SMS

使用用途別の比較記事

格安SIMのSMS機能って必要?SMS機能のあるおすすめの格安SIMも紹介します

投稿日:

格安SIMを購入する際、プランを選ぶときに候補に挙がるSMS対応SIMカード。昨今「LINE」が大ヒットするなどコミュニケーションアプリの需要が高まっていますが、SMS機能が付いたSIMカードを買うメリットや必要性はあるのでしょうか?

そもそも「ショートメッセージサービス」の頭文字をとってSMSと呼んでいるのですが、元々は70文字程度のテキストメッセージを電話番号を使って送受信できるサービスのこと。メッセージを送受信する相手が違うキャリアでも大丈夫なので、どのキャリアを持っている人とも気軽にやりとり可能なのも特徴です。

しかしコミュニケーションアプリが普及し、SMSを使用しないという人も多い今、SMS機能が付いている意味はあるのでしょうか?更にはSMS機能が付いているSIMカードは、他のSMSなしのデータ通信専用プランと比較すると月額100円~200円ほど、余計に出費がかさんでしまいます。

上記の事を踏まえて、それでも「SMSはつけた方が良い!」

今回はSMSが付いていることによるメリットや必要性、オススメしたい理由を、「なぜ?」と疑問に思う方に向けてご紹介いたします。

SMS機能のメリットとは?

電話番号でメールを送ることが可能

「@docomo.ne.jp」「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といったキャリアメールが格安SIMは利用できません。

そのため、「iCloudメール」や「Gmail」などのウェブメールを利用する必要があります。ですが、そのメールを受信する側がキャリアメールを使用している場合、パソコンやウェブメールからのメールを受信できない設定になってしまっていることがあります。

そんな時SMSがあれば、電話番号を使ってメッセージを送ることが可能なのです。SMS は電話番号を宛先にして送信するため、相手の電話番号を知ってさえいれば、わざわざパソコンのアドレスを聞かなくても携帯電話で簡単に連絡しあうことができます。

バッテリーの消費を節約できる?

データ通信専用のSIMカード使用している場合、スマホのバッテリーが早く減ってしまっているかもしれない事をご存知ですか?

「圏外」表示がずっと続くと常に接続先を探してしまうため、バッテリーが早く減ってしまうのですが、データ通信専用SIMカードには「アンテナピクト問題」という、音声回線が無いと認識され「圏外表示」になってしまう現象があるのです。

電話番号を持っていないことが原因なのですが、この状態になると電波状態を示す「アンテナピクト」アイコンが常時「圏外」になってしまい、ちゃんと通信されているのか全然判りません。

例えば、電波が入りづらい地下や山の中などで「バッテリーの減りがなんだか早いなぁ」と思ったことはありませんか?「セルスタンバイ問題」は、それが1日中続いてしまうイメージ。

LTE圏内では比較的起きづらくはありますが、その現象が起きるかどうか、使用している端末ごとに特定するのはとても難しいのです。

となるとやはり、確実な解決法はSMS機能の付いたSIMカードを利用すること。今後端末を新しくする時も気にしなくて済むので、長期的に見ても良い方法でしょう。

SMS機能がないとSNSが使えない?

スマホユーザーの中には、Facebook ・LINEなどのSNSを利用している人も多いのではないでしょうか?

そういったSNSや、音声通話サービスを提供するデータ通信網を利用したIP電話などでは最近、なりすましなどでの悪用を未然に防ぐため、端末認証する際SMSを利用した仕組みになっているものが増えています。

該当するサービスを利用する場合、初期設定の段階で、認識番号がSMSによって送信。その時届いた番号を入力できて初めてサービスを利用する資格を得られるので、SMS機能は絶対付いていたほうが良いでしょう。

SMSが付いているとGPSもうまく作動してくれる

スマートフォンの位置情報取得機能は、ジオタグ付きの写真や地図アプリなどで大活躍していますが、その利用にもSMSが付いていた方が安心。

内蔵するGPSセンサーの他にも、端末の位置情報取得機能は複合的に機能が使用されているのですが、その1つに、SMSの基地局情報をもとに行われる現在地の推定があります。

携帯電話基地局との情報交換の時、基地局固有の情報の送受信を行うのですが、現在のスマホは、今大体どの辺にいるのかを固有の情報から特定して、衛星による高精度な位置の特定を衛星によって行っています。

そのおかげで普通なら5 分程度はかかってしまう現在地の特定を、わずか数秒のうちにすることが可能なのです。

しかしSMS機能が付いていないSIMだと、上記のような現在地の推定・特定ができません。そのため、例えばお急ぎの際に地図アプリを使った場合でも、自分の現在地を知るのに数分かかってしまうこともあるので要注意です。

オススメの格安SIMはこちら!

上記の事を踏まえ、オススメしたいSMS機能付きの格安SIMを見ていきましょう。

今では格安SIMもたくさんの種類がありますが、どんな格安SIMを選択した場合でも、基本的にはSMSオプションを付けて使用することが可能です。

そのためにはまず、SMS機能を使うために「SMS機能付きデータ専用プラン」または「音声通話対応プラン」を選ぶようにしましょう。もしくは、追加のデータ専用プランとしてSMSオプションを申し込み画面などの指示に沿って選びましょう。

格安SIMのなかでも特にオススメなのは、使い勝手の良さもユーザーから高い評価を得ている、au回線を使った「mineo」「UQ mobile」など。

これらは、たとえデータ専用プランを選択した場合でも、無料でオプションのSMS機能を付けることができるので、月額料金の節約に加えデメリットもなくなるためお得です。

注意点

SMS、タブレットの場合はいらない?

タブレットの場合、データSIMにSMS機能は基本的にはいりません。

音声通話機能がついている場合にのみ、前述のセルスタンバイ問題を考慮する必要がありますが、大抵のタブレットには音声通話機能はないので、あまり心配する必要はないかもしれませんね。(可能性は限りなくゼロに近いですが、ごく一部の、音声通話機能のないタブレットでも、SMS機能のないデータSIMの場合、電池消耗が発生することも。)

仮に音声通話機能が付いていてSMS機能が必要な場合でも、スリープ時に電波を完全にシャットアウトすることのできる「iBattery」というアプリを利用すれば解決します。

iBatteryを用いてスリープ時に完全に電波をシャットアウトした場合、「050」から始まる電話番号からの着信を受けられなくなったり、LINEの無料通話の着信や新着メッセージのお知らせが受信できなくなります。特にそこに問題を感じなければ、もしタブレットに音声通話が付いていても、SMS機能をデータSIMに必ずしも付ける必要はありません。

ガラケーとの二台持ちの場合にも不必要

格安スマホとガラケーの2台持ちなら、SMS機能が付いていないデータSIMを格安スマホに入れても、基本的には問題ありません。

電池が消費してしまう場合は、スリープ時でも電波を探し続ける「セルスタンバイ」が原因です。それを解決してくれるのが、先ほどもご紹介した無料のiBatteryというアプリ。電池消費をぐっと抑えることができるのがメリットですが、スリープ時には新着メッセージなどを受信できなくなるのが難点。

前述の通りLINEの新着メッセージのお知らせも届かず、電話をする時に050アプリを使用している場合も着信がありません。そんな状態だと困ると言う人は電波のシャットアウトがスリープ時に行えないので、SMS機能を付けなければいけないでしょう。

ただ、そんなとき格安スマホとは別にガラケーも所持していれば、完全に格安スマホの電波をシャットアウトしてしまっても大丈夫。データSIMにSMS機能を付けておく必要はありません。

まとめ

SMS機能を付けるための追加料金はどのMVNOもワンコイン以下。付けておいた方がメリットも多いので、絶対オススメですよ!

格安スマホに買い換えを検討中の人は、ぜひこの機会に使えるMVNOを確認しておきましょう!

-使用用途別の比較記事

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.