LINEモバイルのコミュニケーションフリープラン

LINEモバイル

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランとは?特徴や注意点、申し込み方法

更新日:

LINEモバイルのプランであるコミュニケーションフリープランとは一体どう言ったプランなのでしょうか?

この記事では注意すべき点や、月額料金など詳しくご説明していきたいと思います。

お得な基本料金割引キャンペーン実施中!詳しくはこちらから。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランとは?

LINEモバイルではよく使用するSNSである、LINE・Twitter・Facebook・instagramを使い放題(カウントフリー)にした「コミュニケーションフリープラン」があります。

コミュニケーションフリープランの月額料金

データSIM通話SIM
3GB1,110円/月1,690円/月
5GB1,640円/月2,220円/月
7GB2,300円/月2,880円/月
10GB2,640円/月3,220円/月

料金プランは3GB/5GB/7GB/10GBから選ぶことが出来ます。LINE・Twitter・Facebook・instagramがカウントフリーで使用出来るため、同じデータ容量で他のMVNOのプランと比べると月額の料金は200~500円ほど高くなっています。

しかしこのSNSはどれもよく使用するものなので、このSNSを使用する際にデータ通信をカウントしないとなると、それはデータ容量が少なくて済むと言うことになりますので、結果としては200~500円ほどの差は気にするほどではありません。

例えば今LINEモバイル以外の携帯会社で10GBの契約をしている人でも、各SNSのカウントフリーを考慮すると、1つ下の7GBでも足りる可能性が高くなります。

コミュニケーションフリープランのメリット

SNSの通信料がカウントされないのでお得に使える

LINEモバイルのデータフリーの対象

LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」では、特定のアプリ(LINE・Twitter・Facebook・instagram)を使った際に発生した通信を高速通信としてカウントしない「カウントフリー」を採用しています。

例えばLINEのビデオ通話もカウントフリー対象なので、通常だと、ビデオ通話は2時間で600MB程度データ容量を消費しますので、Wi-Fi環境下でないと利用しにくい機能ですが、気にせずに使用することが出来ます。

Twitter、Facebook、Instagramはタイムライン上に写真がたくさん出てくるので、ただアプリを開いているだけでもデータ容量の消費が多くなります。

気がついたら低速状態になっていたと言う経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?それらがカウントされないとなると、かなりデータ容量を抑えることが可能です。

月の通信料を使い切ってもSNSは高速通信で使える

高速通信

契約しているプランのひと月の高速通信容量をオーバーして低速に制限されたとしても、これらのアプリだけは低速に制限されず高速の快適な速度のままで使い続けることができるのが大きな利点となります。

通常LINEモバイルでは、高速データ通信残量が無くなると最大200kbpsの通信速度になります。この200kbpsと言う速度は、画像の読み込みはもちろんブラウザでテキストのページを読み込むだけでも数十秒かかります。

例えばツイッターでは低速状態の場合、画像の読み込みなどが出来ませんが、このコミュニケーションフリープランであれば、通常通り読み込みが可能となります。

テザリングを使って他の端末でSNSを使ってもカウントフリーになる

デザリングを使用して他の端末でLINE・Twitter・Facebook・instagramを使用した場合でもカウントフリーが適用されます。

スマホより大画面のパソコンを使ってビデオ通話をするなどの使い方をする場合は、LINEモバイルのテザリングを利用して長電話するといったこともできます。

コミュニケーションフリープランの注意点

どのSNSでも外部リンクは対象外

外部リンク

LINE・Twitter・Facebook・instagramないはカウントフリーですが、そこからの外部リンクは対象外となります。

どう言うことかと言うと、ツイッターのタイムライン上でニュースのリンクが表示されたとして、それをクリックするとデータ通信が発生します。

LINELIVEが対象外

LINELIVE

LINE LIVEはライブストリーミングという性質上大量の通信が発生します。そのためコミュニケーションフリープランではカウントフリーの対象外となっています。

またLINE株式会社が提供する、「LINE」以外のアプリやウェブサービスの利用(ゲームなど)も対象外となっています。

Periscopeが対象外

Twitterに関しても、ライブストリーミング動画(Periscope)やツイキャスは対象外となっています。こちらが対象外なのもLINE LIVEと同じ理由だと思います。

タイムラインに埋め込まれた通常の動画の再生はカウントフリーになりますので、視聴してもデータ容量は減ることがありません。

Facebook live、Facebook messengerは対象外

Facebook live

フェイスブックライブが対象外であるのは上記の理由と同じですが、フェイスブックに関しては、メッセージ機能が「Facebook messenger」と言う別アプリになっていますので、こちらもカウントフリーの対象外となります。

公式アプリ以外は対象外

気をつけたい点が、アプリから起動しないとカウントフリーは適用されないと言う点です。

ブラウザからアクセスした場合は、通常通りデータ通信容量を消費してしまいます。

カウントフリーでも使いすぎると通信制限をかけられる可能性がある

いくらカウントフリーとは言えど使いすぎると、通信制限をかけられる場合があります。LINEモバイルの公式で公開されている説明文によると

カウントフリー機能の利用により、他のお客様のご迷惑となるような、大容量のデータの継続的な送受信などを行った場合に、一時的に通信を制限する場合があります。

と記載されています。具体的な数字は発表されていないので、普通の使い方をする分には制限をかけられることはないと言う認識で問題ないと思います。

コミュニケーションフリープランがおすすめな人

  • LINEの無料通話もしくはビデオ通話をよく利用される方
  • Twitter、Facebook、Instagramをよく使う方
  • 画像や動画をよくアップするもしくは視聴する方

LINE、Twitter、Facebook、Instagramのアプリが使用できれば、ほとんどのことが出来ると言っても過言ではありません。

ブラウザで検索をしたりウェブページを見たりすることはあまり無いけど、SNSはよく利用すると言う人も多くいるのではないでしょうか?

コミュニケーションフリープランはそう言った方におすすめとなります。

▼コミュニケーションプラン以外のLINEモバイルのプランはこちらで解説しています▼

LINEモバイル
LINEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年10月】

LINEモバイルのサービスが開始されてある程度時間が経過したので信頼できる口コミが集まってきました。この記事ではネットの口コミと契約前に知っておきたいこと、ほかの格安SIMと比較した際のメリットとデメ ...

コミュニケーションフリープランの申し込み方法

  1. LINEモバイルのページ上部にある「申し込み」を選択
  2. 注意事項を読み、ページ下部にスクロールし「上記事項に同意のうえ申し込み」を選択
  3. エントリーコードがある人は「コードを使用して申し込み」>16桁のエントリーコード入力し、ない人は「通常申し込み」を選択後、「次へ進む」をクリック
  4. 端末の同時購入の有無を選択
  5. プランを選択(コミュニケーションフリープランを選択)
  6. 容量とサービスタイプを選択
  7. SIMサイズを選択
  8. 下部にスクロールして初期費用や月額料金を確認し、「次へ進む」を選択
  9. 新規かMNPかを選択し「次へ進む」を選択
  10. 契約内容をウェブ表示か郵送かを選び、規約について同意したらチェックし、「次へ進む」を選択

ここまで進むと登録したメールアドレスにメールが送られてきますので、そこから身分証明書のアップと個人情報の登録を行って、登録が完了となります。

まとめ

LINEモバイルの月額料金は他社の格安SIMと比べて安いわけではありませんが、LINEやTwitter、Facebook、Instagramをよく使う人はデータ通信容量を少なくして契約をすることも可能です。

コミュニケーションフリープランを活用することで通信量を気にする必要がなく使えるのは大きなメリットとなります。

-LINEモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.