楽天モバイルの10分かけ放題

楽天モバイル

楽天モバイルの10分かけ放題とは?メリットや注意点を解説

投稿日:

楽天モバイルの10分かけ放題とは一体どんなオプションなのでしょうか?

今回の記事では、10分かけ放題の料金や注意点など詳しく説明していきます。楽天モバイルの10分かけ放題を検討している方は是非参考にしてみてください。

楽天モバイルの10分かけ放題とは

10分かけ放題とは、その名の通り10分間の通話が無制限で、かけ放題になるオプションです。楽天モバイルには、以前月額2380円で、完全かけ放題と言うプランがありました。

しかし、2018年3月末でサービスが終了してしまったのです。10分かけ放題はその後でに増えたオプションで完全かけ放題に変わるサービスとなります。

楽天モバイルの10分かけ放題の料金

料金(月額)850円

楽天モバイルで提供している、10分かけ放題の料金は月額850円になります。この金額が安いのか高いのか気になる人も多いのではないでしょうか?実際に他のMVNOが提供しているかけ放題プランと比較してみました。

MVNO名月額料10分以降の通話料
OCNモバイルONE850円30秒10円
LINEモバイル880円30秒10円
mineo(マイネオ)850円30秒10円
DMMモバイル850円30秒10円
NifMo830円30秒10円
IIJmio(みおふぉん)830円30秒10円
BIGLOBEモバイル830円30秒10円
U-mobile SUPER1980円~(データ通信費込み)30秒20円
Y!mobile1,980円~(データ通信費込み)30秒20円

価格を比較してみても、他のMVNOと月額料金にそこまでの差はありません。トータルで見た場合には、最安ではありませんが、高くもないと言う結論になります。 

データ容量通話SIM050データSIM

(SMSあり)

データSIM

(SMSなし)

ベーシック1,250円645円525円
3.1GB1,600円1,020円900円
5GB2,150円1,570円1,450円
10GB2,960円2,380円2,260円
20GB4,750円4,170円4,050円
30GB6,150円5,520円5,450円

楽天モバイルのプランの一覧は上記の通りとなります。

楽天モバイルの10分かけ放題のメリット

10分以内の通話なら何回でも無料

安い

10分以内の国内通話であれば何度通話しても、月額以上の通話料金が発生しません。

月額料金は850円なので、30秒20円で計算すると、ひと月に22分以上通話をするのであれば「10分かけ放題サービス」に加入した方が得となります。

通話音質がいい

通話音質

LINEなどの無料通話アプリを使用して電話する場合、使用するのがデータ通信なので確かに電話使用料はかかりません。

しかし使ったことのある人は分かると思うのですが、 line などのアプリを使用した通話は、電波状況に大きく左右され途切れてしまったり途中で話が聞こえなくなってしまったりすることがあります。

その点楽天モバイルのかけ放題は電話回線を使用するので安定した通話が可能です。さらに lineなどのアプリを使用した通話は友人や家族などにかける時は便利ですが、電話番号だけ知ってる場合は電話できません。

なのでビジネスで使うのには少し気が引けます。 その点楽天モバイルの通話は今まで使用してきた大手通信会社と同じような感覚で通話が可能なので、 商談やビジネスでも使用することができます。

10分を超えた後の通話料も半額になる

5分以内の通話

楽天モバイルの通常の通話料金は30秒20円ですが、「10分かけ放題サービス」の場合は10分を超えた場合の通話料が半額の30秒10円になります。

半額になると言うのは大きく30分オーバーした場合でも、通常なら1,200円かかるところが「10分かけ放題サービス」なら600円で済むことになるのです。

楽天モバイルの10分かけ放題の注意点

楽天モバイル以外のユーザーは開けない

スマートフォンに入っている、電話アプリではなく利用し始めてから自分で楽天でんわのアプリをインストールする必要があります。

普段使い慣れていない電話アプリなので使用に慣れるまでは少し戸惑う可能性があります。この「楽天でんわ」アプリは楽天モバイル以外のユーザーは使用出来ません。よって、10分かけ放題オプションも楽天モバイルユーザーしか利用することが出来ないのです。

楽天でんわを使用せずに、端末に最初からインストールされている電話アプリを使用する場合は、相手の番号の頭に「0037-68-」をつけて発信しないと適用されません。

通話SIMしか使えない

10分かけ放題オプションは、通話SIMでしか契約することが出来ません。なので050データSIMと、データSIMの場合は、通話SIMに契約し直す必要があります。

しかし「データ専用⇔SMS付プラン」や「データSIM⇔通話SIM」のようにプランが違うSIMカードの変更や追加が伴う場合には手数料が3,240円かかるので注意が必要です。

一部番号には発信できない

専用アプリ「楽天でんわ」からは、110番や119番などの緊急通報やフリーダイヤル、ナビダイヤルに電話をかけることはできません。

もし、110番や119番などの緊急通報やフリーダイヤル、ナビダイヤルに電話をかける必要がある時は、最初から端末にインストールされている、通常の通話アプリから電話をかけましょう。

ただその他の番号に関しては、相手が携帯電話・固定電話・IP電話などどんな電話種別でも電話することが可能です。

楽天モバイルの10分かけ放題がおすすめな人

通話時間が22分以上の人は10分かけ放題がおすすめですが、もし22分以上ない場合は逆に損してしまいます。その場合は一度自分の通話時間を調べてから、契約をおすすめします。

まとめると通話機能を良く使用する人にはおすすめです。またビジネスで使用する人は、自分の番号を通知されるので、この10分かけ放題でも全然問題なくお得に通話することが出来ます。

10分かけ放題がおすすめでない人

LINE通話や、無料メッセージアプリの通話機能をよく使用する方で、現状それに不便がないのであれば、申し込みは必要ないと思います。

もちろんですが、通話や電話自体をあまり使用しない人も、契約はおすすめ出来ません。

楽天モバイルの10分かけ放題の申し込み方法

楽天かけ放題に加入するのは、楽天モバイル新規申しこみ時でも可能ですし、既に使用している楽天モバイルをかけ放題にすることもできます。必要な書類は

  • クレジットカード
  • 本人確認書類
  • (乗り換え時は)MNP予約番号が必要になります。

の3点になります。 楽天モバイル新規申し込みの場合は、契約が完了次第かけ放題プランが適用されますが、楽天モバイルを既に使用している肩が楽天かけ放題プランを申し込む場合は申し込みした月の翌月からの適用になります。

  1. お申し込み」画面でご購入の端末・SIMなどを選択いただき、「お客様情報の入力」画面まで進みます。
  2. 専用アプリのインストール
  3. Google PlayもしくはApple Store「楽天でんわアプリ」を検索する
  4. アプリを開いて[楽天モバイルをご利用のお客様]をタップ
  5. チュートリアルが表示されたら、左側にスワイプして、読み進めます。

以上で完了となります。

まとめ

メリット

  • 10分以内の会話が何回でもかけ放題になる
  • 10分を超えた通話も半額になる
  • かけ放題だが通話音質は問題ない

デメリット

  • アプリから通話しないと適用されない
  • 一部発信できない番号がある
  • 月22分以上通話しないと損する

このように楽天モバイルの10分かけ放題は良く通話をする人からすると、かなり便利でお得なサービスとなっています。

また加入しておく事によって、余裕を持って通話が出来るため、通話する事を躊躇しなくなると言うのも嬉しいポイントです。

自分が月々どれくらい通話をしているのか?と言うのを確認してからもし通話が多いようでしたら、加入をおすすめします。

-楽天モバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.