シェア

使用用途別の比較記事

シェアプランのある格安SIMの比較

更新日:

家族全員格安SIMに変更してスマートフォンの料金を安くすることを希望する人も多くなっていることから、パケットの容量を家族同士でシェア出来る『シェアプラン』を選択される方々が少しずつ増加していると言われています。

これは、大手携帯電話会社においてはごく普通に存在する『家族割引き』ですが、格安SIMにおいてはそのような状況でないため、『シェアプラン』を利用し、家族全員が一斉に格安SIMに変更することで、上手にスマホ料金を安くするといったものです。

ここでは、シェアプランについて詳しくみていくこととし、シェアプランを利用することでどのような良い点や悪い点が出てくるのか、使用する上で気を付けたいこと、さらには私が推奨したいシェアプランについてもお話していきたいと思います。

SIMカードを2枚以上所持することで、家族のみならず友人と分け合うことや、所持する端末毎で分け合うといったことも可能です。

今回のお話を読んで頂き、シェアプランを利用する際の参考として頂ければ幸いです。

格安simのシェアプランの形態について

同名義で契約するパターン

一人が契約することで2枚以上のSIMカードを持つことが可能ですので、そのうちの1枚を自分用とし、他のSIMカードを家族にあげ使用するといったものです。

家族それぞれで名義が異なる時は、MNPを利用する際、予めスマートフォンの名義を申込者となる方の名義としておかなければなりません。

ただし、BIGLOBEの格安SIMに関しては、同じでなくてもよいとされています。

異なる名義で契約し、割引を受けるパターン(mineoのみ)

同じ名義となっていない格安SIMであっても、家族の場合は『家族割引』によって毎月の利用料金を50円安くすることが可能です。

このサービスはmineo独自のサービスとなっています。

家族を対象としたプランの用途に関しては次の通りです。

1人で複数の端末を使う場合

家族を対象としたプランとは言っても、利用されている方の多くは1人で2枚以上のSIMカードを色々な機器に装着して使用していると言われています。

このようなプランでも大きなデータが使用出来るものが存在するため、パケットを大量に消費する方が自分だけで使用するという場合や、テザリングをしなくても済むように複数枚のSIMカードを持つという方もいらっしゃるようです。

家族で使う場合

家族で使用するケースでは、大きな料金の引き下げは期待出来ないものの、若干引き下げることが可能な格安SIMが存在します。家族を対象としたプランを取り扱っているmineo、BIGLOBE、エキサイトがその一例です。

家族を対象としたものでも、OCNモバイルONE、DMMモバイルIIJmio等に関しては、あまり料金が変わらないうえ、使用感もそれほど良くないとされています。

格安simのシェアプランを使うメリット

通信量を有効活用できる

家族の方々それぞれが違う名義で契約を行うと、使用する容量も違ってくることから、パケットの容量が不足することや、その逆も考えられます。

しかし、それもシェアプランを利用して契約を一つとすることで、不足している方に容量を与えるといったことが可能となるので、パケットの容量を効率よく使用することが出来るのです。

タブレット単体で通信可能

スマホに加えてタブレットを使用している方は、おそらくスマホに備わっているテザリングを利用されているかと思われます。

しかし、通信を行う都度テザリングを行うというのも、手間がかかるかと思うのです。そのような場合、新規でタブレット専用としてシェアプランの契約を行えば、テザリングを行わずともデータ通信を行うことが可能となるのです。

テザリングはバッテリーをかなり消費しますので、効率よく通信を行えるようになるのです。

 格安simのシェアプランを契約する際に確認しておきたいこと

最大利用枚数を確認する

最大の利用枚数に関しては、何名の家族で利用するのか?と捉えると理解出来るかと思われます。

要は、4名の家族で使用していく場合は、最大の利用枚数を最低4枚持つことで料金を引き下げることが可能となるのです。

IIJmioの場合は、通話タイプのSIMを5枚まで持つことが可能なため、プランが1つあれば家族の5名で使用していくことが出来ます。

一方、1枚までしか持つことが出来ないmineoにおいては、各々で使用出来るデータの容量が決められているため、容量をオーバーすると速度が急に落とされることとなるわけですが、『パケットギフト』があれば、家族同士でシェアすることが可能です。

とはいえ、実際には家族の皆で使用しても10GBに満たないケースを考えると、IIJmioの場合は家族同士で分け合えるといったものが、『ファミリーシェア(10GB)』のみとなっているので、mineoを選択する方が料金を抑えられることになっています。

大げさな例ではありますが、家族の使用数と同じ枚数のSIMカードを用意することとなるため、出来れば家族における使用数と持つことが可能なSIMカードの数が同じ枚数である会社や、或いはそれより多い会社を選択された方がよいでしょう。

シェアプランのある格安SIMを比較

mineo

2名以上で使用するケースでは、利便性という点ではmineoが最も優れていると言えます。

mineoのおける家族を対象としたプランでは、一人ひとりが格安SIMの契約を行って、契約を行ってから家族割引やパケットを分け合うことが可能となっているのです。

IIJmioにおけるファミリーシェアプラン等とは違い、1名の契約で2枚以上のSIMカードをシェアするといったものではないため、自身が求めるプランを使用しつつ、家族を対象としたサービスの恩恵が得られることになります。

さらに、mineoにおいては、500MB、1GB、3GB、5GB、10GBの5タイプのプランの中から選ぶことが可能なため、IIJmioと比べ、より自身にマッチした容量での格安SIMを使用することが可能ですし、ドコモのみならず、auユーザーも今使用している機種を使い続けることが可能となっているのです。

SIMカード最大枚数は5枚までとなっています。

mineoのプラン内容

ドコモプラン(Dプラン)
デュアルタイプシングルタイプ+SMSシングルタイプ
500MB1,400円820円700円
1GB1,500円920円800円
3GB1,600円1,020円900円
5GB2,280円1,700円1,580円
10GB3,220円2,640円2,520円

 

auプラン(Aプラン)
デュアルタイプシングルタイプ+SMSシングルタイプ
500MB1,310円700円700円
1GB1,410円800円800円
3GB1,510円900円900円
5GB2,190円1,580円1,580円
10GB3,130円2,520円2,520円
mineo
mineoの評判・評価と速度の比較

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

続きを見る

IIJmio

iijmio

家族の皆が電話番語を変えずに利用出来る『ファミリーシェアプラン』が存在します。3GBと5GB、そして10GBの容量の中から選び、SIMカードのタイプで料金が異なるようです。

『ファミリー通話割引』と呼ばれるサービスが存在し、これに入ることで家族の間での通話料金を2割安くすることが出来ます。家族の間で通話することがある方にとっては、メリットがあると言えます。

格安SIMを取り扱う会社ですが、次の月に容量を持ち越すことができ、使用されなかった容量を次の月に持ち越すことによって、データを効率よく使用出来るため、より容量を大事に利用することが可能となっているのです。

IIJmio「みおふぉん」はユーザーからも評判が高いことでも広く知られており、平成27年度における『MMD研究所満足度』、『RBB TODAY総合満足度』といったもの等の調査で、格安SIMのジャンルで首位の座を得ています。

SIMカード最大枚数はミニマムスタートプラン→2枚まで、ライトスタートプラン→2枚まで、ファミリーシェアプラン→10枚までとなっています。

IIJmioのプラン内容

音声通話機能付きSMS機能付きデータ通信専用
ミニマムスタート
プラン(3GB)
1,600円1,040円900円
ライトスタート
プラン(6GB)
2,220円1,660円1,520円
ファミリーシェア
プラン(10GB)
3,260円2,700円2,560円

オプション

  • 追加sim料金→音声電話もしくはSMS機能付きの場合は2枚目以降400円、データsimの場合4枚目以降400円
iijmio
IIJmioの評判と辛口評価

IIJmioは最近楽天モバイルに抜かれてしまいましたが、業界シェア2位の格安SIMが有名になる以前から回線を提供している老舗の格安SIMです。 新規参入してきたMVNOとは異なり、いきなりサービスの提 ...

続きを見る

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル

エキサイトモバイルの場合は、使用した容量によって、料金が変化する従量制が採用されています。通信の速度の実測値を見てもそれなりに速いですし、毎月の料金も1GB単位での従量制となっているため、毎月の料金の節約を最も容易に行うことが可能となっています。SIMカード最大枚数は5枚まで。

所有可能なSIMカードは5枚であり、200kbpsの低速回線であれば、容量を使うことなく使用することが可能です。

ただ、低速回線であっても、3日間の通信容量が366MBを超過してしまうと、通信速度が規制されることとなっていますのでご注意下さい。

プラン内容

最適料金プラン定額プラン
100MB1,050円
500MB1,100円
1GB1,180円1,260円
2GB1,340円1,450円
3GB1,550円1,680円
4GB1,780円
5GB1,890円
6GB1,950円
7GB2,100円
8GB2,190円
9GB2,380円2,460円
10GB2,540円
11GB2,830円
12GB3,100円
13GB3,450円
14GB3,790円
15GB3,980円
20GB5,180円
エキサイトモバイル
エキサイトモバイルの評判とレビュー

エキサイトモバイルの月額料金は1GBごとの従量制となっています。そのため、月額料金を簡単に安く抑えることができます。 料金を安くするためには、SIM3枚コースが良いでしょう。家族で使う場合、SIM3枚 ...

続きを見る

DMM mobile

dmm-mobile

格安SIM会社の中では最も料金が安いとも言われているDMM mobileの場合は、3枚までのSIMカードの間で容量を分け合えるようになっており、2枚であろうと3枚であろうと料金は変わらないため、3枚のSIMカードを利用して大きな容量を分け合うと一人毎の料金を節約することが可能となっています。

ただ、選択出来るプランが全て最低8GBとなっているので、データの消費量が少ない方であれば、使用する分だけの容量での契約とした方が賢明と言えるでしょう。SIMカードの最大枚数は3枚です。

プラン内容

通話SIM3枚通話SIM2枚+
データSIM1枚
通話SIM1枚+
データSIM2枚
データSIM3枚
8GB4,080円3,380円2,680円1,980円
10GB4,290円3,590円2,890円2,190円
15GB5,700円5,000円4,300円3,600円
20GB7,380円6,680円5,980円4,980円
dmm-mobile
DMM mobileの評判・口コミと通信速度

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

続きを見る

BIGLOBE SIM

BIGLOBE SIM
ライトSプラン(6GB)、12ギガプラン(12GB)の2タイプからの選ぶことが可能です。後者の場合は4枚までSIMカードを増やすことが出来るため、家族が5名居る場合でも利用が可能で、利便性の高いものとなっています。

BIGLOBE SIMにおいてもデータを持ち越すことが出来るため、使わなかった分に関しては次の月に使用することが可能です。

利用が出来る地域に関しても、ドコモと変わらないため、ドコモの端末が使える地域であれば使用することが出来ます。

当日中に手にすることが可能なところだと、通話SIMとMNPの申込みをすぐに同時に行うことが可能なため、申込み当日に電話番号を変えることなくBIGLOBEを利用することが出来るのです。

プラン内容

音声通話SIMデータSIM
+SMSオプション
データSIM
ライトSプラン
(6GB)
2,150円1,570円1,450円
12ギガプラン
(12GB)
3,400円2,820円2,700円
BIGLOBE SIM
BIGLOBE SIMの評判・通信速度と実際に使ってみたデメリット

BIGLOBE SIMの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

続きを見る

NifMo

nifmo

平成28年9月に誕生した『NifMoファミリープログラム』は、読んで時のごとく、家族を対象としたプログラムとなっています。

2つ以上の契約を一つとすることで利便性の高い機能を使用することが可能です。親となるIDを選択し、それに対して子どもとなるIDを付加するという形です。

データの容量をそれぞれの方々で分け合うことが可能な『シェアプラン』以外にも、親、子に関係なく月毎に0.5GBの容量が追加で与えられる『ファミリーおまとめボーナス』もお勧めとなっています。

1つの契約に対する容量は大きくはありませんが、4つの契約を行えば総計2GBが与えられることに加えて、分け合うことも可能となりますので、家族全員にメリットがある良心的なシステムと言えるでしょう。

nifmo
NifMo(ニフモ)の評判とレビュー

格安SIMアワード2015を獲得した実力派格安SIM、NifMoの評判やメリット&デメリットを詳しく解説しました。 楽天モバイルやiiJmio、LINEモバイルなど他社MVNOとも比較しているのでどの ...

続きを見る

OCNモバイルONE

ocnmobileone

SIMカードにオプションとして付け加えられる『容量シェアSIM』とサービスが存在し、これは、4枚までSIMカードを増やすことが出来るといったものです。

データSIMでは1枚SIMカードを増やす毎に450円が加算されていきます。毎月3GBまで使用出来るSIMカードの場合、SIMカードを3枚増やしたい場合は毎月2000円、5枚増やしたい場合は毎月2900円を支払えば行うことが可能です。

ちなみに、SIMカード1枚に対して700円上乗せすることで、通話タイプのSIMとすることも可能となっています。

OCNモバイルONEの魅力は、所持出来るSIMカードの枚数が多いことや、月単位のコースに加えて一日単位のコースが存在することです。

ocnmobileone
OCN モバイル ONEの評判と通信速度の比較

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

続きを見る

注意点

個人の容量設定ができない

特定のパケット量を家族で分け合うことになるので、家族のそれぞれで容量を決めるといったことは不可能です。

仮に3名の家族で10GBの契約を行ったとする場合、3名合わせて10GBとなるので、甲が3GB、乙が2GB、丙が5GBという感じで契約することは無理であり、一人が10GBを超えてしまうと家族の皆が通信を行うことが不可能となってしまいます。一人の責任は皆の責任と考えると分かりやすいかもしれません。

したがって、容量の大きいアプリを何度も落とす、動画を何時間も見るといったようなことをしてしまうと容量が足りなくなるということもあり得るのです。

このような事態とならないようにするには、月のどこかで使用量をチェックすることや、動画一切見ないといった規定を家族間で設定すればよいかと思われます。

個々人それぞれで契約を行えば自分だけの責任となるので、他の人が容量を超えた場合でも他の人に迷惑が掛からないため、気楽に使用出来るといった見方も出来ます。自分の家庭がシェアプランを使用した方が良いのか否か検討してみましょう。

複数回線のメリットが少ない

大手携帯電話会社の場合は、家族同士の通話が無料になったり、Cメールを時間帯に関係なく無料で使用出来る、獲得したポイントを家族同士で共有出来るといった利点があるわけですが、格安SIMにおいてはそのようなケースがあまり見受けられません。

2つの以上の契約を行っても、料金という点ではそれによる恩恵の実感があまりない状態となっているのです。

また、シェアプランを利用するには同じ名前のもとでMNPを利用することが求められていますので、家族でパケットを分け合うのではなく、一人が2つ以上の契約を行うというのも一つの手と言えます

まとめ

データ通信の容量を分け合うという点で、気を付けたい点が多く存在するものの、上手に利用できさえすれば、家族全員が格安SIMに変更して月々のスマートフォンの料金を大きく下げることが可能です。

大手の携帯電話会社との異なる点や、気を付けたい点をきちんと理解し、上手に料金を抑えていって下さい。

家族に限らず、私と同様、2台以上の機器を所持している方の場合も、テザリングなしで通信が行えるという利点もありますので、シェアプランを利用していない方は、是非一度利用して頂きたいと思っています。

-使用用途別の比較記事

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.