デビットカード

格安SIMの支払い方法

デビットカードで契約できる格安simを比較

更新日:

利用料金をデビットカードで支払える格安SIMカードを見比べていくことにします。今回のお話のデビットカードというのは、毎月の料金を支払うことが可能なVisaデビットカード或いはJCBデビットカードを指し、J-Debitは含まれていません。

デビットカードというのは厳密に言うとデビットカードの役割を果たすキャッシュカードとも言えますので、デビットカードが使える格安SIMはキャッシュカードが使える格安SIMと表現することも出来るのです。

デビットカードが使える格安SIMというのはあまり存在しないものの、使えるものは大手のMVNOの格安SIMが殆どですので、支払いがデビットカードのみということを理由に大手でない格安SIMを無理に選択する必要はないということを覚えておきましょう。

そもそもデビットカードとは?

クレジットカード

デビットカードとは例えるなら、前もって支払いが行われているクレジットカードと言えます。

クレジットカードというのは、最初から決まっている利用限度額の範囲内で利用していくことになりますが、デビットカードの場合は支払うのと同時に銀行の口座から料金が引かれることとなりますので、口座に残っているお金が利用限度額となるわけです。

また、クレジットカードの場合は、口座に残っているお金に関係なく、利用限度額の範囲内なら利用ができ、利用し過ぎるというリスクがありますが、デビットカードでは口座に入っているお金が足りなければ支払いが行えませんので、そのようなリスクがありません。(決算について|消費者庁 参照)

デビットカードもカードの一種ですが、現金で支払う時や口座振替と同じような感じで利用が可能です。

さらに、クレジットカードとは異なり、デビットカードの場合は審査を受けずに持つことが可能といった点から、後から支払いが行われるクレジットカードは手が出にくいけど、デビットカードは所持しているといった方も多いかと思われます。

デビットカードで格安simを契約するメリット

格安SIMの選択肢が増える

クレジットカード、デビットカードを所持していない方の場合は、支払いに口座振替を利用することも可能ですが、口座振替が可能となっている格安SIM、プリペイドSIMというのはごく一部だと言われています。

安く利用出来るプランが多数存在するのにもかかわらず、ごく一部の中からしか選べないともなれば、チャンスを逃してしまっている感じがするはずです。

ですから、格安SIMの利用を決心した際には、クレジットカード或いはデビットカードを予め作成しておくようにしましょう。

審査不要で15歳以上なら誰でも申し込める

学生

デビットカードについてお話した時にも触れましたが、デビットカードは、年齢が15歳以上で中学生でなければ、審査を受けずとも容易にお申込みが可能です。

20歳未満の人が親の許可を得て契約を行うカードとしては、最適なカードではないかと思われます。

格安SIMの利用を希望しながらも、その目的だけで手間をかけてクレジットカードの審査を受けるのは億劫と感じている方は、デビットカードを持つことからスタートするのも悪くはないはずです。

デビットカードで格安simを契約する際の注意点

楽天モバイル以外では契約を断られることが多い

冒頭でお話したメリットに逆らっていると感じられるかもしれませんが、会社のホームページを見るとデビットカードを使える格安SIMというのは、楽天モバイル以外では平成27年の冬あたりよりそれほど存在しなくなっています。

実際、以前私が契約を行った頃は使えていたものでも、現在はほとんど使えなくなっているのです。

大部分の会社がクレジットカードの支払いしか受け付けていないのは、『月々の料金の支払いを滞りなく行わせたいから』だとされています。格安SIMの殆どはインターネットで契約を済ませることが可能なため、返済を行っていける方か否かということを見極めるのは難しくなっているのです。

その反面、クレジットカードを所持している方であれば、クレジットカードの会社でも問題のない方と認められている方ということで、社会的地位や返済していけることを示すことが可能となります。

デビットカードだと利用料金の支払いが未払いとなる場合が多数あるので、格安SIMの会社としても、クレジットカード会社に支払いを求める方が間違いなく料金を回収出来るわけです。

Amazonや店頭でSIMパッケージを購入すると失敗する

会社のホームページ上で、『デビットカードでの支払いはお断りさせて頂いております。』といったように書かれていても、実はデビットカードが使えるという場合も少なくないようです。

ですが、前述した通り、当然、デビットカードでの支払いが出来ると思い込んでしまい、SIMパッケージを買うのはあまり好ましくありません。

これは、デビットカードでの支払いが不可能で、契約を行えないばかりか、SIMパッケージを戻すことも不可能だったいうことが考えられるからです。

口座に金を入れておく必要がある

入金デビットカードは銀行の口座とリンクしているので、銀行の口座に入っているお金より高額の商品は買えません。

口座引き落としと同様、残高が不足していれば料金を支払っていないのと同じで、2、3日以内に銀行の口座にお金を入れておかなければ、デビットカードの利用を止められてしまうので、注意が必要です。

私の場合も過去に一回お金を入れておくのを忘れてしまって、手紙が来たことがあるわけですが、その当日中にお金を入れたので、即座にまた使えるようになりました。

万が一の時に備え、デビットカードとリンクしている口座の残高には余裕を持つようにした方がよいでしょう。

 格安simにおすすめのデビットカード

最初にVISAデビットカードとリンクしている銀行として、楽天銀行、りそな銀行スルガ銀行ジャパンネット銀行三菱東京UFJ銀行等が挙げられます。

JCBデビットカードの場合は、楽天銀行といったところ等がリンクしています。

今後デビットカードを作成し、格安SIMの契約を行いたい人は、これらの銀行の口座を持っている方なら、お申込み後、約1週間で家にデビットカードが郵送されてきます。

私が勧めたいデビットカードは、楽天銀行JCBデビットであり、このデビットカードは利用した分の1%が楽天スーパーポイントで還元される上、年会費を取られることもありません。

デビットカードの使える格安simの比較

楽天モバイル

楽天モバイル

デビットカードの利用が可能なことがはっきりと書かれているのは、楽天モバイルだけです。

他の格安SIMでは公式サイトにデビットカードが使用可能とはっきりと記載されていないため、デビットカードで格安SIMを契約するのであれば楽天モバイルが確実です。

楽天モバイルが対応しているデビットカード

楽天銀行が取り扱う『楽天銀行デビットカード』、スルガ銀行が取り扱う『スルガ銀行デビットカード』が利用可能とされています。

ですが、格安SIMと格安スマホのセットで購入した際の分割での支払いは不可能となっており、これら以外のデビットカードを利用することも出来ません。

クレジットカードを作成しないで間違いなく格安スマホを契約する場合は、使えるデビットカードがはっきり書かれている楽天モバイルしかないように思われます。

楽天銀行或いはスルガ銀行でデビットカードを作れば100%利用が可能です。

楽天モバイル
楽天モバイルの評判・口コミと辛口評価

楽天が提供する格安SIM、楽天モバイルの評判やデメリット、通信速度(実測値)など公式サイトだけではわからない情報をまとめて評価しました。 楽天モバイルを契約する前の参考にしてください。 なお、このペー ...

続きを見る

mineo

mineo

mineoはデビットカードで支払うことが可能な格安SIMです。

mineoの特徴として挙げられるのは、au、ドコモの2社の端末の利用が可能、家族で契約すると基本料金が安くなる、データ通信の容量を減らせる機能が沢山備わっていること等です。

mineoが対応しているデビットカード

mineoのホームページ上を見るとクレジットカードが必須であることは書かれていますが、デビットカードの使用の可否に関しては書かれていません。

ただ、毎月の料金が支払えるデビットカードの利用が可能であるのは確かです。

楽天モバイルと同様、使えるデビットカードが限られてはいないわけですが、全部のデビットカードが使えるといった保証がないため、どれを作ったらよいのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、毎月の料金を支払えるデビットカードであれば、大体は使えるかと思われます。

それでも心配な方は、使われている方が多いと思われる楽天銀行のデビットカード等を作成するとよいかもしれません。

mineo
mineoの評判・評価と速度の比較

auのスマホでもドコモのスマホでも使えるmineo(マイネオ)の評判や通信速度、口コミをまとめて評価しました。 ユーザー数が増えているのにもかかわらずそこそこ速い通信速度を維持していて、サービスが充実 ...

続きを見る

UQモバイル

UQ mobileの場合は、通信速度が速いという点が様々な調査からも好評価となっています。

デビットカードの利用が可能な格安SIMの中から、基本料金よりも通信速度の点から選択する際には、真っ先に挙げられる格安SIMです。

UQモバイルが対応しているクレジットカード

UQ mobileは、通常はクレジットカードしか使えないものとなっていて、利用が可能な国際ブランドを挙げると、Visa、JCB、ダイナーズクラブ、MasterCard、アメリカン・エキスプレスの5つが挙げられます。

UQ mobileのホームページ上のFAQを見ると、『一部を除いて基本的にデビットカードの利用は不可となっています』といったようなことが書かれています。絶対に利用が不可とは言い切れないものの、利用が出来る可能性はあまりないと考えた方がよいかもしれません。

no image
UQモバイルの評判と辛口評価【2017年5月】

UQモバイルの評判や通信速度(実測値)をまとめて実際に使ってみた使用感も含めながら辛口評価しました。 この記事の内容はできるだけ最新のものに更新していますが、正確な情報は公式サイトをご覧ください。 U ...

続きを見る

OCNモバイルONE

ocnmobileone

OCNモバイルONEはかなり前から存在するMVNOであり、格安SIMを取り扱う会社の中でもトップクラスのシェアを誇っています。

多数の宣伝によって大多数の方に知られ、利用者も増加傾向にあるものの、通信速度は平凡であることや、毎月の料金が若干高めといった点がネックとなっているのは否定できません。

しかし、低速回線を好き放題使える上、速度も速いといった点や、格安スマホとの同時購入で導入時の費用が0円となる点、さらには、最初の月は0円で利用でき、最初の月でもプランが変えられるといった点が魅力となっています。

OCNモバイルONEが対応しているデビットカード

OCNモバイルONEのホームページ上においては、デビットカードについては書かれていないため、一瞬デビットカードは使えないのでは?と思ってしまいますが、実はデビットカードが使えることは判明しています。

毎月の料金が支払えるVisaデビットカード、JCBデビットカード等であれば、ほぼ使用可能かと思われます。

ですが、作成したばかりのデビットカードの場合は、使用が不可能ということも考えられますので、油断はしないで下さい。

ocnmobileone
OCN モバイル ONEの評判と通信速度の比較

格安SIMを取り扱う数あるMVNOの会社の中で、業界シェアNO.1なのがOCNモバイルONEです。 この名前を聞いたことがないという方はそれほどいらっしゃらないでしょうが、他社の格安SIMと比較しても ...

続きを見る

DMM mobile

dmm-mobile

毎月の料金に重点を置いている方に勧めたい格安SIMはDMM mobileです。他社の料金と比べても一番安くなっており、プランの数を比べても一番多くなっています。

プランも容易に変えることが可能で、通信速度に関しても他社の格安SIMと比べ速い数値が計測されているのです。

ただ、格安スマホの価格は高めですので、DMM mobileは、格安SIMのみ求めている方に向いていると言えます。

DMM mobileが対応しているクレジットカード

デビットカードが使えたといった方もいらっしゃるようですが、デビットカード、プリペイドタイプのクレジットカードについては、『全てのカードが使用出来るわけではない』といったようなことが書かれています。

dmm-mobile
DMM mobileの評判・口コミと通信速度

DMMが提供する格安SIM、DMM mobileの評価や評判、通信速度(実測値)や実際に使ってみた感想などをまとめました。 多くのプランが設定されているのでライトユーザーからヘビーユーザーまで使える格 ...

続きを見る

IIJmioは不可能に

iijmioかつてはIIJmioでもデビットカードが使えましたが、平成27年12月24からはデビットカードが使えなくなっています。

ちなみに、U-mobileでは使えないことがきちんと書かれていて、BIGLOBE SIMもデビットカードは使えない模様です。

まとめ

どこの会社のデビットカードであれば使えるか否かといった点は、MVNOとしてもきちんと理解していないと感じられました。

実際に会社に尋ねてみても殆どのMVNOでは、自分でお申込みをして審査で合格出来るか否かで判断するほかないと言われたのです。ですから、デビットカードをお持ちの方は、まずはインターネット上からお申込みをしてみて下さい。

先に挙げたMVNOなら、デビットカードが利用出来る可能性はあるでしょう。

反対に今後デビットカードを作る方は、楽天銀行でデビットカードを作成し、楽天モバイルと契約を行うのがベターです。

-格安SIMの支払い方法

Copyright© おすすめの格安SIMを比較 , 2017 AllRights Reserved.