楽天モバイルの法人契約

楽天モバイル

楽天モバイルの法人契約ってどうなの?メリット・デメリットと契約方法

更新日:

楽天モバイルには法人向けのプランもあります。基本的には個人向けサービスとほとんど同じですが、会社で使うのであれば法人プランにしておいたほうが良いでしょう。

今回は楽天モバイルで法人向けプランを使うメリットや、申込手順などについて解説していきたいと思います。

楽天モバイルのサービスの特徴

楽天モバイルはドコモの通信網を利用したMVNOサービスです。そのため格安料金であるにも関わらず、広いエリアをカバーするドコモのネットワークを利用することができます。

プランはデータ専用のSIM、050番号とSMS機能が付いた050データSIM、音声通話SIMの3つがあります。通話SIMでも月額1,250円と、かなりお得な価格です。

また、スマートフォンやタブレット、モバイルルーターの取り扱いもあるので、同時にすべてを揃えることもできます。そして法人限定の通話定額プランも用意されています。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

楽天モバイルの法人向けのプランの特徴

楽天モバイルで法人向けのプランを契約すると、請求書支払いで税務を効率化できるほか、繰越したデータ容量を社員同士でシェアすることができます。また、2年縛りが無くいつでも解約できると言うのもメリットでしょう。それぞれ詳しく見ていきましょう。

法人契約のメリット①請求書支払いができる

法人契約では、請求書支払いにできるので、税務の作業を効率化することができます。個人契約ではもちろん請求書支払いできません。そのため、時間を取られがちな可能です。

法人契約のメリット②繰越したデータ容量をシェアできる

データシェアができるのも法人向けプランのメリットです。

外回りの多い営業、デスクワーク中心の事務では社用携帯ではどうしてもデータ消費量が異なりますが、余った容量を必要な社員に回すことができるので、無駄がなくなります。

法人契約のメリット③2年縛りが無い

au・ドコモ・ソフトバンクといった大手キャリアには、契約に2年の縛りが設けられています。それだけでなく契約は自動更新されるため、解約時の違約金支払いはほぼ必須です。

違約金はだいたい一万円程度ですが、社員ひとりあたり一万円と考えると大きな負担です。楽天モバイルなら2年目からいつでも違約金なしで解約ができるので、コスト削減に繋がります。

楽天モバイルの法人契約と個人契約の違いとは?

データ通信量(パケット)などは変わりませんが、法人向けプランと個人向けプランにはサービス内容に若干の違いがあります。

法人専用の通話定額プランがある

個人向けプランにはかけ放題オプションがありますが、法人向けプランでは通話定額プランになります。この通話定額プランでは、月額600円で通話時間60分、通話料にして1,800円分の通話が可能です。

定額分を超えてしまった場合は、通話料が30円/1分かかりますが、通常のプランよりは安く利用することができます。なお、無料定額分は、同一プランに限り契約番号全体でシェアすることも可能です。

楽天モバイルの法人向け通話定額プランの料金

プラン 月額料金 定額分 定額分超過時
プラン600 600円 通話時間60分

(1,800円分)

30円/1分

(通常20円/30秒)

プラン1200 1,200円 通話時間133分

(4,000円分)

プラン1800 1,800円 通話時間216分

(6,500円分)

また、相手先電話番号の先頭に指定された「プレフィックス」という番号をつけて発信することで通話定額または通話料の割引が適用されるというサービスも用意されています。プレフィックス番号は、専用アプリ「0037ダイヤラー」から発信すれば自動的にが付与されます。

IP電話のほうがよりお得

ビジネスシーンにおいては長時間の電話をすることもあると思います。通話定額プランでも通常プランよりお得ですが、楽天グループの「楽天コミュニケーションズ」が提供しているIP電話のほうがさらにお得です。

IP電話は固定電話なら3分8円、携帯電話なら1分15.9円で通話が可能で、月額基本料も380円です。通信費を安く抑えるためには、楽天モバイルのデータ通信専用SIMとIP電話を併用するのが一番です。

法人プランで利用できるオプション

法人プランでも、端末が破損・故障した際に交換・修理サポートが受けられる「端末補償」、遠隔サポートが受けられる「あんしんリモートサポート」がそれぞれ500円で契約できます。2つのオプションがセットで800円で契約できる「端末補償・あんしんリモートサポートパック」も用意されていま「」す。ほかにも公衆無線LANサービスの「楽天モバイルWiFi by エコネクト」も月額362円で利用することができます。

楽天モバイルの法人契約のデメリット

ただし、法人向けプランにはいくつかのデメリットもあります。

法人契約のデメリット①サポートは大手キャリアに負ける

楽天モバイルをはじめとする格安SIMサービスは、一部の地域にしか店舗がありません。そのため何かトラブルがあった際に窓口でサポートを受けづらいというデメリットがあります。

SIMカードを利用するために必要なAPN設定なども基本的には自分自身で行わなければいけません。機械が苦手な人にとっては、困る場面もあるでしょう。不安な方は月額500円で機器やアプリで困った際に相談したりサポートを受けられる「あんしんリモートサポート」オプションに加入しておきましょう。

法人契約のデメリット②通信速度が不安定

格安SIMでは、線が混み合う通勤時間帯やお昼の時間帯は通信速度が落ちることがあります。音声通話は問題ありませんが、時間帯によってはインターネットが使いづらいと感じてしまうことも。

ウェブページを閲覧する程度なら問題ありませんが、地図アプリを使ったり動画を見たりする際には不便を感じるでしょう。

法人契約のデメリット③電話料金が高くなることも

楽天モバイルの法人向けプランの基本料金は安く設定されていますが、かけ放題サービスがないので、電話をかける頻度が高いと料金が高くなってしまいます。

電話をよく使うという方は、法人専用の通話定額プランに申し込みましょう。ただし定額通話プラン1800でも定額分の通話時間は216分で、超過した分は30円/1分の通話料がかかります。事前に料金シュミレーションをして、電話料金がいくらくらいになるのか確かめておく必要があります。

通話定額を適用するためには専用アプリ「0037ダイヤラー」から発信するか、相手先電話番号の先頭に「003766」を追加して発信する必要があるという点も、手間になってしまうかもしれません。

法人契約のデメリット④法人向けプランでは利用できないサービスがある

個人向けプランには通話料が半額になる「楽天でんわ」、通話がかけ放題になる「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」というサービスがあります。しかし法人向けプランではこれらのサービスを利用することができません。法人プランで利用できるのは法人契約用の通話定額プランです。

法人契約のデメリット⑤キャンペーンや分割払いも利用不可

楽天モバイルでは料金がお得になるキャンペーンが行われています。ですがキャンペーンが適用されるのは個人契約のみです。端末を購入する代金も、個人契約なら分割にできますが、法人契約の場合は一括払いになってしまいます。

楽天モバイルの法人向けプランの申し込み方法

実際に楽天モバイルで法人向けプランに申し込む際の手順についてもお伝えしておきます。

楽天モバイルのサイトから、法人契約の「見積書作成・お申し込み」から、見積もりを依頼する。見積もりは端末やプラン、オプションなどを選ぶと、料金を計算してだしてくれます。最大10回線までの見積もりの作成が可能です。

見積もり内容に問題がなければ、メールで申込書が送られてきます。申込書に記入をし、下記の書類を用意します。

法人確認書類の原本

  • 登記事項証明書(履歴事項全部証明書)
  • 登記事項証明書(現在事項全部証明書)
  • 印鑑登録証明書

※いずれも発行日より3ヶ月以内のもの。どれかひとつを用意する

担当者の在籍確認書類の写し

社員証、名刺のいずれか

担当者の本人確認書類の写し

  • 運転免許証(裏面のコピーも必要)
  • 住民基本台帳カード(裏面のコピーも必要)
  • 日本国パスポート
  • 健康保険証(裏面のコピーも必要)+補助書類公的(料金領収書、住民票、届出避難場所証明書のうち1点)

※いずれかを用意

書類が揃ったら、郵送。MNPで申し込む場合は、登録のため「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約番号の有効期間が10日以上残っているチケット」も必要です。

申込書と必要書類が楽天モバイルに届いたら審査があり、問題なければ申し込みが完了します。通常は一週間前後です。

不明な点や11回線以上の見積・申し込み、一部でプランを変えた場合の見積書作成・申し込みなどは、下記に問い合わせてください。楽天モバイルのサイトにも、24時間受付の問い合わせフォームが用意されています。

「法人のお客様 ご相談専用窓口電話」
フリーダイヤル:0800-808-8000
受付時間:9:00~18:00

まとめ

楽天モバイルの法人契約は、通話料金の振り分けサービスや一括で無料通話分を全回線分まとめて契約できる通話定額に対応しています。

端末補償なども利用できますし、請求書払いも可能なので、法人として使う場合にも大変便利です。気になる方は、まず楽天モバイルのサイトから見積もりを作成してみましょう。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

-楽天モバイル

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.