楽天モバイル

UQモバイル

楽天モバイルとUQ mobileどっちがいい?速度から料金まで徹底比較

更新日:

UQモバイルはデータ通信を行う際の速さに定評があり、楽天モバイルは選べる端末や提供しているサービスが多いことに定評があるということから、いずれかを選択するとなった場合には案外と時間がかかってしまうかもしれません。

公式サイトがきちんとしている上、テレビCMも流されていることから、楽天モバイルは利用者が増え続けているといった感じを受けますが、UQモバイルも本当に自分に必要なオプションだけを付けられ、速い通信速度のもとでデータ通信を行えるというメリットがあるのです。

ドコモなら楽天モバイル、auならUQモバイル

キャリア大手携帯電話会社より格安SIMへ変更するとなった場合、『ドコモ』を利用していた方であれば、「楽天モバイル」、『au』を利用している方であれば、「UQモバイル」にするのがおすすめです。

これは、楽天モバイルがドコモから回線をレンタルしていて、UQモバイルがauから回線をレンタルしているといったことから、ドコモとauそれぞれの会社で使用していた端末を変更することなく、楽天モバイル、UQモバイルでも使用が可能となっているためです。

通信速度ならUQモバイル

通信速度UQモバイルは2016年格安SIMアワードの通信速度のランキングで首位の座を獲得するといったように、通信速度の安定性が強みとなっている格安SIMです。

楽天モバイルを含め、UQモバイル以外の格安SIMでは回線が混雑する時間帯には、通信速度が1Mbpsほどあるいは、1Mbpsにも満たない場合もあるわけですが、UQモバイルの場合はそのような時間帯でも大きく低下することはありません。

そのため、UQモバイルはWi-Fiを利用せずスマートフォンでのデータ通信がメインといった方に向いていると言えるでしょう。

契約料金の安さなら楽天モバイル

楽天モバイル、UQモバイルそれぞれのデータ容量別の月額定額プランを見ると、データ容量が小さいものでは、楽天モバイル、UQモバイルともに似たような料金となっているものの、大きなものは楽天モバイルのみの取り扱いとなっています。データ通信量の制限がないものも楽天モバイルがUQモバイルよりも料金が安くなっているのです。

このように毎月の利用料金のみで見比べた場合は楽天モバイルの方が優れているように思えます。

しかし、3GBのプランに関しては似たような料金であり、制限がないプランの通信速度を見ても、UQモバイルでは500kbpsとなっているものの、楽天モバイルの場合(ベーシックプラン)は200kbpsとUQモバイルより劣っていて、料金に見合ったものとなってしまっています。

そして、通話に関しては楽天モバイルの場合、月額850円の『5分かけ放題オプション』を利用しなければ通話料金が高くなってしまう可能性が高く、3日間でのデータ使用量に制限が設けられているといった点も多少のネックとなる場合もあるでしょう。

楽天モバイル、UQモバイル、それぞれのプランにおいて最も大きく異なるのは、5GBのプランと10GBのプランであり、UQモバイルの場合、動画の視聴時間が長い方だとデータ容量に制限のないプラン一択となっています。

UQモバイルのこうしたプランの通信速度は楽天モバイルと比べ優れてはいますが、その他のプラン(3GB、5GB、10GB)と比較すると通信速度が劣るため、高画質の動画を途切れることなく視聴することが難しくなっているのです。

したがって、スマートフォンを用いて高画質の動画を何時間も視聴することを望んでいる方は楽天モバイルがおすすめと言えます。

UQモバイルの料金

UQモバイルでは、1カ月あたり90分の無料通話が付いた「ぴったりプラン」を契約後1年1カ月まで月額1,980円で提供していることから、格安SIMと端末を同時購入する方ですと、選択する端末次第では実質0円で手に入るものも存在するため、毎月の利用料金を1,980円とすることも可能です。

ちなみに、1年2カ月目からは毎月2,980円となっています。

楽天モバイルの料金

一方、楽天モバイルでは、平成29年3月に料金は据え置きで無料通話の代わりに『5分かけ放題オプション』が誕生し、料金を上乗せしなくても、『5分かけ放題』の使用が可能となりました。

端末と格安SIMを同時購入する方であれば、端末の分割代金が加わることとなるため、1万円程度の端末の場合は、データ容量3.1GBのプランの料金と5分かけ放題オプションの料金、そして端末の分割代金が加わりますので、毎月の支払料金は3,000円程度になるかと思います。

また、楽天モバイルは、低速回線のみでデータ使用量に制限が設けられていないベーシックプランから、大容量の30GBのプランが存在するといったように、データ容量別にたくさんのプランが存在するといった点も利用するメリットの一つとなっているのです。

店舗数ならUQモバイル

店舗UQモバイルの場合、取り扱い店舗数が1,500を超えるといったように、非常に多くの店舗で取り扱われていることから、遠くに足を運ばずとも契約が可能といったメリットがあります。

一方、楽天モバイルの場合も楽天モバイルショップといった、楽天モバイル専門の店舗は存在するものの、数的にはUQモバイルには及ばないといった状況です。

端末(格安スマホ)の種類の豊富さなら楽天モバイル

スマホUQモバイルはauから回線をレンタルしているため、利用が可能な端末は大方auで販売しているものとなっていて、『Nexus5』、『ZenFone』等の利用は不可となっています。

ですから、auで販売しているスマートフォンを用いる方は『UQモバイル』を選択して、利用者数が多いSIMフリータイプの『Nexus5』、『ZenFone』を用いる方は『楽天モバイル』を選択するとよいでしょう。

公衆のWi-Fiスポットを使いたいならUQモバイル

UQモバイルを選択すると、日本各地に存在する6万以上のWi-Fiスポット(Wi2 300)でデータ通信を無料で楽しむことが可能となっています。

UQモバイルでこういった優れたサービスを提供できているのは、WiMAXのサービスを提供するUQコミュニケーションズが取り扱う格安SIMであるからこそできているのではないでしょうか?

格安SIMの場合はWi-Fiを利用してデータ使用量を減らすことが重要だとも言われますので、UQモバイルを選択した際には、『Wi2 300』をうまく利用していただければと思います。

まとめ

UQモバイル、楽天モバイルの二社において、他の格安を取り扱う会社では行えないサービスを提供できているのは、双方がKDDI、楽天といった大きな会社に支えられていることがかなり影響しています。

どういうことか言うと、多くの方に知れ渡り、多くの資金を有しているため、大手携帯電話会社に匹敵するサービスの提供が可能となっているとも考えられます。

今回ご紹介した二社は、不安に思うことなく利用できると考えられますので、格安SIMへの変更を検討されている方は、これら二社も候補に加えてみてはいかがでしょうか?

-UQモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.