本当におすすめなポケットWiFiの比較

現在、ポケットWi-Fiはドコモを含む5つの会社から、合計22種類が販売されていますが、その中でも自分に最適なポケットWi-Fiを選択したいというのは誰もが思っていることでしょう。

数ある製品の中からその1つを選択するとなった場合、注目すべきは『どれだけの容量を使えるか?』、『通信速度に制限をかけられることはあるか?』、『毎月の料金はいくらぐらいか?』、『利用可能なエリアはどこか?』の4点です。

この4点について事細かく見て選択すれば、失敗することはないかと思います。

今回は私がポケットWiFiを全部使った経験を通して得られたことや、ポケットWi-Fiに関する最新のデータを詳しく調べることで判明したことを頼りに利用を勧めたいポケットWi-Fiをご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

ポケットWi-Fiとは?

疑問『ポケットWi-Fi』はWi-Fiの利用が可能となっている機種でインターネットを楽しむための機器を指すわけですが、実はポケットWi-Fiというのは、『ワイモバイル』で販売しているモバイルルーターの名称を指す言葉なのです。

ただ、皆さんもポケットWi-Fiは、Wi-Fi通信を行なうためのサイズな小さな機器という感じで理解していると思いますので、紛らわしさを防ぐという意味で今回はそのような機器すべてを『ポケットWi-Fi』と統一してお話していきたいと思います。

ポケットWi-Fiを活用出来れば、そのままではデータ通信を行えないタブレット等であっても、あらゆる場所でインターネットを楽しむことが可能となるのです。

現在は外出先でもAmazonビデオ等のデータ通信量が多くなりがちなサービスや、ソーシャルネットワークを利用して動画をアップロードする等といった機会が増えたことで、通信速度に制限がかけられることも珍しくありません。

このような状況の中でポケットWi-Fiを利用すれば、料金が高いパケットし放題の利用を出来るだけ避けながら、高画質動画を楽しむ等といった、これまで不可能とされていたことも可能となるわけです。

こうした大量のデータ通信を行う際に強く求められるポケットWi-Fiですが、現在は携帯電話会社、ワイモバイル等、様々な会社で取り扱われるようになっています。

ポケットWi-Fiで使われる回線はソフトバンク取り扱う『ポケットWi-Fi』とauでよく知られるKDDIグループのUQmobileが取り扱う『WiMAX』の2タイプの回線です。

ご存知でない方も多いでしょうが、『ポケットWi-Fi』は、ソフトバンクが販売している商品の名前でもあり、Wi-Fiの通信を可能とする小さな機器以外でも使われることがあるということを覚えておきましょう。

そして、ポケットWi-Fi、WiMAXでは回線のタイプ、つまり周波数が違っていることから使用される電波そのものも全然違った特徴を持つと言われています。

WiMAX2+とポケットWiFiとの違い

WiMAX2データ使用量を気にすることなく、かつポケットWi-Fiでは他と比べ物にならないぐらいの通信速度が出ると言われているのが、WiMAX2となっています。データ使用量を気にしなくてもいいというのは間違いのない情報であり、現に1,000GBを利用しても通信に制限がかけられないことが明らかとなっているのです。

これがWiMAX2+を利用する際の大きなメリットとなっていて、その他の会社の大半は通信容量が定められているところや、制限なしとしながらも最初から通信速度が抑えられています。

ですから、動画の再生、アプリを落とすということには向いておらず、パソコンを利用する際にはそのような悪いことがはっきりと現れるようです。

格安SIMが安く利用出来るようになったことで、データ通信を好きなだけ行えることを売りとするSIMフリータイプのWi-Fiルーターもよく見られるようになっています。

しかし、初めから通信速度を落としている会社が大半で、パソコンで利用することや動画を再生することを前提としたものではないのです

。Wi-MAX2+は通信速度、データ容量に対して厳しい制限が設けられていないということもあり、他の製品をリードするWi-Fiと言っても過言ではないでしょう。

ポケットWi-Fiの比較ポイント

通信速度

通信速度現在のポケットWi-Fiは、スマートフォンと同じく、規定のデータ通信量を超えた場合には例外なく通信速度に規制がかかり、速度が急激に低下すると言われています。

スマートフォンでそのような経験をしたからポケットWi-Fiを選択したのにもかかわらず、ポケットWi-Fiを利用した場合にもそのようなことが行われると非常に困ってしまうでしょう。ですから、通信速度に規制をかける基準が厳しくなく、満足のいく通信を存分に楽しめるポケットWi-Fiを選択することが重要です。

公表されている通信速度は関係ない最初に理解しておきたい大事なこととして挙げられるのは、公式ホームページ等で表記されている通信速度に関してはあまり気にする必要はないということです。

商品の売れ行きをよくするために、受信の最高速度が440Mbps等といったことを強調している会社も見受けられますが、この速度は理論上の数値であり、実際に出る速度しては、10Mbpsを超える程度とされています。

それでも、動画の再生という最も通信速度が求められる場合でも全く問題となることはありません。

エリアが限られている

実を言うと、どこでも最高速度が計測されるということはなく、東京周辺のエリアを除いてはしばらくの間、最高速度は期待出来ないと言われています。

このことからも通信速度に関してはそれほど重視しなくてもよいと言えるわけです。

データ通信量

重要なことの2点目として挙げられるのは、月毎のデータプランにおいて好きなだけデータ通信が行えるか否かです。

ポケットWi-Fiを取り扱う会社のデータプランを見ると、携帯電話と同じく5GBや7GBの容量を超えることで規制がかかるものや、データ通信量に全く規制が存在しないプランの2つに分かれています。

規制が存在しないプランのすべてがよいとは言えませんが、通信速度に規制がかかると非常にイライラすることとなりますので、どちらを選んでいいのか分からない場合は、規制のないプランを選択した方がよいでしょう。

ですから、ポケットWi-Fiを選択する時には、規制をかけられることなく利用していきたいのかといったことや、規制のないプランを取り扱っているのはどこか?といったことをチェックするようにして下さい。

規制がないプランを取り扱っているのは、『au』、『Y!mobile』、『UQWiMAX』の3つの会社であり、ソフトバンクやドコモに関しては、規制がかけられるプランのみの取り扱いとなっていますので、注意が必要です。

通信エリア

速い通信速度で利用可能なエリアがどれだけあるという点は、ポケットWi-Fiの利用を考える際には知りたいことの一つではないでしょうか?

ここでは、通信速度や利用可能なエリアについて見ていくことにしましょう。ワイモバイル、WiMAXの2つを見比べると、利用可能なエリアに関してはワイモバイルが勝っていますが、規制がかからないエリアに関してはWiMAXが勝っているのです。

WiMAXでは、すべての政令指定都市とすべての県庁所在地の全てを合わせた場合の『人口カバー率』が99%となっており、全国における『人口カバー率』でも94%に到達するといったように、どこのエリアでもWi-MAXを好きなだけ使うことが可能となっています。

今後は今以上にこのようなエリアは増えていくと言われていますが、未だに人口が少ない都市や山に囲まれた地域では利用が出来ないといったことや、障害物があると通信に支障が出るといった弱点もあるようです。

通信エリアの部分に丸印が書かれているものの、通信に関して不安があるという方は、端末の無料レンタルを利用して契約を行う前にチェックされることをお勧め致します。

もし、利用の中心となる自分の家や、会社でWiMAXの利用が出来ないのであれば、ドコモ系の格安SIMを利用するとよいかもしれません。

料金

月額料金ポケットWi-Fiを利用した際には毎月4,000円程度かかってしまいますが、キャッシュバックサービスが行われている会社も存在し、2年間にかかった料金の合計からその分を引くことで実質負担分を求めることが可能となっています。

2年という数字を出したのは、ポケットWi-Fiを取り扱う会社では2年間の契約が基本となっており、2年未満の利用で契約を解除すると違約金が取られてしまうわけです。

ただ、ワイモバイルに限っては3年と、条件が厳しいため、利用は避けた方がよいでしょう。そして、他のどの会社よりも料金が安くなっているのがWiMAXです。

WiMAXがこのような状態となっているのは、プロバイダの『GMOとくとくBB』が3万円以上と非常に高い料金をキャッシュバックするというキャンペーンを行っていて、毎月の実質負担分が2,500円程度となっていることが関係しています。

キャンペーン・キャッシュバック

WiMAXは、回線業務を担っているUQWiMAXの他にも『GMO』や『BIGLOBE』等でもプロバイダという役割でサービスの提供が行われています。上記のことに関しては、魚をどこで買うのかといったことを思い浮かべて頂ければ理解がしやすいでしょう。

例えば、同じ秋刀魚であっても買う場所によって価格は変わってきます。今回のWiMAXもこれと同じで、WiMAXを提供する各々のプロバイダでは、自分のところの利用者を増やすためにオリジナルの特典を準備して他の会社とは違うということをアピールしています。

WiMAXは色々なプロバイダで取り扱いがありますが、提供元が異なるという点以外はすべて同じですので、電波の状態が異なるということもありません。

機種

ポケットWi-Fiの利用が可能な機器に関しては、どれを使用しても大差はないでしょう。

新しいものを発売する際には、最大速度がアップしたことを宣伝文句とする場合がありますが、最大速度など私は気にしたことはありません。

常時10Mbpsの速度が出ていれば十分であり、それよりも、使い勝手、サイズ、重量、バッテリーの駆動時間の方を気にしています。

上記の点に関しては、新しいものでも古いものでもそれほど違いはないかと思いますので、デザインで選択しても失敗することはないはずです。

このことを頭に入れて頂いた上で、以下に私が推奨したい機種を取り上げていこうと思います。

WiMAXの機種基本的に5タイプのルーターから選択することとなりますが、前月発売された『WX03』、2月17日に発売されたばかりの『W04』を利用するのがよいかと思います。

この2つは、いずれも最高速度が440kbpsであり、バッテリーの駆動時間がとても長いという他の機種にはない特長を持っているためです。

『WX03』と『W04』で大きく異なる点は、『au4GLTE』と呼ばれる、幅広いエリアで利用が可能となっているLTE回線が使えるか否かといった点であり、前者ではそれの利用は不可となっています。

その代わり、バッテリーの駆動時間に関しては、約2時間ということで後者より長くなっているのです。ですが、4GLTEは使われることはそれほどないため、利用する予定がないのであれば、バッテリーの駆動時間が長い『WX03』を選択するのがよいかと思います。

Y!mobileの機種Y!mobileの場合は、プラン毎で利用可能な機種が決まっています。毎月のデータ通信量に規制が存在しない『PocketWi-Fiプラン2』で利用可能なのは、『504HW』と『502HW』の2機種のみです。新しさで言えば前者となりますが、私としては後者の方を選択して頂きたいと思っています。

それは、後者の方がバッテリーの駆動時間が長いことに加え、ワンセグやフルセグを利用してテレビを見ることも出来るからです。テレビを見るにはアプリのインストールが必要となりますが、それを行なうだけでスマートフォン、iPhoneでテレビ視聴が可能となります。

家に居る時はそれほど価値がない機能かもしれませんが、外出時に時間が余った時には重宝する機能となるでしょう。しかし、502HWに関しては、Yahoo!Wi-Fiでは購入出来ませんので、Y!mobileで購入するようにして下さい。

クレードルは必要?

クレードルはWiMAXの充電を行うための台だと思って下さい。ケーブルとセットで購入出来ますが、決して安くはありませんので、購入は不要かと思います。

購入後も使わないで終わるケースが多い商品とも言われていますが、欲しいと思った方はアマゾンで『WiMAXクレードル』というキーワードで探して頂ければ3,000円程度で購入することが可能です。

ちなみに、スマートフォン等でも使用される便利な『MicroUSBケーブル』に関しては、100円ショップ等でも取り扱われています。

おすすめのポケットWiFi

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBWiMAXを提供するプロバイダの中では当然GMOは有力となっています。毎月3,609円から利用可能ということに加え、33,000円のキャッシュバックも行われているのです。

具体的には料金から引かれる形となり、通信速度を見ても220Mbpsと他のどの会社よりも速くなっていることを考えると、GMOとくとくBBにかなうところはないように思えます。

LTE、WiMAXを含め、ポケットWi-Fiを取り扱う会社では最も安い料金でサービスを提供しているということで、私としてはこの会社を利用するのがベストではないかと思うのです。

しかし、キャンペーンが実施されていない時期もあるので、その辺はきちんとチェックしておくようにしましょう。

そして、気になるWiMAX2+の通信速度ですが、LTEが最大で165Mbpsぐらいであることに対して、WiMAX2+は220Mbpsですので、通信速度の点でも圧倒的にWiMAX2+が勝っています。

GMOでは、端末、クレイドルを無料で提供しているため、家でのご利用の考えている方にも向いていると言えるでしょう。

BroadWiMAX

キャッシュバックについては行われていませんが、WiMAX2+のギガ放題プランが最初の3か月は2,726円、3か月経過後も毎月3,411円と、数ある会社の中で最も安い料金で利用可能が可能です。

キャッシュバックを行わず、毎月の利用料金で他社と競っているBroadWiMAX2+ですが、WiMAXを取り扱う他のキャッシュバックが行われる会社と比べた際には毎月の負担は大きくなってしまいます。

ですが、BroadWiMAXではキャッシュバックを行ってもらうための面倒な手続きを行わずとも、毎月の料金が最も安くなっているのです。

これは、他の会社が1年間利用した後に行うキャッシュバックをBroadWiMAXでは既に料金に反映させているためで、この仕組みによって最初から値引きされた料金のもとでWiMAX2+のギガ放題プランの利用が可能となっています。

キャッシュバックを考える必要がないので、本当に自分が求める端末を利用していくことが可能ですし、キャッシュバックを受けるための重要な手続きを忘れるというリスクもありません。お申し込みされた時の金額がそのまま毎月の料金となります。

そして、気になる初期費用についてお話すると、キャンペーン期間中であれば無料ですが、『端末安心サポート』、『Mybroadサポート』を利用することが条件となっています。

端末安心サポートは端末にトラブルが起きた時のサポートで毎月300円、Mybroadサポートはセキュリティソフトの提供や、利用していく中で何か困った事が起きた時にサポートしてもらえるというもので、最初の2ヶ月までは無料で、その後は毎月907円で利用することが可能というものです。

これらは利用開始した日からいきなり解約しても良いこととなっているので、自分に必要ないと思う方は、サイト上から解約するとよいでしょう。サイト上ということで、オペレーターと話すこともありませんし、手続きもすぐに完了出来ます。

さらに、BroadWiMAXでは他の会社では見られない、利用開始後12日間であれば、無料で解約することが可能といった『初期解約解除制度』が設けられているのです。

これは、サービスが思ったほど良くなかったという場合や、利用可能なエリアで利用が出来ないといった、こちら側の事情であってもきちんと適用されます。WiMAXのデメリットとして、利用可能なエリアであるのにもかかわらず、満足のいく通信が行えないというものがあります。

上記の制度はそんなデメリットを補う、まさに利用者のことをよく考えた制度であると言えるでしょう。

このように、BroadWiMAXは特にキャッシュバックを受けるための手続きに不安を感じている方に向いていて、料金が安いながらも、サポートがきちんと行われている会社となっています。

ヤフーWi-Fi

Yahoo! Wi-FiポケットWi-FiでLTEの利用が可能な会社の中ではヤフーWi-Fiがお勧めで、料金が安く、キャンペーン期間中ということで、利用する価値は相当あると言えるでしょう。

お申し込み後、早ければ次の日から利用出来るといった点もかなり魅力的です。素早い対応も利用者からの評判が高くなっており、実際に自分もユーザーの一人でありますが、頂点に立つYahoo!Japanということでサポートは充実しているように感じられます。

しかし、利用にはYahoo!JapanIDが必要となりますので、お持ちでない方は予め作成しておくようにして下さい。

ルーター本体もほとんど重さを感じさせない、サイズの小さなものを採用しており、他のどの会社よりも軽いという点も魅力となっています。

名刺とほぼ同じサイズで、多くの荷物を持ち歩く方にとっては、非常に有り難いものとなってくるでしょう。起動も5秒と短時間で行われるので、ストレスを感じることもありません。

プレミアム会員になることが求められますが、その点を考慮しても非常に安いと言えます。

プレミアモバイル

プレミアモバイルドコモ回線を利用したポケットWiFiであり、3か月目までは毎月980円で利用出来るようになっています。

それ以降は4,380円と値上がりしてしまいますが、その代わり毎月のデータ使用量に制限が設けられていません。

最も魅力と思われるのは、SIMフリータイプの端末であることから、3年後に契約を解除した場合でも、格安SIMを挿入してポケットWi-Fiとして利用出来るという点です。

ポケットWi-Fiの大半はソフトバンク回線が利用されているという点から、格安SIMの挿入が不可能となっている中、プレミアモバイルの場合はドコモ回線のポケットWi-Fiですので、いつまでも使い続けることが可能となっています。長い目で見ても、プレミアモバイルは割安な会社であると言えそうです。

UQWiMAX

UQ wiMAX平成27年6月以前までは、データ通信を大量に行っても通信速度に制限がかけられないことでよく知られていました。

他の会社と料金はほぼ同じであり、困った時のサポートも数多く行われているので、その点もチェックしてみて下さい。そして、現在はキャンペーン期間中ということで、契約をした2ヶ月後の月末に15,000円の商品券を受け取ることも可能です。

ちなみに、平成27年6月からデータ通信量が3日間で3GBを超えると通信速度に制限をかけられていましたが、現在は3日間で10GBに制限が緩和されています。

スマモバ

スマモバドコモが取り扱うLTE回線(800MHz)を使用していることから、室内はもちろん、地下に居る場合でもデータ通信を快適に行うことが可能となっています。

かつてはデータ通信量に制限が設けられていませんでしたが、現在は3日間で3GBの制限が設けられているようです。他社のポケットWi-Fiよりは毎月の料金は高くなっています。

@NiftyWiMAX

@nifty wimaxプロバイダの大手とされる@ニフティでは、他の会社では見られない27,000円のキャッシュバックサービスが行われています。

3タイプの端末の中から選択が可能なこともメリットとなっており、大手プロバイダということで利用にあたっての不安がないことも多くの利用者を集めているかと思われます。

ニフティの会員になるため、毎月250円が必要となりますが、上記のような金額がキャッシュバックされるということで、非常に安い料金での利用が可能です。

また、250円に関しては、既にニフティ会員となっている場合は改めて取られることはありません。

そして、キャッシュバックではなく、7インチ型のタブレットに変えることも出来るので、AsusMemoPad7とキャッシュバックのどちらかにするのかを決めてからお申し込みされることをお勧め致します。

投稿日:

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.