IIJmioプリペイドSIM

IIJmio

購入前に知りたいIIJmioのプリペイドのSIMの詳細情報

投稿日:

格安SIMを使えば月々の通信料を抑えることができるといわれていますが、どのようなメリットとデメリットがあるかわからないので、なかなか一歩が踏み出せないという方も多いのではないでしょうか?

躊躇している方にオススメなのがプリペイドSIMというものです。プリペイドSIMは一定期間の通信量が含まれているので購入した時点で面倒な契約の手続きをすること無く使うことができるので、お試しで使ってみたい方には最適の格安SIMです。

プリペイドシムを取り扱っているMVNOはいくつかありますが、今回はその中からIIJmioのプリペイドSIMについて解説してみたいと思います。是非とも参考にしてください。

IIJmioのプリペイドSIMとは?

プリペイドSIMとは文字通り前払いにて決められたデータ通信容量の使用量を支払い、そのデータ通信容量の範囲内でサービスを使用できるSIMです。以前もプリペイド式携帯電話やPHSで1000円で一定の通話時間使えるものがありましたが、プリペイドSIMはこのスマートフォン版といえるでしょう。

しかしながら、IIJmioのプリペイドSIMは音声通話には対応していません。データ通信専用のSIMとなりますので、通常の電話番号による通話ができないことに注意が必要です。その分わずらわしい契約手続きや回線契約はありません。

プリペイドパックを購入して開通手続きをするだけで使えます。利用可能期間は開通手続き後3ヶ月間です。開通手続きをしなければ利用可能状態になりませんが、パッケージ裏面に記載の開通期限月の月末までに 開通手続きをする必要があります。

例えば2月15日に開通手続きをした場合、3ヵ月後の5月31日(月末)まで利用可能です。また、データ容量の2GBを使い切ると通信ができなくなるので、意図しない利用を防ぐこともできます。また、リチャージをすると再度通信が可能となります。

また、開通手続き日またはチャージ日より4ヵ月後の月末までにプリペイドパックからIIJmio高速モバイル/Dサービスの月額プランにアップグレードすれば、通常の契約のSIMと同様のサービスに移行できます。データをリチャージした場合はチャージ日から3ヵ月後の月末まで利用期限が延長されます。

購入方法について

IIJmioのSIMはヤマダ電機、ベスト電器、ヨドバシカメラなどの実店舗やヤマダ電機、ベスト電器、ヨドバシカメラ等のインターネットショップやAmazonで販売されています。

販売パッケージは標準SIM、microSIM、nanoSIMと3種類のSIMがラインナップされています。AmazonではmicroSIM、nanoSIMの種類が販売されています。SIMカードのサイズによって販売価格に差がありますので、SIMサイズを選ぶことが可能な方は全てのSIMカード価格を確認することをオススメします。

データ通信量について

IIJmioのプリペイドパック場合は2GBまで利用することができます。2GBのデータ通信量の目安は下記の通りです。

  • インターネットWEBページの閲覧約6800回
  • テキストメール約49万通
  • 5分程度の動画閲覧約180回

格安SIMの使い勝手を試すには問題ないデータ通信容量だと思います。

IIJmioのプリペイドSIMを使うメリット

手続きが楽

iij mioのプリペイドパックのデータ通信量2GBを使いきった場合は、クーポンカードを購入してリチャージすることによって継続して使うことが出来ます。

また、リチャージした後は利用期限も3ヵ月後の月末まで延びるので、3ヶ月以上利用したい場合や2GB以上データ通信したい人にもプリペイドパックは便利な利用方法になります。

クーポンカードの購入はローソンやファミリーマートなどのコンビニエンスストアでもできますので、簡単に入手できます。

長期出張や旅行に使える

格安SIMで月額契約するのはちょっとと考えている方が長期出張などでデータ通信をしたい場合にプリペイドSIMがあると便利に使えます。普段そこまでスマートフォンを使わない方は月額契約が負担になることにもなります。

プリペイドパックであれば税抜き3,791円の料金で3ヶ月使うことができます。3,791円以上の料金がかからないだけでなく、データ通信量を使い切った場合はリチャージで対応することもできます。

利用期限に到達したり、データ容量を使い切った場合も超過料金は請求されないので安心して遣うことができます。

はじめて格安SIMを使うのにおすすめ

初めてMVNOを利用してみたいという方や格安SIMを使ってみたい方にオススメです。格安SIMは全て自分で手続きをすすめていかなければならないというのが、ハードルが高い要因といえるでしょう。

どのような仕組みかわからないままで、いきなり格安SIMを月額契約して、思ったほど安くならなかったりとか、使い勝手が悪かった場合は残念な結果になってしまいます。IIJmioのプリペイ ドパックであれば税抜き3,791円でお試しすることができます。

うまく使いこなせそうであれば、続けてIIJmioの月 額プランを契約することができます。通常MVNOとの契約は契約手数料として3,000円程度かかるのですが、プリペイドパックから月額プランへ移行する場合はこの初期手数料に相当するものは必要ありません。

よって、初めてMVNOを利用してみたいという方にはIIJmioのプリペイドパックを利用することによって、格安プランがどういうものかを知ることができるだけで無く、月額プランへ移行する場合も初期手数料相当額を支払うことなくスムーズに移行できます。

IIJmioのプリペイドSIMを使う際の注意点

有効期限がある

一番注意しないといけないポイントは有効期限があることです。有効期限の確認はIIJmioのホームページからSIMの電話番号(SIMに割り振られている固有の電話番号)とパスワードを入力することによって、データ容量の残りと有効期限やアップグレード期限を確認することができます。

都度、有効期限の情報を確認することによって、有効期限切れやアップグレード期間超過などのトラブルを避けることが出来ます。

音声通話ができない

IIJmioのプリペイドパックはデータ通信しか利用できません。音声通話を使いたい方はIIJmioの音声通話付のSIMを申し込む必要があります。

さいごに

プリペイドSIMは一度購入するだけで、開通手続きも難しくなく、設定も簡単なのでどなたでも使うことができます。また、利用予定のスマートフォン端末のSIMサイズや利用可能端末であるかは事前に確認する必要があります。通話したいという方は通話対応のSIMを購入してください。

IIJmioのプリペイドパックはデータ容量を追加購入できますし、コンビニエンスストアでクーポンカードが購入できるのも便利ですね。

使い勝手がよければ、そのまま月額プランに移行することもできます。簡単に移行できますので、プリペイドパックで格安SIMがよいと感じた方は月額プランへの移行も検討してみてはいかがでしょうか。

-IIJmio

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.