格安スマホの比較

Huawei Mate 10 Proのスペックやデメリットを分析して辛口レビュー

投稿日:

Huaweiから発売されたハイエンドモデルのHuawei Mate 10 Proのスペックや気になるデメリットは実際のところどうなのか?徹底解説していきます。

Huawei Mate 10 Proのスペック

HUAWEI Mate 10 Proのスペック
 メーカーHUAWEI
CPU(プロセッサー)HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU (4 x 2.36GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)

+ i7 コプロセッサ / Mali-G72 12コア GPU / NPU: Neural Network Processing Unit

内臓メモリ容量6GB RAM / 128GB ROM※1
ディスプレイ約6.0インチ HUAWEI FullView Display

18:9 OLED / 2160x1080ドット / 402ppi / 1670万色 / 色域(NTSC): 112% / コントラスト: 70000:1

バッテリー容量4000mAh (一体型) /急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A
耐水・防塵IEC規格60529にもとづくIP67等級※3
通信速度受信時 : 最大500Mbps /送信時: 最大50Mbps

 

画素数(背面カメラ)メインカメラ(ダブルレンズ):

1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー

こちらの表を見ていただいて分かる通り、格安スマホとは思えないスペックになっています。バッテリー容量も4000mAhと大容量になっていて、カメラもiPhoneと同じようにダブルレンズとなっています。

スマホヘビーユーザーでも、高スペックなのでフルに使用することが可能です。

ではHUAWEI Mate 10 Proのメリットやデメリットなどを詳しくご紹介したいと思います。

HUAWEI Mate 10 Proのメリット

驚異的なスペックのCPU

CPU

HUAWEI Mate 10 Proに使用されているCPUはHiSilicon Technologies製SoC(System-on-a-Chip)の「Kirin 970」と言うものを搭載しています。

簡単にどこが凄いのかを説明すると「Kirin 970」はAIプロセッサになっていて、機械学習が入っているため処理の効率が上がります。さらにCPUに関するコストパフォーマンンスが高く、価格対性能もバッチリです。

HUAWEI Mate 10 Proの本体価格は85000円前後ながらも、「Apple」や「Qualcomm社のSnapdragon 835」とほぼ同等のスペックであるCPUが搭載されているので、コストパフォーマンスと言う点で言えば、数あるスマートフォンの中でも最高に高いと言えます。

6GBのRAMと128GBのROM

メモリスマートフォンに使用されるRAMの容量は1~4GBが多く、参考までにiPhone X(約14万円)のRAMは3GBとなっています。HUAWEI Mate 10 Proは6GBとかなり高く文句なしのハイエンドモデルだと言えます。

RAMのGBが多いとどう言った利点があるのかと言うと、処理速度が早くなります。例えばアプリを一気にスムーズに開くことが出来たり、マルチタスクした時の処理速度が早いので、使用する側の体感的なことを言うと「動作が早い」ことに繋がります。

ROMの数値は単純にアプリケーションや写真ファイル、音楽ファイルを保存できる容量のことで、128GBと言う容量はスマートフォンの容量の中では大容量なので、ストレージをほぼ気にすることなく使用が可能です。

高機能なカメラ性能、AIを使った最適なカメラ設定を実現

スマホのカメラ2000万画素のモノクロセンサーと1200万画素のRGBセンサーが採用されたデュアルレンズが採用されていて、被写体以外の背景が自然にボケるポートレート写真を撮影することが出来ます。

さらにカメラにもAIが人物を識別して通常のカメラであっても、セルフィーであっても被写体をリアルタイムで自動判別してピントや明るさを自動で調節することが可能です。

高級感のあるデザイン

Mate 10 Proの外観スマホの中には、パッと見ただけで「格安スマホ」と分かるものも多く存在しますが、HUAWEI Mate 10 Proのデザインは、約6.0型の有機EL(2160×1080)パネルが使用されていて画面占有率は80%以上と表面はほとんどがディスプレイとなっています。

スマートフォンは毎日持ち歩くものなので、パッと見た時に高級感があるデザインであると言うことはかなり重要なポイントだと言っても良いです。

電池持ちがかなり良い

スマホの電池持ち基本的に大容量と言われているスマートフォンでもバッテリーは2700mAh~3000mAhほどのものが多い中HUAWEI Mate 10 Proのバッテリーは4000mAhとかなり大容量のバッテリーとなっています。

スマートフォンのゲームや仕事でスマートフォンをよく使うなどのスマホヘビーユーザーからしても、これだけのバッテリー容量があれば安心して使用することが出来る仕様になっています。

デュアルSIM・デュアルVoLTE(DSDV)

Mate 10 ProではSIMカードを2枚同時待ち受けにすることができる、DSDVに対応しています。

さらに音声通話を4G回線で仕様できるVoLTEにも対応していますが、こちらは現在ソフトバンクのVoLTEだけとなっています。

縦長ディスプレイ仕様で持ちやすい

Mate 10 Proはハイエンドモデルのスマートフォンでよく仕様される、アスペクト比9:18という超縦長タイプのディスプレイとなっていますので、片手で持って操作しやすい仕様になっています。

男性であれば片手で持って親指でほとんどの範囲を操作できるのが特徴です。

高性能な指紋認証

スマホの指紋認証表面はほとんどディスプレイのため、指紋認証は裏面に付いています。驚くべきなのがセンサーの反応速度はわずか0.33秒で手を置いた瞬間にロックを解除することが可能になっています。

また水中でも指紋認証は認識できるため、水分が残った手でも拭く必要がなく、素早く解除する事が出来ます。

充電が早い

スマホのバッテリー持ち

4000mAhと大容量バッテリーの為充電にもかなりの時間がかかりそうですが、満充電までは僅か1時間ほど、約20分の充電で40%まで充電できると言うかなりの高速充電を可能にしています。

HUAWEI Mate 10 Proのデメリット

3.5mmジャックのイヤホンがない

スマホのイヤホンイヤホンジャックが付いておらず、イヤホンを仕様する場合は充電と同じUSB-Type Cポートに同梱の変換アダプタ経由でイヤホンをつけることになります。

ワイヤレスイヤホンの登場や防水・防塵機能を採用するにはイヤホンジャックを無くす必要があったのではないかと思います。

au回線が使えない

auソフトバンク回線やドコモ回線を使用したMVNOで使うことは可能ですが、au回線では使用できないようになっています。

なので新規でMate 10 Proを購入する場合は自分が使用するキャリアや回線も考慮して購入することをオススメします。

microSDカードが使えない

マイクロSDカードが使用出来ないため、データ容量は128GBのROMで固定となります。

もしデータ容量が心配な場合はクラウドサービスや別途ハードディスクを用意する必要があります。

Mate 10 Proの価格

本体価格は85000円前後で購入が可能ですが、MVNOでSIMの契約と端末の購入を一緒に行うと、7万円台で購入できることもあります。

MVNOの契約が前提である場合、Mate 10 Proがラインナップされているかを確認してから購入した方がお得に購入することが出来ます。

Mate 10 Proを取り扱うMVNO

など数多くの取り扱いがありますので、もしMVNOも一緒に契約される場合は自分にあったプランを探しやすくなっています。

まとめ

Mate 10 Proの凄さはなんと言ってもそのコストパフォーマンスの高さです。8万円台でありながら、高グラフィックな3Dゲームの処理も問題なく行える高性能なCPUや、高級感のあるデザインのハイスペックなスマートフォンが手に入ります。

おそらく8万円台でこのパフォーマンスのスマトーフォンは市販されているものでは、他にはないと言うところまで来ているので、出来るだけ値段を抑えて高スペックなスマートフォンを購入したいと言う方にオススメです。

-格安スマホの比較

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.