mineoの評判・評価と速度の比較

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実しているので初心者でも安心できます。

mineo(マイネオ)のメリット

複数回線割と家族割で月額料金が安くなる

mineoで複数のSIMを契約すると月額料金が1枚につき50円割引になります。

家族で複数のSIMを契約した場合もこの割引が適用されるので、4人家族の場合は月額料金が200円安くなります。

200円というと大した金額ではないように思われるかもしれませんが、1年契約すると2400円違います。家族が多ければ多いほどお得になるので、大家族だとかなり安くなりますね。

もちろん1人で複数のSIMを契約しても割引は適用されるので、複数のSIMカードを契約する場合は契約した枚数分安くなります。

mineo-kazokuwari

デュアルプラン(音声通話SIM)の解約手数料が0円

mineoでは音声電話が利用できるデュアルプランのSIMを契約後、すぐに解約しても手数料や違約金がかかりません。他の格安SIMの場合は1年以内に解約すると8000円ほど手数料がとられるところがほとんどです。

自分に合わなかった場合、すぐに解約してもお金がかからないため試しに格安SIMを使ってみたいという方に向いている格安SIMです。

通信速度が速く安定している

au系の格安SIMの場合はUQ mobileの通信速度が一番速いのですが、ドコモ系の格安SIMの中では一二を争う速さです。

通信速度については後半で実際に計測した数値をもとに詳しく検証しています。

キャリア変更の手数料が安い

mineo内でauからドコモ、ドコモからauにキャリア変更を行う際、他の格安SIMに比べて安く行うことができます。これはmineoがドコモとauの回線のどちらも使用しているためです。

mineo キャリア変更

バーストモード機能と余った通信量の繰り越しができる

mineoでは月の転送量を使い切ってしまっても一時的に高速通信ができるバースト機能が使えます。この機能が使える他の格安SIMはIIJmoとDMM mobileだけです。

また、月の転送量を使い切らなかった場合、余った容量を次の月に繰り越すことができます。

docomoでもauでも使える

mineoではドコモの回線を使用しているドコモプランとauの回線を使用しているauプランがあり、どちらのキャリアの端末でも契約することができます。

auプランではiPhoneも使うことができるので、iPhoneを格安SIMで使いたいと考えている方には有力な選択肢の一つになると思います。

mineo(マイネオ)のデメリット

月額料金が高い

mineoの料金設定は他の格安SIMに比べて割高です。その分通信速度であったりその他のサービスが充実しているため仕方ないと言えば仕方ないのかもしれません。

12ヶ月以内のMNP転出で手数料が11,500円かかる

契約した次の月から12か月以内にMNPを転出すると手数料が11500円かかってしまいます。SIMの解約はいつ行っても無料ですが、MNPを転出する際には手数料がかかってしまいます。

mineoのプラン・契約料金

auプラン(Aプラン)月額料金データ容量
シングルタイプ(データ通信専用SIM)700円500MB
800円1GB
900円3GB
1580円5GB
デュアルタイプ(音声電話も使用可能なSIM)1310円500MB
1410円1GB
1510円3GB
2190円5GB
ドコモプラン(Dプラン)月額料金データ容量
シングルタイプ(データ通信専用SIM)700円500MB
800円1GB
900円3GB
1580円5GB
デュアルタイプ(音声電話も使用可能なSIM)1400円500MB
1500円1GB
1600円3GB
2280円5GB

この他に初めて契約する際に必要になる初期手数料が3000円かかります。なお契約した初めの月の転送量は+1GBされます。

オプション料金

  • データSIMのSMS機能 auプランの場合 0円 ドコモプランの場合 120円/月
  • 留守番電話 300円/月
  • 通話料金 30秒200円
  • SIMサイズの変更 2000円
  • SIMカードの再発行手数料 2000円/枚
  • SIMカードの種類(シングルとデュアル)変更手数料 2000円
SIMサイズ
  • 標準SIM:×
  • micro SIM:○
  • nano SIM:○
データ通信量の追加料金

月のデータ転送量の上限値に達してしまった場合のパケットチャージ料は150円/100MBです。

追加した容量の有効期限は翌月末までで、一度に購入できるのは1000MBまでです。

mineoのプランの選び方

普通のスマホと同じように音声電話を使用してい方はデュアルタイプを選んでください。それ以外の方はシングルタイプでも大丈夫です。

データ通信量は普通に使う場合には3GBはほしいですね。LINEやメールしか使わない方は500MBや1GBでも大丈夫ですが、一度契約した場合データ通信量を変更する際には手数料が2000円かかるので慎重に選択しましょう。

また格安SIMの音声電話料金は高いので楽天でんわという楽天が提供するサービスを使うと電話料金が節約できます。

mineoと同会社のケイ・オプティコムが提供しているLaLa Call(ララコール)というIP電話サービスもあります。こちらも国際電話が1分6円、携帯電話が1分18円、固定電話が3分8円とかなりの安さです。

LaLa CallはI110番や119番にはかけられないので注意が必要です。

通信速度制限

通信量が契約した上限値に達してしまった場合は通信速度が低速の200kbpsになります。ドコモプランではありませんが、auプランのみ直近3日間の転送量が既定の数値を超えた場合に制限される場合があります。

mineo(マイネオ)の通信速度

東京都の品川駅あたりで実際に計測した通信速度を表にしました。

  • Ping: ピング=反応速度
    0ms~100ms 速い、100ms~200ms 普通、200ms~300ms 遅め、300ms以上~500ms 遅い、500ms以上 遅すぎ
  • ダウンロード: ダウンロード速度
    2Mbps以上 超速い、1Mbps~2Mbps 速い、0.6Mbps~1Mbps 普通、0.4Mbps~0.6Mbps 遅い、0.4Mbps未満 遅すぎ

計測時は平日の朝、昼、夕方、夜の計4回計、ダウンロード速度が1Mbps以上あれば快適に使えるとみてください。計測月:2016年12月

ドコモプラン(Dプラン)

時刻ダウンロードPing(ms)
8:1915.2349
8:4021.8964
12:282.1379
12:581.3870
18:1920.0354
18:4124.1756
22:1913.7770
22:4918.353

auプラン(Aプラン)

時刻ダウンロードPing(ms)
8:103.7384
8:202.1359
12:310.6682
12:400.9791
18:451.4374
18:541.5580
22:4814.6238
22:576.6342

以前よりは速度が落ちてしまっていますが、それでも十分快適に使える速さです。基本的にドコモプランのほうがauプランに比べて3~5倍ほど速いです。

mineoの評判

実際に使ってみた感想

速度は重い動画を平日の昼間に見なければ十分な速さが出ます。コミュニティが充実していてmineoタンクなど困ったときに頼りになるサービスがあるのが特に初心者にとってありがたいのではないかと思います。

Aプランの場合、au系の格安SIMの中で最速のUQモバイルに比べると速度は劣っていました。Dプランの場合は楽天モバイルDMM mobileとほぼ互角、もしくは少し速い速度が出ます。安さが売りのDTI SIMよりは体感できるレベルで速度が速かったです。