初期設定

LINEモバイル

LINEモバイルの初期設定の方法をSIMの差し込みからAPN設定まで解説!

更新日:

大手キャリアでは、店頭で初期設定を済まして端末と一緒に手渡されるため、自分でスマホの初期設定をしたことがない方がほとんどだと思います。やったことがないので、初期設定をするのも気が重たくなりますよね。

今回の記事ではLINEモバイルを契約後の初期設定について詳しく説明しています。是非参考にしてください。

同封物の確認

LINEモバイル公式サイトから申し込むと、SIMカードはB4サイズの小包(厚手の封筒)で届きます。同封物は下記の通りとなります。

同封物

  • マニュアル
  • SIMカードが入ったパッケージ

マニュアルには設定方法が記載されており、画像つきで詳細に説明している公式ページのURLも載っていますので、基本的にはこのマニュアルを見ながら初期設定を進めていけば問題ありません。

SIMカードを入れる

SIMカードを台紙から切り離して、自分のスマホに差し込みましょう。LINEモバイルで契約出来るSIMのサイズは下記の通りです。

ドコモ回線

  • ナノSIM
  • マイクロSIM
  • 標準SIM

ソフトバンク回線

  • iPhone専用ナノSIM
  • ナノSIM
  • マイクロSIM
  • 標準SIM

SIMのサイズが間違いないことを確認したら、スマホにSIMを入れていきましょう。もしこの時点でSIMサイズを間違えたと言う方は、もう一度再発行する必要があります。

iPhoneのSIMカード入れ替え手順

  1. 購入時にiPhoneが入っていた箱から専用のSIMピンを取り出す。(クリップで代用可)
  2. SIMカードトレーの穴にSIMピンを押し込む。
  3. SIMカードを入れ替える。

AndroidのSIMカード入れ替え手順

  1. 本体の左側に入っているキャップを開ける。
  2. 爪でトレーを引っ張り出す。
  3. トレーからSIMカードを取り出し入れ替える。

MNP転入設定を行う

MNPとはMobile Number Portability(モバイル・ナンバー・ポータビリティー)の略で、現在の電話番号を変えずに携帯電話会社を変更することです。

例えば大手キャリアからLINEモバイルに乗り換える際に電話番号はそのまま利用したいと言うような場合に使用します。

MNPの転入設定は下記の通りとなります。

1.MNP番号の取得

以前契約していたキャリアでMNPの予約番号を取得して置く必要があります。

予約番号は店頭でも発行が可能、またはインターネット、電話でも発行が可能になります。詳しくはキャリアのお問い合わせ窓口に連絡して確認しましょう。

注意ポイント

どのキャリアでも共通して言えることですが、MNP予約番号には最大15日間の有効期限があり、LINEモバイルをウェブサイトからお申し込みをする場合は、有効期限が10日以上残っていないとお申し込みができないようになっているので注意が必要です。

2.端末が動作確認済みか確認する

ご利用中のスマートフォンをそのまま利用する場合は、動作確認が済んでいる端末かご確認しておきましょう。

もし手持ちのスマートフォンが動作確認がとれていない場合で、うまく作動しないとなると、新しくスマートフォンを購入しなくてはなりません。

動作確認済みの端末は公式サイトから確認できます。

ポイント

LINEモバイルではSIMカードと端末をセットで購入することは可能ですが、スマートフォン単体での購入ができません。

一緒に契約すると安くなりますが、別々で購入するとなると、キャンペーンが適用されないほかに、どこかでスマホ端末だけ購入しなくてはならないため、面倒になります。

この次の項目で説明するAPNの設定も、端末とSIMを同時契約の場合はしなくて良いので、使えるスマートフォンか使えないスマートフォンかは、公式サイトから契約の前に把握しておきましょう。

3.利用開始手続きをする

利用する通信回線を移転前携帯電話会社からLINEモバイルに変更するため、利用開始手続きをします。

利用開始手続きが完了するまでは、移転前携帯電話会社の通信がご利用できます。利用開始手続きの方法は下記の通りとなります。

利用開始手続きの方法

ウェブサイトで行う

マイページの契約情報確認にある「利用開始手続きをする」よりお手続き可能です。

電話で行う

  • 利用開始手続き窓口 0120-889-279
  • 受付時間 10:00-19:00(年中無休)

※携帯電話/スマートフォンからもご利用できます。

開通のタイミングに関する注意点

ドコモ回線で契約した場合

利用開始手続きがない場合は、SIMカード到着の翌々日午後以降に自動的に実施されます。

手続きしたお客様から順次実施されます。ただし20時以降にお手続きをされた場合は、翌日の対応となる可能性があります。

ソフトバンク回線で契約した場合

商品を受け取った後に利用開始手続きがない場合は、MNP予約番号有効期限の最終日に自動的に実施されます。

手続きしたお客様から順次実施されます。ただし17時以降にお手続きをされた場合は、翌日の対応となる可能性があります。

APNの設定を行う

最後はAPNの設定となります。APNはAccess Point Nameの略で、スマホで4GやLTEなどのインターネットに接続するのに必要な設定となります。

簡単に言うとLINEモバイルのインターネットにきちんと通信するための設定となり、この設定を行わなければスマホは、無数にあるインターネット回線の中でどれに接続すれば良いのか分からなくなってしまいます。

APN設定は、必ずしも全員いがしないといけない訳ではなく、端末とSIMを別で契約した方のみ必要となります。なので、スマホとSIMをセットで購入した方はこの設定は不要となります。

Androidの場合の設定

  1. 電源を切った後で、AndroidにSIMカードを入れる
  2. トップ画面から設定にいき、その他をタップ
  3. モバイルネットワークをタップ
  4. アクセスポイント名をタップ
  5. 一覧からLINEモバイルを探し、LINEモバイルをタップする
  6. 右側のiをタップして詳細をみる
  • 名前:LINEモバイル
  • APN:line.me
  • ユーザー名:line@line
  • パスワード:line
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP

以上の内容を確認する。

スマホの表示が4Gになっていれば、これで設定は完了となります。

▼4Gにならない場合の対処法はこちらから▼

LINEモバイルで4G通信をする方法
LINEモバイルが3Gになるときの対処法と4G通信をする方法

LINEモバイルを使用していて、結構な頻度で3G通信になってしまうとお悩みの方も多いのではないでしょうか? 今回の記事では、3G通信になる原因や、対象方法など、詳しく説明して行きますので、是非参考にし ...

iPhoneの場合の設定

  1. iPhoneの電源をOFFにする
  2. LINEモバイルのSIMカードを挿入する
  3. iPhoneの電源をいれWiFiを選択する
  4. Apple IDとパスワードを入力しアクティベートする
  5. LINEモバイルのマニュアル(APN設定のページ)にあるQRコードを読み込む
  6. 開いたウェブサイトの真ん中にある、URLをタップ
  7. プロファイルのインストールを完了させる

以上でiPhoneのAPN設定が完了となります。

まとめ

このようにLINEモバイルの初期設定はそこまで難しいものではありません。初めての方dも所要時間10分ほどで完了します。つまづくとすればAPN設定の部分ですが、順番通りやれば問題ないので、あせらずにゆっくり設定していきましょう。

またLINEモバイルの初期設定には、Wi-Fi環境下であることが必須となっていますので、家にない場合は近くのカフェなどで初期設定をしなくてはなりません。

もし分からないことがある場合は、LINEモバイルの公式アカウントを友達追加すると、LINEでのチャットサポートがありますので、そちらも活用してみてください。「@linemobile」をLINEの友達追加画面で検索すると出てきます。

「初期設定が不安だから」と格安SIMを敬遠されている方も多いと思いますが、実際は全然そんなことはなく、これだけの設定を済ませれば携帯料金を半額以下に抑えることが出来るのです。是非検討してみてください。

LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年11月】

1年以上LINEモバイルを使った経験とネット上の口コミを徹底的に調べ上げた結果からわかったLINEモバイルの特徴は LINEの年齢認証ができる ソフトバンク回線の通信速度が超速い SNSの通信がカウン ...

-LINEモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.