iijmio

IIJmio

IIJmioで即日開通する方法と注意点

投稿日:

IIJmioの音声通話SIMをMNPの利用によってお申し込みする場合、可能な限り当日中に開通が完了してほしいと思われている方も大勢いらっしゃることでしょう。

現在スマートフォンは日常生活においてはなくてはならないものですので、少しの間であっても利用が出来ないとなると生活に支障が出ますし、ないと心配だという方も多いはずです。

そこで今回は、IIJmioでお申し込みした当日中に開通を完了させるための方法についてお話していくことにしましょう。

IIJmioで即日開通する方法

IIJmioでお申し込みした当日中に開通を完了させる手段としては2つの方法が存在します。

WEBで即日開通

かつてはMNPを利用する方がインターネットからお申し込みした場合、お申し込みが完了して電話番号の引き継ぎがされた後に家にSIMカードが届けられるという流れが一般的でした。

そのため、IIJmioの場合も電話番号の引き継ぎが行われた後には、これまで利用していたドコモやソフトバンクとの契約が切れることとなるので、圏外となってしまい使用が不可能な状態となっていたのです。

また、それでは不便ということで、会社側で発送する間際に手続きを行なうといった配慮が行われていたようですが、それでも家に届けられるまではスマートフォンが使えなくなり、所謂『空白期間』と呼ばれるものが存在していたとされています。

この期間に関しては最低2日間要していたため、スマートフォンを2日過ぎるまでは利用が出来ないということが心配となり、なかなかIIJmioへ変更することに踏み切れないという方もいらっしゃったのではないでしょうか?

それも今はSIMカードが手に入った後に開通センターへ電話連絡することで手続きが行なえるようになったので、インターネットからお申し込みされた方であっても、スマートフォンを使えない期間を心配する必要はほとんどなくなったとされています。

WEBで即日開通する流れ

家でインターネットを利用してお申し込みする際に当日中に開通が完了させるには、以下の手順で作業を進めていくこととなっています。

まず、IIJmioのウェブサイトの中にある、『ご購入、お申し込み』タブをクリックして下さい。

その後の画面では会員登録を行なうためのボタンがありますので、それをクリックします。

クリックするとお申し込みにあたっての説明が沢山書かれている画面へ移動しますので、内容をよく読んだ後、『同意する』にチェックを入れた後、『次へ』のボタンをクリックして下さい。

すると、『お申し込み方法の選択』画面に移動しますので、ここでは『パッケージをお持ちでない方』を選び、『次へ』のボタンをクリックして作業を進めていきます。

その後、端末とSIMカードの両方を購入するのか、SIMカードのみを購入するのか選択することとなるので、希望する方を選択して『次へ』のボタンをクリックして下さい。

SIMカードのみの場合は、回線やSIMカードの機能等に関する情報、端末を購入される方は端末に関することも選択していくこととなっています。

自分が希望するものを選び、『次へ』のボタンをクリックして下さい。

クリックした後の画面では住所や氏名、メールアドレス等といった契約者に関する情報と『認証コード』を入力する欄がありますが、この認証コードは登録するメールアドレスに届けられることとなっています。

認証コードの入力後、『IIJからのお知らせの受信設定』を受信するか、しないかのどちらかにチェックを入れ、『次へ』のボタンをクリックして下さい。

その後の画面で『この内容で申し込む』のボタンをクリックします。

そして、自宅にSIMカードが届けられた後に、『開通センター』へ連絡を入れ、連絡後2時間から3時間ぐらいで開通が完了するといった流れとなっています。

当日中に開通を完了させるための作業手順は以上の通りでありますが、作業内容は決して難しくないので、どなたにでも行なえることでしょう。

以前までであれば、MNPに関する手続きが行われてからSIMカードが手に入るという流れであったため、手続きが完了してからSIMカードが届けられまでの2日間から3日間はスマートフォン等の利用が出来ない状態でした。

しかし、現在はSIMカードが手に入ってから自分で開通作業を行なえるようになったので、上記のような状態になることなく、IIJmioが利用出来るようになったのです。

店舗で即日開通

店舗『ヨドバシカメラ』等の家電量販店では、IIJmioのSIMカードが付いた『IIJmio ウェルカムパック』の購入が可能となっています。

自身の用途を考えた時にどのようなプランを選択してよいのか分からなくて迷っている方や、自分の力だけで手続きを行なっていけるのか心配だという方であれば、店舗で開通作業を行なうことで担当者に色々とアドバイスを受けつつ手続きが完了出来るので非常に便利です。

IIJmio ウェルカムパックを手に入れた後は、ホームページへアクセスし、そこから登録作業を行なうだけで、データSIMに関しては即座に利用することが可能となっています。

ただ、音声通話SIMに関しては、本人確認が行なえた後にSIMカードを発送する流れとなっているため、当日中に完了させることは不可能という点に注意が必要です。

IIJmioの即日開通に用意するもの

IIJmioに新たにお申し込みするとなった場合は、運転免許証等の本人を確認するための書類、契約者本人の名前が刻まれているクレジットカード、Eメールアドレスの3つと、MNPを利用する方は、携帯電話の番号とMNPを利用するための予約番号も用意しなければなりません。

ちなみに、BIC SIMカウンターでは、SIMカードを別のサイズものに変えることや、SIMカードを増やすこと、そして、紛失の際等に再びSIMカードを発行してもらうことも可能です。

この場合、mioIDまたは、IIJmioに登録済みのメールアドレス、パスワード、本人を確認するための書類が必要で、MNPを利用する場合には携帯電話の番号とMNPを利用するための予約番号も用意することを忘れないで下さい。

おうちでナンバーポータビリティをおすすめする理由

自宅で行なえる

自宅IIJmioで取り扱われている『おうちでナンバーポータビリティ』を用いることで、スマートフォンのインターネット回線、電話番号さえあれば、他の会社からMNPを利用してIIJmioへの変更が可能となっています。

おうちでナンバーポータビリティという名前が付けられていますが、常に持ち歩いているスマートフォン上で手続きを終わらせられるので、普通にスマートフォンの使用が可能となっているところなら、どこでも行なえるのです。

待ち時間がない

翌月IIJmioでは、平成27年の7月に国内のイオン主要店舗でMNPに関する手続きが行なえるようになったわけですが、店舗で行なう場合は1時間ぐらい待たされるといったケースがあるのです。

さらに自宅と店舗までの距離が離れていると店舗まで足を運ぶのにも時間を要することとなってしまいます。

その反面、インターネット、電話があれば開通を完了させられる『おうちでナンバーポータビリティ』であれば、ロスする時間が全くありませんので、時間を無駄にするといったことがないのです。

まとめ

『おうちでナンバーポータビリティ』は、ドコモの回線を利用している格安SIMにおいて良くないこととされていた、MNPの利用による『空白期間』に関する問題を解決するということに加えて、利用者からしても、時間を無駄にすることなく、スマートフォンが全く使用不可能となる困った状況を考える必要がなくなるといった利便性の高いサービスとなっています。

IIJmioの場合は、現在まで1ヶ月で使用し切れなかった高速回線を利用する際のデータ容量を次の月に持ち越せるサービス、高速回線、低速回線を自由に使い分けられるサービス、低速回線を利用している時でも通信開始後の少しの間は高速回線が利用出来るバースト転送機能等、利用者が嬉しいと思う機能をどこよりも先に誕生させました。

さらに、IIJmio以外の会社ではIIJmioに習ってサービスの提供をスタートさせるという風潮が頻繁に見られるため、これからはIIJmio以外でMNPを利用して格安SIMへ変更する場合にも、スマートフォンが使えなくなるということがほとんどなくなってくることが考えられます。

それが実現されると、MNPを利用して格安SIMへ変更される方が今より増えてくるかもしれません。

-IIJmio

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.