格安simで留守番電話機能を使う

初心者向け

留守電を使える格安simと留守番電話機能を使う方法

投稿日:

忙しくて中々電話に出られない時もあるのではないでしょうか?そういった場合に役立つのがスマホの留守番電話機能がです。要件を把握できるかどうかで通話がスムーズになるかどうかが変わります。

 昨今、格安SIMの使用率も上がっています。その中には、留守番電話機能が無いといった場合もあります。

その場合、どうすれば留守番電話機能が使えるのか疑問に感じているのでは?今回は格安SIMでどのようにすれば留守番電話機能が使えるのかどうかについて説明します。

留守番電話機能を提供しているmvno一覧

 mvnoの中には、留守番電話機能を提供しているものもあります。それを利用するのも一つ。ここでは、それをいくつか紹介するので、スマホ乗り換えの参考にして頂きたいです。 

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

 BIGLOBEモバイルは国内で多くの方が利用しているmvnoの一つ。Gポイントを貯められたりするので、お得です。 

スマート留守電と呼ばれるオプションが存在します。月額290(税別)かかるものの、初月無料です。留守番電話メッセージが文字になって表示されるため、内容をより正確に把握したいといった方におすすめ。誰からなのかも教えてくれるのもメリットとして挙げられます。 

さらに、メッセージ文で気になる部分から音声再生することが可能で要点だけ聴いて対応するのもありです。後は複数の端末にある留守電のメッセージを集約して確認したりできるから非常に便利なオプションになっています。 

BIGLOBE mobileのオプションは初月無料のものが多く、興味あるオプションがあれば利用してみると良いかもしれません。 

BIGLOBEモバイル
BIGLOBEモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年5月】

BIGLOBEモバイルの格安SIMは、格安SIMでもある程度は通話もしたいという人にぴったりの格安SIMです。BIGLOBEでは月々わずか650円で60分の無料通話をすることができる通話パック60とい ...

UQ mobile

UQモバイル

UQ mobileはユーザーから高い満足度を誇るmvnoです。名前だけでも知っているという方も多いのではないでしょうか?サービスも充実しているので、乗り換え時にチェックしておいて損は無いと思います。 

留守番電話サービスはボイスメールと合わせ、3分の内容を計99件録音可能。1週間以内にチェックしないといけないため、そこは注意が必要です。

3人同時で会話できる三者通話サービス、指定した番号からかからなくする迷惑電話撃退サービスがセットになった電話基本パックを利用するのがお得。月額380(税抜)となっています。

UQモバイル
UQモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年6月】

UQモバイルの評判や通信速度(実測値)をまとめて実際に使ってみた使用感も含めながら辛口評価しました。 格安simというと安いので通信速度が遅く使い物にならないと考える人がいるかもしれません。 しかし、 ...

IIJmio

iijmio

IIJmio200万回線以上と多くのシェアを獲得しているmvno。サービスが充実していて、自分に合ったプランを利用したいといった方はチェックしておきたい所です。

 スマート留守電のオプションがBIGLOBE mobile同様存在します。

iijmio
IIJmioの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年6月】

IIJmioは最近楽天モバイルに抜かれてしまいましたが、業界シェア2位の格安SIMが有名になる以前から回線を提供している老舗の格安SIMです。 新規参入してきたMVNOとは異なり、いきなりサービスの提 ...

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルは昨今勢いのあるmvnoの一つ。ショップができていたりするので、一度はショップを目にしたという方も多いのでは?

楽天会員になっていると、基本料金が1年間割引されます。楽天スーパーポイントを貯めることができるため、楽天市場を頻繁に利用する方は選択肢に入れておきたい所です。 

留守番電話機能を利用する際、メンバーズステーションから申し込まないといけません。そこの音声付加サービスを設定し、最大2日待ったら利用開始という流れです。 

楽天モバイルのショップは全国展開しているため、興味のある方は近くのショップで申し込むのもあり。そこで実際にスマホを触って自分に合ったものを購入すると良いかもしれません。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年6月】

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

イオンモバイル 

イオンモバイル

イオンモバイルは全国のイオン200店舗以上で販売・サポートを行っているmvnoです。普段、イオンを利用している方は一度でもイオンモバイルの店舗を目にしたことがあるのではないでしょうか?

低価格プランを提供しており、毎月のスマホ料金を少しでも節約したい方はチェックしておいて損は無いと思います。 

スマート留守電を月額290(税抜)で利用することが可能です。 

イオンモバイルのキャンペーンはWAONポイントが付くものが存在しているため、イオンで買い物する機会が多いといった方はイオンモバイルを利用するのもあり。

イオンモバイル
イオンモバイルの評判・通信速度のまとめ

イオンリテール株式会社が運営元である『イオンモバイル』は、かつては、日本通信が運営するb-mobileの代理店という立場で格安SIMを販売していた時期もありましたが、平成28年2月26日からMVNOと ...

OCNモバイルONE

ocnmobileone

OCNモバイルONENTTコミュニケーションズが提供しているmvno。かけ放題ダブルにより、1回につき10分までの通話、上位3番号における10分以上の国内通話はかけ放題となっています

日単位コースが導入されており、翌日に制限解除されるので、この辺はチェックしておきたい所です。 

留守番電話は最長3分で最大20件登録することが可能。 

ocnmobileone
OCN モバイル ONEの評判と通信速度の比較

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

留守番電話機能に対応していない格安SIM

 留守番電話機能に対応していない格安SIMは確かに存在しますが、その点をカバーする程の魅力があるのでチェックしておいて損は無いと思います。

ここでは、いくつか紹介するので、格安SIMを選ぶ際の選択肢になるかどうか判断して頂きたいです。

DMM mobile 

dmm-mobile

皆さんはDMMを一度でも利用したことがあるでしょうか?DMM mobileDMMが提供している格安SIM。ネットでの手続きのみなので、忙しくて店舗に行く時間が少ないといった方は選択肢に入れてみるのもありです。

バースト機能により、低速でのデータ通信でも一定量は高速通信で読み込む等の便利な機能が存在します。NTTドコモの回線を使用していることで広範囲で通信が可能。

dmm-mobile
DMMモバイルの評判は悪い?速度やデメリットをまとめて辛口評価【2018年6月】

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

Nifmo

nifmo

Nifmo@niftyが提供している格安SIMです。お得なNifmoバリュープログラムでスマホ料金を節約できる魅力的な要素が多いので、チェックしておいて損はありません。

いざという時に対応できるオプションも用意されているため、普段スマホを落とす頻度が多めといった方はその辺りも検討することをおすすめします。

nifmo
NifMo(ニフモ)の評判は悪い?デメリットやメリットを解説

格安SIMアワード2015を獲得した実力派格安SIM、NifMoの評判やメリット&デメリットを詳しく解説しました。 楽天モバイルやiiJmio、LINEモバイルなど他社MVNOとも比較しているのでどの ...

留守番電話に対応していない格安simで留守電を使う方法 

mvnoは多くの種類があり、人によってどこが合うかが違ってきます。場合によっては留守番電話に対応していない可能性もゼロでは無いです。その際にどうすれば良いのか疑問に感じているのではないでしょうか?

実は留守番電話に対応していないmvnoでも留守番電話を使う方法がいくつか存在します。 

IP電話サービスを使う

電話

 IP電話サービスは楽天コミュニケーションズやNTTコミュニケーションズ等が提供しているサービスです。

インターネット回線を利用することにより、通話を行うことが可能。条件によっては通話料無料になるので、チェックしておいて損はありません。また、国際電話にかかる料金を抑えられる点も評価しておきたい所です。

 無料で留守番電話サービスが使えるIP電話サービスも存在しているので、もし今利用している格安SIMに留守番電話サービスが無い場合は検討してみてはいかがでしょうか?

 人によって使いやすいIP電話サービスが違ってくるため、それぞれの特徴を見て、その中で一番気になったものを使うことをおすすめします。

料金の支払いを行う際、クレジットカードで決済する必要が出てくるので、自分が普段使っているクレジットカードが使えるかどうか把握しておくのが大事です。この辺はmvnoを利用する際も同様。

 

スマート留守電を使う

スマート留守電

前述紹介したmvnoでも触れたスマート留守電を使うのもおすすめ。留守番電話の内容を文字に表示することで内容を大まかに把握することが可能です。それにより、適切な返答を行い、要件を解決するといった感じ。

自分の使っている格安SIMが対応しているOSかどうかをチェックし、申し込んでみることをおすすめします。

録音する際に通話料がかかるものの、確認する際の通話料はかかりません。月額290(税別)支払わないといけないのを加味しても、毎月のスマホ料金を抑える上で便利な存在と言えます。

さらに、海外にいても利用できるため、仕事や旅行等で海外に行く機会がそれなりにある方はスマート留守電を利用すると良いかもしれません。

ボイスメールを使う

メールアドレス

音声データをメールに添付して送信するボイスメールも留守番電話機能が無い格安SIMを使う上で検討するのもあり。対応している機種とそうでない機種が存在しているため、そこは注意しないといけません。 

パソコンからでもメッセージを確認することができるため、スマホが使えない状況であっても要件を把握し、解決するといった使い道もあります。

mvnoを選択する際はボイスメールが使えるかどうかもチェックしておくことをおすすめします。会話の内容を残せるため、仕事やプライベートで何を解決しないといけないかを把握して物事に取り組むのに非常に便利です。

スマホの伝言メモ機能を使う

伝言メモ

留守番電話機能が無い場合、スマホの伝言メモ機能で相手からメッセージを受け取るのも一つの選択肢です。

通話料がかからないため、少しでも毎月のスマホ料金を安く抑えたいといった方は検討してみてはいかがでしょうか?

ただし、再生時間が短めなので、そこは注意しないといけないです。ここは他の方法にあるメリットと見比べ、使いやすいものを選択するといった感じ。

まとめ 

普段生活していると、忙しくて電話に出られないといった場面がどうしても出てきます。その際、留守番電話機能を上手く活用することで大事な要件を済ませることが可能です。

 もし、自分の使っているmvnoに留守番電話機能が無い場合はIP電話サービスやスマート留守電等を利用することをおすすめします。

今回、紹介した留守番電話機能に変わるサービスはそれぞれ長所があるので、どれが自分に合っているかをチェックした上で利用するのがベター。

Mvno、スマホ、そしてオプション等、様々なものをチェックした上で快適なスマホライフを送って頂けたらなと思います。

-初心者向け

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2018 All Rights Reserved.