楽天モバイルのプラン変更

お得なキャンペーン実施中!詳しくはこちらから。

楽天モバイル

楽天モバイルのプラン変更の方法とは?プラン変更の注意点

投稿日:

楽天モバイルを使っているうちに、プランのデータ容量では足りなくなってしまったり、逆にデータが余ってしまうといった経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。

適切なプランを選択していないと料金がもったいないですし、データ容量の過不足がある場合にはプランを見直しましょう。楽天モバイルでは手軽にプランを変更することができるので、今回はその手順について説明していきたいと思います。

楽天モバイルのプラン変更の流れ・方法

プラン変更は、メンバーズステーションから行います。実際の変更の流れは下記の通りです。

  1. メンバーズステーションにログイン
  2. 登録情報・設定変更から「楽天モバイルプラン変更」をタップ
  3. 変更したいプランを選択して「申し込む」をタップ
  4. 契約内容の通知を選択して「確認画面へ」をタップ
  5. 最終確認して「お申込み」をタップ

これだけの手順でプラン変更が完了します。かかる時間は1〜2分程度です。

楽天モバイルのプラン変更の手数料

プラン変更には手数料も必要ありません。ただし変更ができるのは月に一回までなので注意してください。

なお、プラン変更の申込みをしたあとでも、予約取り消しボタンが表示されている間はキャンセルすることができます。キャンセルしても手数料などは発生しないので安心です。

プラン変更の際に知りたいプランの選び方

楽天モバイルでは、「スーパーホーダイプラン」と「組み合わせプラン」の2つのいずれかを選ぶことができます。それぞれのプランがどういったものなのか確認しましょう。

スーパーホーダイプラン

楽天モバイルのスーパーホーダイ

楽天会員であることが条件で契約できるこのプランは、1年目と2年目の料金が3年目より500円安くなります。

楽天モバイルのスーパーホーダイ
楽天モバイルのスーパーホーダイは本当にお得なのか検証

スーパーホーダイとは楽天モバイルが提供している、電話5分かけ放題と通信速度最大1Mbpsがセットになったプランの事です。 高速通信容量に制限がありますが、使い切ったとしても通信速度最大1Mbpsで問題 ...

組み合わせプラン

組み合わせプランは、通話SIM、050データSIM、データSIMのプランを選んでから、データ通信量を選ぶ形式です。

通話SIM050データSIMデータSIM
ベーシック1,250円645円525円
3.1GB1,600円1,020円900円
5GB2,150円1,570円1,450円
10GB2,960円2,380円2,260円
20GB4,750円4,170円4,050円
30GB6,150円5,520円5,450円

SIMプランの違い

組み合わせプランは3つに分かれているので、どれを選べばいいかわからなくなってしまうこともあると思います。

まず「通話SIM」は音声通話とインターネット通信ができるプランです。docomo・au・SoftBankの大手キャリアと同様の使い方ができるので、こちらを選ぶ方が多いようです。

「データSIM」の場合は、電話機能は使えずデータ通信のみが可能です。これにSMS機能を付けたものが、「050データSIM」です。携帯を2台持ちしている方や、iPadなどのタブレット端末を安く使いたい方は、この「データSIM」「050データSIM」を選びましょう。

スーパーホーダイ⇆組み合わせプランの変更は自由にできる

なお、組み合わせプランからスーパーホーダイへの変更することも、スーパーホーダイから組み合わせプランへ変更することもできます。

ただしスーパーホーダイの契約期間は1年から3年を選べるようになっており、この契約期間が終わっていないと組み合わせプランに変更することはできません。

また、スーパーホーダイは通話SIMなので、組み合わせプランの050データSIMとデータSIMからスーパーホーダイに変更することもできません。

楽天モバイルのプラン変更はいつ反映される?

新しいプランは、翌月1日から適用されます。ただしプラン変更手続きは毎月1日から25日までの期間なので、26日以降はプランの変更ができません。

25日までに手続きを完了した場合のみ、翌月から新しいプランとなります。26日以降にプランを変更したいと思った場合は、1日になるまで待ちましょう。

なお、2015年10月5日以前に楽天モバイルを契約していた方は、プラン変更の申し込みが1日から20日までとなっています。2015年10月6日以降に契約した場合より、締め日が5日早くなっています。プランの適用は、翌月からで、同じです。

楽天モバイルのプラン変更後のデータ繰り越しはどうなる?

楽天モバイルでは、当月内に使いきれず余ってしまった高速通信容量を翌月に繰り越すことができます。余った状態でプランを変更しても、この繰り越し分は問題なく持ち越すことができます。

例えば2GB 余った状態で5GBプランから3.1GBプランに変更した場合でも、翌月は5.1GBのデータ容量になるのです。

ただし2015年10月5日以前に楽天モバイルを契約した方は、データの繰り越しができません。該当する方は、できるだけデータ容量を使い切ってからプラン変更しましょう。

プラン変更するとキャンペーンの適用はどうなる?

何かのキャンペーンと一緒に契約した場合、プラン変更後でも同じキャンペーンを受けることができます。

しかしスーパーホーダイのプランSや組み合わせプランのベーシックがキャンペーン対象外となる場合もあるので、注意して下さい。

楽天モバイルでプラン変更する際の注意点

楽天モバイルでプラン変更する際の注意点をまとめておきます。

プラン変更の注意点①申し込みは1カ月に1回のみ

プランの変更は、毎月1日〜25日の期間で一回のみ可能です。なお、予約取り消しボタンが表示されている間ならキャンセルすることができます。

プラン変更の注意点②通話SIM⇆データSIMの変更はできない

通話SIMを使っていて電話はLINE電話やIP電話で済ませるのでデータSIMに変更したい、データSIMを使っていて電話機能をつけたいので通話SIMに変更したい、といった場合は、一度解約を行いまた新しくSIMカードを契約しなければいけません。

データSIMから通話SIMへの変更には最低利用期間がないので解約金などは発生しませんが、通話SIMを契約して12ヶ月以内にデータSIMに変更する場合は解約金(契約解除料)の9,800円を支払う必要があります。

プラン変更の注意点③プラン変更と同時にSIMサイズの変更はできない

SIMサイズを変更する場合は、プラン変更前に申し込みをしておかなければなりません。ですがSMS機能つきSIMから音声通話SIMに代える場合など、特別な場合だけSIMサイズの変更が必要なので、大体の場合は考えなくても大丈夫です。

プラン変更の注意点④容量を減らす際はデータ残量に注意

現在使っているプランよりもデータ容量の少ないプランに変更する場合は注意が必要です。プラン変更の申し込みをするまでに容量を使い切っていると、翌月1日まで通信速度が遅くなってしまうからです。

5GBから3.1GBにプラン変更した際に、すでに3.1GB以上使ってしまっていると、翌月1日まで低速通信になってしまうのです。

プラン変更の注意点⑤プラン変更月の解約&MNP予約番号の発行は不可

プランを変更した月に楽天モバイルを解約することはできません。MNP予約番号も発行できません。解約や乗換えを考えている場合は、プラン変更しないようにしましょう。

プラン変更の注意点⑥容量を追加することで対応できる場合も

3.1GBプランで契約していて、たまたまその月だけ3GB以上使ってしまったというような場合には、プラン変更ではなくデータチャージをしましょう。

プラン変更するほど毎月データが足りなくなっているわけではないのであれば、足りなくなったときにだけ都度データをチャージしたほうがお得です。

楽天モバイルでは、100MB/300円、500MB/550円、1GB/980円でチャージすることができるので、データ容量が足りなくなった場合はメンバーズステーションより購入手続きをしてください。

まとめ

ここまで楽天モバイルのプラン変更について解説してきました。プランの変更は、メンバーズステーションから申し込むだけという手軽さです。ただしプラン変更は25日までであること、月に一回しか変更できないことなど注意点もいくつかあります。

プランを変更したい場合には、事前にしっかりルールを確認して手続きを行いましょう。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年1月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

-楽天モバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2019 All Rights Reserved.