テザリング

LINEモバイル

LINEモバイルでテザリングはできる?設定方法をAndroid/iPhone別に解説

更新日:

テザリングは便利な機能ですが、格安SIMであるLINEモバイルでも、利用することが出来るのか心配な方は多いのではないでしょうか?

今回の記事では、LINEモバイルでのテザリングに関する注意点や設定方法などを詳しく説明していきます。

LINEモバイルでテザリングはできる?

テザリングとは、スマホの通信機能を使って、他のモバイル端末(PCなど)をインターネットなどへ常時接続することです。

簡単に言うとスマホがWi-Fiルーターのような役割を果たします。大手キャリアでは、月額500円や1000円などオプションとして料金がかかることが多いのですが、LINEモバイルではテザリングを無料で利用することが可能です。

しかし気をつけなくてはならないポイントがいくつかあります。例えばLINEモバイル側でテザリングが可能であっても、スマホ端末自体がテザリングが出来なければ、利用することは不可能です。

基本的なテザリング可能の条件は下記の通りとなりますので、ご確認ください。

LINEモバイルでテザリングができる条件

  • SIMフリー携帯であれば問題無く出来る
  • iPhoneであればSIMフリーかドコモであれば出来る
  • iPhone5以降の機種のiPhoneであれば問題無く出来る

次の項目では、さらに詳しく説明しています。

LINEモバイルで手続きなしでテザリングが可能なスマホ

simロックが解除されているスマホ

 

手続きなしでテザリングが可能なスマホは、「LINEモバイルで購入したスマホ」です。

LINEモバイルでSIMとスマホ端末を同時契約すると、テザリングに限らず、APNの設定や、基本的な設定も済ました状態で手元に届きます。

スマホ端末も買い替えを検討しているのであれば、同時の契約が一番楽な契約方法となります。

LINEモバイルの端末
LINEモバイルのおすすめの端末【2018年11月】

LINEモバイルで契約出来る端末は多くありますが、たくさんありすぎてどれを契約すれば良いか分からないと言う方も多いのではないでしょうか? 今回の記事では、LINEモバイルで契約出来るおすすめの端末を詳 ...

またLINEモバイルには、ドコモ回線のプランとソフトバンク回線のプランがあるので、この2つのキャリアの端末は何の手続きもなく利用することが出来ます。

注意したいのが、ソフトバンクの端末を所有している場合は、ソフトバンク回線を、ドコモの端末を所有している場合は、ドコモ回線を利用した場合のみとなります。

SIMロック解除が出来る端末であれば、回線は気にしなくても大丈夫です。

SIMロックが解除できるスマホ

  • LINEモバイルで契約した端末
  • ドコモのiPhone
  • ソフトバンクのiPhone
  • SIMフリーiPhone
  • SIMフリーAndroid

以上のスマホが手続きなしで、テザリングが可能な端末となります。

テザリングするのにSIMロック解除が必要なスマホ

simロックがかかったスマホ

 

自分が元々持っているスマホをLINEモバイルでも引き続き利用する場合には、SIMロック解除が必要な場合があります。

大手キャリアで契約していたスマホは、ほとんどSIMロックがかかった状態になりますが、LINEモバイルでは、ドコモとソフトバンクの回線が用意されています。

この2つのキャリアのスマホであればSIMロック解除なしで利用することを先ほど説明しました。このことから分かるように「auのiPhone」はSIMロック解除が必要となります。

また大手キャリアで契約したandroid端末は、テザリングに対応していないことがあります。これはSIMフリーなどは、関係なく端末自体が対応していないためどうしようもありません。

LINEモバイル契約の前に、LINEモバイル公式サイトの動作確認済み端末から事前にテザリング対応か確認しておきましょう。

テザリングの設定方法

テザリングの設定方法をandroid、iPhone共に詳しく説明していきます。

Androidの場合

  1. ホーム画面の「設定」を開く
  2. 「ネットワーク設定」を開く
  3. 「テザリングとアクセスポイント」を開く
  4. 「Wi-Fiアクセスポイントを設定」の「ネットワークSSID」、「パスワード」を確認する
  5. パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)側で「ネットワークSSID」、「パスワード」を入力する
  6. 「テザリングとアクセスポイント」の「Wi-Fiテザリング」にチェックを入れる

iPhoneの場合

  1. ホーム画面の「設定」を開く
  2. 「インターネット共有」を開く
  3. 「インターネット共有」をONにする
  4. 「インターネット共有」のタブの下に表示される「ネットワーク名」、「パスワード」を確認する
  5. パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)側で「ネットワーク名」、「パスワード」を入力する

テザリングにもデータフリーが適用される

データフリー

LINEモバイルにはデータフリーと言う機能があります。特定のアプリ(LINE・Twitter・Facebook・instagram)を使った際に発生した通信を高速通信としてカウントしない機能です。

高速通信データ量データ通信

SIM

データ通信

SIM+SMS

音声通話

SIM

(+580円)

コミュニケーションフリープラン3GB-1,110円1,690円
5GB-1,640円2,220円
7GB-2,300円2,880円
10GB-2,640円3,220円
LINEフリープラン1GB500円620円1200円
LINE MUSIC + プラン3GB1810円2390円
5GB2140円2720円
7GB2700円3280円
10GB2940円3520円

以上がLINEモバイルの全プランとなっていて、プランによってカウントフリーの内容が変わります。

カウントフリーの内容

  • LINEフリープラン:LINE
  • コミュニケーションフリープラン:LINE、Twitter、Facebook、Instagram
  • MUSIC +プラン:LINE、Twitter、Facebook、Instagram、LINE MUSIC

カウントフリーが適用される、SNSは以上の通りです。例えばLINEのビデオ通話もデータフリー対象なので、通常だと、ビデオ通話は2時間で600MB程度データ容量を消費しますので、Wi-Fi環境下でないと利用しにくい機能ですが、気にせずに使用することが出来ます。

Twitter、Facebook、Instagramはタイムライン上に写真や動画ががたくさん出てくるので、ただアプリを開いているだけでもデータ容量の消費が多くなります。

気がついたら低速状態になっていたと言う経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?それらがカウントされないとなると、かなりデータ容量を抑えることが可能なのです。

その機能は、テザリングでも適用されるので、スマホ以外の機械からデータフリー対象のサービスにアクセスした際も、その通信量はカウントされないのです。

注意点

テザリングには、いくつか注意点があります。詳しく見て行きましょう。

バッテリー消費に注意

バッテリー

テザリング中は、1台のスマホで複数台のデータ通信を行うため、バッテリーの消費が激しくなります。

たとえスマホ画面のディスプレイが消えてたとしても、テザリングをONにしているだけで、バッテリーは消費されていくので、注意が必要です。

データフリー対象の通信でも制限がかかる場合もある

LINEモバイルの公式ページからは、下記の事項が発表されています。

データフリー機能の利用により、他のお客様のご迷惑となるような、大容量のデータの継続的な送受信などを行った場合に、一時的に通信を制限する場合があります。

-データフリー機能に係る説明書 - LINEモバイル

これはデータフリーであっても、過度に使用した場合は、一時的に通信を制限すると言う内容です。なので、いくらカウントされないデータフリーでも、使いすぎるとこのようなことが起こってしまいます。

まとめ

LINEモバイルでは、テザリングを無料で利用することが可能です。

ほとんどの端末で利用することが出来ますが、中にはテザリングに対応していないスマホ端末もありますので、もしテザリングを使用するのであれば、LINEモバイル公式サイトの動作確認済み端末から事前に確認しておきましょう。

LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年11月】

1年以上LINEモバイルを使った経験とネット上の口コミを徹底的に調べ上げた結果からわかったLINEモバイルの特徴は LINEの年齢認証ができる ソフトバンク回線の通信速度が超速い SNSの通信がカウン ...

-LINEモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.