります。マイネオなどと同じようにトリプルキャリア対応のQTモバイルは、どのキャリアのSIMを契約してもかけ放題プランを利用することができるとあって、大手キャリアからのMNP流入が増えています。

QTモバイルは、プレフィックス方式で通話回線を提供しています。従って一部制限はあるものの、基本的には通常の通話と同じ品質で利用することができます。

月額料金が2500円であり30秒ごとに20円かかることから、1回の通話時間が63分以上かかってしまうユーザーは、かけ放題プランを契約した方がお得に通話をすることができます。

QTモバイルに申し込む


no image
QTモバイルの評判は悪い?デメリットとメリットをまとめて辛口評価【2019年2月】

格安スマホへの乗り換えを検討している方のなかには、「選択できるMVNOが多すぎて、決められない」と困っている方もいるのではないでしょうか? 今回はそんな方へ向けて、QTモバイルの料金プランやメリット、 ...

イオンモバイル

イオンモバイル

ドコモとauの通信回線を利用してユーザーに通話回線を提供しているのがイオンモバイルです。イオンモバイルでは時間無制限のかけ放題プランは、月額基本料が1500円に設定されています。

イオンモバイルが提供している通話回線はIP方式です。従って通話の品質はワイモバイルやQTモバイルに比べて劣るかもしれません。

月額料金が1500円であり30秒ごとに20円かかることから、1回の通話時間が38分以上かかってしまうユーザーは、かけ放題プランを契約した方がお得に通話をすることができます。

イオンモバイル公式サイト


イオンモバイル
イオンモバイルの評判・通信速度のまとめ

イオンリテール株式会社が運営元である『イオンモバイル』は、かつては、日本通信が運営するb-mobileの代理店という立場で格安SIMを販売していた時期もありましたが、平成28年2月26日からMVNOと ...

定額のかけ放題プランがある格安sim

ここまでは通話時間に上限がないかけ放題プランを提供している格安SIMをご紹介しました。ここからは時間に上限があるかけ放題プランがある格安SIMについてご紹介します。

IIJmio

IIJmio

DocomoとauからのMNP牛乳が増加しているMVNOがIIJmioです。IIJmioは3分間と10分間の時間制限のあるかけ放題プランを提供しています。3分間かけ放題のプランは月額基本料が600円で、MVNO各社の中で最安値を実現しています。

10分間かけ放題のプランは月額基本料が830円かかります。また家族内通話であれば30分間かけ放題というオプションも無料でついてきます。IIJmioが提供する通話方式はプレフィックス方式です。

通話品質に限れば一般の通話回線と遜色なく利用することができるとあって好評を得ています。

IIJmioに申し込む


IIJmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年9月】

IIJmioを一年以上使い続けた感想と、ネット上の評判を調査してわかったIIJmioの特徴は 家族割で安くなるので家族での契約がお得 新機種の取り扱いが早い 長期間サービスを提供しているので安心して使 ...

mineo

mineo

mineoは通話時間が10分間に限られる通話を一か月間に何度でも行えるプランを提供しています。ドコモとauの回線でのみ契約することができ、月額850円が基本料金になっています。

ソフトバンクで契約した端末では、通話かけ放題プランを利用することはできないようです。mineoが提供する通話方式はプレフィックス方式です。通話品質にもこだわる人にもおすすめです。

mineoに申し込む


mineo
mineoってどうなの?評判から分かるデメリット・通信速度と使用感まとめ【2019年9月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

LINEモバイル

LINEモバイル

LINEモバイルで通話かけ放題プランを契約する場合にはドコモ回線を利用していた端末でMNP流入する必要があります。10分間の通話であればかけ放題というプランが用意されており、月額基本料は880円です。

LINEモバイルの特徴はLINEを利用したデータ通信量がカウントフリーになる点です。これはLINEの無料通話にも該当します。LINEの無料通話での通話品質が気になる人は、LINEモバイルの通話機能を利用しましょう。

LINEモバイルの通話方式はプレフィックス方式ですので、LINEの無料通話よりは通信品質が良いと期待しても良いでしょう。

LINEモバイルに申し込む


LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?口コミから分かるデメリット・通信速度と実際使った評価【2019年9月】

1年以上LINEモバイルを使った経験とネット上の口コミを徹底的に調べ上げた結果からわかったLINEモバイルの特徴は LINEの年齢認証ができる ソフトバンク回線の通信速度が超速い SNSの通信がカウン ...

楽天モバイル:組み合わせ放題

楽天モバイル

楽天モバイルの組み合わせ放題というプランを選択した場合には、ドコモの回線で月額850円を支払うことで5分間の通話がかけ放題という料金プランを選ぶことができます。

通話方式はプレフィックスですので、通信品質にも問題がないと言えるでしょう。

楽天モバイルに申し込む


楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年8月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

楽天モバイル:スーパーホーダイ

楽天モバイルのスーパーホーダイ

データ高速通信を使い終わった後の低速通信においても1Mbpsという比較的低速でない通信速度でインターネット接続を行うことができるプランが楽天スーパーホーダイです。

楽天スーパー放題はプランによって高速通信を利用することができる容量が異なってきますが、どのプランを選択しても10分間の通話かけ放題をすることができます。

最も容量の小さい2GBの契約で1480円から契約することができるので、インターネット接続も通話もどちらもある程度の品質が必要である人におすすめのプランと言えます。通話方式はプレフィックスです。

楽天モバイルに申し込む


楽天モバイルのスーパーホーダイ
楽天モバイルのスーパーホーダイは本当にお得なのか検証

スーパーホーダイとは楽天モバイルが提供している、電話5分かけ放題と通信速度最大1Mbpsがセットになったプランの事です。 高速通信容量に制限がありますが、使い切ったとしても通信速度最大1Mbpsで問題 ...

UQモバイル

UQモバイル

UQモバイルでは、auの通話回線を利用した5分間のかけ放題を1980円から提供しています。ワイモバイルと同様通話品質はauと同様であることから、一定の支持層から多大なる人気を集めています。

UQモバイルの申し込みはこちら

かけ放題
UQモバイルに無制限のかけ放題はある?通話料を安くする裏技も紹介

格安SIMは、データ通信料金や基本プランは安くても、通話料金が高いイメージを持っている人は多いのではないでしょうか? またよく通話を利用するのでかけ放題のプランがあるのかどうかも気になると言う人も多い ...

UQモバイル
UQモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年9月】

UQモバイルの評判を徹底的に調べ、自身も使ってわかったUQモバイルの特徴を簡単に解説すると 他社の格安simに比べて圧倒的に通信速度が速い にもかかわらずキャリアより安く(月1980円前後)使える キ ...

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは、ドコモとauの回線利用者に対して3分間かけ放題を月額600円で提供しています。プレフィックス方式で提供されるこのプランは、格安SIMの中でも最安値を争うプランになっています。

BIGLOBEモバイルに申し込む


BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

BIGLOBEモバイルの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

DMMモバイル

DMMモバイル

DMMモバイルは、ドコモ回線で10分間かけ放題を850円の利用料で提供しています。通話方式はプレフィックスです。

DMMモバイルに申し込む


DMMモバイル
DMMモバイルってどうなの?評判から分かるデメリット・通信速度と使用感まとめ【2019年4月】

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

OCNモバイルONE


OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、ドコモ回線で10分間かけ放題を850円の利用料で提供しています。通話方式はプレフィックスです。

OCNモバイルONEに申し込む


OCNモバイルONE
OCNモバイルONEの評判ってどうなの?口コミと通信速度から分かった特徴とは【2019】

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

Nifmo

nifmo

Nifmoは、ドコモ回線で10分間かけ放題を830円の利用料で提供しています。通話方式はプレフィックスです。

Nifmoに申し込む


nifmo
NifMo(ニフモ)の評判は悪い?通信速度・口コミを参考に辛口評価【2019】

格安SIMアワード2015を獲得した実力派格安SIM、NifMoの評判やメリット&デメリットを詳しく解説しました。 楽天モバイルやiiJmio、LINEモバイルなど他社MVNOとも比較しているのでどの ...

U-mobile

U-mobile

U-mobile MAXと呼ばれる、月間通信容量として25GBが設定されている大容量プランのオプションとして3分間かけ放題を利用することができます。

月額基本料は2580円と他社に比べてかけ放題プランを選択するためのハードルは高いですが、インターネット接続を多く利用するユーザーにはおすすめかもしれません。

U-mobileに申し込む


U-mobile
U-mobileの評判ってどうなの?口コミ・通信速度を参考に辛口評価

データ通信量が無制限のU-mobile PREMIUMが特徴のU-mobileについての情報をまとめて評価しました。 U-mobileは、よく知られる月単位でのプラン、2つの段階毎に料金が定められてい ...

b-mobile

b-mobile

b-mobileは、ドコモとソフトバンクの回線で5分間かけ放題を500円という破格の利用料で提供しています。通話方式はプレフィックスです。

b-mobileに申し込む


エキサイトモバイル
エキサイトモバイルの評判は?口コミ・通信速度を調査して徹底評価!【2019】

エキサイトモバイルの月額料金は1GBごとの従量制となっています。そのため、月額料金を簡単に安く抑えることができます。 料金を安くするためには、SIM3枚コースが良いでしょう。家族で使う場合、SIM3枚 ...

TONEモバイル

TONEモバイル

IP電話かけ放題オプションを契約することで10分間かけ放題を540円の利用料で利用することができます。通信方式はIP電話です。

TONEモバイルに申し込む


TONEモバイル
TONEモバイルの評判や契約前に知りたい通信速度などまとめ

TONEモバイルで取り扱われている格安スマホは、家庭で利用することに着目した機能やサービスが存在することが特徴となっていて、小学生或いは中学生の方には打ってつけの格安スマホとも言われています。 備わっ ...

かけ放題がおすすめなのはこんな人

それではどのような人にかけ放題プランがおすすめなのでしょうか。当然ながら、通話によるコミュニケーションがスマートフォンの利用時間の大半を占める人におすすめだと言えます。

格安SIMを選択するメリットはもちろん料金プランの安さで、大手キャリアを選択するメリットはカケホーダイの通話料金と通話品質が良いことです。

MVNOが提供する安い料金と制限のない普通は時間をどちらも有しているかけ放題プランは、双方のキャリアの良いとこ取りをしており、ニーズがあるユーザーにとっては非常に魅力的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一口にかけ放題プランと言っても様々なプランが用意されており、自分の使用状況に最も適したプランを選択できるのが格安SIMを選択することの醍醐味であると言えます。

格安SIMの契約を検討する際には、まずは自分がどの程度の通話時間が必要であるのか、インターネット接続はどれほど必要であるのか把握する必要があります。

このような自らの使用状況を正確に把握してこそ、自分にあった最適な格安SIMとプランを選択することができます。皆さんもこのような点に注意してかけ放題プランのある格安SIMについて検討してみてください。

選択
初心者でも分かる!格安SIMの選び方と安くするために確認しておきたいポイント

格安SIMへの乗り換えを検討していても、選択肢が多すぎてどれを選べばいいかわからないと思っている方もたくさんいらっしゃると思います。今は格安SIMと一口に言ってもたくさんの種類がありますし、サービスも ...

no image
【2019】格安SIMはどれがおすすめ?MVNO23社を徹底比較

このサイトは大手キャリアよりも安く(月2000円くらい)使える各社格安simの比較・評価や選ぶ際のポイント、格安simへの乗り換えの方法など格安simに関する情報を集めたサイトです。最近は2台目のスマ ...

-格安SIMの比較

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.