HUAWEI nova

格安スマホの比較

「HUAWEI nova」購入するならどこの格安SIMが安くておすすめ?

投稿日:

2017年2月に発表されたばかりの「HUAWEI nova」。あのZenFone 3にも引けを取らないかなりの高スペックを誇るSIMフリースマホだとして、巷でも注目されています。現在、格安スマホを使っている方も、乗り換えをご検討中の方も「ぜひHUAWEI novaを使いたい!」とお思いの方も多いのではないでしょうか?ただ、そんなハイエンドモデルといえる「HUAWEI nova」は、やはりお値段もそれなり。

発売を楽しみにしてはいたけど、いざ買い換えるとなると躊躇してしまうという方もいるかと思います。今回はそんな方たちへ向けて、HUAWEI novaを少しでもお安く購入できる格安SIMをご紹介いたします!

「HUAWEI nova」基本のスペック

HUAWE(ファーウェイ)から発表された「HUAWEI nova」は、曲線が美しい洗練されたフォルムに、性別や年齢を選ばないシックなカラーバリエーション。

3D指紋認証センサーやUSB Type C端子など最先端のシステムを搭載しているハイエンドモデルです。さらに、5.0インチサイズのスマホのなかでは初のデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応。コンパクトなボディからは想像できない高スペックなSIMフリースマホです。

基本的な性能は以下のとおり。

  • 本体サイズ 141.2mm×69.1mm×7.1mm
  • 重さ 146g
  • ディスプレイ 5.0インチ(1920×1080)
  • CPU Qualcomm® Snapdragon™ 625 オクタコア
  • OS Android™ 6.0 Marshmallow
  • RAM 3GB
  • ROM 32GB
  • メインカメラ画素 1,200万画素
  • サブカメラ画素 800万画素
  • バッテリー容量 3,020mAh
  • カラー ミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールド

カメラの画質に関しては、数字だけ見ると「ZenFone 3」のメインカメラ1,600万画素と比べて劣る印象かもしれません。しかし、高速オートフォーカスやF値2.2のレンズを採用しているため、どんな被写体においてもぶれずに美しく撮影することができます。

また、動画では4Kに対応していたり、サブカメラには「ビューティーモード」機能という女性には特に嬉しい機能もついています。友達や恋人との思い出づくりはもちろん、お子さんの成長記録などの撮影でも一役買ってくれるのではないでしょうか。

また、RAMについても3GBもの容量があるので、ゲームアプリや動画視聴やゲームアプリをするときでもサクサク動作してくれるのが魅力的。ハイエンドモデルならではの「Micro USB Type C」も搭載しているため挿し間違えの心配などする必要もなく、充電能力も上がりまさに一石二鳥です。

どの格安SIMで購入するのが一番お得?

さまざまな最先端技術を兼ね揃えている優れたスマホであることがわかった「HUAWEI nova」。

しかし、どんなに素晴らしい機種だったとしても、やはりできるだけお安く手に入れたいのが消費者心理というものですよね。では、一番お得に購入できるのはどの格安SIMなのでしょうか?

公式サイトではいくらで購入できるの?

HUAWEIオンラインストアでは送料無料、端末価格41,018円で購入することができます。

さすが高スペックを誇るスマホだけあって、価格設定も強気な印象ですね。先のスペック説明をご覧いただければわかるように優れた性能だからこそ価格なのはわかりますが、やはりできるだけお安く手に入れたいところですね。

HUAWEI novaが安い!格安SIMランキング

ここからは、HUAWEI novaをお安く購入することができる格安SIMを、価格が安い順(税抜)に見ていきましょう(2017年3月現在)。

1位. エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

  • 料金:一括払い32,800円
  • 分割払い1,366円×24回(※初月のみ1,382円)

今回ご紹介する格安SIMのなかでは断トツの安さなのが、エキサイトモバイルです。HUAWEIオンラインストアでの公式価格と比べるとほぼ1万円もお安いことを考えると、とても魅力的な格安SIMですね。

ただ、カラーによっては在庫がない場合もあるので要注意。「カラーにこだわりはないからとにかく端末の安さを重視したい!」という方にはとてもオススメです。

2位. 楽天モバイル

楽天モバイル

  • 料金:一括34,800円(期間限定/Web限定)
  • 分割1,450円×24回

楽天モバイルは2017年3月10日~4月10日までの間、Web限定で「新生活応援キャンペーン」を実施中。このキャンペーンを利用して楽天モバイルに申し込むことで、通常の店頭販売価格37,980円から3,180円割引されます。

この他にも、同時に楽天カードに新規加入することで入会特典5,000ポイントを端末料金の支払いにすぐ使えるので、まだ加入されてない方はよりお得に端末を購入することができます。

3位. IIJmio

iijmio

  • 料金:一括34,800円
  • 分割1,500円×24回

「みおふぉん」の愛称で親しまれているこちらの格安SIMは、さまざまなキャンペーンを頻繁に開催しているのが魅力。2017年3月31日まで行っている「1年間月額料金400円割引キャンペーン」など、新規加入の方向けのキャンペーンも豊富です。

4位. DMM mobile

dmm-mobile

  • 料金:一括34,800円
    分割1,850円×24回

DMM mobileでは今のところ端末代に関するキャンペーンなどは行っていないようです。契約した方全員に、DMMポイント還元キャンペーンなどは実施されているので、DMMのサービスをよく利用する方にはオススメです。

5位. mineo

mineo

  • 料金:一括37,800円
    分割1,575円×24回

mineoでは2017年5月9日まで「新生活応援!800円×3ヶ月割引キャンペーン」を実施しています。デュアルタイプ(音声通話SIM)への新規申込みをすることで、月額基本料金から800円が3ヶ月間割引になるこちらのキャンペーン。

音声通話SIMを希望している方には良いのではないでしょうか。

6位. BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM

料金:一括払いなし
分割1,570円×24回

BIGLOBE SIMでは、今のところ端末代の一括払いには対応していないようです。ただ、4月2日まで「新生活応援!春のスマホデビュー特典」と称したキャンペーンを実施中。対象者に「1万円キャッシュバックも!月額

料金6カ月値引き特典」や端末代から3,000円割引されるクーポンの進呈特典など、多数の嬉しいキャンペーンを開催しているため、一括購入にこだわりがない方にはオススメです。

まとめ

ここまで、HUAWEI novaを少しでもお安く購入できる格安SIMについてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?公式オンラインショップと比較すると、どの格安SIMもお得になることがわかりました。

格安SIMはそれぞれ特徴的な料金プランを提供しているので、今回の記事でご紹介した端末代やキャンペーンも参考にしつつ、ご自分に合うプランの格安SIMを選んで、少しでもお得に利用しましょう!

-格安スマホの比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.