スマホ

格安スマホの比較

必見!失敗しないためのSIMフリースマホの比較【2017年】

更新日:

SIMフリースマホと言っても現在では様々な機種が販売されていているので数が多すぎてどれを選べば迷ってしまいますよね。そこで今回はそんなSIMフリースマホの基本とその比較ポイントを紹介していきます。

SIMフリースマホとは

「SIMフリー」と言ってもピンと来ない来ないかもしれません。SIMフリーとはスマホなどに挿入されているSIMカードを何処のキャリアの物でも自由に入れて使用できる状態の事を言います。Docomoやau、Sofbank等のキャリアのSIMカードでも、MVNOから提供される格安SIMもお好きなキャリアを選択して使うことが出来ます。

MVNO等の格安プランを使うことで大手キャリアのように高い通信料金を払わずお得な価格で、通話プランやデータ通信プランを選択出来るようになります。また、SIMフリースマホのことを「格安スマホ」と呼ぶ場合もあります。

本体価格の安い格安のスマホ端末では無く、格安SIMが利用できるスマホ端末の事を言い、SIMロックを解除しなくても既にSIMフリーになっている事があります。

SIMフリースマホを購入した場合、キャリアと契約するよりもMVNOの安いプランを契約する方がお得なので、大体の方はMVNOのプランを契約します。その場合、SIMフリースマホは格安スマホと言って差し支えありません。

大手キャリアのスマホにはSIMロックがかかっている

大手キャリアで販売されている全てのスマホには現在SIMロックされた状態になっています。各キャリアは利用者を他のキャリアへ取られないようにするため、SIMロックした別のキャリアのSIMが使えないスマホを販売し2年縛りなどの割引プランと合わせて、顧客が流出しにくい販売方法をとっています。

別のキャリアへ契約を変更するためには、そのキャリアのスマホを新たに購入しなければならず、利用者にとって大きな負担と市場の独占化に繋がっています。

2015年5月以降に発売の機種はすべてSIMロック解除可能(参考:SIMロック解除に関するガイドライン|総務省)な現在では独占状態を緩和しようと政府も動き、2015年5月より販売される全てのスマホでSIMロックの解除、SIMフリー化が義務化されました。

スマホをSIMフリー化する事で、それまでは1つのキャリアのSIMカードしか使えなかったスマホでいろいろなキャリアのSIMカードを使うことが出来るようになります。大手キャリアのスマホもSIMフリースマホに出来るのです。

利用後一定期間はSIMロック解除できない点に注意2015年5月以前でも各社の裁量でSIMロック解除が可能なスマホがあったりもしましたが、以降に販売された全てのスマホはSIMロック解除の対象になりました。

しかし、各社が用意したキャッシュバックやMNPを利用した優遇を受けるために頻繁にキャリアを変更するような悪質な利用をさせないため、スマホを購入後半年間はSIMロックの解除をする事が出来ません。

SIMフリースマホと白ロム・赤ロムの違い

携帯端末を購入しようと調べると「白ロム」や「赤ロム」と言った単語が良くでて来ます。これについても簡単に触れておきます。SIMフリースマホと白ロム「白ロム」とは契約時に一緒に付いてきたSIMカードが入っておらず、契約情報も何も登録されていないまっさらな端末の事を言います。

ですので、「白ロム」と言ってもSIMフリースマホでは無い場合がある事に注意する必要があります。しかし、もともとの通信キャリアと同じ回線を使用するMVNOであれば、特にSIMロック解除をしなくても格安SIMを利用する事が出来ます。

主に、中古携帯ショップや中古ネットショップ、インターネットオークションで入手する事が出来ます。SIMフリースマホと赤ロム「赤ロム」とは白ロムと全く違い、紛失や料金の未払いや故障などのためにキャリアに利用停止処置をされた物のことを言います。

利用がキャリアによって端末自体が使えない状態になっているため、どのキャリアのSIMを利用しても使うことが出来ません。もちろんMVNOの格安SIMでも使うことが出来ません。中古の端末を購入する際はしっかりと確認する事が必要です。

SIMフリースマホを比較するポイントMVNOの解禁により格安スマホ市場は急速に拡大しており、今では多くのメーカーからSIMフリースマホが登場しています。

たくさんの機種があるといざ購入しようとしてもどれが良いのかが分かりづらいと思います。さらに、格安スマホとして利用するためには、格安のSIMカードを提供しているMVNOの組み合わせもあるので、悩んでしまう人も多いです。

比較ポイント

格安スマホを選ぶとき、何を比較するか基準を考えて見ましょう。

価格

格安スマホの候補として上がる端末の本体価格の多くは1~5万円の物になります。

スペックを気にせずとにかく安いスマホで安く使いたいと言う場合には1万円でも格安スマホを購入することが出来ます。

しかし、安いスマホでは当然スペックが低く、日常使う上で様々なストレスとなってしまうので、大手キャリアから初めて格安スマホへ移行するような方は、スペック差があまり大きくない3万円前後の価格の格安スマホを選ぶのが良いでしょう。

また、キャンペーンなどで本体価格が割引になっている場合もあるので、もし移行を考えているのであればMVNOのWEBページをチェックするなど、キャンペーン情報を見逃さないようにすると、よりお得に格安スマホを購入出来ます。

性能・機能

価格が高ければ良い性能のスマホ、安ければあまり性能の良くないスマホになるのは当たり前の事です。ですので価格だけで見るのでは無く、自分がスマホに何を求めているのか、必要な昨日は何なのか理解して、比較する事もとても重要です。

最も基本的なものとして、搭載されているCPUの種類、カメラの性能、バッテリーの容量などが上げられます。

CPU

CPUは画面表示や3Dゲームのパフォーマンスに影響スマホで行われているいろいろな処理を担当するのがCPUです。ですのでCPUの処理能力がそのまま、実際のスマホを使用したときのパフォーマンスとして強く表れます。

CPU性能が高ければ、アプリのアイコンをタップしてから起動するまでの時間が短く、、スワイプなどでのスムーズな操作性、ゲームの快適にプレイに繋がってきます。CPUの処理能力に付いて知るには、周波数とコア数が公表されていますのでこちらをチェックすると良いでしょう。

周波数とはGHz(ギガヘルツ)という単位で表記されています。コレは1秒の間にどれだけ高速に処理を行う事が出来るかを表していて、基本的に数字が大きいほど処理能力が高いことを表します。

コア数とは、クアッドコア(4コア)、オクタコア(8コア)と言ったような単語で表され、クアッドコアであればCPUが4つ、オクタコアであれば8つ搭載されている事になります。たくさんCPUがあればそれぞれで別の処理が出来るので単純にコア数が多いほど処理能力が高いことをになります。

ストレージ

ストレージ(HDD)はどれだけ画像や音楽が保存できるかストレージ容量が多いほどたくさんの写真や音楽を保存することが出来ます。低スペックなものになると8G、ハイスペックな物になると64Gや128G、最近では256Gも搭載している物が発売されています。

スペック表に表記されている数字は搭載されている容量なので、実際には初期のアプリケーションやスマホを動作させるためのさまデータが保存されているので、使えるよう容量はもっと少ない物になっています。

写真や動画をたくさん保存する人では8Gではあっという間に足りなくなってしまうので、32G、出来れば64G以上のストレージ容量の物を選ぶと良いでしょう。また、Android端末であればSDカードなどを利用してストレージ容量を補うことが出来るので利用するのも良いでしょう。

メモリ

メモリはアプリの動作感に影響メモリはストレージと違いデータをずっと保存する目的では使用されません。では何に使うのかと言えば、スマホでアプリを起動したときにそのアプリが使う様々なデータを一時的に保存するために使われます。簡単に言うとメモリがたくさんあると、スマホ自体やアプリがサクサクと動きます。

スマホのアプリ1つではそこまで多くのメモリを使わないため、2G以上搭載されているものを選べばほとんど困ることは無いでしょう。

バッテリー

バッテリー容量が多いほど一回の充電でより多くの時間使うことが出来ます。

これも安い端末ではバッテリー容量が少なく、高額な端末では多くなる傾向があります。ライトユーザー向けの端末はバッテリーの容量が少なく、頻繁に使うと1日と持たずバッテリが切れてしまう場合があります。

ヘビーユーザー用であれば、バッテリー容量も十分に搭載され、頻繁に大量に電力を消費するゲームなどアプリを使っていてもかなり保つようになっています。頻繁にスマホを使うようであればバッテリーの容量も気にすると良いでしょう。

また、モバイルバッテリーなどを別途用意して出かけている間でも充電できるような対策も一緒にとると、少ないバッテリー容量のスマホでも快適に利用できます。

カメラの性能

基本的に安い格安スマホのカメラの性能はお世辞にも良いとは言えない物です。

3万円前後程度の格安スマホからであれば、画質に強いこだわりが無ければ十分満足できる性能になります。Mate9や、honor8、HUAWEIP9等の格安スマホのカメラ性能は評判もよくおすすめ出来ます。2万円台でカメラ性能の物が欲しい時はP9liteがおすすめです。

最高の性能が欲しい時はiPhone7Plusとなります。現在のスマホの中では最強と行って良いカメラの性能です。

出来るだけ安くでもカメラの性能もちゃんと欲しいという時は、Docomoやauの白ロムとして中古ショップに並んでいるスマホがおすすめです。

Docomo系の格安SIMを使うのであればXperiaZ3Compact、au系の格安SIMを使うのならGalaxyS5SCL23がそれぞれ価格が安くカメラ性能が良いと評判があります。

デザイン

スマホは毎日持ち歩き使う物なので、デザインも重要です。格安スマホも最近ではカラーバリエーションを増やすなど、デザイン面でも利用者の選択肢が増えてきています。

MVNOによっては限定の本体色のスマホがあったりするので狙っている端末があるのならチェックするのが良いでしょう。

本体の材質もアルミボディや、特殊な加工がされた物、独特で個性的なデザインの物も増えています。価格、そしてデザインでもどの格安スマホにするか選んでみるのも楽しいでしょう。

おすすめのSIMフリースマホ機種

以上の比較ポイントを踏まえてそれぞれの使用用途をライトユーザー向け、ミドルユーザー向け、ヘビーユーザー向けに分けて比較してみました。

スマホをあまり使わない人はミドルユーザー向けの中から、スマホを普通程度に使う人はミドルユーザー向けの中から、スマホをたくさん使う人はヘビーユーザー向けの中から選ぶのがおすめです。

ミドルユーザー向け

ZenFone3Laser

ZenFone3Laser

人気/評判共に良かった前機種「ZenFone2Laser」の正当な後継機種として登場した機種、性能と価格のコストパフォーマンスが良く、約30,000円という価格ながらストレージとして32GB、4GBのRAMや5.5インチのフルHDの高精細ディスプレイ、1300万画素の手ぶれ補正付きのカメラと普段使うのに必要十分なを性能をもっています。

本体も金属ボディへと変更され、安っぽさも無くなりました。

ZenFone 3 Laser
ZenFone 3 Laserが安く購入できる格安SIMとは

ZenFone 2 Laserの後継モデルとしてリリースされた「ZenFone 3 Laser」は、ハイレベルなコスパとお手頃な価格設定がユーザーからも好評なスマホ端末です。 今回は、そんなZenFo ...

続きを見る

ZenFoneGo

ZenFone Go

ZenFoneGoは日常使うにあたって不便にならない程度の性能に絞ることで、価格を抑えたモデルです。

ストレージも16G、2GのRAMと写真をたくさん撮ったりゲームなど遊ぶには少々厳しい性能ですが、格安で比較的まともに使える5.5インチスマホとして長い間人気機種となっていました。同じ5.5インチで上位機種といえるZenFone3Laserが発売されたことで、人気はやや下火になっています。

arrowsM03

arrowsM03日本の家電メーカの富士通が製造しているモデルなので、他の海外製端末にはないワンセグやお財布ケータイなどが使えるという特徴があります。

バッテリーは2580mAhと海外製のスマホと比べるとやや少ないですが、動画を見たり普段使いをするぶんには十分で、省電力モードを使用すれば2~3日ほど使う事が出来る様です。さらに防水・防塵・耐衝撃もついていますので少々荒い使い方をする人にもおすすめと言えます。

arrowsM03
arrowsM03が安く購入できる格安SIMは?

格安SIMを使うと、月々の携帯電話利用料金が大手携帯電話事業者より安くなるというのは知っている人が多くなってきました。 しかし、今自分が使っているスマートフォンで格安SIMを使う事が出来るのか?と疑問 ...

続きを見る

P9Lite

比較的コストパフォーマンスが良いと言えるP9Liteは、オクタコアCPU、大容量の3000mAhのバッテリー、1300万画素のメインカメラ、ストレージ16G、メモリ2Gとややカメラとストレージ/メモリが弱いとは言え、背面に搭載された指紋認証センサーやタッチパネルには圧力センサーが搭載されタッチの強さを使った端末操作もできます。

これからのSIMフリースマホのスタンダードの機種として言っても良いでしょう。

HUAWEI P9 liteが安く購入できるオススメ格安SIMとは

2016年6月17日に発売された「HUAWEI P9 lite」は、ユーザーから好評だった「HUAWEI P8 lite」をさらにブラッシュアップした人気のスマホです。 シンプルで洗練されたフレームデ ...

続きを見る

gooのg07

gooのg07gooのg07は約2万円で販売されている割には、オクタコアのCPU搭載で3GのRAMを搭載するなど比較的より性能をしていると言えます。

2時間でフル充電可能なできるUSBTypeCを搭載していたり、DSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)端末なので2枚のSIMカードを挿す事が出来るなど特徴があります。

DSDS端末を使いたいけど本体価格を抑えたい時などはおすすめです。

SAMURAIREI

SAMURAIREI薄く軽く、そしてデザインを重視したスマホがSAMURAIREIです。格安スマホとは言えチープさなど感じさせず、高級感すらを漂わせているので性能や機能よりもデザインを重視する人にうってつけと言えます。

指紋認証も搭載していたり、5.2インチの画面の周囲の縁が細くなるように工夫もされていますが、電池の持ちが悪かったらり、初期不良などの不具合が多いことで発売直後から値下がりをしてしまっています。価格が下がってからは満足感もそこそこ高く、人気となっていますが、不具合に注意が必要となっています。

ハイスペックなSIMフリースマホ

honor8

honor 8高性能なCPUを搭載し4GBのRAM、高性能な1200万画素ダブルレンズカメラと足らない部分を探すのが難しいハイスペックスマホです。

楽天モバイルの格安SIMとセットでの購入する事で税込3万5000円で購入出来るなど、ハイスペックスマホとしては格安に購入可能です。出来るだけ安く性能の高い格安スマホが欲しいときには最適といえます。

Mate9

Mate9処理能力はもちろん事、デザイン性の高さ、機能や設計が扱いやすく、カメラも手ぶれ補正を搭載している等たくさんの魅力を詰め込んだスマホです。

この内容と全体のバランスの良さで価格も発売時に比べて手頃になっているので、一押しのスマホです。

Zenfone3

Zenfone3Zenfoneシリーズの最新機種として登場し、これまでのZenfoneと比べても飛躍的に高性能・多機能となっています。

3大キャリアの通信バンドのほぼ全てに対応する事によって、これまで使えなかったau回線のMVNOのSIMカードも使用可能となり、多くの通信プランに対応可能となりました。価格も中華スマホのDSDS対応機種とも同価格帯になっていて、様々な点でバランスのとれた良い機種です。

HuaweiP9

Huawei P9ミドルレンジ向けのP9liteを選択肢とするなら、その上位機種のHuaweiP9も選択肢の1つとしてあげるのも良いでしょう。

バッテリー容量はP9liteと同じサイズですが、ストレージは倍の32G、3GのRAM、そしてデータ通信の最大速度も上位機種という事でまさっています。価格もそれに合わせて高価になっていますが、ハイスペックモデルとして何処にも不満の出にくい機種です。

MOTOROLA MotoG4Plus

MotoG4Plus2016年7月22日に発売された、国内初のDSDSに対応したSIMフリースマホです。

3~3.5万円程度する機種ながらやや見た目はチープだったり、FOMAプラスエリアに非対応なため通話エリアにやや不安な点はありますが、DSDS機種の需要の高さから人気の格安スマホの1つになっています。4K動画の撮影が出来る等カメラの性能はなかなか高い様です。

AQUOSSH-M04

AQUOSSH-M04

AQUOSSH-M04はDocomo系の格安SIM、AQUOSLはau系の格安SIMにそれぞれ対応し、細かなところに多少の違いはありますがスペック的には同一機種と言って良いものです。

国内メーカーが製造しているという事で防水やお財布ケータイに対応しており、さらに液晶がIGZOである事で他の端末に比べて高画質であると言えます。

ライトユーザー向けのSIMフリースマホ

LiquidZ330

LiquidZ330格安スマホでも安い部類に入る特に特徴の無いスマホに見えますが、他の格安スマホに比べ電池の持ちが良かったり、スピーカーの音質の評判も良いです。現状は1万円を切る価格で入手可能など、とにかく低価格の格安スマホを探しているのなら候補の1つになるでしょう。

Priori3LTE

様々な機能をライトユーザー向けに絞ることで価格を抑えた格安スマホです。画面も4.5インチと最近のスマホにからみるとコンパクトになっているので、5インチより大きいサイズのスマホにが好みで無い人におすすめできます。

Priori3SLTEというバッテリー強化版のモデル(バッテリーが大型したために一緒に画面サイズも5インチに大型化)では4000mAhというハイスペックモデルのものと比べても大容量となっています。

P8lite

P8lite2015年6月19日の発売から格安スマホの中で超人気モデルとなっていましたが、現在では販売数が減っていて入手が難しい状況です。

とはいえ、人気機種であったことから分かりますが、一般的な使い方をするには十分な性能を持ち、デザインも悪くなく無難なスマホとして今後も使い続けられるものと言えます。

-格安スマホの比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.