楽天モバイルの複数回線契約

楽天モバイル

楽天モバイルで複数回線契約はできる?2回線目以降の申込み方法と注意点

更新日:

楽天モバイルを家族で契約したり、2台目のスマホなどを利用するのに複数回線申し込みたいと言う方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では楽天モバイルの複数回線申し込みの条件や注意点など詳しく説明しています。これから契約する方も回線を増やす方も是非参考にしてください。

楽天モバイルでは何回線まで契約できる?

SIMカード

楽天モバイルでは、1人の名義で最大5回線まで契約することが可能です。しかし1契約1回線での契約となるため、1つの契約で複数枚のSIMカードが発行される「シェア用のSIM」などの発行はできません。(回線ごとのシェア用SIMは発行可能)

もしSIMカードの枚数を増やしたい場合は、増やしたい数に応じて回線数も増やす必要があるのです。例えば2台目以降のスマホやタブレットなどで楽天モバイルを使いたい、という場合は回線を増やす必要があります。

楽天モバイルでは複数回線割引はある?

月額料金

例えば家族で契約をするために、回線を増やしたとしても、無料通話や家族割のようなキャンペーンは存在しません。

しかし複数回線にすると、2回線目以降月額料金やキャッシュバックの受け取りができる「プラス割」を実施しています。このプラス割は時期によってキャンペーン内容が変動するため、一概には言えませんが現在は、「月額使用料3ヶ月無料」と「5000円キャッシュバック」もしくは「5000円割引」が適用されます。

どのプランを契約するかによって内容が変わるため、プランごとの割引内容を下記の表にまとめています。

特典1 特典2
通話SIM契約の場合 月額基本料金

3ヶ月無料

SIMのみなら5000円キャッシュバック

端末セットなら5000円割引

050データSIM契約の場合

データSIM契約の場合

月額基本料金

3ヶ月無料

なし

楽天モバイルで二回線目以降の申し込み方法

楽天モバイルで複数回線申し込みすることはすごく簡単です。なぜなら2枚目も3枚目も1枚目の申込方法と同じになるからです。2枚目のSIMを契約する場合、マイページからSIMを追加する格安SIMもありますが、楽天モバイルは1契約1回線のため毎回契約が必要になります。

1回線目が開通すると、「ra」から始まるユーザーIDが発行されます。このユーザーIDは、2回線目を申し込む際に必要になります。

2回線目以降の申し込みの流れ

  1. 楽天メンバーズステーションにログインする
  2. プラス割キャンペーン専用申し込みページをタップ
  3. 「ra」から始まるユーザーIDを入力後1回線目と同じように登録を進める

楽天モバイルで複数回線を契約する際の注意点

楽天モバイルで複数回線を申し込みするにはいくつかの注意点があります。その注意点を詳しく説明していきます。

複数回線契約の注意点①楽天モバイルで契約できるのは1人5回線まで

楽天モバイルの複数枚契約

最初にも説明した通り楽天モバイルでは、1人5回線までの契約が上限となります。また契約名義は違う場合でも、契約住所が同じであるなら同じ申込者とみなされる場合があります。

複数回線契約の注意点②1契約1回線まで

一人1契約の楽天モバイル

楽天モバイル契約では「1契約1回線」の決まりがあります。ここが分かりづらいところですが、簡単に言うとSIM1枚につき1回の契約が必ず必要だと言うことです。

例えば「父、母、子」の3人家族で利用したい場合は、順番で言うと父が最初に契約してその次は母が契約、最後に子が契約というように順番に契約が必要になります。支払いを家族分一括でまとめたい場合は、契約者を1人にして利用者登録すると家族の名義で契約することが出来ます。

父=契約者
母=利用者→契約者は父
子=利用者→契約者は父

契約者とは

実際に楽天モバイルを契約している人物。支払いも契約者が行う

利用者とは

スマホを実際に利用する人物。

プラス割を適用させる場合は、契約者が1人でも適用することができます。この方法では1つの楽天IDの中に家族の回線も入ることになりますが、上述の契約方法では、主契約者の楽天IDに家族分を追加することになります。なので楽天ポイントや支払い方法は共有されるような形になります。

もし家族分の支払いを分けたり、経費で落とすために名義を別にしたい場合などは、契約時に別の楽天IDで申し込むことにより、支払い方法やポイント付与を別々にする事が出来ます。

複数回線契約の注意点③楽天モバイルに家族割はない

家族間での通話無料や、家族で複数回線契約ごとに○○円割引のような「家族割」は楽天モバイルには存在しません。しかし「プラス割」があるのと、楽天モバイルの料金は大手キャリアと比べると格段に安くなります。

家族割や通話無料のサービスがなかったとしてもかけ放題がセットになった「スーパーホーダイプラン」もあるので、十分に月々の料金を抑えることが可能です。

楽天モバイル「組み合わせプラン」の料金

通話SIM 050データSIM

(SMSあり)

データSIM

(SMSなし)

ベーシックプラン 1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円

楽天モバイル「スーパーホーダイプラン」の料金

プランS プランM プランL プランLL
1年目料金 2,480円 3,480円 5,480円 6,480円
2年目料金 2,480円 3,480円 5,480円 6,480円
3年目以降料金 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
データ量 2GB 6GB 14GB 24GB
通話 5分以内なら何度でも無料

※5分を超える分は10円/30秒

複数回線契約の注意点④ダイヤモンド会員割は複数回線では適用されない

楽天モバイルにはダイヤモンド会員割と言う割引サービスがあります。これは何かと言うと、楽天会員のランクのことで、楽天ポイントの獲得数やポイント数などによってランクが決定します。

ランクは「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」「ダイヤモンド」の4つに別れています。この「ダイヤモンド会員割」はダイヤモンド会員の方に向けた割引サービスと言うことです。

ちなみにダイヤモンド会員の条件は過去6ヵ月の間に4000ポイントの通常ポイントと30回の獲得回数、そして楽天カードを保持となります。

ダイヤモンド会員割の適用条件

  • お申し込み受付期間中に楽天モバイルを"SIMカード"、もしくは"端末+SIMカード"でお申し込み
  • 会員ランクがダイヤモンドのお客様

ダイヤモンド会員割の内容は、楽天モバイル 通話SIM スーパーホーダイの月額基本料が最大12カ月間、楽天会員割に加えて、さらに500円割引となります。

このダイヤモンド会員割が複数回線では適用されず、適用されるのは親回線のみとなります。

複数回線契約の注意点⑤複数契約間でデータシェアができる

楽天モバイルのデータシェア

楽天モバイルでは、複数契約間であればデータシェアをすることも可能です。データシェアを利用するには、オプション料金月額100円を支払う必要がります。

家族間や複数回線、友人等の間で余ったデータ通信量をグループでシェアすることが出来ますが、料金はデータシェアを行う人数分必要となります。例えば4人でシェアする場合は合計で月額400円が発生します。

まとめ

楽天モバイルには、家族間割引などはありませんが、複数回線申し込む場合は「プラス割」が適用されます。月額基本料金が数ヶ月無料になったり、キャッシュバックを受け取ることができますので、家族での契約を考えている方は利用しない手はありません。

ただプラス割の内容については、期間ごとに変更されるため、契約の前に公式サイトより確認することをおすすめします。以上楽天モバイルの複数回線の申し込みについてでした。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年8月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

-楽天モバイル

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.