mineo

mineoを未成年が契約するには?

投稿日:

18歳未満の未成年者でも利用できる格安SIM「mineo(マイネオ)」を皆さんはご存知ですか?

FacebookやInstagramなどのSNSはもちろん、LINEやゲームのアプリも問題なく利用することができることから、とても人気のmineo。

プランに関しても500MB〜10GBまでと選択することができるため、「スマホってついつい使いすぎるんだよね」とお悩みの未成年者にも優しい格安SIMです。

さらに、パケットをユーザー同士でプレゼントし合うことのできる「パケットギフト」や、パケット消費を制限できる「mineoスイッチ」という優れた機能も魅力的です。

格安SIMといえば、たいてい未成年の方は使えないイメージですが、このmineoに関しては未成年も大歓迎。まさに若者の味方ともいえる優良会社です。

未成年者がmineoを利用するには?

では、実際に未成年者がmineoを使うにはどうすれば良いのか見ていきましょう。

はじめに、未成年者といっても「18歳未満」と「18歳・19歳の未成年者」では利用方法が異なるという点にはご注意ください。

mineoは、18歳未満の方でも利用すること自体は可能

その場合は契約の際、本人名義ではなく親権者名義で契約を済ませ、実際にその端末を使う未成年者はあとから「利用者」として登録する必要があります。

18歳・19歳の未成年者に関しては、契約の際に親権者の同意が必要ではあるものの、本人名義で契約することができます。

どちらの場合も手続きは簡単なので、そこまで難しく考える必要はなさそうですね。

なぜ18歳未満は本人名義で契約できない?

18歳未満はmineoを自分名義で契約することができないことがわかりましたが、それは月額利用料の支払い方法が限られているからです。

mineoは、申し込み名義人のクレジットカードによる支払いにしか対応していないのですが、そもそも18歳未満の方はクレジットカードを作ることができません。

ということは、申し込み名義人とクレジットカードの名義の一致という条件を満たすことができないため、本人名義での契約ができないのです。

利用者登録

18歳未満の方が親権者名義で契約した場合は、以下のように利用者登録することで使うことができます。
1. マイページ登録をしてログイン後、画面下へスクロール
2. 「利用者登録情報照会・変更」→「ご利用者情報を変更する」を選択
3. 「ご利用者様」の欄の「本人以外」にチェック
4. 「契約者様との関係(父/母/妻/夫/子/祖母/祖父/孫/その他)」、「氏名」、「性別」、「生年月日」、「職業」を入力、「変更する」を選択
この手順を踏むことで利用が可能になります。

18歳・19歳は親権者の同意が必要

18歳(高校生含む)・19歳に関しては本人名義での契約は可能なのですが、その際、親権者の同意は必要になります。

webから簡単に行える

契約する場合は、ウェブからのお申し込むがオススメです。

店舗に直接行ってから書面で申し込むことももちろん可能なのですが、その場合は、親権者による同意書を持参する必要があります。

その点、ウェブからの申し込みであれば「ご親権者さま確認事項」にチェックを入れて、親権者の生年月日・性別などの個人情報を入力するだけで済ませることができるのが魅力。同意のチェックさえ入れてもらえれば、未成年者でも問題なく使えるということですね。

仮に親御さんと離れて生活していたり、普段なかなか会えないという方でも必ず直接会って何かする必要はなく、ただ「mineoに申し込むから親権者の同意にチェックするね」など伝えれば大丈夫でしょう。

未成年がmineoを使うときの注意点

本人名義のクレジットカードが必要

前述のとおり、基本的にはmineoの利用料は、契約者本人のクレジットカードでしか支払うことができません。

親権者の同意を得られた18歳・19歳が契約した場合も同様に、本人名義のクレジットカードが必須。ここでは親権者のクレジットカードなどは利用することができないのです。

通常クレジットカードは18歳からでも作成可能です。まだ今現在学生で、それほど収入が見込めないという場合でも、カード会社によっては審査の優しい学生カードを提供しているところもあります。また、親御さんに追加で家族カードを作成してもらっても良いでしょう。

なお、プリペイドカード、デビットカードに関しては登録できない場合もあるのでお気をつけくださいね。

未成年がMNPで契約する際は名義変更を

未成年者が以前利用していた080、090番号を、mineoにそのまま移行したい場合(MNP)は、現在契約中のキャリアの名義を、一度親権者名義に変更する必要があります。

それはmineoにMNP転入するには、転出元のキャリアでの名義と、転入先のmineoでの名義)が合致していないと契約できないからです。

とはいっても、すでに親権者名義でキャリアの回線を利用しているのであれば、今のまま乗り換えられるので簡単です。

MNPでmineoに乗り換える際には、あくまでも契約者は親御さんなので、本人確認書類に関しても親権者のものをアップロードする必要があります。利用者登録した未成年者のものではアップロードできないので注意が必要です。

まとめ

以上のことを踏まえて、格安SIMを未成年者が使うならやはりmineo(マイネオ)がオススメです。

たとえ未成年者の方でも、本人名義のクレジットカードと親御さんの同意のチェックさえ得られれば使えるというのは嬉しいですよね。

さらに、ご家族で一緒にmineoを契約・利用すると「家族割」などのサービスも適用されるので尚更お得になるのです。ぜひ格安SIMへの乗り換えをお考え中の未成年の方は、mineoへの乗り換えもご検討くださいね!

-mineo

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.