格安SIMのバースト機能

格安SIMの比較

格安SIMのバースト転送機能とは?バースト機能のある格安SIMを徹底比較

更新日:

家計の通信費の合理化を狙って、大手キャリアから格安SIMに乗り換える人が増えています。中でも、普段の通信をほとんど利用しない人にとっては、格安SIMの低速通信モードで事足りそうです。

とはいえ、利用していて通信速度の遅さに辟易したくもないものです。低速通信時に使用感への不満を和らげるためにバースト機能というものが実装されています。一体バースト機能とはどのような機能なのでしょうか。ここでは格安SIMのバースト機能についてご紹介します。

格安SIMのバースト機能とは?

多くの格安SIMでバースト機能が実装されています。このバースト機能とはどのような機能なのでしょうか。

バースト機能は低速通信モードでインターネット接続を行っている時に、アクセスした最初の数秒間もしくは一定パケットに達するまで高速通信を行ってくれるという機能です。

実際にはウェブサイトの閲覧やテキストメッセージの送受信のときにこの威力を発揮します。ウェブサイトの閲覧は一度読み込みが済んでしまえば、ページを変えない限り新しく通信容量を消費することはありません。

ウェブサイトを閲覧する際に一番データ通信容量を消費するのが読み込みの瞬間です。最初にWebサイト全体を高速で読み込んでしまえば、ユーザーがウェブサイトの読み込みで時間がかかるなあと感じることが減ります。

バースト機能は、低速通信モードであってもユーザーのインターネット接続の使用感を損なわないための格安SIMのちょっとした配慮と工夫なのです。

このように低速通信モードを積極的に利用してもらいたいので、バースト機能という低速通信モードでも少しでも快適なインターネット接続を提供できるような機能を実装しているのです。

格安SIMのバースト機能のメリット

それではバースト機能にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここではバースト機能のメリットについてご紹介します。

メリット1)ユーザーのインターネット速度の体感速度を向上できる

MVNO各社がバースト機能を実装している最大の目的は、ユーザーの低速通信モードでの使用感を損なわないこと、これはすなわちユーザーにとってインターネット通信の体感速度を向上することです。

たとえ低価格とはいえインターネット接続に対して基本料金を支払っているのですから、それ相応の対価を受け取りたいというのがユーザーの心情です。

いくつかのアプリやウェブサイトの閲覧のみになってしまうものの、通信容量をそこまで消費しない利用の仕方をするユーザーにとっては、体感速度の向上は格安SIMの使用体験の満足度を大きく引き上げることは言うまでもありません。

メリット2)低速通信モードへ積極的に切り替えることができる

元々を契約している通信容量があまり多くないユーザーの中には、月末まで高速通信を利用したい時のためにこまめに低速通信モードへ切り替えて通信容量の節約を行っている人もいるでしょう。

しかしながら低速通信モードへ切り替えることのハードルとしては、なんと言ってもインターネット接続が遅くなるということへの不満でしょう。この不満を解消してくれるのがバースト機能です。

バースト機能があることで、節約志向でインターネット通信をしたい時には積極的に低速通信モードへ切り替えることができるのです。

これにより高速通信容量を節約できるという点でユーザーにとってはメリットであると同時に、MVNOとしては高速通信回線の混雑を少しでも緩和できるメリットも享受することができます。このようにバースト機能は不満と問題点を一挙に解決できるのです。

メリット3)TwitterやLINEなどのSNSもサクサク使える

バースト機能は、インターネット接続時の最初の一定時間だけ高速通信を行うという機能です。そしてこの機能を最大限生かすことができるのが、TwitterやLINEなどのテキストメッセージが主となるSNSです。

そもそもテキストメッセージの送受信みたいに要求される通信容量は画像や動画などに比べて極めて小さいです。したがってTwitterやLINEなどはバースト機能のおかげで接続した瞬間に読み込むべき情報が読み込まれるために、高速通信で利用している時とほとんど変わらない使用感で利用することができます。

低速通信モードであってもこれらのSNSが使えれば問題ないというユーザーにとっても嬉しい機能であると言えます。

格安SIMのバースト機能の注意点

格安SIMの低速通信モードの使用感を魅力的にしてくれるバースト機能ですが、当然ながら注意点もあります。ここではバースト機能を利用する際の注意点についてご紹介します。

注意点1)地図アプリや動画・画像の読み込みには使えない

バースト機能は、一瞬だけ高速通信モードで接続することができる低速通信モードの一時的な状態を作り出します。

そのため、地図データを読み込むのに大量の通信容量を必要とするグーグルマップなどの地図アプリやYouTubeやAbema TVなどの動画配信サービス、SNSのうち画像や動画の閲覧をメインとするInstagramやTik Tokなどは、バースト機能を利用したとしても全ての情報量を読み込むことができないために、サクサク利用することはできません。

あくまで低速通信モードの補助的な機能であることは心に留めておく必要があります。

注意点2)3日間通信使用量の制限にかかりやすくなる

低速通信モードであっても、三日間での通信容量に制限を設けている格安SIMもあります。バースト機能は、初速での読み込み速度を高速通信並みにする機能でした。

そのため繰り返しバースト機能を利用するようなインターネット接続を利用すると、通信容量の制限にかかりやすくなります。低速通信モードであっても快適に使い続けられるようなインターネット接続の使用環境が続く場合には、容量制限も気にする必要があります。

バースト機能がある格安SIMの比較

ここからはバースト機能を用意している格安SIMについてご紹介します。MVNO各社が用意している低速通信速度と、通信制限があるプランを用意しているところをまとめました。

IIJmio

IIJmio

IIJmioモバイルはドコモ・auの通信回線を契約者に提供するMVNOです。IIJmioモバイルで特徴的なのはファミリーシェアと呼ばれるプランで、12GBを最大10枚までのシムに振り分けて利用することができます。

使う人によって振り分けられる通信容量を変えることができるので、1回線ごとにsimカードの契約を結ぶよりも全体の料金を安く済ませることができます。余った通信容量はよく月に繰り越すことができ、高速通信モードと低速通信モードを手動で切り替えることができます。

なんといってもMVNOの中では通信速度が速いことでも好評を得ているので、高速通信をガッツリ使いたい人にもおすすめのMVNOです。低速通信速度は最大で200kbpsと標準的ではありますか、バースト機能が搭載されているために通常使用上の不満は軽減されます。

低速通信モードでも3日間で366MB以上使用してしまうと、通信速度制限が入ってしまいさらに低速での利用を余儀なくされるので注意が必要です。

IIJmioに申し込む


IIJmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

IIJmioを一年以上使い続けた感想と、ネット上の評判を調査してわかったIIJmioの特徴は 家族割で安くなるので家族での契約がお得 新機種の取り扱いが早い 長期間サービスを提供しているので安心して使 ...

mineo

mineo

mineoは元々関西で顧客を獲得していたケイオプティコムが提供するMVNOです。mineoの最大の売りは、DocomoSoftbankauのどの回線からも乗り換えができるということです。

今まで使用していたスマートフォンをそのまま格安スマホとして利用できるという点で人気を集めています。

高速通信と低速通信を切り替えることができるmineoスイッチや月々270円のオプション料金でウイルスバスターをダウンロードできるなど多彩なサービスでユーザーを満足させています。低速通信モードでの最大通信速度は200kbpsと標準的ですか、バースト機能はもちろん実装されています。

mineoに申し込む


mineo
mineoってどうなの?評判から分かるデメリット・通信速度と使用感まとめ【2019年4月】

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

UQモバイル

UQモバイル

格安SIMの中で通信速度が全ての時間帯で安定して早いと高評価を得ているのかUQmobileです。auの子会社ということもあり低速通信でも500kbpsの速さでインターネット接続をできることから他社との差別化を図っています。

全国に8万箇所のフリーwi-fiスポットが用意されているので、普段は低速通信というユーザーの方でもwi-fiスポットで通信容量に気兼ねなく高速通信を楽しむことができます。

またUQモバイルでは端末もSIMと同時に契約することで、マンスリー割という端末の割引を受けることができます。指定された機種に限られてしまうものの、新品のスマートフォンを実質108円程度で入手できるのが魅力的です。

シムだけの切り替えでUQモバイルを利用する人にとっては、このマンスリー割が受けられないという点で割高に感じてしまうことになります。

高速通信と低速通信をするで切り替えるターボ機能は実装済みで、低速通信時でもバースト機能を利用することができます。格安SIMに迷ったらここにしておけばまず間違いないというお得さで多くのユーザーから高い満足度を得ています。

UQモバイルの申し込みはこちら


UQモバイル
UQモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

UQモバイルの評判を徹底的に調べ、自身も使ってわかったUQモバイルの特徴を簡単に解説すると 他社の格安simに比べて圧倒的に通信速度が速い にもかかわらずキャリアより安く(月1980円前後)使える キ ...

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは通販サイトとして有名な楽天の子会社のMVNOです。第4のキャリアとして自ら電波塔を建て通信回線を保有していく計画が打ち上げられており今後はMNOとしての活躍も期待されています。

そんな楽天モバイルはベーシックプランと呼ばれる独特のプランが人気を博しています。ベーシックプランでは高速通信を利用することができず、最大200kbpsの低速通信しか利用することができません。

しかしながら通話機能をつけても月額1250円でベーシックプランを契約することができます。自分が保有している電話番号は維持したいけれども、高い通信料金を払うのは気が引けるというユーザーにとっては持って来いのプランです。

さらに通信料金を支払うことで、楽天市場などで使える楽天スーパーポイントが貯まるのも嬉しい特典です。

楽天モバイルに申し込む


楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年4月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

DMMモバイル

DMMモバイル

MVNOの中で常に最安値に挑戦すると宣言しているのかDMM mobileです。最大通信速度200kbpsのみのデータ通信SIMの月額基本料金は440円と業界最安値です。

さらにオプションではありますが、月額250円を支払うことで「SNSフリー」に加入することができます。SNSフリーでは文字通り、LINE・Twitter・Facebook・Facebookメッセンジャー・Instagramをカウントフリーで利用することができます。SNSを主にスマートフォンで利用しているユーザーにはお勧めのプランです。

DMMモバイル公式サイト


DMMモバイル
DMMモバイルってどうなの?評判から分かるデメリット・通信速度と使用感まとめ【2019年4月】

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

Nifmo

nifmo

Niftyが提供するMVNOのNifmoでもバースト機能を利用することができます。

Nifmoユーザーにとって嬉しいのは、追加料金なしでBBモバイルポイントで無料wi-fiに接続することができる特典です。

Nifmo公式サイト


nifmo
NifMo(ニフモ)の評判は悪い?通信速度・口コミを参考に辛口評価【2019】

格安SIMアワード2015を獲得した実力派格安SIM、NifMoの評判やメリット&デメリットを詳しく解説しました。 楽天モバイルやiiJmio、LINEモバイルなど他社MVNOとも比較しているのでどの ...

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE

NTTコミュニケーションズが運営するMVNOがOCNモバイルONEです。無料でミュージックカウントフリーと呼ばれる音楽系のアプリの使用のゼロレーティングを提供しています。

OCNモバイルONE公式サイト


OCNモバイルONE
OCNモバイルONEの評判ってどうなの?口コミと通信速度から分かった特徴とは【2019】

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの料金プランは非常に細かく、ほとんど従量制なのではないかと思われるくらいです。

シムの一枚契約コースで飲み低速通信モードのみのプランに契約することができます。

エキサイトモバイルに申し込む


エキサイトモバイル
エキサイトモバイルの評判は?口コミ・通信速度を調査して徹底評価!【2019】

エキサイトモバイルの月額料金は1GBごとの従量制となっています。そのため、月額料金を簡単に安く抑えることができます。 料金を安くするためには、SIM3枚コースが良いでしょう。家族で使う場合、SIM3枚 ...

nuroモバイル

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供する格安SIMがnuroモバイルです。格安SIMのnuroも通信速度が速いとして有名です。

nuroバイル公式に申し込む


nuromobile
nuroモバイルの評判・通信速度

nuroモバイル(ニューロモバイルと読みます。)は元のソネット、現在のソニーネットワークコミュニケーションズが取り扱う格安SIMサービスであり、ドコモの回線が使われています。 安い料金で利用でき、デー ...

イオンモバイル

イオンモバイル

バースト機能での最大速度が0.83Mbpsと比較的であると話題になっているのがイオンモバイルです。全国のイオンモールで対面のサポートを受けられるのもイオンモバイルの強みです。

イオンモバイル公式サイト


イオンモバイル
イオンモバイルの評判・通信速度のまとめ

イオンリテール株式会社が運営元である『イオンモバイル』は、かつては、日本通信が運営するb-mobileの代理店という立場で格安SIMを販売していた時期もありましたが、平成28年2月26日からMVNOと ...

まとめ

いかがでしたでしょうか。

低速通信モードであってもインターネット接続の使用感を損なわないための工夫として実装されたバースト機能は、日を追うにつれ採用しているMVNOが増えています。

もしご自身の契約で低速通信モードを活用することをご検討中であれば、ご検討中のMVNOがバースト機能を利用できるのかどうか確認してみてください。

no image
【2019】格安SIMはどれがおすすめ?MVNO23社を徹底比較

このサイトは大手キャリアよりも安く(月2000円くらい)使える各社格安simの比較・評価や選ぶ際のポイント、格安simへの乗り換えの方法など格安simに関する情報を集めたサイトです。最近は2台目のスマ ...

-格安SIMの比較

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.