LINEモバイルの端末

LINEモバイル

LINEモバイルのおすすめの端末【2018年11月】

更新日:

LINEモバイルで契約出来る端末は多くありますが、たくさんありすぎてどれを契約すれば良いか分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、LINEモバイルで契約出来るおすすめの端末を詳しく説明していますので、是非参考にしてください。

LINEモバイルのコスパがいい端末

LINEモバイルには様々な端末がありますが、その中でもコスパが良い端末について詳しく説明していきます。

HUAWEI P20 lite

P20 lite

価格一括:34,538円 分割(24回):1501円
OSAndroid 8.0、Emotion UI 8.0(EMUI)
CPU(プロセッサー)Huawei Kirin659 オクタコア (4×2.36GHz+4×1.7GHz)
内部メモリーROM 64GB,32GB  RAM 4GB
外部メモリーmicroSD(256GB)使用可能
バッテリー容量3000mAh、ファーウェイ・クイックチャージャー
画素数(背面/アウトカメラ)

画素数(正面/アウトカメラ)

1600万画素 F2.2+200万画素 F2.4

1600万画素 F2.0 FF

カラークラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラック

3万円代で購入出来る端末ながら、メモリ容量も4GBと大きくCPUの性能も文句ありません。デザインもiPhone Xなどと同じのっちデザインを採用していて、新たに顔認証が追加されています。

とてもスタイリッシュなスマホで、メインとして使用しても全く問題ないコスパの高い1台です。

HUAWEI P20
HUAWEI P20のスペックや特徴をまとめて徹底レビュー!

HUAWEI P20のシリーズはどう言ったスペックで、どれぐらいの価格帯なのでしょうか?今回はHUAWEI P20について説明していきます。 目次1 HUAWEI P20のスペック2 HUAWEI P ...

HUAWEI nova lite2

HUAWEI nova lite 2

 

価格一括:28,058円 分割(24回):1,210円
 メーカーHUAWEI
CPU(プロセッサー)オクタコア2.36GHzx4+1.7GHzx4 Huawei Kirin659
内臓メモリ容量RAM 3GB / ROM 32GB /
ディスプレイ5.65インチ2160×1080、ディスプレイ比18:9
バッテリー容量3000mAh
耐水・防塵×
カラーブルー、ゴールド、ブラック
重さ143グラム
画素数(背面カメラ)メインカメラ( ダブルレンズ):1300万画素+200万画素

インカメラ前面800万画素

 

税込3万円以下の価格でありながら、ダブルレンズのカメラや、比較的性能の高いCPUを搭載しています。

HUAWEI P20 liteと比べるとRAMメモリ容量が1GB落ちるので、動作が少し遅くなります。またカメラの画素数もだいぶ変わるので、性能的には劣る部分が多いのですが、3万円以下の価格でこのスペックであることを考えるとコスパの高いスマホであることは間違いありません。

カメラや顔認証の有無、動作などが少しスペックダウンしても大丈夫と言う方にはおすすめです。

HUAWEI nova lite 2
HUAWEI nova lite 2を徹底レビュー!スペックや気になるデメリットは?

HUAWEI nova lite 2は本体価格が安くコストパフォーマンスが高い事で人気の機種となっていますが、その性能やメリットとデメリットはどういったところにあるのでしょうか?今回はnova lit ...

ZenFone 5Q

価格一括:42,984円 分割(24回):1,858円
OSAndroid™ 7.1.1
CPU(プロセッサー)Qualcomm® Snapdragon™ 630(オクタコアCPU)
内部メモリーROM:64GB、RAM:4GB
外部メモリーmicroSDXCスロット(最大2TB)
バッテリー容量3,300mAh
画素数(背面/アウトカメラ)

画素数(正面/アウトカメラ)

メインカメラ:1,600万画素+800万画素

インカメラ:2,000万画素+800万画素

カラールージュレッド、ミッドナイトブラック、ムーンライトホワイト

メインカメラだけでなく、インカメラにもデュアルレンズを搭載しているので、ダイナミックな風景撮影も友だちとの大人数での自撮りも綺麗に簡単に撮影することが出来ます。カメラの性能だけでなく、全体的な性能も高く顔認証機能と指紋認証機能の両方を搭載しています。

これまで紹介した端末と比べると、価格は少し高めですが、カメラ性能にも妥協できない方でなおかつスマホ端末の価格も抑えたいと言う方におすすめです。

LINEモバイルのハイスペックな端末

価格と値段のバランスではなく、今度はスマホ端末がハイスペックなものを紹介して行きたいと思います。

HUAWEI P20

HUAWEI P20

価格一括:75,384円 分割(24回):3251円
OSAndroid 8.0
CPU(プロセッサー)kirin 970
内部メモリーROM:128GB/RAM:4GB
外部メモリー
バッテリー容量3400mAh
画素数(背面/アウトカメラ)

画素数(正面/アウトカメラ)

2,000万画素(モノクロセンサー)/1,200万画素(カラーセンサー)、サブ:2,400万画素
カラーブラック、ブルー、ピンクゴールド

HUAWEIのPシリーズのハイエンドモデルとなっています。P20liteはこのシリーズの廉価版という位置づけで、CPUの性能などが大きく異なります。

またカメラ性能も高く1,200万画素 RGB f1.8 + 2,000万画素のデュアルレンズカメラが搭載されており、AIが内臓しているため、被写体がなんであるかを即座に判断して、より簡単に早くピントを合わせて撮影する事が可能となっています。

格安スマホとは言えない価格かもしれませんが、毎日使用するものなので、ハイスペックな端末を持ちたいと言う方におすすめです。

HUAWEI P20
HUAWEI P20のスペックや特徴をまとめて徹底レビュー!

HUAWEI P20のシリーズはどう言ったスペックで、どれぐらいの価格帯なのでしょうか?今回はHUAWEI P20について説明していきます。 目次1 HUAWEI P20のスペック2 HUAWEI P ...

ZenFone 5

ZenFone 5Z

価格一括:57,024円 分割(24回):2,452円
CPU(プロセッサー)Qualcomm® Snapdragon™ 636 (オクタコアCPU)
内部メモリーROM64GB,RAM6GB
バッテリー容量3,300mAh
画素数(背面/アウトカメラ)

画素数(正面/アウトカメラ)

1,200万画素カメラ内蔵 (メインカメラ)

800万画素広角カメラ内蔵 (2ndカメラ)

 

カラーシルバー,ブラック

10万円クラスの高級モデルと比較した時に一番の違いは、ディスプレイに液晶を採用しているか有機ELを採用しているかと言うところになります。高級モデルには有機ELが採用されている事が多く、格安スマホは液晶が採用されています。

ZenFone 5も液晶画面ですが、単体で見た時に見にくかったり暗いと言う印象は全くなく明るい液晶となっています。

またAIが搭載されたカメラや、ノッチデザインの採用もされていて、高級感のあるデザインとなっています。

LINEモバイルの安い端末

LINEモバイルで契約出来る安い端末について、詳しく説明していきます。

ZenFone Max Plus

ZenFone Max Plus

価格一括:32,184円 分割(24回):1,393円
CPU(プロセッサー)MediaTek MT6750T(オクタコアCPU)
内部メモリーROM:32GB、RAM:4GB
バッテリー容量4,130mAh
画素数(背面/アウトカメラ)

画素数(正面/アウトカメラ)

メインカメラ:1,600万画素+800万画素

インカメラ:800万画素

カラーディープシーブラック、アズールシルバー、サンライトゴールド

コンパクトなボディーでありながら、4,130mAhの大容量バッテリーを内蔵しています。

さらにリバースチャージ機能を使えば、コンセントがない場所でも他の機器を充電することが出来るので、メインスマホでも、サブで使用する場合でも力を発揮します。

ZenFone 4 Max

ZenFone 4 Max

価格一括:21,384円 分割(24回):929円
OSAndroid™ 7.1.1 Nougat
CPU(プロセッサー)Qualcomm® Snapdragon™ 430

オクタコアCPU 1.4GHz×8

内部メモリーROM:32GB/RAM:3GB
外部メモリー外部:microSD(最大256GB)
バッテリー容量4100mAh
画素数(背面/アウトカメラ)

画素数(正面/アウトカメラ)

メイン:1,300万画素(メインカメラ)/500万画素(2ndカメラ)サブ:800万画素
カラーブラック、ゴールド、ピンク

ZenFone 4 Max最大の特徴は、トリプルスロットルであると言うことです。SIMカードを2枚利用することができるDSDSの機種は他にも多くありましたが、それプラスmicroSDのスロットがあるトリプルスロットの機種はスマートフォン全体を見てもこれまでに中々なく、もちろんZenFoneシリーズでは初となります。

Moto E5

Moto E5

価格一括:20,304円 分割(24回):886円
OSAndroid™ 8.0
CPU(プロセッサー)Qualcomm® Snapdragon™ 425(MSM8917)1.4GHz×4 クアッドコアCPU Adreno 308
内部メモリーROM:16GB、RAM:2GB
外部メモリーmicroSDスロット(最大128GB)
バッテリー容量4000mAh
画素数(背面/アウトカメラ)

画素数(正面/アウトカメラ)

メインカメラ:1,300万画素(f/2.0)、LEDフラッシュ

インカメラ:500万画素(f/2.2)、LEDフラッシュ

カラーフラッシュグレー、ファインゴールド

1日中持つ4,000mAhのバッテリー搭載で、こまめな充電の必要が必要ありません。

10W充電器が同梱されているので、急速充電が可能となっています。スマホのスペックは高くありませんが、とにかく価格を抑えたいと言う方はおすすめです。

古い端末は割引セールを狙え!

LINEモバイルには、定期的なキャンペーンなどが開催されているので、それらを上手に使用しててお得に端末をゲットすることも可能です。

割引セールは公式サイトでチェック出来るのでぜひ確認しておきましょう。

まとめ

基本的には価格が上がればスペックも上がるようになっていますが、価格が安いものでもスペックが高くコスパの良いスマホも存在します。

自分のライフスタイルや使い方に合わせて、使いやすいスマホを選んでください。

LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年12月】

1年以上LINEモバイルを使った経験とネット上の口コミを徹底的に調べ上げた結果からわかったLINEモバイルの特徴は LINEの年齢認証ができる ソフトバンク回線の通信速度が超速い SNSの通信がカウン ...

-LINEモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.