DMM Wi-Fi byエコネクト

DMM mobile

DMM Wi-Fi by エコネクトとは?メリットや対応エリア・使い勝手などを徹底調査

投稿日:

DMM Wi-Fi by エコネクトとは一体どう言ったサービスなのでしょうか?今回はDMM Wi-Fi by エコネクトについてメリットやデメリットなどを詳しくご紹介していきたいと思います。

DMM Wi-Fiとは?

DMM mobileのDMM Wi-Fiサービスとは、DMMモバイルに加入すると、全国で使える公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスの「DMM Wi-Fi by エコネクト」が利用できます。

高速通信を手軽に楽しみたい人は、DMM mobileのDMM Wi-Fi by エコネクトについて知っておくと役に立ちます。

DMM Wi-Fiの料金

月額料金

月額362円(税抜)

アクセスポイント数

63,000カ所以上

回線速度

最大300Mbps(ベストエフォート)

利用料金は月額362円となっていて、全国で63000ヶ所以上での利用が可能となっています。ですが最近ではフリーWi-Fiスポットと言うのが多くあり、スターバックスやマクドナルド、駅のホームなど無料でWi-fiを利用できるスポットが多くなってきています。

そんな中Wi-Fiを有料で契約するメリットはあるのか?と思っている方も多いと思いますが、無料のWi-Fiには落とし穴があります。街中の無料WiFiはセキュリティが甘く、勝手に侵入されたり、マルウェア(ウィルス)に感染するリスクが高くなります。

さらに使用した事がある方は分かると思いますが、街中のフリーWi-Fiは無料で多くの人が使用できるため、通信速度が遅くなりますので、ストレスを抱える事も少なくありません。

DMM Wi-Fiがサービスを提供しているエリア

wifiのエリア

DMM Wi-Fiは全国63,000カ所以上で使用することができます。カフェや飲食店などあらゆる場所でWi-Fiが利用可能。また、月額固定なので使いすぎる心配もありません。

「DMM Wi-Fi by エコネクト」サービスは、国内最大級の公衆無線LANサービス「Wi2 300」の月額定額サービスがベースになっているため、基本的に使用できるスポットは一緒となります。

基本的にはスターバックスなどのコーヒーショップ、羽田空港や中部国際空港などの主要空港、六本木ヒルズ、横浜中華街など商業スポットでご利用する事が可能です。

詳しいエリアはエコネクト公式サイトのこちらのページに掲載されているので参考にして下さい。

DMM Wi-Fiのメリット

PCやタブレットからも使える

タブレット

DMM Wi-Fi by エコネクト接続ツールを使えばWindows・MacからもWi-Fiスポットへの接続することが可能です。接続するにはややこしい設定などが起こることがありますがツールがあると簡単に接続する事が可能となります。

また自動でWi-Fiスポットに自動接続できるエコネクト専用アプリもあるのでそちらを利用しても簡単接続ができるようになります。

DMMモバイル自体の通信速度は、特段早くて快適と言う訳ではありませんのでWi-Fiスポットを利用しての通信も検討してもよいかと思います。街中であれば必ずWi-Fiスポットを見つける事が出来ます。

カフェ、飲食店、ホテルなどのWi-Fiスポット(公衆無線LAN)に接続ができるので出張が多い方にもオススメかと思います。通信の量量を気にすることもないので安心できるのですが、ただ利用可能なSSIDは「Wi2」「Wi2_club」「wifi_square」となり「Wi2premium」「Wi2premium_club」は利用できません。

利用できる端末は下記の通りです。

利用可能OS接続アプリケーション入手方法
AndroidエコネクトWi-Fi接続ツールGoogle Playよりダウンロード
iOSApp Storeよりダウンロード
Windows楽天からのメールにて、ダウンロードURLが通知される
Mac OS

月額料金固定で使い放題

月額362円で使い放題なので、そこまでの出費にはなりません。良くインターネット接続をする方や動画をストリーミングされる方、スマホゲームをされる方など、ヘビーユーザーは加入しておいて損はないのではないかと思います。

また実際のスピードテストでは

  • 下:26.7Mbps
  • 上:10.9Mbps

となっていて、インターネット接続はもちろんの事ながら、動画の視聴など何をするにしても申し分のないスピードが計測されています。もちろん、通信制限もありませんのでこれだけのスピードのネットを安心して、安く使えるなら月額を支払う価値のあるサービスと言えます。

自動で接続される

専用アプリを利用することで、自動でWi-Fiに接続してくれます。Wi-Fi接続の際に面倒なのが、IDとパスワードを入力やそのスポット毎の登録ですが、このアプリをインストールすればわざわざ入力する必要がないので、専用アプリを利用しましょう。

アプリはiPhone・アンドロイド共にリリースされています。

DMM Wi-Fiのデメリット

無料で公衆wifiが使える格安simもある中有料

月額料金

冒頭でも説明しましたが、市街地には無料のWi-Fiスポットが沢山あります。なので今までそれらを積極的に活用してきた方からすると月額を払ってWi-Fiに接続する意味ってあるの?となりがちです。

ですが接続したい場面で接続できなかったり、店によってはソフトバンク専用のWi-Fiだったりキャリア専用のWi-Fiしか接続できなかったりする場所が意外にも多く存在します。

なのでそれらのストレスを軽減すると言う意味でも、安定してWi-Fiを利用できるサービスとなっています。

DMM Wi-Fiがおすすめな人

外で仕事する機会が多い方や、PCを使用するフリーランサーなどは加入しておくとWi-FIに困りにくくなりますので、そう言った方にはおすすめのサービスです。

また基本のプランのデータ容量を少なくして月額使用料を抑えたい方もこの、DMM Wi-Fi by エコネクト利用する事によって、月額使用料を抑える事が可能です。

DMM Wi-Fiの申し込み方法

DMM mobile(DMMモバイル)をこれから契約する場合は、契約時に一緒に加入することができるので、DMM Wi-Fiが必要な方は一緒に契約してみましょう。

no image
DMMモバイルの契約方法と申し込みの流れ

現在、ガラケーを利用している方であれば、格安SIMの料金は非常に安く惹かれるものがあるでしょう。 ただ、格安SIMに変更するために必要なものを確認せずにお申し込みをしてしまうと、書類が不足していること ...

また、現在DMM mobileを契約している方は、マイページからログインして加入することができます。

DMM Wi-Fiの接続方法

  • Wi2
  • Wi2_club
  • wifi_square
  • mobilepoint

DMM Wi-Fi by エコネクトのSSIDは以上の通りとなっていてこのどれかがあるスポットで利用する事が出来ます。SSIDとはWi-Fi接続する際に画面に出てくる名前の事です。このSSIDをタップすると「エコネクト」という文字が記載されて、接続されます。

アプリなどを利用すると自動で接続されるため、基本的に手動の接続は必要ありません。

Wi-FIの種類とSSIDをまとめた表となります。

項目Wi2BBモバイルポイント
対応規格802.11a/b/g/n802.11b/g
利用できるSSID●    Wi2

●    Wi2_club

●    wifi_square

mobilepoint
回線速度(ベストエフォート)最大300Mbps最大3M~4Mbps

まとめ

このようにDMM Wi-Fi by エコネクトを契約しておけば多くの施設で高速で通信可能なWi-Fiを利用する事が可能となります。

アクセスポイント数63,000カ所以上もあり、回線の通信速度も有料プランと言うだけあって安定しています。専用アプリを利用することで、自動でWi-Fiに接続してくれますので、IDとパスワードを入力やそのスポット毎の登録もありません。

基本のプランのデータ容量を少なくして月額使用料を抑えたい方もこの、DMM Wi-Fi by エコネクト利用する事によって、月額使用料を抑える事が可能です。

また出張や外で仕事する機会が多い方などは登録しておくとかなり役に立つので、おすすめです。

-DMM mobile

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.