支払い方法

LINEモバイル

LINEモバイルの支払い方法は何がある?お得な方法を紹介

更新日:

格安SIMは決済方法がクレジットカードしかないことが多いですが、LINEモバイルは、クレジットカード以外の決済方法も用意されています。

今回の記事ではLINEモバイルに関する決済方法を詳しく説明していますので、是非参考にしてください。

LINEモバイルの支払い方法

LINEモバイルの支払い方法には、どのようなものがあるのでしょうか?詳しく説明していきます。

クレジットカード

クレジットカード

格安SIMのほとんどの決済方法が、クレジットカードとなっていますが、LINEモバイルでもやはりクレジットカードでの決済がメインとなります。LINEモバイルで利用出来るクレジットカードの種類は下記の通りです。

LINEモバイルに使えるクレジットカード

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • American Express
  • DINERS

デビットカードやプリペイドカードは登録できないので、注意が必要です。

LINE Payカード

LINE Payカード

LINE Payカードとは、LINEが発行しているプリペイドカードのことですが、LINE Payのプリペイドカードは、JCBのクレジットカード機能が付いているため、JCBのクレジットカードと同じように使用することが出来ます。

ただ前提としてはプリペイドカードのため、残高がなければ使用出来ません。カードを使用したければ、チャージが必ず必要になります。

クレジットカードは18歳以上でなければ作ることが出来ませんが、LINE Payカードは18歳に満たない人や高校生でも作成が可能で利用することが出来ます。

LINE Pay

LINEpay

LINE Payカードには、カード本体がありますが、LINE payにはカードなどはないので、決済方法の一種となります。「QUICPay」や「Apple Pay」などと同じです。

LINE Payで決済するためには、事前にクレジットカードの登録が必要となり、登録が済んだ後は、スマートフォンから決済が可能となります。

そのためクレジットカードを持ち歩かなくてもLINE Payの加盟店であれば決済が可能になるのです。

LINEポイント

LINEモバイルを使用しているだけで、原則月額基本料の1%がポイントとして還元されます。LINEポイントの用途は幅広く、下記のような使い道があります。

LINEポイントの使い道

  • LINE Payの残高に当てる(1ポイント=1円)
  • nanacoポイントに変換(1ポイント=0.9円)
  • Amazonギフト券(1ポイント=0.9円)
  • スターバックスドリンクチケット(1ポイント=1円)
  • ミスタードーナツ(1ポイント=1円)
  • ローソン からあげクン(1ポイント=1円)
  • ブラックサンダー(32ポイントで1個)
  • Soup Stock Tokyo (1ポイント=1円)
  • サーティワンアイスクリーム(1ポイント=1円)
  • 一蘭 最高の1杯(1ポイント=1円)

その他にもLINEポイントをそのまま、LINEモバイルの支払いに当てることが出来るため、LINEモバイルで貯めたポイントをそのまま割引に当てることが可能です。

さらにLINEポイントは、先ほど説明したLINE Payの残高にも当てることが出来ますので、LINE Payで支払いをした方がより多くのLINEポイントを貯めることが出来ます。

LINEモバイルのポイントの使い道と貯め方
LINEモバイルでポイントを効率的に稼ぐ方法とは?その使い道も解説

LINEモバイルを利用していると、LINEポイントも貯まっていくのですが、どれくらい貯まっていくのか?また何に利用できるのかが分からないと言う方も多いのではないでしょうか? 今回の記事では、LINEポ ...

LINE PayカードとLINE Payの違いとは?

LINE PayカードとLINE Payは根本的に異なります。

用途利用出来る人
LINE Pay決済方法クレジットカードが必要(18歳以上)
LINE Payカードプリペイドカード誰でも

LINE Payカードはプリペイドカードなので、誰でも作ることが出来てなおかつチャージ方式なので、自分の残高を過ぎて使いすぎたりすることはありません。

一方でLINE Payは決済方法のため、クレジットカードの登録が必要となり、イメージとしてはクレジットカードを持ち歩かなくても、スマホでクレジットカード決済が出来るようになるツールです。

それぞれの支払い方法のメリット・デメリット

それぞれの支払い方法には、メリットとデメリットがあります。各決済方法のメリット・デメリットを詳しく説明していきます。

クレジットカードで支払うメリット・デメリット

メリット

  • クレジットカードを持っている場合はそのまま使用出来る
  • ポイントが貯まる

クレジットカードをすでに持っている人であれば、そのまま持っているカードを利用出来るため、新規の手続きなどが必要ありません。

またクレジットカード会社によって還元率は異なりますが、クレジットカードで決済すればポイントが貯まっていきます。

デメリット

  • 支払いのサイクルが遅くなる

LINEモバイルでは毎月5日にご利用料金の決済(登録している支払方法への請求)を行っています。しかしクレジットカードの決済日がいつかによって実際に引き落としされる日にちが異なります。

例えば15日締めの翌月末日払いなどになると、実際の支払いが1~2ヶ月後となってしまうのでいつの料金か分からないと言うようなことも起こり得ます。

LINE Payカードで支払うメリット・デメリット

メリット

  • ポイントの還元率が高い
  • オートチャージ機能がある
  • チャージ方式なので使いすぎる心配がない

LINE Payカードはポイントの還元率が2%と高いので、クレジットカードより多くポイントを貯められる場合があります。

また普通に使用する分にはチャージ方式のため残高以上の決済は出来ないようになっています。使い過ぎを防止することが可能です。

またLINE Payカードには、オートチャージ機能が付いていて、銀行を指定しておけば自動でチャージが可能です。この機能によってLINEモバイルの決済を滞りなく利用することが可能です。

デメリット

  • オートチャージ機能は全ての銀行が対応している訳ではない
  • 申し込みが必要

LINE Payカードを持っていない人は、新規申し込みが必要となります。またカードが1枚増えますので単純に管理が面倒になります。

先ほどオートチャージ機能があると説明しましたが、全ての銀行が対応している訳ではありません。対応している銀行は下記の通りです。

オートチャージに対応している銀行

  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 横浜銀行
  • 伊予銀行
  • 滋賀銀行
  • 百五銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 秋田銀行
  • 十六銀行
  • 熊本銀行
  • 千葉銀行
  • 北洋銀行
  • 八十二銀行
  • 鳥取銀行

LINE Payで支払うメリット・デメリット

メリット

  • ポイントが貯まる

LINE Payにはクレジットカードの登録が必要なため基本的なメリットデメリットは、クレジットカードと同じになりますが、LINE Payで支払いをすると、、LINEPayのランクによってポイントが0%~2%還元される仕組みになっています。つまり最大で基本料金の1%+2%になるので、合計3%の還元が可能です。

上記で説明したランクと言うのは【LINE Pay 「マイカラー」プログラム】によって決まる仕組みとなっています。

マイカープログラムとは

LINEPayでの、QR/バーコード支払い、「LINE Pay カード」支払い、オンラインショップでの「LINE Pay」残高での支払い、「LINE Pay 請求書支払い」、送金機能などのサービスご利用度合いによって[グリーン, ブルー, レッド, ホワイト]のいずれかのバッジカラーに判定され、カラーによって、段階的にインセンティブがプレゼントされるものです。

つまりLINEPayをどれだけ利用するかで、バッジカラーが判定されると言うことです。

バッジカラーインセンティブその他インセンティブ
グリーンLINEポイント2%(100円につき2ポイント)あり(今後予定)
ブルーLINEポイント1%(100円につき1ポイント)
レッドLINEポイント0.5% (100円につき0.5ポイント)

(200円につき1ポイント)

ホワイトLINEポイント0%

バッジカラーによるインセンティブ%は以上の通りとなります。

デメリット

  • クレジットカードと同じ

LINEポイントで支払うメリット・デメリット 

LINEポイントは基本的に支払いを丸々出来るほど貯めるのは難しいため、一部支払いに当てるような形になることが多いです。

LINEモバイルを使用しているだけでも、LINEポイントは貯まっていくので、LINEモバイルの決済に使用するのもよいですが、他にも使い道があるので、そちらで換金したほうが、お得な場合があります。

LINEモバイルの締め日は?

LINEモバイルの締め日は月末となります。

請求日は?

LINEモバイルでは毎月5日に、利用料金の決済となっています。

決済が失敗したらどうなる?

どの支払い方法を選んでいたとしても、決済が失敗すると、支払いが行われていない状態となります。

なので決済が失敗した時のためにもLINEで通知が来るようにするようにしておくと便利なのでおすすめです。通知は下記のようなものが送られてきます。

請求金額が決定したら(毎月3日)

→LINE通知「当月のご請求金額が確定いたしました。 マイページよりご確認いただけます。」

決済に失敗したら(毎月5日)

→LINE通知「請求の手続きをさせていただきましたが、ご登録いただいている支払方法で決済ができませんでした。 」

まとめ

LINE PayカードとLINE Payが分かりづらいですが、LINEモバイルにはクレジットカード以外にも多くの決済方法が存在します。

クレジットカードを利用したくない人でも契約出来る数少ないMVNOなので、是非検討してみてください。

LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年11月】

1年以上LINEモバイルを使った経験とネット上の口コミを徹底的に調べ上げた結果からわかったLINEモバイルの特徴は LINEの年齢認証ができる ソフトバンク回線の通信速度が超速い SNSの通信がカウン ...

-LINEモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.