防水機能がある格安スマホ

格安スマホの比較

防水機能がついた格安スマホはどれがオススメ?防水規格から解説

投稿日:

最近のスマートフォンには防水機能が付いているものが多くほとんど必須の機能と言っても過言ではありません。それは格安スマホも例外ではなく、値段が安くても防水機能が付いているものが多く存在します。

しかし一括りに防水機能と言えど、その性能は規格によって異なったりすることがあり、簡単に説明すると「生活防水」と「完全防水」では意味が異なってきます。水に沈んでも大丈夫なのか?それともシャワーに当たる程度は大丈夫なのか?などの違いです。

ではその防水の規格や防水機能付は劣化するのかと言うところを詳しくご紹介していきたいと思います。

IP規格の説明

IPX規格とは(International Protection Code)の略でIPコードと呼ばれる国際規格になります。スマートフォンだけではなく、電気機械器具の全ての国際規格になりますので、スマートフォンを製造している会社が独自に付けているものではありません。

防水のIP規格には「IPX5」「IPX7」「IPX8」の種類があります。この規格は0~8まであり0は防水機能が無いことを意味し、8は一番防水機能が高いとされています。

スマートフォンのスペックなどを見ると防水機能が付いているものには、このどれかの規格が記載されています。ではよく使用されるIPX 5,7,8の3つの規格はどのように違いがあるのでしょうか?

規格基準
IPX5防噴流形:あらゆる方向からのノズルによる噴流水を受けても有害な影響がない。内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる直接噴流水を浴びても、電話機としての性能を保持できることです。
IPX7防浸形:定められた条件(1M、30分)で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない。常温で水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、電話機本体内部に浸水がなく、電話機としての性能を保持できることです。 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない。
IPX8水中形:等級7より厳しい条件で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない。常温で水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、電話機本体内部に浸水がなく、電話機としての性能を保持できることです。継続的に水没しても内部に浸水することがない。

各規格の内容はこの通りとなっています。IPX5は沈むと壊れるが、シャワーなどで水を浴びるのは大丈夫と言えます。

つまりIPXの規格によっては、防水でも沈むと壊れるスマートフォンがあると言うことになります。

お風呂や海では使用不可な機種も

格安スマホに限らず防水機能を掲げているスマートフォンは多くありますが、全てが全て海やお風呂で使用できる訳ではありません。

例えばIPX1の防水規格でも防水機能は搭載されていることになりますが、実際のところIPX1の規格はちょっとした水滴なら問題ない程度なので、お風呂や海などで使用すると壊れてしまう可能性が高いです。

もし使用目的がお風呂や海の場合は少なくともIPX5以上の規格のスマートフォンを選ぶ必要がありますが注意していただきたいのが、防水機能は「水道水」や「真水」に対して有効と言う点です。

またIPX規格が高いものでも、普通の真水さらに温度も常温の水であればと言うものが多く海水やシャンプーなどの石鹸には対応していない事があります。

なのでお風呂や海などの特殊な環境で使用する場合は防水機能付きのものでも一層気をつける必要があり、ほとんどの場合防水ケースを別途使用する必要があります。

できれば防塵・耐衝撃も欲しい

格安スマホの衝撃耐性合わせて確認しておきたいのが、防塵と耐衝撃機能です。防塵機能も防水機能と同じくIPコードで表されるため、「IPX5の防塵機能」と言うような形式で紹介されるケースが多いです。

しかし防水機能の数値と合わさって表示されているケースがあります。どういうことかと言うと、IP67で言う「6」の数字が防塵機能を表していて、「7」の数字が防水機能を表していると言う事です。

この場合は先ほどの防水機能で表記してあった「X」は防塵機能のテストはしていないことを意味します。

なので「IPX7」の表記の場合は防水機能だけ、「IP67」の場合は防塵・防水機能ありと言うことになります。

スマートフォンは精密機械なので、できることであれば、チリや埃を防いでくれる防塵機能と、落下してしまう事がよくある方には耐衝撃機能があると、より安心して使用することができます。

防水機能は劣化する

スマホの防水機能防水機能が劣化と言う事はそうありませんが、USB端子やイヤホンジャックをカバーしているパッキンが劣化することはあります。

ほとんどの防水機能はこの端子のフタで成り立っているため、ここから水が侵入すると防水でも、中に水が侵入してしまいます。

なので、フタやパッキンの交換を少なくとも2年に1回は交換する事が、防水機能を保つ為の秘訣とも言えます。

防水ケースとは?

スマホの防水ケース防水ケースとはその名の通りスマートフォンを水から守る為のケースになります。

先ほど説明した通り防水機能があってIP規格の数値が高いスマートフォンでも、海水やお湯と言った条件では防水機能が発揮されないケースがあります。

海水やお湯の条件下でも使用できるようにするためのケースが防水ケースになっていて、水の侵入を一切防ぐものが多いので、海で写真を撮りたいと言った場合でもスマホの使用を可能にします。

防水機能付き格安スマホの価格帯は?

実際に防水機能が付いたスマートフォンの価格は平均すると3万円前後になります。

しかしSIMフリーのスマートフォンをそのまま購入するのと、格安SIMのキャリア(LINEモバイルや楽天モバイルなど)で購入するのでは、選択するプランによって購入価格が変わってきます。

一般的には格安SIMと同時契約でスマートフォンも購入したほうが1万円前後安くなるケースが多いです。

arrows M04 PREMIUM(IPX5/8)

arrows M04 PREMIUM富士通から発売されている人気のスマートフォンで、大きな特徴の一つとして、「汚れてもハンドソープで洗える」と言う防水性を持っています。

IP6Xの防塵性も兼ね備えていて、さらに耐衝撃性もありますので、アウトドアから日常使いまで幅広くこなすことができます。

価格:¥27,980~¥30,000前後 (SIMフリー)

arrows M04 PREMIUM
arrows M04 PREMIUMのスペックやデメリットをまとめてレビュー

arrows M04 PREMIUMは国産のスマートフォンでarrows M04よりも高機能のスマートフォンとなっています。 arrows M04 PREMIUMのスペックやメリット、デメリットを紹介 ...

S301(IPX5/7)

S301

京セラが発売しているスマートフォンで、IPX5/7の防水機能とIPX5Xの防塵性能を兼ね備えています。

スマホ自体のスペックはそこまで高くありませんが、スマホをよく使用する方で無い場合はコストも抑えられるので、そこがポイントです。

価格: 10,000円(イオンモバイルで購入の場合)

AQUOS SH-RM02(IPX5/7)

AQUOS SH-RM02シャープから発売されているスマートフォンで、防塵機能は付いていませんが、おサイフケータイや赤外線通信の機能がついています。

またバッテリー容量も大きく使用状況によってはフル充電の状態から2~3日持つと公式で発表されています。

価格:¥28,000~ (SIMフリー)

DIGNO W(IPX5/8)

DIGNO W京セラから発売されているスマートフォンで、「arrows」と同じように泡ハンドソープで洗う事ができます。

さらにお風呂場でも使用する事が出来るように、温水防水にも対応していて、汚れても洗っても落としても大丈夫なタフな設計になっています。

価格:¥37,692(UQモバイル)

AQUOS L2 (IPX5/IPX8)

AQUOS L2シャープから発売されているスマートフォンで、先ほど紹介した「SH-RM02」とは少し違いこちらはIPX6の防塵機能が付いています。

お風呂場でも使用できるように、温水防水設計されていて、IGZO液晶ディスプレイを採用することで、画面表示をより鮮やかにしてくれます。

価格:¥28,000~ (SIMフリー)

まとめ

以上紹介したように、同じ防水機能が付いているスマートフォンでも、規格によっては防水してくれる範囲が異なってきます。

簡単な覚え方としては、基本的にIPX以降の数字が大きくなればなるほど防水機能が高くなり、(IPX5/IPX8)のように2つ表示されている場合は、どちらの審査もクリアしていると言うことになります。

またお風呂場での使用頻度が高い場合は温水防水機能があると、より快適に使えますので、数値だけでなくそういったポイントも見ておくと防水機能付のスマートフォン選びで失敗する確率が下がります。

平均すると約2~3万円前後で防水機能の付いたスマートフォンは購入できますが、価格だけではなく、上記紹介したポイントを参考にしてあなたに合ったスマートフォンを見つけて下さい。

-格安スマホの比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.