auピタッとプラン

格安SIMの基礎知識

auピタットプランは本当にお得なの?最安値になる条件も検証

投稿日:

テレビCMなどでもよく放送されているauピタットプランですが、どういったプランでどこがお得になっているのかがいまいち良く分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

今回の記事ではそんな、ピタットプランに関して詳しく紹介したいと思います。

auのピタットプランとは?

2017年7月より、auから2種類の新料金プラン「ピタットプラン」と「フラットプラン」のサービスが開始されました。

ピタットプランはデータ通信の利用量に応じて料金が変動するプラン。となっていて、あまりデータ通信を使用しない方はそれに応じた料金になりますので、お得になると言うプランです。

一方フラットプランは定額のプランとなっています。

さらにこの2つのプランのうちどちらか1方に加入すると「ビッグニュースキャンペーン」と言う割引も適用されるため、どちらのプランにしても1年間のみ1,000円割引となります。

テレビCMなどでも「ビックニュース」と大々的に宣伝されているピタッとプランですが、本当にお得なのでしょうか?

それをしっかりと確かめるには、注意書きをすみずみまで理解し、自分にとって本当にメリットがあるのかを見極める必要があります。

今回の記事では、ピタットプランについて分かりやすく詳しくご紹介したいと思います。

ピタットプランの料金、加入条件

加入条件は難しくなく、「4G LTEスマートフォン(iPhone含む)を利用していること」となっています。なので、既存のユーザーがプラン変更でピタットプランに加入することも可能ですし、機種購入時に同時加入することも可能です。

データ容量 カケホ スーパーカケホ シンプル
1G 2980円 1980円 1980円
2G 3980円 2980円 2480円
3G 4480円 3480円 2980円
5G 5480円 4480円 3980円
20G 6480円 5480円 4980円

 

カケホ 24時間国内通話が、無制限かけ放題
スーパーカケホ 5分以内の国内通話が、何度でもかけ放題
シンプル 利用した分だけ通話料金がかかる(30秒20円)

 

こちらの価格は様々な条件をクリアして全ての割引が適用された場合の金額になっていますので、実際に契約すると少し価格が高くなる可能性ががあります。

さらにこの金額プラスで端末代金と通話料金が別途必要になります。

ビッグニュースキャンペーンで1000円/月割引

ビッグニュースキャンペーンとはキャンペーンの名前なのですが、1000円×12ヶ月分の割引が適用されるキャンペーンになります。ただこちらのキャンペーンは新規契約限定のキャンペーンになりますので、途中のプラン変更は対象外となります。

ピタットプランが最安値になるための条件は?

「月々1,980円~」の料金は、以下の条件を満たした場合に適用される金額となっていてどれかが欠けてしまうと、月額の使用料は割高となってしまいます。

  • 通話プランに「スーパーカケホ」を選択
  • ビッグニュースキャンペーンを適用
  • au指定の「固定ネット回線」に加入
  • auの「2年契約(自動更新あり)」に加入

フラットプランとの違いは?

ピタットプランとフラットプランの違いは定額プランか、使用した分だけの料金がかかるのかと言うところが、大きな違いとなります。

例えばピタットプランの場合は月に使用した分だけの料金がかかるため、先月は2Gだったけど今月は5Gと言う場合は料金が変わってきます。

フラットプランはデータ使用料が決まっているため、使っても使わなくても月々の料金は変わらないようになっています。

ピタットプランの注意点

今までのの端末を使うならビッグニュースキャンペーンは適用されない

ビッグニュースキャンペーンの適用は新規契約もしくは新規端末購入時の適用となりますので、すでに端末を持っている場合で、プラン変更の場合は適用となりません。

誰でも割を使うのが前提

auで2年契約を行うと、適用される「誰でも割」(1,500円割引)を使うことが前提とされています。つまり2年間は契約しなければならず、「契約更新月」以外に解約もしくは乗り換えすると「契約解除料(9,500円)」が発生します。

契約更新月の期間が短くまた決まっていることが難点で、それを過ぎてしまうと3年目からの契約は自動更新となります。

自動更新なしのプラン「誰でも割ライト」に加入する場合は月額でプラス300円月割高になる事に加えて、2年契約に加入しない場合は基本料金に月々プラス1,500円となるので、注意が必要です。

プラン変更の場合は毎月割終了前だと損

当然の事ながら、auで端末を購入する場合は別途端末代が必要となります。注意しないといけないのがピタットプランに加入すると「毎月割」が適用できないという点です。

現在端末をすでに持っている場合で別のプランからピタットプランに変更する場合月々割が残っている状態でプラン変更すると、損してしまいます。

では実際にどれほどの差があるのかiPhone7 総額79,200円(税込)の場合で計算したいと思います。

誰でも割適用の従来プラン

3,300円×24・毎月割-2,445円で、月々855円の24回払いとなります。

ピタットプラン

月々1,650円×48・毎月割なしで、月々1,650円の48回払いとなります。

プランの料金は安くても結局端末代金が高くなってしまっては意味ががありません。高額の端末(iPhone)などを購入する場合ははっきりいって向いていません。

またピタットプランへの変更は毎月割を全て使ってからの変更をおすすめします。

同じ理由から新規でピタットプランに加入する場合も端末の負担額は割引なしでそのままの負担になるので、違うプランも視野に入れてみましょう。

3月以降テザリングの料金が500円/月

通常デザリング機能は月々500円かかりますが、2018年3月末までは無料のキャンペーン期間となっています。

アップグレードプログラムEXを使わないと端末料金が高い

アップグレードプログラムとは4年契約を行い、2年ごとで新しい機種に変更する事の出来るプランとなっていて、その場合残り2年分の機種代金は免除となります。ただし使用していたスマートフォンはauに返却の必要があります。

auのピタットプランは毎月割が適用不可のため機種を購入する場合はかなりの負担になるのですが、1つの対処法としてこのアップグレードプログラムEXの利用が挙げられます。

単純に4年契約(48ヶ月)契約となるため、機種代金も48分割されます。同じ端末でも24回で分割するのと48回で分割するのでは、48回で分割したほうが安くなります。

そして25ヶ月目で新しい端末に変更すれば残りの機種代金が免除となるためこの方法であれば気になる機種代金も抑える事が出来ます。特典の適用には月々390円のプログラム料が必要となります。

安くしたいなら格安simを使うのがおすすめ

・nuromobile 3GB

音声電話付きプラン 1600円
データ+SMSプラン  1050円
データ通信プラン 900円

・nuromobile 10GB

音声電話付きプラン 3000円
データ+SMSプラン  2450円
データ通信プラン 2300円

・楽天モバイル 3.1GB

音声電話付きプラン 1600円
データ+050電話プラン 1020円
データ通信プラン    900円

・楽天モバイル 10GB

音声電話付きプラン 2960円
データ+050電話プラン 2380円
データ通信プラン    2260円

上記料金は楽天モバイルとnuromobileのプランの例となります。

やはり料金を抑えたいのであれば格安SIMで契約したほうがお得となっています。

このほかにもたくさんのプランがありますので、料金を優先される方は格安SIMのほうが良いです。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2019年8月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

no image
2015072301a

まとめ

以上ピタットプランの紹介でした。使うデータ通信量に合わせて料金が変動するプランですが、条件が多かったり、結局のところそんなにお得にならないなんてケースもあります。

料金を優先されるのであれば1度格安SIMも検討してみてはいかがでしょうか?

-格安SIMの基礎知識

Copyright© 格安SIM Hacks , 2019 All Rights Reserved.