UQモバイル

UQモバイルのぴったりプランとおしゃべりプランはお得なのか徹底検証

更新日:

UQモバイルでは、『ぴったりプラン』と『おしゃべりプラン』という、データ容量と無料通話の両方が含まれる、これまでにはなかったサービスが取り扱われています。

UQモバイルは通信速度に関して高い評価を得られているわけですが、それでありながら『ぴったりプラン』は月額1,980円で利用が可能といった非常にお値打ちのプランとなっているのです。

今回は、UQモバイルで取り扱われている『ぴったりプラン』、『たっぷりプラン』の詳しい内容や利用する上で気を付けたいことについてお話していきたいと思います。

ぴったりプラン、おしゃべりプランとは

UQモバイルは、平成27年の10月にau回線をレンタルすることで誕生したMVNOです。

サービスはこれより前から行われていたわけですが、現在の形態となったのは平成27年の10月の合併が行われて以降です。

ここで取り上げる『ぴったりプラン』は、平成28年の2月に誕生した新しいプランであり、大雑把に特徴を挙げると、「高速回線を利用出来る容量が若干少ない」、「国内での通話が一定時間0円で利用出来る」、「低速回線の速度が他社より若干速い」といったことが挙げられます。

また、このプランをベースに、『たっぷりオプション』と呼ばれるオプションを追加することも可能です。

『ぴったりプラン』と『たっぷりプラン』は以下の内容となっています。

ぴったりプランの特徴

基本プランとして存在する『ぴったりプラン』は、高速回線を月々1GB迄利用することができ、さらに国内での通話が1200円迄無料となっており、これは時間にするとおよそ30分となります。

MVNOという点から考えるとそれほど安いようには思えませんが、この『ぴったりプラン』の場合は、『スマトク割』といったものが存在するのです。

この割引を受けられるのは、新たに電話番号を取得してお申込みされた方、或いは、auとauに関連したMVNOではない会社からMNPによって2年間の契約を行った方とされています。

スマトク割というのは、毎月の基本料金を最大2年間の間1,080円値引きしてもらえるといったものです。

この条件をクリアすれば、毎月基本料金として3,218円を支払うことで、高速回線を1GB迄利用することができ、約30分間の国内通話を無料とすることが出来ます。

このように若干値引きされてはいますが、決して安いとは言い切れません。

ただ、ぴったりプランの場合は、通信速度が速いという特徴があります。

高速回線を利用する時の通信速度は150Mbpsですが、注目すべきは低速回線を利用する時の通信速度であり、驚くことにこれが最大で300kbpsと他の会社と比較して大きな値となっているのです。

ちなみに、大手携帯電話会社における低速回線を利用する時の通信速度は128kbpsで、UQモバイル以外のMVNOの場合は200kbpsといったところが目立ちます。

すなわち低速回線を利用する場合も他のMVNO等と比較して、ストレスを感じることなく利用することが可能となっているのです。

300kbpsだとYouTubeのような動画をストリーミングで見る場合には、適しているとは言えませんが、Google Play Music、LINE MUSIC、AWA等で音楽をストリーミングで視聴する場合や、フェイスブック、ツイッター等のSNSを利用する場合は、それなりに快適に利用出来るものとされています。

高速回線と低速回線の切り替えは専門のサイトでいつでも行うことが可能ですから、高速回線を利用する時のみ高速回線を有効にするという利用の仕方も出来るわけです。

さらに、1ヶ月で使い切れなかった高速回線のデータ容量を次の月に繰り越すことも可能となっています。

ぴったりプランは本当にお得なの?

『ぴったりプラン』、『おしゃべりプラン』を見比べる際、一番大切なのは、サービスの割に料金が安いのか否かを見極めることです。

ですが、UQモバイルで取り扱われている『ぴったりプラン』、『おしゃべりプラン』における毎月の利用料金やサービスの中身はかなり分かりにくいものとなっていて、解説もしづらいものとなってしまっているのです。

ですから、最初はUQモバイルのホームページにアクセスして、料金に関する部分を見つけることから始めてみましょう。

ホームページを見ると、『1年の間は料金が1,000円値引きされる』、『au或いはau関連の格安SIMを利用していた人がMNPを行った場合は、毎月の料金が2年の間は高くなる』、『格安スマホの支払い方法には一括での支払いと、頭金をプラスして分割で支払っていくといった方法があり、後者の場合は、2年の間、毎月の料金が値引きされるものの、その値引きされる金額は端末或いはプランによって違う』といったことが書かれています。

また、利用出来る端末に関しても、ドコモ関連の格安SIMで利用が可能な端末もあれば、UQモバイル限定となっている端末やau関連の格安SIM限定となっている端末、さらに、2年間の利用が条件となっていて、2年経過した後は、使用出来るデータ容量が半分になるといったように、かなり複雑な仕組みとなっています。

よって、本当にメリットのあるものなのか否かが全く理解出来なくなってしまうのです。

このような複雑さはUQモバイルに限らず、UQモバイル以外のMVNOにおいても、格安SIMを格安スマホとのセットで契約し、無料通話が付加されるといった全てを含むプランとなった場合には、同じようにメリットがあるのか否かが判断しにくくなっていますが、UQモバイルの場合は他と比べてもはるかに複雑なものとなっています。

こんな人におすすめ

新たにスマホを購入する際に、「新規契約によって購入される人」、或いは「auやau関連の格安SIMでないものを利用していて、MNPを行って、購入する人」に勧めることが出来ます。

特にUQモバイルで取り扱われている『ぴったりプラン』は、非常にお得なプランとされています。なお、au以外からMNPする場合は月額料金が割高になるのでおすすめできません。

月30分以上仕事上の都合などで音声電話を使う場合はたっぷりオプションをつけるのがおすすめです。

ぴったりプランの注意点

14か月目から高くなる

14ヶ月または25ヶ月経過した後の料金について見ていくことにします。

『ぴったりプラン』の料金は1,980円、『たっぷりプラン』の料金は2,980円となっていますが、これらは、「スマトク割」、「イチキュッパ割」と呼ばれるものが反映された後の料金です。

スマトク割の場合は、25ヶ月間、イチキュッパ割の場合は13ヶ月間、それぞれ1,000円が値引きされるものとなっています。

25ヶ月が過ぎた後は、長期間利用による値引きがあるため、スマトク割が適用されている時と同じ状態となりますが、イチキュッパ割に関しては代用のものが存在しないため、ぴったりプランを1,980円で利用出来るのは13ヶ月間となり、その後は『ぴったりプラン』が2,980円で、『たっぷりプラン』は3,980円とそれぞれ1,000円高くなってしまうのです。

二年縛りあり

大手携帯電話会社と同様に無料通話とデータ通信のサービスが含まれる『ぴったりプラン』と『たっぷりプラン』。

実は、「2年間は利用しなければならない」といった制約が大手携帯電話会社と同様に存在するのです。

25ヶ月が過ぎない間に契約を解除してしまうと、契約を解除した際の料金、所謂、違約金として9,500円を請求されることになりますので、お気を付け下さい。

auからのMNPの場合はスマトク割がきかない

auを利用していた人の場合は、こちらに変更したとしてもスマトク割を利用することが不可能です。

ですから、auを利用していて、MNPを行ってUQモバイルに変えたとしても、最初から『ぴったりプラン』の料金は2,980円で、イチキュッパ割の適用が終わると3,980円を支払っていかなければなりません。

-UQモバイル

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.