SIM

使用用途別の比較記事

プリペイドSIMのメリット・デメリットと比較

投稿日:

プリペイドSIMは予め料金を支払うことで特に難しい手続きをすることなく使用出来る、使い捨てのSIMであり、店舗で手に入れることが可能となっています。

容量または期間が予め定められているため、自分が使用する分だけ購入出来るのが特徴で、特にクレジットカードを所持していない人をはじめ、格安SIMとはどんなものかを知りたい人がお試しで利用するというケースが多いようです。

本記事ではプリペイドSIMにおける料金、内容について詳しく比較しているので、是非プリペイドSIMを選択する際の参考として頂ければと思います。

プリペイドSIMとは

プリペイドSIMでは容量または期間が定められており、定められた分を使用するとそれ以上使用することは出来ません。

定められた容量や期間というよりは、予め支払った料金に相当する分のみ使用可能となるSIMカードと捉えたほうが正しいとも言えます。つまり、料金の支払いが行われるとSIMカードに容量等が追加されて、追加された分だけデータ通信や音声通話の利用が可能となるのです。

プリペイドSIMと通常のSIMとの違い

通常のSIMとは何が違うのかが気になるかと思います。通常のSIMとの一番の違いと言えば、やはり料金です。プリペイドSIMの場合は、予め料金(パッケージ代金)を支払わなければなりませんが、現金での購入も可能となっているのです。

使用可能なデータ容量または期間が過ぎるとそれ以上は使用不可能となるため、追加料金が発生することはありません。要はその後も使用するためには、容量を改めてチャージする、或いは通常のSIMを契約する必要があるというわけです。

一方、通常のSIMでは料金を事前に支払うということはなく、ほとんどがクレジットカードでの支払いとなっていますが、中には口座振替が可能となっているMVNOデビットカード支払いに対応しているMVNOもあります。

こちらから契約の解除を申し出なければ、ずっと契約している状態であり、月毎に料金を支払っていくという形が取られているわけです。

また、利用出来るSIMカードやオプションの点等でも通常のSIMとは異なる部分があります。プリペイドSIMの場合はデータSIMのみの利用となりますが、通常のSIMでは、音声通話SIMSMS機能付きの格安SIMも利用可能となっています。

オプションに関しては、通常のSIMではメールアドレスが使えたり、端末にも補償が付けられていたりしますが、プリペイドSIMの場合は長くは使用しないということから、オプションが付くというケースはあまり見られません。

お得度は通常のSIMのほうが高い

ちなみに、同じデータ通信量同士で比較した場合には、通常のSIMの方がお得になるケースが多いとも言われています。

さらに挙げると、通常のSIMでは契約の際に3,000円ほどの料金が必要で、非常に短い期間の利用しか考えていない人でも、利用料金を含め4,000円ほどの支払いを頭に入れておく必要があるわけです。

しかし、プリペイドSIMであれば、3,000円程度、安いものでは1,800円で利用出来ることがあるため、長く利用するつもりがなければ、プリペイドSIMの方が割安となります。

こんな人にプリペイドSIMはおすすめ

プリペイドSIMは海外へ旅行に行く時に使用されることがありますが、日本で使用する場合にも便利となることもあります。

先ほどプリペイドSIMは短い期間での利用に向いていると言いましたが、これはまた、試供品のような利用の仕方も出来るとも言えるのです。

ただ、格安SIMの場合はデータ通信の料金以外にも、通信の安定性や、通信速度も心配されることがあります。ネットを見ればユーザーの声がたくさん書かれていますが、自分が利用しないと気が済まないという方もかなりいらっしゃるはずです。

ですが、そのためには当然契約が必要となり、状況次第では短期間での契約解除が行いづらい場合もあるので、簡単に契約をするというわけにもいきません。

その際に役に立つのがプリペイドSIMです。長期間利用する必要がなく、試供品のような感覚での利用が可能で、自分が気に入らないと感じた場合には契約をしなくてもよいので、気軽に利用出来るようになっています。

プリペイドSIMのデメリット

プリペイドSIMでなければ、MVNOが取り扱うほとんどのサービスが利用可能となっていますが、プリペイドSIMの場合は利用が不可能なサービスが存在するのです。

メールアドレスや端末の補償といったものが例として挙げられ、プリペイドSIMの場合は短期間での利用を想定しているため、これらの長期間利用する方に向けたサービスは利用が認められていない場合が多くなっています。

さらに、プリペイドSIMの場合はデータSIMのみで音声通話、SMSの利用が出来ず、機種によってはSMSが使えないことで何らかのトラブルが起こることもあり得ますので、ご注意下さい。そして、データ通信の容量あたりの料金を考えるとプリペイドSIMの場合は決して安くはありません。

料金に関してはMVNOによって違ってきますが、プリペイドSIMの場合、ひと月1GB利用出来るものだと2,800円から4,000円が平均的な価格となっています。しかし、通常のものですと3ケタの料金で利用可能なプランも存在するのです。

このようにプリペイドSIMのデータ通信の料金が割高であるのは間違いないわけですが、この点については、短期間の利用を認めてもらっているので、仕方ないことであると捉えるべきかと思います。

使い切りタイプ利用可能なデータ容量を使い切る、或いは利用可能な期間を過ぎると、勝手に契約解除となるのがプリペイドSIMですので、改めて利用するという場合にはプリペイドSIMの再購入が必要です。よって、格安SIMとはどんなものかを知りたいという方に向いていると言えます。

プリペイドSIMの比較

OCNモバイルONEプリペイド

OCNモバイルONEプリペイドOCNモバイルONEでは、プリペイドSIMとして期間が定められているプリペイドSIMと、容量が定められているプリペイドSIMの2種類が取り扱われています。

前者は2,800円を支払うことで1日50MBを上限として20日間使用可能なものと、3,791円を支払うことで1日30MBを上限として30日間使用可能なものが存在し、後者は3,200円を支払うことで3か月先の月末を期限として、1GBの容量が使用可能となっています。

上記のSIMはすべて受信の最高速度が262.5Mbpsで、容量をチャージすることや、期間を引き伸ばすことも可能です。

ちなみに、容量が1GBのSIMと1日50MBを上限とした20日間使用可能なSIMは、通常のSIMへ変更することが可能で、これによって、OCNメールの利用も可能となります。ただし、利用が完了となった日から30日以内に手続きをする必要がありますので、ご注意下さい。

そして、1日30MBを上限とした30日間使用可能なSIMに関しては、SIMパッケージを購入してもすぐにはSIMカードが手に入らず、通常のSIMへの変更も不可能なため、多少不便なものとなっているようです。

U-mobileプリペイド

U-mobileプリペイドSIMU-mobileのプリペイドSIMにおける高速回線のデータ容量は、1日あたり200MBが上限となっています。U-NEXTストア、成田国際空港の自販機で販売されていて、7日、15日、30日の3タイプからの選択が可能です。

通常のプランに移行できるタイプ定められた容量が無くなった後、すぐに通常の契約が可能となっている格安SIMを取り上げていきたいと思います。

プリペイドSIMを利用していく中で特に不満がないという場合に、すぐに契約が行えるといった点から、格安SIMの利用が未経験という方に向いていると言えそうです。長く利用する際にはプリペイドSIMでチャージを行うより、毎月料金を支払っていくプランの方が割安となります。

ですから、長期的に契約を行う前に一度試してみたいというような方であれば、以下の格安SIMの中から選択するのがお勧めです。IIJmio通常の格安SIMでも利用者が多く、容量の追加が可能で、通常の格安SIMへの変更が可能な期間も長めとなっています。

また、このようなことが可能な他の格安SIMと比べても通信容量が大きいため、思う存分試せるようにもなっているのです。変更が可能なプランはタイプDであり、タイプAを利用する場合は、タイプDへ変更した後、料金を支払う必要があるという点にご注意下さい。

mineoプリペイドパック

mineoプリペイドパックケイ・オプティコムが販売する「mineoプリペイドパック」には、ドコモタイプとauタイプの2タイプがあり、後から容量を追加することは不可能となっていますが、通常の格安SIMのmineoへ変更することは認められています。容量の上限は1GBで、利用がスタートしてから次の月の終わりまで使用することが可能です。

ドコモタイプとauタイプがあると言いましたが、これは、単に利用出来る端末が異なるというだけの話であり、容量や期間に違いはありません。そして、容量の追加、期間の延長は不可能となっていますので、引き続き利用を希望する場合は、パッケージの再購入、通常の格安SIMへの変更が必要となります。

チャージして引き続き使えるタイプデータ容量を使い切った際に、クーポンカード或いはインターネットで容量を追加することで、利用出来るようになるSIMであり、再購入するより割安となるので、ある程度の期間の利用を考えている方は、このようなSIMがお勧めです。

b-mobileプリペイドSIM

b-mobileプリペイドSIM日本通信が販売するb-mobileのデータ容量が5GBとなっているプリペイドSIMは、経費精算が容易であることから、企業を対象として取り扱われていますが、もちろん個人で利用することも可能です。1か月あたり5GBを上限に、1か月、6か月、12か月の利用が可能なものが用意されています。

1か月経過する前に5GBの通信を行った際には、翌月までは最高速度が200kbpsとなりますので、注意が必要です。そして、6か月のSIMと12か月のSIMの料金を1か月あたりで計算した場合、6か月のものは凡そ2,868円、12か月のものは凡そ2,454円ですので、期間が長いほうがお得であると言えます。

その他、追加が可能なプランの場合は、パッケージを再購入する場合と比べ料金が安く、30日のもので2,871円(税抜)、180日のもので14,723円(税抜)、360日のもので25,000円(税抜)となっています。ただ、追加はクレジットカードがなければ行えませんので、ご注意下さい。

PrepaidLTESIM

PrepaidLTESIMソニーネットワークコミュニケーションズが販売するSIMです。2GBと12GBの2タイプのプランが取り扱われていて、前者は30日、後者は180日と期限が定められています。

上記2つのプランを見比べた場合、2GBのプランは容量と期限が6分の1となっているのにもかかわらず、料金はおよそ4分の1ということで、2GBのプランを6回利用するのであれば、12GBのプランを利用した方がお得です。

楽天モバイルプリペイドSIM

楽天モバイルプリペイドSIM楽天から販売されているSIMで、SIMカードが到着し次第利用が可能となっています。容量を後から追加することが可能で、長期間の利用が可能というメリットがあります。

容量が無くなった場合でも期限を過ぎていない限りは容量の追加が可能であり、500MBは30日1,500円、1GBは60日2,000、2GBは90日3,000円で利用が可能です。

FREETEL Prepaid Data SIM

FREETEL Prepaid Data SIM海外へ旅行される方々を対象としたSIMとなっていますが、そうでない方でも利用が可能です。

アマゾン、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ等で購入でき、データ容量が1GBで7日間利用出来るものや、2GBで30日間利用出来るものも取り扱われています。まとめここまで格安スマホのプリペイドSIMに関するお話をしてまいりました。長期間の契約を行わずとも、気楽な気持ちで試せるという点がプリペイドSIMのメリットとなっています。

長期間の契約を行うにあたって、データ通信に関すること等を少しの期間使用することでチェックしてみたいという場合に便利な方法と言えるでしょう。

-使用用途別の比較記事

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.