SIMフリータブレットの比較

タブレットにおすすめの格安SIM

投稿日:

SIMロックがかけられていないタブレットを利用する場合には、飲食店や駅、そして空港といったように様々なところでWi-Fiが楽しめるサービスが提供されている格安SIMを選択したいかと思います。

そこで、今回は国内に存在するWi-FiスポットでWi-Fiが楽しめるサービスを提供する格安SIMを厳選して何社か取り上げていくことにしましょう。

楽天モバイル

楽天モバイルスマートフォンと格安SIMの同時購入が可能な格安SIM会社というのは、珍しくありませんが、スマートフォンとタブレットの同時購入ともなれば、あまり存在しないです。

タブレットの販売を行なっている会社でも1種類のみしか販売を行なっていない、古めの機種の販売を行なっているといったケースが見受けられますが、楽天モバイルの場合はタブレットの取り扱い数も豊富で、最近発売したばかりのタブレットのセット販売も行なっているのです。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

続きを見る

DMM mobile

dmm-mobile通勤時の電車の中などと一定の時間、一定の通信容量となりそうであるなら、DMM mobileを利用されることをおすすめ致します。

DMM mobileは数ある格安SIM会社の中で、最も安くサービスを提供することを売りとしているからです。

データ容量としては1GBが最低となっていますが、タブレットでの利用であれば、2GBから5GBの容量が適しているかと思います。

また、動画の視聴を考えている方であれば、5GBより大きなものを候補とすると良いでしょう。

まずは3GBからスタートし、多過ぎたり少な過ぎたりする場合にプランを変えるというやり方がベターかと思います。

dmm-mobile
DMMモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

続きを見る

UQ mobile

UQモバイルは、au系の格安SIMです。特徴としては、一番回線が混むと言われる昼休みの時間帯には若干通信速度が落ちるとされながらも、それ以外の時間に関しては他の会社とは比べ物にならないぐらいの非常に優秀な通信速度が計測されているということが挙げられます。

au系の格安SIMであることから、mineoよりは端末の種類としては少なくなってしまいますが、通信速度にこだわる方であれば、UQモバイルを選択して損はないはずです。

Wi-Fiサービスでは、別途料金を支払うことなく利用可能な『Wi2 300 for UQmobile』が存在します。

日本各地の『Wi2 300』、『BBモバイルポイント』、『UQ Wi-Fi』のマークが書かれている店舗等でWi-Fiの利用が可能となっているので、お出かけ先においても容量を消費することなくインターネットを使用できるのです。

no image
UQモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年10月】

UQモバイルの評判や通信速度(実測値)をまとめて実際に使ってみた使用感も含めながら辛口評価しました。 格安simというと安いので通信速度が遅く使い物にならないと考える人がいるかもしれません。 しかし、 ...

続きを見る

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIMドコモ系の格安SIMであらゆる地域での利用が可能となっており、プランはデータ専用SIM、音声通話付きのSIM、SMS機能付きのSIMの中から選ぶことが可能です。

格安SIMとスマートフォンの同時購入はもちろん、タブレット、Wi-Fiルーターの同時購入も可能となっています。

その他、使用し切れなかったデータ容量を次の月に持ち越すことが可能となっている点や、6GB、12Gバイトのプランをお申込みされた方に対しては、日本各地に存在する86,000地点のWi-Fiスポットの1ライセンス分の利用を無料とする等といった、質の高いサービスが行なわれていることも特徴として挙げられるでしょう。

データ専用SIMを利用する際の月々の最低料金は900円であり、2年縛りといった利用に関する制限も存在しないため、色々と悩むことなくお申込みできるかと思います。

BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIMの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2017年9月】

BIGLOBE SIMの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

続きを見る

OCNモバイルONE

ocnmobileoneISPの大手であるNTTコミュニケーションズが運営元となっている、ドコモ系の格安SIMです。

データ専用SIM、音声通話付きのSIM単独でのお申込みや、スマホやタブレットとこれら2つのSIMの同時購入にも対応しております。

平成27年9月3日には、数ある格安SIMの中で最も多くの利用者を獲得していることがMMD研究所によって行なわれた『格安SIMに関する調査』で明らかとなりました。

データ専用SIMに関しては、契約途中で解約しても罰則がありませんので、気楽な気持ちで利用が可能といった点も、この格安SIMを利用するメリットの一つとなっています。

ocnmobileone
OCN モバイル ONEの評判と通信速度の比較

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

続きを見る

FREETEL

freetel月々のデータ使用量に応じて料金が上がったり、下がったりすることが特徴の格安SIMです。

データ通信を毎日行なうことはないと思われている方にとっては、最適な格安SIMであるといえます。

料金は段階的に分かれており、まず、100MB以下で済んだ場合の料金は299円です。

その他、残りの容量についてもご紹介すると、1GB以下で499円、3GB以下で900円、5GB以下で1,520円、8GB以下で2,140円、10GB以下で2,470円となっています。

料金がこのように段階的に分かれていると割高ではないか?と疑ってしまいますが、他の会社の格安SIMで取り扱われている同じ容量のプランと比較しても料金的にはあまり変わりませんので、FREETELが高いとは言えません。

U-mobile

U-mobile動画の配信などを行なうU-NEXTが取り扱う格安SIMであり、一番の魅力は『U-mobile MAX』と呼ばれるプランの存在です。

このプランでは、データ容量が25GBと非常に多くのデータ通信を行なえるのにもかかわらず、料金が2,880円と低料金の利用が可能となっているため、多くの方がこのプランを選択しています。

その他、『U-NEXT Wi-Fi』と呼ばれるサービスでは、日本各地およそ82,000地点のWi-Fiスポットの利用が可能となっており、『Secured Wi-Fi』、『Do SPOT』と書かれた場所でWi-Fiが楽しめるといったことも特徴の一つと言えるでしょう。

この『U-NEXT Wi-Fi』は、U-mobile、U-mobile PRMIUM、U-mobile MAXをご利用中の方であれば、料金を支払わずとも利用できます。

日本各地にあるセブンイレブンやローソン、ロッテリア、マクドナルド、イトーヨーカ堂、デニーズ、駅等といったように、あらゆるところにWi-Fiスポットが存在するため、お出かけ先でもWi-Fiスポットを利用して月々の料金を効率的に抑えることが可能となっている点も見逃せません。

また、BIGLOBEと同じく、LTEとWi-Fiを端末側で勝手に選択してもらえるといった、使い勝手のよいアプリも提供されているので、難しい作業をすることなく、賢く利用していけるかと思います。

U-mobile
U-mobileの評判を集めて徹底評価

データ通信量が無制限のU-mobile PREMIUMが特徴のU-mobileについての情報をまとめて評価しました。 U-mobileは、よく知られる月単位でのプラン、2つの段階毎に料金が定められてい ...

続きを見る

-SIMフリータブレットの比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.