mineo

mineoで即日MNP、即日開通をする方法と確認しておきたい注意点

投稿日:

携帯キャリアを変更する時、携帯を使用できない期間が短い方が良いと思う人は多いでしょう。

格安スマホに乗り換えたいけど使用できない期間があるため躊躇している人もいるかと思います。

しかしDMMmobile、楽天モバイルやOCNモバイルONEのなどの格安SIMでは使用できない期間が長いのに対し、mineo(マイネオ)はインターネットで申し込んだ即日乗り換えが可能で使用できない期間はほとんどありません。

mineoは即日開通可能

従来格安スマホへの乗り換えでスマホ使用不可期間が1〜3日程度あるのは当たり前でした。

使用できない期間は電話はもちろんメールやアプリの使用もできないためそれがネックで格安スマホへの乗り換えを躊躇っている人もいるかと思います。

しかしmineoを始め乗り換えに伴う使用できない期間がないシステムを取り入れる会社が増えてきたことにより気軽に格安スマホへ乗り換えができる様になりました。

即日MNPも可能

mineoではAプラン(au回線を使用するプラン)にすることで携帯電話が入るエリアや音声品質など今まで使用してきたAUのスマホと同じ様な使用感で乗り換えが可能です。

AU以外にもドコモのスマホを使用している人はDプラン(ドコモ回線を使用するプラン)で移行すればドコモのスマホを使用していたのと同じ使用感で移行が可能です。

ただし、AUやドコモと同じ回線速度が出るかといえばそうではありません。これは契約先により異なるので移行前にネットの口コミなどでチェックしておいたほうがいいでしょう。

即日MNP、即日開通に必要なもの

mineoで即日開通するには以下の3点を用意する必要があるます。

  • MNP予約番号
  • 本人確認の画像データ
  • クレジットカード

MNP予約番号

まず、MNP予約番号についてです。

mineoに限らず日本国内でMNPをするにはMNP予約番号を取得する必要があります。これは現在契約している携帯会社に発行してもらいます。

MNP予約番号の有効期間は15日でmineoに申し込む時点で10日以上有効期限が残っている必要があります。MNP予約番号を発行したらすぐにmineoへ申し込みをしましょう。

本人確認書類

次に本人確認書類です。携帯会社と契約を結ぶわけですから身元を証明する書類が必要です。

mineoで使用出来る本人確認書類は以下です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 被保険者証(健康保険証、国家公務員・地方公務員共済組合員証、私立学校教職員共済加入者証)
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 共済組合員証
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住者証明証
  • 年金手帳
  • 身体障害者手帳※住所変更がされている場合は発行から3ヶ月以内で現住所の公共料金領収書、届出避難場所証明書が必要となります。

上記いずれかの書類をカメラで写した写真をネットでアップロードして提出が必要になります。

コピー機でコピーした書類の場合は、コピーしたことを示すマークの様なものが映り込んで本人確認書類として認められないことがあるので注意してください。

クレジットカード

最後にクレジットカードです。mineoでは口座振り替えやコンビニでの支払いができないためクレジットカードが必要になります。

本人名義のクレジットカードで申し込まないと申し込みが完了後に受付できなかった旨のメールがくるので必ず本人名義のクレジットカードである必要があります。

クレジットカード払い以外に、mineoを運営しているケイオブティコムが提供している「eo光ネット」を契約しており口座振替で料金を支払っている場合は同じ口座からの振替でmineoの料金を支払うことができます。

mineoアンテナショップでも即日MNP可能

mineoは基本インターネットでの申し込みになりますが、JR大阪駅前のmineoショップでは店頭でMNPを受け付けています。

SIMカードの購入も可能でその場で回線開通まで行うことができるのでネットの申し込みが手間だと感じる人はショップを訪れてみるといいでしょう。

ただし、土日は大変混雑するので余裕をもって16時前くらいにショップに行くことをお勧めします。

注意点

MNP予約番号の有効期限は10日以上

前述しましたがMNP予約番号には有効期限があり10日以上の有効期限がある状態でないとmineoに申し込みができません。

MNP番号取得後有効期限が10日を切ってしまった場合は再度MNP予約番号を取得しましょう。

MNP予約番号の取得は無料で行えるので再取得することによって有効期限をリセットすることができます。

30分~1時間程度は使えない

mineoでMNPすると即日回線開通が可能ですがスマホを使用できない期間は存在します。それほど長い時間ではありませんがドコモのDプランで1時間、AUのAプランで30分程度です。

切り替わる前までは今まで使用していたSIMカードは使えますが、どのタイミングで切り替わるかは明確にわからないためその時間内はスマホは使用できないと認識しておく必要があります。

店頭で手続きを行う場合は来店する1時間前には手続きを済ませておきましょう。

移転費用に注意

mineoの移転でかかる費用についてです。月々の料金が安いためすぐに乗り換えたが乗り換え時の費用が予想以上にかかってしまったとならない様にちゃんと把握しておきましょう。

まず、mineoへMNPする際にかかる手数料は3240円(税込)のみです。

しかし、タイミングによって現在契約中のキャリアに解約金を支払う必要がある可能性があります。ドコモ、AU、ソフトバンクは2年間の契約期間があり途中解約は解約金10260円(税込)がかかります。

契約期間がどれくらい残っていて残りの契約期間の月々の支払いと解約金を払うのと、どちらが安いのか計算してからMNPする様にしましょう。

格安スマホの場合は解約金と契約期間がキャリアによって異なるので注意が必要です。

12カ月以内のMNP転入で違約金発生mineoは番号の解約には解約金は発生しませんが、契約後12ヶ月以内のMNPには12420円の手数料がかかる点に注意しましょう。

公式サイトのチャットもおすすめ

mineoでは不明点は公式サイトのオンライン上のチャットでサポートを受けることができます。

チャットのほかに公式サイトの「よくある質問」を確認すると大体の疑問点は解決できます。それでも疑問点が解決しない人のために電話サポートも用意されているので活用するといいでしょう。

-mineo

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.