mineo

mineoの気になる解約方法・違約金・最低利用期間について

投稿日:

mineoでは利用者に対してさまざまなサービスを提供しておりますが、利用者の解約に関してはやはり消極的になってしまっているせいか、解約方法が若干複雑なものとなっているのです。

今回は、解約を検討している方が知りたいと思われるmineoでの解約のやり方や、発生する可能性がある解約に関するお話をしていきたいと思います。

mineoの最低利用期間は?

他の会社を見るとデータ専用SIMに対しては利用期間に縛りを設けていませんが、音声通話SIMには半年から1年間の縛りを設けているようです。

一方、mineoはどうかというと、mineoの場合はいずれのSIMに対しても縛りを設けていないため、好きなタイミングでの契約の解除が可能となっています。

そして、大手携帯電話会社の場合は、音声通話SIM、データ専用SIMいずれにおいても、少なくとも2年の利用を求めているという状況です。

その点mineoを除く格安SIMの場合は、データ専用SIMに対しては利用期間に縛りを設けていないため、格安SIMを選択する上での利点となってくるわけですが、mineoの場合は、それに加えて音声通話SIMに対しても縛りを設けていませんので、格安SIMがどんなものかを知るという意味では、これ以上ない格安SIMであると言えます。

違約金はある?

mineoを除く格安SIMでは利用期間に縛りを設けているため、その期間の間に契約を解除してしまうと、違約金を取られることになっています。

ですが、mineoでは利用期間の縛りというものが全くないので、違約金に関しては考える必要がないのです。

MNP転出手数料がかかる

先ほどmineoでは利用期間に縛りを設けていないとお話しましたが、mineoでMNPを利用して他の会社へ変更するとなった場合にmineoを1年以上利用していないと、『MNP転出手数料』が取られることとなっています。

この場合は、『解約金』という扱いではなく、MNPを利用するにあたっての手数料だと考えてください。

人によってはなぜ?と疑問に思うかもしれませんが、どこの会社でも採用しているものでもあり、mineo側としても1年以内に契約を解除されたのでは、得することは一切ないわけです。

このように、早い時期にmineoの利用を止めてしまうのを防ぐために、手数料が存在しているわけですが、大手携帯電話会社の2年と比較するとmineoは1年ですので、まだ利用者のことをよく考えていると言えるでしょう。

mineo以外は違約金あり

音声通話SIMの場合はmineoとは違い、例外なく利用期間に縛りを設けていて、例えば、OCNモバイルONEでは半年間、NifMoでは7カ月間、IIJmio、楽天モバイルでは1年間、DMMモバイル、BIGLOBE SIMでは1年1カ月となっており、縛りという点ではOCNモバイルONEが最も弱くなっています。

このことより、mineoの場合は音声通話SIM、データ専用SIMいずれにおいても利用期間の縛りが弱く、音声通話SIMに関してははっきりとそれが見受けられるでしょう。

それと同時に利用者数が多い他の格安SIMと比較して、mineoが利用者に対して親切であることも理解できるかと思います。

mineoの解約方法について

mineoの解約に関しては、公式ホームページ上で行うようになっています。

以下のリンクをクリックした後に表示されるページの最下部に『解約の方はこちら』というリンクがありますので、そこをクリックしてください。

次にクリックした後のページの内容を読み、同意したら『同意する』をチェックし、『確認画面へ』のリンクをクリックします。

ただ、解約に関しては24時間の受付とはなっていないため、午後9時を過ぎると解約を行えない可能性もあるようですので、ご注意ください。

あとは、すぐに終わるアンケートに回答して、『解約する』をクリックするだけです。

解約を行える場所が見つけづらいことから苦労はしましたが、それさえ見つかればやり方そのものは至って単純かと思います。

SIMカードの返却は必要?

格安SIMの契約を解除する時に必ず確認しておくべき事項として、使用後の格安SIMを会社に返さなければいけないのか?といった点です。

ある格安SIMでは、使用後の格安SIMを返さなかった場合、2,000円から3,000円を徴収するというケースもあると言われています。

mineoの場合は、契約プランでその規定が違っていて、auプランの場合は返却義務がありませんが、ドコモプランの場合はあらかじめ決められた住所へ送り返さなければなりません。

この住所に関しては、解約が正式に受け付けられた後に届くメールに書かれているので、そこでチェックしてください。

SIMカードを返却しなかった場合は?

先にドコモプランの場合は使用後の格安SIMの返却義務があるとお話ししましたが、仮にこれを返却しなかった場合はどのような状況になるのかが気になるかと思います。

他の会社での格安SIMの場合は、使用後の格安SIMの返却を求めていて、返却しなかった場合に発生する料金に関する記載も見られるところが目立ちますが、mineoの場合は一切料金が発生しないものとなっているのです。

そうなるとドコモプランでも返さなくてもよいのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

mineoのドコモプランで返却を勧めているのは、『デュアルコース』を利用していた方の場合、使用していた格安SIMの中に電話帳を保存するところが存在していて、万が一その格安SIMを落としてしまうと、電話帳の中身が外部に漏れてしまうことも考えられるため、mineoでは返却を勧めていると言われています。

つまり、利用者の個人情報を守るために行っている措置ということです。

mineoを解約するのに最適なタイミング

シングルタイプの場合

シングルタイプでは、タイプやプランに関係なく、好きな時に解約をできるものとなっていて、違約金を取られるようなこともありません。

デュアルタイプの場合

mineoと契約後1年以下の利用でMNPによってmineoとの契約を解除しようとすると、手数料として「11,500円+消費税」が発生してしまいます。

ですから、MNPを利用してmineoから他の会社への変更を考えている方は、1年1カ月利用した後にMNPを利用するようにしてください。

1年1カ月利用することで、『2,000円+消費税』と手数料を大幅に引き下げることが可能となっています。

また、どのタイプ、プランであっても、契約を解除した月の料金に関しては、その日までの日数をもとに料金が決めていますので、その月が終わる間際まで利用しなくても大丈夫です。

この点については、オプションとの契約を解除する場合も同じ扱いとなっています。

以上のことから、解約は好きな時に行っていいと判断できますが、デュアルタイプを利用している方の場合は1年以内の利用だとMNPを利用した際に高額な料金を取られることになってしまうので、デュアルタイプの利用者に限っては注意が必要だということがお分かりになったでしょう。

月末に解約する際の注意点

解約mineoの場合は、契約解除のお申し込みを行った日が『解約日』として扱っているので、その月の終わりの日まで利用してから、契約の解除を行いたいといった方もいらっしゃるでしょう。

mineoの場合、その月の30日や31日等であっても契約の解除が可能となっているわけですが、これらの日に契約の解除を行う場合は行う時間に気を付けなければなりません。

mineoでの契約の解除の受付は、午前9時から午後9時の間となっているので、この時間帯を逃し日付が変わってしまうと、次の月もmineoと契約をすることとなってしまうのです。

次の月となってしまうのを回避しつつ、その月の締め切り日までmineoの利用を希望する方は、その日の午後9時になる直前までにお申し込みを完了させられるよう、早めに行うようにしてください。

ただ、mineoの場合、契約を解除した月の利用料金に関しては、その日までの日数で料金を決めているので、仮に次の月になってしまったとしても、その段階でお申し込みをすることで影響を最小限とすることが可能となっています。

ちなみに、一番料金が高いドコモプランで音声通話SIMの5GBを利用している方の場合、毎月の利用料金は2,280円ですので、月が変わってすぐにお申し込みをすることで80円未満とできるのです。

まとめ

格安SIM(MVNO)を選択する場合は、どのプラン等を利用するのか?といったことも重要ですが、契約を解除する時のことを考えることも重要となってきます。

そうすることで、とある事情でmineoとの契約を解除するとなった場合でも、安心して行うことが可能となるのです。

mineoは契約の解除をどのように行い、どのタイミングで行うのがよいのか?といった点に注意することで、違約金を取られるようなことはなく、MNPを利用する際の手数料も妥当な料金となっています。

他の会社からmineoへの変更を考えている方であっても、不安に思うことなくお申し込みしていただけることでしょう。

-mineo

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.